« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

鉄道博物館の新型シミュレータで思うこと。

鉄道博物館の新型シミュレータで思うこと。
この度鉄道博物館では新型シミュレータを導入しました。鉄道博物館での一番人気はシミュレータでいつも長蛇の列だったり人数制限に達してできなかったりのようですのでまあ妥当な策ではあります。でも多少台数を増やしてもそんなに緩和はされないのではと思います。となると鉄道博物館をシミュレータだらけの巨大ゲーセンにでもしないかぎり無理という話ですね。さてJR東日本はどうされるのでしょうか?今後に注目したいと思います。これ以外は静態展示がほとんどで車両の倉庫みたいですからね。動態展示をもっと増やさないと私は厳しいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

live image10に行きました。

live image10に行きました。
昨日は掲題のコンサートへ行きました。会場はNHKホールでした。初めて行きました。

残念ながら席は3階でしたが、まあそんなに遠すぎて何も見えないという感じではありませんね。

全席指定で一人7,800円です。

今年は、ゴンチチさんがトップバッターでした。これは以外。相変わらずMCは突拍子もないものでした。

以下順番は私の記憶なのでもしかして違っていましたらご容赦。

続いて松谷卓さん→大改造!劇的ビフォーアフターのBGMでおなじみの方です。私はこの「匠」という曲よりももっと良い曲がたくさんあるのにといつも思ってしまいます。でもこれで有名になったので仕方がないのかな。

3番目は宮本笑里さんです。やはりかわいいです。もっと近くで見たかった(苦笑)今は実力だけではなくて美人でないと売れないのでしょうか。天はニ物を与えているなあ。

4番目は小松亮太さん。バンドネオンはアコーディオンとは違う。どこが違うかというと音色が違うのだと強調されておりました。2曲のみ。

5番目は押尾コータローさん。神業的なテクニックは1曲目だけで、2曲目は比較的静かな曲でした。

6番目は、イマージュオーケストラ。今回のために編成されたオーケストラの面々が演奏をされました。ほとんどの人が東京芸術大学出身者で固められています。もちろん違う人もいますけれど。

7番目は加古隆さん。やはりパリは燃えているかの曲と映像に感動しました。

8番目は羽毛田丈史さん。このコンサートの音楽監督です。少々長めになぜこのコンサートが開かれるようになったのかのいわれをお話されました。

おおとりは、葉加瀬太郎さん。演奏はもちろんのこと、MCもおもしろかったです。ネタバレしないように内容は伏せておきますが、スポンサーさんへの配慮も自分たちに絡めて紹介するところなんぞは参考になりますね。

最後は情熱大陸で盛り上がったのですが、肝心の葉加瀬太郎さんの主旋律バイオリンがよく聞き取れず。

また何かのコードがひっかかていたらしくスタッフの人が曲の合間に必死に直していたのがやや気になってしまいました。

アンコールは恒例の全員出演で演奏。

これで3時間半たっぷりでした。場面転換をもう少し考えてもらうともっと良い気がします。例えばいちいち場面転換なんかしないでどんどん連続して出てくるとか。

パンフも3,000円とちと高いですな。

でも音楽と映像の両方が楽しめるのでお奨めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

ユニクロリニューアルオープン

イトーヨーカドー大宮宮原店2Fにあったユニクロが大幅に増床して、ステラモールに移動しました。

ここはたしかコムサイズムかなんかがあったところです。

とても広いので品揃えもさらに拡大。

何よりも買いやすいのが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK土曜ドラマの国税査察官 チェイスもお奨めです。

私は先週はリアルタイムで見ることができず、録画で見ましたがこの番組もお奨めです。

脱税のスキームがうかがし知れるだけではなく、しっかりした脚本とスリリングな展開、そして海外ロケも含めた迫真の映像も流れていて良いですね。

しかもNHKにはあまり見られないベッドシーンなんかもありますし。(もちろんNHK的ですが)

NHKの土曜ドラマ枠は私は好きです。社会派の骨太のドラマが多いです。

有名なのは「ハゲタカ」ですが、「再生の町」や「君たちに明日はない」、「外事警察」「遥かなる絆」…うーん挙げればきりがありませんね。

「フルスイング」が視聴率がちょっと高く、それ以外は6%前後のようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E_(NHK)

さて見逃した皆さん、本日(4/24)17:00から再放送があります。よろしかったらどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

