旅行・地域

2011年1月 8日 (土)

砂像

砂像

白兎神社の参道の入口付近にある砂像です。

大国主命と八上姫の像でした。下でうさぎが見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白兎神社

白兎神社

特定の人(意中の人)との縁結びの神様として名高い白兎(はくと)神社です。

大国主命と八上姫との縁を取りもたれた(仲人された)縁結びの神様だからだそうです。

今年はうさぎ年だったので大ブレイクしたとのことでした。

近くに皮をはがれたうさぎが浸かったという池もあります。私が行った時は完全に凍っていました。

そのときの気温は1℃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白兎海岸

白兎海岸

これが白兎海岸です。ここが因幡の白うさぎの伝承の場所です。。

写真に見えている島がわにの背中に似て引き潮の時は見えるそうです。

もちろんこの時は暗くてそれは見えませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

因幡の白うさぎ。

因幡の白うさぎ

1月7日は企業さんのアドバイスに鳥取県へ行きました。

帰りに少しだけ時間がありましたので、通り道の白兎海岸へ寄りました。

これはその看板です。今年はうさぎ年ですので、ブレイクしたみたいです。

因幡の白うさぎの話しは日本初の医療行為だと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

三方五湖へ行きました。

せっかく福井に行きましたので、5月の旅行の時に夕方遅くになってしまってあまりきちんと見られなかった三方五湖へ行くことにしました。

天気予報では雨とあったのでうーんと思っていました。でも前日夜の天気予報では、敦賀地方だけ晴れと出ていましたのでラッキーと思ってレンタカーで出発。

ところが敦賀に近くなればなるほど天気が怪しくなり、敦賀ICを降りたら土砂降り。天気予報のうそつきと思ったのですが、なんと三方五湖に着いたら晴れ。

Img_0447

ちょうど紅葉の真っ盛りでとてもきれいでした。

Img_0479

前回登れなかった梅?にも登って360度のパノラマも実感してきました。

Img_0470

Img_0501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

サマンサタバサ羽田空港第2ターミナル店

サマンサタバサ

新しくなった羽田空港第2ターミナルの中には新規出店もたくさんあります。

そのひとつが、サマンサタバタです。羽田空港限定商品なんかもあって、華やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

新しくなった羽田空港です。

新しくなった羽田空港です。

羽田空港は国際線ターミナルの新規オープンで話題になっていますが、第2ターミナルも増床してオープンになりました。でもこちら側は今までの所に比べてそんなに混んでいません。

特徴的なのはイスですね。自由に座れるような形状になっています。従来は教室みたいに一方向だけに向いていましたが、このイスはいろんな向きに座れるようになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

パサール羽生

パサール羽生

日光に行く東北自動車の途中でパサール羽生に寄りました。

パサールとは何かというのをHPから引用すると、「パーキングエリア」の『PA』と「サービスエリア」の『SA』、そしてリラクゼーション(Relaxation)の『R』を組み合わせた造語になります。また、インドネシア語で「市場」を意味しており、 「旅の途中に立ち寄ってほっと一息つける場所」「旅の途中で楽しく過ごせる賑わいの場」をお客さまに提供していきたいとの思いを込めました。 」

とあります。

できたのは去年の11月だそうで、まだ新しくピカピカです。

高速道路改革の一環でこのようなSA、PAを改善しようという取組みは進んでいるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

日光に紅葉を見に行きました。

天気も良かったので、ちょいと遅めではありましたが、日光に紅葉を見に行きました。

いろは坂はすでに見ごろは終わっていましたので思っていたよりも混んでいませんでした。

中禅寺湖はまだそこそこ紅葉が美しかったです。

Img_0424

Img_0434

華厳の滝

Img_0410

戦場ヶ原

Img_0436

などを回りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

念願だった黒川温泉にも行きました。

大分県と熊本県の県境近くにある有名な温泉地の黒川温泉にも行きました。

なぜこれだけ人気が出たのか理由がよくわかりました。

いわゆる温泉観光地化していないんですね。みやげものやなんかもあるのですが、川沿いにあって風情や雰囲気があるのです。

Img_0397

温泉旅館が26ぐらいあるのですが、どれもお風呂が違い、湯の性質も違うそうです。

入湯手形は1回で3つの温泉まで入れます。私は3つ入りました。

いこい旅館さんの滝の湯。この温泉は名湯秘湯百選の宿だそうです。

それから有名な山の宿 新明館の洞窟風呂にも入りました。このお風呂は館主が精魂込めて手彫りをしたお風呂です。

3つ目は旅館 湯本荘で桶風呂に入りました。

そして泊まりました旅館美里さんのお風呂です。

このお風呂はお湯の色が変化します。夜は青い色だったのですが、朝入りましたら透明になっていました。

泊まったから言うわけではありませんが、ここのお風呂が一番落ち着いていて好きです。

美里さんのすばらしさは、下足番の方がお客の足音をききつけてすばやく丁寧にご対応されていること。家族的経営ですが、それがほのぼのと雰囲気として伝わってくるところです。

浴衣が汗でぬれたので替えを頼みましたが快く替えていただきました。

部屋食もとてもおいしかったです。

Img_0399

皆様もぜひ行ってみてください。地方活性化の秘密が満載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