経済・政治・国際

2009年9月30日 (水)

一票の価値。

一票の価値。

総選挙前にこのブログで取り上げました一票の格差についての意見広告が出ました。

呼びかけに応じて最高裁判所裁判官の国民審査で、一票の格差を是認した裁判官の否認の率が他の裁判官に比べて多かったそうです。

大きく前進との評価ですね。

さらに9月30日に参議院選挙の一票の格差の最高裁の判決が出たわけですが、この国民審査で合憲とした裁判官が今回は違憲状態であると変化しました。

やはり国民審査に真摯に考えて投票することは意義があるのですね。

この意見広告では、今後の参加の仕方なども書いてあります。

私は一票の格差は是正すべきだと思っていますのでこの問題は今後もことあるごとに取り上げたいと思います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

歴史的瞬間に立ち会えました。

私が生きている間に政権交代はあるのだろうか?と思っていましたが、ありましたね。

私は3つのことを感じました。

皆さんこの結果はマスコミが煽っただの、作り上げただのおっしゃっていますが、注意深く読んでいると意外に自民党でないと(というか政策の継続性がないと)ダメだという論調が後半はかなりあったと思います。

すべてのマスコミではもちろんありませんけれど…。

それでもあまり効果がなかったということは、そもそも浮動層はそんなにニュースなんかは読んでいない?ということでしょうか。あるいはやはりお灸を据えたいという人が多かったのでしょうかね。

もうひとつはマニフェスト選挙だと言っても、結局私はどの党のものも入手できませんでした。

街頭演説しているところへ行って、配っているものを手に取るのか、はたまた選挙事務所周りをして取りに行くしか方法がないんですからね。

公職選挙法の厳しい規制のおかげで、ホームページで閲覧できないのはまったくナンセンスだと思います。

金曜日に書いた1票の格差もそうですが、公職選挙法も抜本的に改革して欲しいですね。

3つめは、期日前投票です。今回は1400万人も投票しました。公示期間中はほぼいつでも投票ができるというのはすばらしいのですが、もっと進んでWEBでも投票できるようにすれば、今莫大な費用が掛かっている選挙にまつわる費用も軽減できるでしょう。

「WEBでも」と書いたのは、もちろん従来通りの方法も認めるということです。

個人をどのように認証するかが問題でしょうけれど。いずれそうなるような気がします。

そうなればもっと投票率も上がるでしょう。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

いよいよ総選挙。でももうひとつ考える事がある。

いよいよ総選挙。でももうひとつ考える事がある。

長かった(間延びした?)選挙運動もあと1日とちょっとで終りです。公示日からはそんなに長くはないのですが、解散してからは40日間といわゆる小学校の夏休みとほぼ同じ期間ですからね。

当社の事務所も国道沿いで、且つ某自民党候補者の選挙事務所が近いこともあり、結構宣伝カーが頻繁に行き来しています。

ところでもうひとつ重要なことがあるのをご存知でしたか?

最近マスコミではちょくちょく話題にされていますので、関心度はやや上がっているかと思いますがそれは最高裁判所裁判官の国民審査です。

日本国憲法で保障された直接投票制のひとつです。

この写真は日経新聞の8月24日に掲載された意見広告です。本来は直接引用はいけないかもしれませんが、この広告の主旨からいって広く告知することを狙っているでしょうからご容赦していただきます。

何かというと1票の格差の話しです。

ちなみに私の選挙区は最小人口選挙区と比較すると0.55票です。

つまり約半分の価値しかないわけです。

これっておかしいとずっと思っていました。

しかしそれを判断するべき最高裁判所は、過去「違憲状態である」と認定したことはあるものの、選挙そのものを無効としたことはありません。

しかも現時点での判例は、衆議院選挙はおおむね2倍程度なら合憲という判断です。

父とよく論争になるのですが、「1票の格差をなくしたら地方は立ち行かなくなる。なぜならより大都市に有利な政策ばかりになるから。」というのですが本当にそうでしょうかね。

ではハンディをもらっている地方は、結果として今どうなっているのでしょうか?予算が重点配分されて幸せになっていますか?