事業仕分け第2弾。中小企業大学校も取り上げられました。

民主党政権で唯一(?)国民から支持されているこの政策。

第2弾では私も仕事上で関係する独立行政法人が取り上げられました。

それは中小企業基盤整備機構さんです。

インターネット中継では人気のないBグループでしたが(蓮舫議員がこちらはいないため)ちょっとだけ見ました。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/11/post_424.html

その場の会議に出ているようでライブ感は抜群ですね。

チャットでフォローもできるようになっています。

一番関係するのは中小企業大学校のところですが、こちらは仕事の関係でやり取りは見られず。

結論のところだけ見ました。

「事業の実施は各自治体/民間の判断に任せる」が結論です。詳細な結論はこちら→

http://www.shiwake.go.jp/data/shiwake/result/B-2.pdf

なんかよくわからないのですが、要は当機構さんが運営するのではなくて、地方自治体か民間に開放せよというのが結論のようです。

さて今後どのようになっていくのか注視していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

IRIS(アイリス)はすごいですね。

今日は昨日の日経トップリーダーセミナーの続きではなく昨日放映されたTV番組について書きます。

日本のテレビドラマが不振を極める中、TBSさんは日本のタレントでドラマを作るのをあきらめて韓流へ復帰でしょうか?

韓国で視聴率が40%近くいった超大作をゴールデンタイムにぶつけるとは。

でも見ちゃいました。いやー金の掛け方が違いますな。これはすごい。ほとんど映画ですね。

この番組の影響で韓国人が秋田に大挙して押しかけたりするのもうなずけます。このシーンは次回で放映されるようです。

ひとつ違和感があるのはイ・ビョンホンの声かな。これは多分過去のNHKなどで放映された彼の吹き替えの役が高橋和也氏で慣れているからでしょう。年齢もイ・ビョンホンと同じ年齢ですしね。

藤原竜也氏がどこまでそのイメージを覆すでしょうかね。私はやや若すぎる感じがします。(個人的な感想なので藤原さんのファンは怒らないでね)

TBSの公式HPはこちら→

http://www.tbs.co.jp/iris2010/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

日経トップリーダー2周年記念セミナーを受講しました。~山下泰裕氏編~

今日は日経トップリーダー(元は日経ベンチャー)という月刊誌の会員組織でプラチナ会員という月会費が高い会員向けの創立2周年記念セミナーを受講してきました。

タイトルは激動の時代を勝ち抜く経営革新~新たな顧客ニーズを創造する手法を学ぶ~です。

講師陣は錚々たる顔ぶれでした。

まずはロサンゼルスオリンピックで金メダルに輝いた山下泰裕氏。人を育てる・人に育てられる~柔道を通したこれからの生き方~という演題でお話しされました。

幼少のころやんちゃすぎてクラスメートを登校拒否に追い込んだ山下氏がどう変わったかをお話しされました。

強調されていたのは、柔道とは勝ち負けだけではない。柔道を通じて人間教育をすべきであって、それを協会内部でも言っているし行動しているというところでした。

東海大学の監督就任3年目の白血病の男の子にまつわる話しがすばらしかったです。

東海大学病院に入院したそのお子さんが、大量の血液が必要になり、東海大学柔道部に要請があり、山下氏が部員100名を集めて協力するように話しをしました。

A型の該当者のうち20名が協力して、ローテーションで献血をしたそうです。

その中の一人の4年生が献血のみならず、なんどもお見舞いに行き、教育実習などで行けないときは手紙を書いたりして励ましていました。

その4年生は、練習時はモチベーションが下がっていて、楽な方へ楽な方へ行っていたそうで、山下氏は「やる気がないならやめちまえ。お前なんかいらん」という対応だったそうです。

しかしこの白血病の子どもに対する献身的な態度をその子の母親から聞かされて、その子が回復した後、部員100名の前で彼を呼んで誉めたそうです。

今までまったく誉められたことがなかったその学生。その後はモチベーションが見違えるほどになりました。

そもそも彼は兵庫県の高校生時代はチャンピオンで、大学になったらもっと強くなり日本代表までなれるはずと思って入部して練習してきたそうですが、1年間やって新入生に抜かれ、3年生になってさらに抜かれということで一度も試合には出られなかったそうです。

そうなるとモチベーションは下がります。

そんな状態で山下氏は塩や辛しを塗りこむような指導しかしてこなかったことをこの白血病のことから学ぶことができたとのことでした。

モチベーションが下がっている学生も含めてなぜなのか?もっと広く、多面的に目をかけないとならないと強調されていました。そのときまで山下氏は日の当る人間ばかり目をかけ、誉めていたのを反省したということです。

