趣味

2010年8月31日 (火)

ANAガンプラ生誕30周年スペシャル企画

ANAが機内販売で行なっているガンプラ30周年企画。

ガンプラとは、ガンダムのプラモデルのことです。

2種類ありまして、ひとつは1/144スケールモデルです。これは全高約12.5cmです。

もう1種類は1/48スケールも出るで全高37.5cmです。

機内販売でももらえるのは注文専用ハガキだけです。それをもらって2週間以内に投函しないと無効です。

売れすぎて生産が間に合わず、届けられるのにはだいぶ時間がかかるそうです。

さて一応ハガキはもらいましたが、どうしようかな。せっかくだから注文しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

妻の誕生日にプレゼントしたものは…

妻の誕生日は11月4日でした。

誕生日プレゼントは色々考えましたが、ipod classicにしました。

(画像はアップル社のWEBサイトから引用)

Features_classic_silver

以前から使っていたウォークマンが壊れてしまっていたのと、音楽が大好きでこの前大連に帰省した時に中国のCDをたくさん買ってきて聞いていたからです。

それと夏の暑い間私のipodを貸してと言って昼休み聞いていました。

そこでビックカメラへ行って見てみました。

最初ipod nanoにしようかなとも思いましたが、容量があまり大きくなくてやめ。

ipod touch もデザインには惹かれましたが、同様に容量が少なくてやめ。

結局80GBのこのタイプにしました。

悔しいのは、私の買った第5世代は60GBで4万円近くしたのに29,800円と安くなって且つ80GBであるということ。

しかも薄く軽くなっています。まあ当然ですが進化しているわけですね。

Ituneについてはすでに自宅のパソコンにはインストールしてありましたので早速使用。開けた途端最新版にするかと聞いてきましたのでしました。

これが時間が掛かりました。自宅のパソコンは3年前以上のものなのでメモリーが小さいのです。

でもそれ以降は順調で、今盛んに自宅にあるCDを片っ端から入れています。

すでに200曲ぐらいでしょうか。(11月19日現在で450曲だそうです)

ちなみに80GBは20,000曲大丈夫らしいので、またまだいけますね。

ケースも欲しいので探してみましたが、まだ適切なものが出ていません。

私が使っているケースが良いのですが、厚みが違うのでもう少し待つか暫定で価格が安いものを買っておくかな。(早く買って欲しいといわれております)

ipodが売れているのを改めて納得した次第です。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ヒットした商品でも年々薄くして容量をアップして価格も下げるように進化している。
(2)アップル社の製品はすべてダイレクトにしか受け付けないと念を押された。
(3)残念ながらアクセサリーが間に合っていない。チャンスロスをしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月11日 (月)

”ボルタ”を知っていますか?

先週まで少々忙しくてなかなかブログを更新できませんでした。泊りがけで研修で夜遅くまでになるとちょっと更新はつらいですね。

それはさておき、今息子が来ています。新潟からではなくて、私の両親がいる北海道の室蘭から昨日北斗星で来ました。(経緯は私のプロフィールをご覧下さい)

この点大宮はちょっと便利ですかね。北斗星が停まりますから。

室蘭といえば今日の主題の「ボルタ」です。とは言うものの息子は知らなかったので、テレビ東京のワールドビジネスサテライトのニュース番組を録画しておいて、前回来た時見せました。

そうしたらちゃんと友人からもらってきてくれました。こんなものです。→

Img022

町興しのために地元のNPO団体が作って販売しているもので、室蘭のイメージが鉄鋼の街なので、ボルトとネジで構成されています。

すでに30種類ぐらい出ているらしいです。目指すは100種類だそうで。詳細は次のURLをご覧下さい。1人ずつ紹介されております。→

http://blog.mag2.com/m/log/0000194942/?pageno=5

日本経済新聞社は結構紹介に力を入れております。パブリシティの力は偉大ですな。日経MJ2006年7月5日付16面に紹介されまして私も知りました。

ボルタを考案したのは内田正徳さん(24)で室蘭工業大学の大学院生。「てつのまちぷろじぇくと」30人のメンバーには学生や彫刻家のほかに、公務員や製鉄所の従業員らも参加する。‥‥ボルタは活性化への出発点だそうです。

物語性があるのがすばらしいですね。しかも街のイメージと芸術性とそして素材の意外性がマッチしてヒットしたのでしょう。なにせ発売当日500体がすぐ売り切れるそうですから。

それぞれのボルタに№が付いていて、どういう「いわれか」書いたメモが入っています。これは集めたくなりますね。

このボルタを販売しているJR室蘭駅から車で約10分の距離にある「道の駅みたら室蘭」は、私の実家のすぐ近くです。白鳥大橋という最近かかった橋のすぐ近くで、大型の風車も回っているちょっとした観光スポットです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)街のイメージは何かを考えて、それをコンセプトにした。
(2)シリーズ化していて、収集熱をかきたてる。
(3)街の活性化の成功例としてパブリシティも上手に展開。新聞→テレビ。
(4)そこしか売っていない(限定品)のでおみやげ効果もあり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)