1票の格差の話しと地方の格差の話しは混ぜて論議すべきではないと私は思います。

そもそも論としてこの議論の前提は、国会議員は地元へ利益誘導をする役割を持っているという認識をしていることが間違っています。国会議員は国全体のことを考えるべきであって、地方のことは地方にしっかり予算をつけて(国が地方交付税や補助金などで恣意的に配分するのではなくて)且つ地方で考えられるようにして地方分権をしっかり行なうことが先決です。

この意見広告は、過去定数是正に消極的な判断をした裁判官に×を付けましょうというものです。

今回は9人の裁判官の審査があるわけですが、残りの7人はまだこの1票の格差の判断にまったく関わっていない人たちですので判断はできないというわけです。

もうひとつの狙いとしては、1票の格差を是とする裁判官に×が大量につけば国民の意思表示ができるということもあるようです。

私もこの主旨に賛同して1票の格差を是正するべく行動します。

参考サイト

1票の格差を考える会

http://www.ne.jp/asahi/ippyou/kakusa/

一人一票実現国民会議

http://www.ippyo.org/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

すかいらーくが街からなくなっていく。

すかいらーくが街からなくなっていく。
我社の比較的近くにあるすかいらーくが閉店し、ガストに改装中です。

すかいらーくグループはMBOで上場を廃止して経営再建を進めてきましたが創業一族の横川氏が社長を解任されファンド主体に再建されています。

すかいらーくは業態として客単価が高く中途半端と見做されているようで、より客単価が安いガストに転換するそうです。

改装は急ピッチで進められていましてこの大宮大成店は5月21日(つまり明日ですね)オープンです。

ファミリーレストランという業態は、今や家族が週末に集う場ではないようです。確かに色々な家族が飲食できる業態が増えましたからね。

できた当初は行くのをとっても楽しみにしていた記憶があります。

社会人になって外回りの営業でもずいぶんお世話になりました。

時代の流れで仕方がないことかもしれませんが、街からなくなっていくのは淋しいですね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

オバマ大統領の就任演説に涙しました。

このブログはテーマの性格上あまり政治のことはコメントをしないことにしているのですが、日本時間で本日未明に就任式をしたオバマ大統領の就任演説を聴いて思わずじーんと来てしまいました。

妻は、「なんで泣いているの?」と怪訝そうでしたが、言葉だけでこれだけ人の心を動かせるのはすごいです。

しかも皆の期待がものすごく高く、何を発言するのか注目されていたのに十分すぎるほど答えているところがすばらしいです。

私も商売柄、セミナーなどで講演しますが、これほどの感動を与えることはできません。(当然か…)

彼はまず文章を読んでいません。日本の政治家の国会答弁で面白くないのは、文章を読んでいるからです。

ひとつひとつのメッセージが十分考えられて、十分練り上げられて、そして十分練習されたものであることは明白です。

そうであっても「この厳しい時代を皆で責任を持って乗り越えようではないか」というメッセージが伝わるのは彼が心から本当にそう思っているからでしょうね。

「アメリカは様々な人種で構成されているのが強みだ」とまで言い切り、そして「未来からみて今まさに生きている私たちがすばらしい足跡を残そう」という呼びかけは、自信を失っている人にとって明るい希望を示しています。

これ何も参考にせずにテレビで聞いただけを書いています。つまり覚えてしまっているわけです。

彼が大統領になった理由がよくわかりました。

さてこの期待にどこまで応えられるか、これから注目ですね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

これは何だと思いますか?