もうひとつ感銘を受けた話しは、柔道の試合だけの勝ち負けだけだったら、いずれ現役を退いた後の人生はどうなるのか?ということでした。

現役よりもはるかに長い人生での勝利者になることが、柔道を通じて得なければならないことであり、自分もそれを目指しているがまだまだであるとおっしゃっていました。

山下氏の3番目の人生の夢は、柔道を通じて世界平和に貢献することだそうでして、その夢を着々と実行に移されています。

柔道教育ソリダリティー→

http://www.npo-jks.jp/index.html

講演を聴いた感想はすごい人なのに、全然えらそうではなくとても謙虚。しかし途中では迫力ある声、前をしっかり見る鋭いまなざしでやはりオーラを感じました。

昼の懇親会では、山下氏と会話を交わすことができました。

私はやる気が出ない時はありますか?と聞きました。

そうしたら「ありますよ。」

「そういう時はどうされるんですか?」とお伺いしたら、

「やはり休んでリフレッシュします。ずっとテンションが高いなんてありえないし、そんな聖人君子みたいだったら面白くないじゃないですか」と丁寧にお答えしていただきました。

こんな感じで列をなしている人一人ひとりと会話されますので、列は全然進まず。

握手をしっかりしてもらいました。

さて、このセミナーまだまだあと4人いらっしゃいますので、続きはまた明日(予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

日経MJ1~3月ヒット商品の発表がありました。

このブログでもたびたび取り上げております日経MJ(日経流通新聞)ですが、1月から3月までの第一四半期のヒット商品も特集します。

いわゆる番付ではありませんが、なかなか興味深いです。

まず取り上げられているのは、マクドナルドのハンバーガー。ビッグアメリカシリーズです。

確かに大ボリューム、高単価商品でありながらヒットして、日本マクドナルドの収益を押し上げた要因でもあります。日経MJの分析では、試食会→ブロガーやツイッターの書き込みということが販促効果ありとのことです。

桃屋「辛そうで辛くない少し辛いラー油」も、ツイッターがヒットの要因と分析されています。

本では『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を取り上げています。

映画では「アバター」ですね。

スカイツリーも成長追っかけでヒット。

みんなネタ消費という括りで取り上げられています。たしかにブログネタを考えるときにわかりやすいですものね。

これ以外には定番ものとして、ハイパーヨーヨーや、ドラゴンクエストⅥ 幻の大地、午後の紅茶 エスプレッソティーが取り上げられています。

値ごろ感では、液晶テレビ、ABCマートのPB 春のブーツ、高級カプセルホテル、フィットネスクラブのタイムユース会員などが入っています。

毎度申し上げますが、ヒット商品開発ではやはり世の中のトレンドを把握することも大事ですので、ぜひ日経MJのこのような記事は読みましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

ANAマイレージはなかなか使えませんね。

商売柄ANAのマイレージが貯まります。というか、ショッピングもなるべくこのカード、iDもこのカードなど集中させているので、そちらも交換レートは悪いものの貯まります。

そこで使おうと思うわけですが、使いたい時に使えませんね。

今回は上海を狙ってみたわけですが、空席待ちをかけてもまったくダメでした。

ネットでは探しきれないと思いまして、オペレーターに電話もしてみましたが海外はいずれもダメでした。

オペレーターの方にお伺いすると、タイミングが355日前だそうでゴールデンウィークや年末年始はその当日朝一番に入力しないと無理だそうです。

でもそのタイミングでちょうどよくマイルが貯まっていれば特典交換ができますが、そうはいかないですよね。

まあサービスの一環ですからあまり文句を言っても仕方ないのかもしれませんが、こう使いにくいと結局一生懸命貯めてもなあとかえって不満になってしまうのは逆効果だと思いませんか?

