バッグ・かばん

2009年4月22日 (水)

トロリーバッグが壊れました。

トロリーバッグが壊れました。
日常使っているバッグが壊れました。そこでエースさんに行き修理見積もり依頼をしました。

使っているのはこのバッグです。

http://m-kawai.way-nifty.com/blog/2007/12/post_c87a.html

ACEGENEです。ELV-1シリーズの65142タイプです。(現在は販売していません)

どこが壊れたかと言いますと、ハンドルの部分です。

ハンドルの両側にプラスのねじが付いているのですが、そのうちの一つが脱落しました。

どうも樹脂が割れたみたいです。

実はそれが発生したのは15日のことです。

ハンドルを引っ張ろうとしたらスポっと片側が抜けてしまったのでした。

トロリータイプでこんな始末の悪いことはありません。

なんとかねじを調達しまして、入れたのですが最後まで締まらず。

使っているうちにすぐゆるんでしまうのです。

やむを得ずこのような対応をしました。

見積もりには1週間かかり、OKしても1か月もかかるそうです。

なぜかというと、すべて中国で行うからです。

その間どうしようかなあと思っております。

帰りがけエースの日比谷店にも行ってみましたが、結構なお値段なのとまだこのバッグ2007年12月から使い始めてまだ1年4か月ですので。(もう1年4か月ですかね)

修理を気長に待つしかないでしょうか。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

帰りの飛行機内でBEAMSのガーメントバッグを買っちゃいました。

沖縄からの帰りの飛行時間は2時間20分です。国内線にしては結構長いですね。

幸いにも3列のシートで誰も隣に座りませんでしたので、ゆったりと使わせていただきました。

何をしていたかというとたまって読み切れない新聞を読んだり、原稿をパソコンで打ったり、企画を考えたりです。

このような時間はとても大事ですね。発想もよく浮かびます。

ところで今日の話題は、機内の中に備えてあるANAショップ誌(機内販売)に載っていたガーメントバッグのことです。

実は行きがけにちゃんと見ていて、どうしようかなあと考えていたのですが、行きに買うとますます荷物が増えますので帰りに検討しようっと思っていました。

そこで飲み物サービスが終わって、機内販売モードになった時に、キャビンアテンダントさんに見せてもらえますか?とお願いしました。

そうしたらこころよく実物を見せてもらえました。

じっくり開け閉めしたり、ポケットの容量を確かめたりして、結局買うことにしました。

ANAカードですと、機内販売は10%引きなのです。

このガーメントケースは6,000円のところを5,400円で購入です。

BEAMSのしゃれた(でも結構目立つ)ケースでしょ?

ANAが考えたことですので、収納はかなり考えてあります。

土曜日(6月14日)に都内で仕事でどうしても背広を着ていかなくてはならない用事がありましたので早速使いました。

ショルダーベルトも付いているので、これを肩掛けして自転車に乗っても大丈夫でした。

軽くて良いですね。(もちろん上着だけだったこともありますが)

型崩れがしませんのでこれから重宝しそうです。

ガーメントバッグが欲しい方にはお勧めですが、みんな買うと機内で一緒になりそうなので「あんまり買って欲しくもないな」という微妙な感じです。

妻には、「本当にかばんが好きねー。この前捨てたばかりなのに~」と呆れられました。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ANAとBEAMSのコラボレート開発。
(2)ジュラルミンケースをイメージした大胆なデザイン。
(3)収納力重視で機能的である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

かばんの中身を整理・整頓するには…「かばんの中身」の使い勝手

皆さんのビジネスバックの中は整理整頓されていますか?

ちなみに整理とは不要なものと必要なものとに分けて、不要なものが捨てられている上体です。

整頓とは、それがいつでもすぐ取り出せるように定位置に置いてあることです。(つまり使い終わったらすぐ取り出せるように元の定位置に戻すということですね)

私はビジネスパーソンとしては珍しくショルダーの小型のバックを使っていることは以前このブログに書きました。○年○月○日の    の項目を参照

最近この中にどんどん入れるものが増えてきて肩が凝るようになってしまいました。

そこで廃止したら?という妻の提案で、中身を自分が持ち歩くバックに収納するべくかばんの中身という商品を買ったわけです。

私の買ったのはかばんの中身PCスモールというものです。東急ハンズで4060円しました。

なぜこれにしたかというと、パソコンがスモールサイズでちょうど良いかなと思ったのと会社から家に持ち帰る際のサブバックの中にちょうど入るのではないかと考えたからです。