これはなんでしょう

ある場所に建設中の施設なのですが…わかりませんよね。

これは洞爺湖サミットの国際メディアセンターです。

いわゆる報道関係者の詰め所と首脳の記者会見場になるところです。

会場から直線距離にして27km以上離れたスキー場で有名なルスツリゾートの中にあります。

環境サミットに相応しくプレスセンターの下に雪を1万5000立方メートル保存して、冷房や解けた水は植栽の水やりなどに使うとのことです。

さてこの施設いくらかかったと思います?

28億5千万円だそうです。

室蘭民報より→

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/12/19/20071219m_02.html

サミット終了後はこのIMCザメインは取り壊すのですが(仮設ですから)、うーんという感じですね。

サミット特需ではあるでしょうが、どうしてこう箱モノが大好きなんでしょうか?

http://www.g8summit.go.jp/press/imc.html

どこかを利用してできないものですかね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)各国首脳を迎えるということだが格好を付けて普段と違うものを作る必要があるのか?
(2)環境サミットに名を借りて雪冷房とかソーラーパネルとか付けるがその後活用しないのはなんともったいない。(でも維持費もかかるのでしょうね)
(3)さらに会場とこのIMCとの間は環境に配慮した次世代自動車を運行するというが、きっと首脳はヘリコプターだろう。そもそも移動させるのが無駄では?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月18日 (火)

ANAカードのマイレージ交換率が!

今日三井住友VISAカードの告知を見ていましたら、ANAのマイレージへの変換率が変わることが告知されていました。

無料で交換したければ、5マイルと今までの半分になります。(ただし今まで掛っていた2100円/年の移行手数料は無料になりますけれど)

今まで通り10マイルにしたければ、年間手数料が6,300円/年掛るようになります。

ただし2008年8月31日までにマイレージ移行をし、且つWEB明細サービスという条件を満たせば4,200円キャッシュバックを1回だけされます。(つまり今年と同じということですね)

うーんと、さ来年以降は計算しないと損か得かがわからないぞ。

カード会社もだんだん苦しいのでしょうね。

今日はこれから会合があるので短めです。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)カード会社も苦しいので交換手数料を引き上げた。
(2)これによって、マイレージ交換を半分にするように誘導している。
(3)これを機会にWEB明細サービスに誘導している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

大宮駅周辺でも路上喫煙禁止になります

大宮駅西口のペデストリアンデッキや駅前の通りにはそこら中にたばこの吸殻が散らかっています。

さらに歩きながらの歩行もとっても目立ちます。

ついに遅ればせながら大宮駅周辺も路上喫煙が禁止となりました。(正式には6月1日から条例が施行されます)

P1000290

先日その啓蒙のためのチラシとティッシュを大宮駅前で配布していました。

浦和駅と南浦和駅周辺も禁止です。

P1000289

さらに空き缶の投棄も禁止となります。

詳しくはさいたま市のこのサイトをご覧ください→

http://www.city.saitama.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020046&WIT_oid=saitama::Contents::57300&Sm=5&TSW=upqqbef

私はたばこを吸いたい人は吸えばよいとは思いますが(本音は止めたらとは思いますがこれは嗜好の問題なのでひとまずおいといて)、「吸うならマナーを守りましょうね」と思います。

ずいぶん前に施行された千代田区では、効果が上がっているのがわかります。たとえば週に1度日本大学大学院に行くと、最寄り駅は市ヶ谷駅なのですが、誰も吸っていません。

そのために吸殻も落ちておらずすばらしい環境です。

千代田区のポスターが私は気に入っています。

「厳しくなったのはルールではなくて、マナーです」というフレーズが上手だなあと思いました。

違反すると2,000円の過料が課されます。警察OBの人達が巡回するようです。

マナーを守ればこんな窮屈な思いをしなくても済むのに。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)規制するだけではなくて、ここなら吸って良いという場所を作る。(今も大宮駅西口にはありますけれどそこの周辺はとても煙い。隔離する必要あり。
(2)守ってもらうための巡回警備員は目立つ格好が必要。
(3)さらに区域には、千代田区と同じように路上にも表示が必要でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)