アイスランドの噴火でヨーロッパ路線がかなり欠航しているみたいですが、ゴールデンウィークに予約された方は心配ですよね。飛ばない場合は、今回の噴火の場合は出発前に限り、払戻手数料なしで払い戻すそうです。つまりマイレージが戻ってくるということですね。

私は、結局北海道の里帰りに使うことにしました。

再度検索してみたら前は2便ぐらい空いている飛行機がありましたのでさっそく予約しました。

帰りは当然のごとく5月5日などはなく、5月4日の早朝便だけです。新千歳空港に行き着くのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

日経ベンチャー経営セミナーを聴きに行きました。

久しぶりにセミナーに出ました。日経トップリーダーには経営者クラブがありまして、そこで毎月1回経営セミナーが開かれています。

今回は鷲田小彌太氏の講演でした。

タイトルは維新の志士たちの力~変革期に求められる人間力とは~です。

以下概略列記(レジュメより引用)。

0.戦国末期と幕末維新期に人材がつぎつぎ排出した時代があった。

その中でも信長と竜馬(鷲田氏はこう表記)が日本改造計画を書いた。

1.竜馬と他の英傑の違いは竜馬は後ろ盾を持たない、家、藩、幕府を超える。自前の人材調達。

  福沢諭吉と竜馬は、天皇を戴く民主政体というところで共通点がある。

2.体制内改革者がいた。すなわち幕府は人材の宝庫だった。

勝海舟→威張っており、自信家であって皆からは嫌われていた。

小栗忠順(タダマサ)→ものすごい頭の良さだったが、斬首。

このほかに阿部正弘

3.維新第二世代 国を新しく作っていく。

伊藤博文、大隈重信と板垣退助、黒田清隆がそれに当る。

最後の総括として、区切りある人生、発見できるのは筋、才能を発見する努力が大事ということをおっしゃられました。

今龍馬が流行しておりますので、タイミングとしては良いのでしょうけれど、もう少し人物を絞った方が良かったのではないかなと思いました。1時間半でちょっと詰め込みすぎのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

今やデジカメは1万円台でかなり優秀なものが買えるんですね。

桜の季節が終わった後にこのような話題なんですが、実はその桜の写真は携帯電話のカメラで撮ったのですね。

ところがいまひとつだったわけです。

ということでダイレクトメールがアマゾン社から来たので、思わず開いてみたところ1万円台のキヤノンのデジカメが出ていました。

これはと思いまして、アマゾンではなくて、ビックカメラで買いました。(笑)

値段は12,700円です。アマゾンは実は11,340円だったのですが、ビックカメラはこの価格から10%ポイントが付くのでほぼ一緒かなと思いまして。

実を言いますと店頭価格はもう少し高かったんです。13,400円でした。事前にビックカメラのHPを見ていって、値段を一緒にしてと交渉したらこの価格になりました。

しかしこれだけでは容量が少ないと思いましたので8GBのメモリーも買いました。こっちが高かったですね。

4,000円強しました。

すでに購入した人の評判はとても良いものでした。(コストに比べてパフォーマンスが)

まだ箱から開けたばかりで使っていません。とても軽くて薄いのが印象的ですね。

やはり購入動機として思うのは、このお客様の声というか、レビュー、評価ですね。インターネットで購入する場合はいろいろな要素があるにせよ、やはりこの実際に購入した人が良い評価をしているのも結構決め手になります。

また使用した感想も書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

妻のためにヘッドフォンを買いました。

何のためかというと、ネットブックで中国のドラマを見るためです。

妻は中国人ですので、今までは衛星放送かなんかで「中国のテレビが見られるようにしてよー」と言っておりましたが、今契約しているJ:COMのなかにはダイレクトで見られるのはないので、そのままになっていました。

この話題から少しずれますが、中国のテレビは今ほとんどインターネットで見られます。無料です。これはすばらしいですね。

妻は連続ドラマを見ています。このヘッドフォンを買った理由は、私が違うテレビを見ているとお互いにうるさいからです。

ということでビックカメラで一番安いものを購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

龍馬伝を未ながら龍馬にちなんだ酒を飲む。

最近歳をとったせいか日本酒がおいしく感じるこの頃です。昔は飲むと翌日頭が痛くなったりしたものですが、よく考えると当時は学生でして、すごい安い酒を飲んでいたからではと思っております。