こんな感じです。2つのパーツに分かれています。本来はこのパーツの間にパソコンを挟んでバックに入れるというのが使い方の標準だそうです。

しかし家に帰って自分の今使っているバックでこのサンドイッチ方式をしようとしたらバックに入りません。

私の普段使っているビジネスバックは、元々パソコン及びその周辺機器が入れられるようになっている部分と書類を入れる部分と2つに分かれているからです。

そこで、パソコン関連のものは1つのパーツに収納して入れ、それ以外のものは別にして収納することにしました。

P1000315

パソコン関連側には、ACアダプターとコード、エッジのカード、携帯電話のコード、下痢止めストッパ(パソコンには関連してませんがここしか入らず)、歯ブラシセットです。

P1000314

もうひとつの方には、ipod、メモリースティック、黙れケータロー、電卓、フェイスペーパー、口臭防止スプレー、ペンなどです。

まあそれで結構整頓はされましたが、どうしても入らないものがありました。まずはポケットティッシュです。これは大目に5個ぐらい持ち歩いているので入らず。

そして、講師必携道具のタイマーとか、ipodをつなぐケーブル類もちょっと収納できませんでした。

さて当初目論んでいたショルダーバックの中身をすべてここに移管するのはもっとダメでした。サイフはこれに入れてごそごそ探すのは不便だし、Suicaもショルダーの方が便利です。さらに携帯電話(これは収納スペースはあるのですが)や鍵もショルダーへ。

これらのものを背広のポケットに入れないのは理由があります。まず毎日出したり入れ替えたり面倒だということ。そして、これから夏になると上着を着なくなるので入れるところが限られるからということです。ましてやクールビズですからね。

では何が移管されたのかというと、黙れケータロー、携帯電話の充電コード、SDカード、口臭防止スプレーなどです。少しは軽くなりました。

うーんもう一回り大きいものを買うべきだったのか?

こういうツールは試すことができないので買うのが難しいですね。もちろん東急ハンズの店頭にはサンプルがあるのですが、実際に自分の持っているものをすべて入れてみて試さない限り難しいです。そういうサービスをしてもらえるとうれしいのになあ。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント

(1)かばんのごちゃごちゃしがちな、機器類や道具類を収納するのには便利。
(2)持ち歩いていてすぐ出したいものはやはりこちらよりはショルダーの方が便利。ビジネスシーンに似合うものを誰か開発してくれー

(3)現状持ち歩いているものを入れて試せるコーナーを作るともっと売れると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年6月27日 (火)

4輪キャスター付ビジネスバッグ「ボシェル」は残念ながら収納力不足です

5月にご紹介しました全日空商事が取り扱っている4輪ビジネスキャスター付トラベルバッグ(3WAY)の「ボシェル」ですが、やはり私には収納力が不足していました。写真は全日空商事のホームページから引用しました。http://www.astyle.jp/category/travel.html

Photo_19

このPOINT4の書類収納を独立なのですが、ここがあまりにも入らない。裏側がパソコン及びACアダプターなのでそれを入れるとほとんど薄い書類しか入りません。

多分私が持っていくものが多すぎるからだとはわかっていますがちょっと残念です。

何が入りきらないかというと、まずは本ですね。最低でも2冊ぐらい単行本を持って行きたいのに入らないので結局別の手提げとなります。

このバッグに後入れているのは、名刺の予備、筆入れ、講師七つ道具(タイマー、ポインターなど)、メモリースティック、薬、歯ブラシセット等などですが、これらの厚みがあるものも収納しづらいです。

さらに読みきれてない新聞を私はよく持って行きます。8日分ぐらい持って行くことが多いのですがそれを衣類収納側に入れるとかなりきついです。(まあこれは製作者には想定外でしょうけれど)

前回岐阜に行った時は、結局このバッグ以外に紙袋を持っていきました。うーん。本当ならこれ一つにしたいのになあ。格好悪い。通常使っているビジネスバッグもやはり合わせて持っていかないと役に立たない感じです。

何でこんなに荷物が多いのかというと、移動中に読みたいからです。事実行きの新幹線で単行本はほぼ2冊読み終わりましたし、帰りの新幹線は土曜日だったということもあり、2席分使ってじっくりと新聞を読みました。

帰りはおみやげも持っていましたので紙袋は結構パンパンでした。

書類以外に荷物の多い方は要注意です。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)前回も申しあげたが、やはり1回は低単価(1000円ぐらいかな)でお試しできると良い。これは限定1回とすればOK。本当に欲しいものを色々と試して、納得すれば絶対買う。今のままだと「えいやっ」で買って「やはりだめだなあ」になってしまう。
(2)店頭で試せるようにするのならば、実際に
衣類、書類、本などを置いておいて、試せるようにする。
(3)購入後3ヶ月ぐらい経ったら、「使ってみていかがでしたか?」というアンケートを取ってはどうか?答えてくれた人には、マイレージを100マイルぐらいサービスするとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

