映画・テレビ

2011年1月10日 (月)

BDレコーダーにした理由

もちろん最大の理由は先に書きました地デジが録画できなくなるからです。

でもテレビにも録画機能は付いていますので実はもうひとつ大きな理由があります。

それは、せっかく録画したものがなかなか見られないのを解消するためです。

どのようにするかというと、録画したものを携帯電話でも見られるようにするということです。

私が使っているSH-04Aには、マイクロSDカードが使えます。そのカードに転送して、携帯電話のワンセグ機能を使って見ることにしました。

今回買いました機器は、簡単転送ができます。ただし私はちょっとケチで圧縮して録画してますので、録画終了と同時には転送できません。

BDレコーダーの電源を切った後で作成をすることになります。

作成ができていれば、後はSDアダプターにマイクロSDカードを装着して、スロットルに入れて画面操作でカンタン転送をすれば40秒ぐらいで転送できます。

見られない主なものは、ガイアの夜明けとカンブリア宮殿です。

東京に満員電車に揺られて朝から行く時が時々ありますので、そのときに見ることにします。もちろん携帯電話にはイヤフォンは付けて周りには迷惑がかからないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

NHK土曜ドラマの国税査察官 チェイスもお奨めです。

私は先週はリアルタイムで見ることができず、録画で見ましたがこの番組もお奨めです。

脱税のスキームがうかがし知れるだけではなく、しっかりした脚本とスリリングな展開、そして海外ロケも含めた迫真の映像も流れていて良いですね。

しかもNHKにはあまり見られないベッドシーンなんかもありますし。(もちろんNHK的ですが)

NHKの土曜ドラマ枠は私は好きです。社会派の骨太のドラマが多いです。

有名なのは「ハゲタカ」ですが、「再生の町」や「君たちに明日はない」、「外事警察」「遥かなる絆」…うーん挙げればきりがありませんね。

「フルスイング」が視聴率がちょっと高く、それ以外は6%前後のようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E_(NHK)

さて見逃した皆さん、本日(4/24)17:00から再放送があります。よろしかったらどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

IRIS(アイリス)はすごいですね。

今日は昨日の日経トップリーダーセミナーの続きではなく昨日放映されたTV番組について書きます。

日本のテレビドラマが不振を極める中、TBSさんは日本のタレントでドラマを作るのをあきらめて韓流へ復帰でしょうか?

韓国で視聴率が40%近くいった超大作をゴールデンタイムにぶつけるとは。

でも見ちゃいました。いやー金の掛け方が違いますな。これはすごい。ほとんど映画ですね。

この番組の影響で韓国人が秋田に大挙して押しかけたりするのもうなずけます。このシーンは次回で放映されるようです。

ひとつ違和感があるのはイ・ビョンホンの声かな。これは多分過去のNHKなどで放映された彼の吹き替えの役が高橋和也氏で慣れているからでしょう。年齢もイ・ビョンホンと同じ年齢ですしね。

藤原竜也氏がどこまでそのイメージを覆すでしょうかね。私はやや若すぎる感じがします。(個人的な感想なので藤原さんのファンは怒らないでね)

TBSの公式HPはこちら→

http://www.tbs.co.jp/iris2010/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

フジテレビが総力を挙げている「わが家の歴史」がいよいよ明日ですね。

フジテレビ50周年企画の三谷幸喜脚本のテレビドラマが三夜連続で放映されます。

なんと延べで8時間です。テレビでじっくり付き合いたいと思うのですが多分無理なので録画することにしました。(笑)

4月9日、10日、11日いずれも午後9時からです。

また妻からいったいいつになったら見るつもりなの?と言われそうですが。

これを紹介した「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さんと三谷さんとの面白い対談が載っていますので、もしご覧になっていなかったらぜひ覗いてみてください。

http://www.1101.com/wagaya/2010-04-01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

サラリーマンNEOシーズン5が始まります。

大好きなサラリーマンNEOのシーズン5が4月8日(木)午後10:55から始まります。

予告編はこちらからどうぞ→

http://www.nhk.or.jp/neo/contents/pickup/index.html

曜日が木曜日になっていますのでご注意。

ディレクターも言っていますが、シーズン4はやや飛びすぎたと反省して、初心に帰るそうです。

詳細はこちらをどうぞ→

http://www.nhk.or.jp/neo/contents/staff/20100405.html

NHKの良い番組が立て続けに終わったので、期待しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

「カールじいさんの空飛ぶ家」をみました。

カールじいさんの空飛ぶ家をみました。
元旦は妻とこの映画を見に行きました。

アニメなの?と少々不満そうでしたが面白いと評判だから見ようよと無理やり連れて行きました。

本当は3Dで見たかったのですが残念ながら、1日に2回だけの上映で既に終わっていましたので、やむを得ず通常版で日本語吹き替えのものにしました。妻は中国人なので字幕は苦手なのです。

結構感動しました。あまり書くとネタばれになるのでやめますが、78歳の主人公が思い切って冒険に出たけれど本当の幸せと冒険は日常生活の中にある事に気づくところがこの1年を象徴していると感じました。