身の回り品の携行には、アディダスのショルダーバッグを使ってます

今日は毎週行っています武蔵工業大学の講義と日本大学大学院の講義の日です。

いわゆるコンサルタントとして行くわけではありませんので、完全にクールビズスタイルです。ああ電車で通うのが楽。背広姿の人は今日は汗だくです。あるいはそれが嫌な人は上着を手に持たなければならず面倒ですね。

上着を着ないとなると困るのが財布、携帯電話、手帳、などもろもろの身の回り品の収納です。

ということで私はアディダスのショルダーバッグを愛用しております。実はクールビズスタイルでなくても常に移動する時はこれを使っています。

P1000048

なぜかというと毎日着る物は替えますよね。そのたびにこれらの身の回り品を全部出して、朝また全部入れるのはばからしいからです。このバッグに全部入れておけば帰ったらはずし、行く時は持って行けば済みますから。

ただし忘れたら本当に大ピンチです。何もかも入っていますので…。何もできません。また移動途中も気にし続ける必要があります。一番良いのは肌身離さずですね。

ショルダーバッグの場合、片側の肩だけに掛けていると脱落するので私はやむを得ずたすきがけにしています。こうすれば落ちませんから。

よく中年の方が、小さなセカンドバッグを持っていらっしゃいますが、たぶん使い方は同じです。20年以上前に私もやってみたことがあるのですが、手に持つとどうしてもふとした瞬間に置き忘れるのですね。

手首にかけられるように紐は付いていますが、正直それをしていても、何かの拍子にはずしてしまいます。なぜなら手が自由に使えないからです。

タクシーの中や、得意先のソファーなどによく置き忘れてしまい、「これはダメだ」ということで、長い期間いつも持っているバッグの中にインバッグとして入れておりました。

でもそうすると何か行為をするたびにその大きなかばんからごそごそ取り出さなくてはならず、またいつも大きなバッグを持ち歩かなければならず不便だなあと思っておりました。

でショルダーバッグに戻るのですが、このアディダス製の前に、ロフトであるバッグを買いまして2年ほど使いました。しかしマジックテープの部分などがだんだん効かなくなったり、型が崩れたりしたのでこのバッグにしたのです。

アディダスのこの手のバッグはすごい種類があるのですね。しかもどんどんデザインもチェンジしていって私が買ったものなど今は店頭にはありません。似たものはありますけれど。

きっと使い方はスポーツマンが移動する際に使うものとして作られていると思われますので、私が普段使うのは合わないのでしょうが、適当なものが今のところ見つけられていませんのでこれを愛用しています。

財布、小銭入れ、携帯電話、手帳、ポストイット、パスケース(Suica、パスネットなど)、名刺入れ、シャープペンシル、ボールペン、鍵、携帯電話のACアダプター、携帯電話のイヤーフォン(ワンセグ用)、お守り、携帯時刻表、…などが入っているので結構重いです。今日はさらにipodも入っています。

P1000049

これをたすきがけして1日歩くと肩が懲ります。本当は時々肩を変えればよいのでしょうが右利きなのでどうしても左肩からになってしまいますね。

なんかたすきがけしないでも脱落しないような工夫ができないかなあ。ちょっと前までつり道具が入れられるメッシュのフィッシングベストにしようかなとも思ったり、西洋でよく使われているガン(銃)フォルダーにしてみようかなとかも思ったのですが、妻から「いい加減にしなさい」と言われてこれで落ち着いています。

Photo_16

この写真は釣具専門通販サイトから引用しました。→http://turigu.com/

もう少しかっこうの良いビジネスのシーンにも合うセカンドバッグで、且つ失くさない、脱落しない、肩がこらない工夫のされたものが考えられないでしょうかね。

皆さんはどうしているんでしょう。やはり上着のポケットに入れているのですか?それともズボンのポケットに突っ込んでいる?

☆ヒットする新商品・サービス開発
(1)ビジネスシーンに合った身の回り品を持ち歩けるバッグを考える。
(2)ショルダータイプは肩から脱落しがちなので、たすきがけをしなくても脱落しない工夫を考える。
(3)あるいはきちんと装着できるもので暑苦しくないものを考える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

旅行用かばん「ボシェル」を初めて使いました

予告しましたとおり今熊本県人吉市に来ております。中小企業大学校人吉校です。実はここは通信環境が悪くてPHSはほぼ入りません。

それで講師控え室に唯一あります光回線を使いまして送信しております。ただしここは24時間使えませんので少々不便です。

それはともかく5月はじめに届きました旅行用かばん「ボシェル」を初めて使いましたので、そのインプレッションを短めですがお伝えします。

P1000036_1

このかばんは4輪キャスターですので、身体の横側で並行して転がすことができます。これはなかなか良いです。後ろで引っ張る形式ですと、どうしても蹴っちゃいますが、これはそういうことはありません。

ただ力の入れ具合がやはり難しいです。室内などの滑らかな床面であれば問題はありませんが、外のアスファルト舗装路などはかなり力を入れませんといけませんね。

またかなりアスファルト舗装では音がうるさいです。ゴムなどを付けた方が良いのでは。

またそのための伸縮もち手の部分が曲がらないかやや気になりました。

今回は2泊なので着替えが2日分、髭剃りなどの身の回り品、折りたたみ傘、そして読みきれていない新聞、雑誌、そしてファイル類、コンピューターを持ってきました。

収納力はまあまあですが、もう少しあっても良いかなあと感じます。それは特に書類、本、雑誌の部分です。着替えと身の回り品及びコンピューターを入れるとかなり余裕はなくなります。結局読みきれない新聞は、服を入れるスペースの一番下に入れました。

P1000035

後かばんだけでもかなりの重量ですので、モノを入れれば相当の重さです。女性には階段や段差などの持ち運びはちょっとつらいですかね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)4輪で押せるのは便利である。が騒音防止をもう少し考える。
(2)書類の収納力をもう少しアップする。
(3)このような商品を売る場合、1回お試し(有料でもよいから)サービスを付けたらどうか。
 (いわゆるクルマの試乗みたいなものですね。でも実際に自分のものを入れてみて移動してみないと実感が湧かないので、多少汚くてもよしとして貸し出し専用として、1回限りで実際に3日間とか貸さないとダメです。店頭で見るのと実際に使うのはわけが違いますし、ましてやこの商品WEBのカタログだけですからね。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月 3日 (水)

全日空商事の4輪キャスター付ビジネスバッグ「ボシェル」を買いました

大型連休後半の初日いかがお過ごしですか?すばらしい天気でしたね。私と妻はショッピングに邁進しました。4軒もHC、SCに行ってしまいました。さすがに疲れますね。

それはさておき連休前についに念願のバッグを注文しました。それが今朝届きましたのでご報告します。かばんは私の趣味のひとつのなのですがなかなか値段が高いものが多いのと、自分が思っているのとぴったりくるものが少なく決定版は無いですね。

家にはかなりの数のビジネスバッグやかばんがあるので妻からかばん屋でもやるのかといつも言われております。昨年末だいぶ捨てましたが、まだあります。それなのにまだ買うかという感じではありますが、1泊出張用で適当なバッグがなかったので前から欲しいなあと思っていたこれを買いました。↓(全日空商事さんのホームページから引用しました。)

Photo_6

実際購入したのだから自分で撮影しても良いのですが、やはり購買意欲をそそるこのカタログ的写真にはかないませんので。

想像していたよりもちょっと大きかったです。なぜこれを気に入ったかというとひとつは4輪で自分の側面で動かすことができるということです。通常の2輪のものは、身体のうしろにバッグをやって引きずる形ですから自分の足に当たったり、人に宛てたりしがちですのでね。

2つ目はショルダーベルトが自動巻取り装置を内臓していることです。まあ掃除機などの電源コードリールと同じような原理ですが、使わないときはスピーディ且つコンパクトに収納でき、使うときはボタンひとつでベルトの長さが自由自在に調整できるのです。ただ予想外だったのはベルトがキャリーハンドル側についていると思ったのですが、そうではなくて右側側面についていることでした。

3つ目はPC収納が内蔵式だということ。前の型は上に載せる取り外し式でした。やはり中にきちんと収まっていた方が良いです。

後は写真に載っているポイントが魅力的に映ったので購入しました。また出張で使ってみて印象を書きますね。もうひとつ感心したのは、(通販だから当たり前なのでしょうが)返品ができるようになっていることです。それも返品理由が書ける用紙が納品書の隣にミシン目がついています。1週間以内なら大丈夫だそうです。

ご興味がありましたらどうぞ(これもアフィリエイトではありません。ボランティアです)↓

http://www.astyle.jp/defaultMall/sitemap/CSfHomeMain_001.jsp

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)通販は魅力をポイントを絞って明快に写真付で説明する(上記の写真参照)
(2)従来の商品とどこを改良したかを言う。
(3)人気№1だと強調する
(WEBサイトでも目立つ位置にすぐ飛べるようになっています)
(4)本当はわかりやすい名前の方が良いと思う
(私は「ボシェル」という名前では検索しませんでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)