皆様もよろしかったらどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

東京駅地下街のフジテレビショップ

10日は東京駅の近辺で打ち合わせがありましたので、帰りに地下街を通る機会がありました。

東京キャラクターストリートと名付けられた通りに並んでいます。

人気番組のアニメ、ドラマ、映画、バラエティのグッズが並んでいます。

これはあきらかにお土産狙いですね。

隣にはTBSやテレビ朝日、テレビ東京、ちょっと離れて日テレなど東京のキー局が勢ぞろいです。

なんとNHKもあります。

ここへ行けば各局を回らなくてもグッズが買える…。

80年代にブームとなったキャラクターグッズですが、今はどうなんでしょうかね。

これ以外にもキャラクターグッズを勢ぞろいさせていますので、集積の効果はあるかもしれません。

詳しくは東京駅一番街のフロアガイドをどうぞ→

http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/floor/index.html


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

NHKオンデマンドにトライしましたが…役立たずでした。

以前にもこのブログで取り上げましたNHKオンデマンド。

http://m-kawai.way-nifty.com/blog/2008/12/post-1f0e.html

昨日初めて使おうと思いたちました。

なぜそう思ったかというと、録画していたものをこの年末年始などに一気に見始めたからです。

それはNHKの韓国ドラマの「ファン・ジニ」です。

実在の芸妓だそうでして、第9話までと第10話から大きく変わっています。

その変わり始めの第10話がうまく録画できていなかったのです。

肝心の部分がわからないためになんか不満足。それ以降も見てしまいましたがこの人は誰?という人が出てきていてよーわからん。

ということで、NHKオンデマンドに新規会員登録をしまして、そこで見ようとしたのですが…。

https://www.nhk-ondemand.jp/index.html

検索しても該当なし。どうも無いようです。

検索欄が一番上にあるのですが、そこに入れても「条件に該当する番組はありません。」というメッセージしか出ません。

ということで色々調べてみましたらまったく違うサイトにありました。

これについてはそこでダウンロードして見てからまた書きます。

しかし見逃した番組を見られるというのは良いですね。

オバマ大統領就任演説とか、出社が楽しい経済学とか見たいです。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

NHKがオンデマンドを始めましたね。

私がこの欄で取り上げたことがある掲題の件、いよいよ始まりました。

私の過去のブログはこれ→

http://m-kawai.way-nifty.com/blog/2008/04/post_6176.html

NHKのオンデマンドのURLはこちら→

https://www.nhk-ondemand.jp/index.html

でも納得いかないですね。NHKに視聴料を払っているのに、ここでまた料金を取るなんて。

民間放送が、テレビCMの代わりに、料金を取るのならば納得もできますが…。

どういう名目なんでしょうか。

でもそこは置くとしても、過去のものが見られるのは良いですね。

それから見逃し番組対策もあるのも良いです。

ただ無料ではないので、原則は見られないと思ったら録画しておくしかないですけれど。

民放はどんどん遅れを取っていますね。早く対処しないと負けちゃうぞ。

と思ったらゴールデンタイムの視聴率競争は今年はNHKが首位でもう勝っていました。

オリンピックも圧勝、篤姫でドラマも圧勝ですからね。

民放のオリンピック中継もちらっと見ましたが、タレントがたくさん出てきて見ていてうるさい感じでした。

競技中継は、適度な解説と適度なアナウンスさえあれば十分感動を得られますから。

私も録画するのは、NHKとテレビ東京系のものばかりです。少しだけ他局もありますけれど。

テレ東さんは、経済番組などユニークなものがあるので商売柄見ることになるわけです。

それ以外のどの局を回しても特徴がない、お笑い芸人多用のバラエティ番組や、バカさを全面に出したクイズ番組などはまったく時間の無駄な垂れ流しと感じています。

芸人さんには悪いのですが、あまりにもコスト削減が見え見えでしらけますね。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

NHK衛星放送の受信確認メッセージ画面の解除がようやくできました。

引っ越してからNHKの衛星放送を見るようになりました。

そうすると画面に次のようなメッセージが表示されます。

このメッセージは、受信料を公平にご負担いただくため、すでに衛星契約済みの方も含め、BS受信機設置のご連絡をお願いするものです。お名前、ご住所、B-CAS(ビーキャス)カード番号などを確認させていただければ、以後、メッセージは表示されなくなります。
ご連絡いただいた内容をもとに受信契約の状況を確認し、まだ、衛星契約をいただいていない場合、後日、衛星契約をお願いしております。
NHKはこのメッセージによりBSデジタル放送の受信を確認して、受信料の公平負担を一層徹底してまいります。ご理解・ご協力をよろしくお願いします。

解除するための第一番目の操作はリモコンの青ボタンを押し続けることです。

そうすると解除のガイドが画面に表示されます。

さて前回北京オリンピックを見ていた時にこのメッセージが表示されて、指定されたフリーダイヤルに電話をしたのですが、話し中でつながらず。

パソコンでも解除できるとはあるものの、立ち上げるのも面倒なので放っておいたのですが、昨日また表示されたので再度フリーダイヤルに電話しました。電話番号は0120-933-933です。

またまた音声ガイドで「通話が多くてオペレーターは出られません」と男性の声。

しかしながら、このまま電話機の操作を続ければできると言っているのでためしにやってみました。

(1)まずはB-CASカードの番号を入力します。画面から離れていて見ずらかったので、少し間をおいたら番号が確認できませんと応答が。

再度続けざまに入れてクリアー。

(2)続いて氏名を音声で吹き込み→録音が再生されて確認。

(3)続いて郵便番号を電話機で入力→音声で再生されて確認。

(4)続いて住所を県から電話機に音声で吹き込み→録音が再生されて確認。

これで終了です。10分ぐらい待つとNHKから電波が発信されて消去されるそうです。

実はこの確認を待っていられずまだしていません。

前回は音声ガイダンスすら聞こえませんでしたらから(ツーツーという話し中)もう少し回線を増やしたらどうですか?

参考までにこのメッセージを解除したい人のためのURLを出しておきます。→

http://pid.nhk.or.jp/bcas/


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)このメッセージ表示により受信料の支払を促す。
(2)解除の手続きが電話、FAX、パソコン、携帯でできるようになっている。
(3)電話は氏名、住所などは音声吹き込み方式。
(4)回線をもっと増やすべきでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)