それはさておきNHKの龍馬伝のせいのみならず、時代背景も含めて龍馬がブームです。

このブームに高知県のメーカーさんは乗っかるのは必然でしょう。

この司牡丹さんも高知県の酒造メーカーです。でも創業が400年以上の会社ですから良いのでは。

切れ味抜群という触れ込みで純米超辛口ですっきりです。

このメーカーさん新商品開発ではなかなか面白い取組みをたくさんされているのですね。

宇宙酒なんていうものまであります。売り切れ必至みたいです。詳細はこちらのURLをどうぞ。→

http://www.tsukasabotan.co.jp/index.html

山崎宇宙飛行士がまさに国際ステーションに行っている今、すばらしいタイミングですね。

機を見て敏なのも新商品開発には必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

コロニーな生活☆プラスすごい露出ですね。

私が一番最初に気がついたのは、朝日新聞の夕刊でした。

1面の左側に掲載されていましたのでじっくり読みました。

ご存知無い方のために申し上げますと、「位置ゲー」の一種です。

携帯電話にGPSの機能が付いたので、それを利用してゲームができるというものです。

Photo

「位置ゲー」の私の理解は、ある所に行って、位置登録をするとその場所が確保できるというものだったのですがコロニーな生活☆プラスはもう少し複雑ですね。

http://pc.colopl.jp/pages/wl/welcome.html

それよりもマスコミが一斉に取り上げているのがパブリシティ的に面白いです。

NHKが夜に始めたBIZスポの「春よ来い!日本経済スペシャル」にも、取り上げられました。(結構長い時間)

あるお店に若者や大人がおしかけ、大人買いをしているシーンが映っていました。

そのあるお店とはいわゆるチェーン店ではなく、地元の隠れた名店的なお店で、なんでそんなに買うかと言うとお土産の何かがもらえるからだそうです。

店長さんが売上が○倍増とか言ってました。

単なる位置ゲーでしたら、マスコミもこれだけ取り上げないでしょうが、町おこし(村おこし)的要素、つまり地方活性化の起爆剤になりそうという観点が絡んでいるからこそこれだけ取り上げられるのでしょう。

つまり単にヒットしているというだけではなくて、疲弊している地方をなんとかするきっかけになるかもしれないという公的な要因も加わっているので取り上げられているのではないかと思います。

この位置ゲーはやっているのは都会の人が大半だそうでこれがきっかけで地方に旅するなら確かに有効ですよね。

眺めているだけではよくわからないので、私もちょっとトライしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

フジテレビが総力を挙げている「わが家の歴史」がいよいよ明日ですね。

フジテレビ50周年企画の三谷幸喜脚本のテレビドラマが三夜連続で放映されます。

なんと延べで8時間です。テレビでじっくり付き合いたいと思うのですが多分無理なので録画することにしました。(笑)

4月9日、10日、11日いずれも午後9時からです。

また妻からいったいいつになったら見るつもりなの?と言われそうですが。

これを紹介した「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さんと三谷さんとの面白い対談が載っていますので、もしご覧になっていなかったらぜひ覗いてみてください。

http://www.1101.com/wagaya/2010-04-01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブンイレブンでiDが7月から使えるようになるとのこと。

本日日経新聞ではベタ記事扱いでしたが、掲題の件が掲載されていました。

iDとはNTTドコモの携帯電話についているポストペイ型のクレジットカード機能です。

おさいふケータイの機能を使って、自分が登録しているカードと同様に使えます。

これとても便利でして、決済時に機器にタッチするだけで終わります。カード決済の場合はサインを求められて面倒ですが、大半のお店はサインレスです。高額だとサインを求められたり、暗証番号を入力しろと言われたりします。(ビックカメラの場合)

7月からだそうですが、1万4千店で使えるようになるそうです。

私は最近なるべくセブンイレブンに買い物目的では行かないようにしていたのも、このiDが使えないことが理由でしたのでようやく行く気が出ます。

ナナコを私も導入はしていますが、対して利用しないのでポイントも溜まらず、iDにしてもらった方がいいのになあと前から思ってました。

セブンさんは自分のカード類で囲いこむことばかり考えていると客の利用が減ることに気がつかれたのですね。私みたいに思っている人が居るということでしょう。

今の私のコンビニの選択要因はiDが使えるかどうかです。それに該当するのがローソンかファミリーマートかですね。それ以外にも使えるコンビニはあるのですが、店舗が私の利用するところではあんまりないいので。

7月までは我慢ですな。

ちなみにセブン銀行は重宝しております。

私の銀行関係は、いずれも手数料がかからないようにしておりますので時間外でも問題はありません。24時間開いている銀行ですね。

そうそう先日あるチケットをファミリーマートでぴあ経由で購入したのですが、現金のみでした。

せっかくiDで買えると思って予約したのに。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

サラリーマンNEOシーズン5が始まります。

大好きなサラリーマンNEOのシーズン5が4月8日(木)午後10:55から始まります。

予告編はこちらからどうぞ→

http://www.nhk.or.jp/neo/contents/pickup/index.html

曜日が木曜日になっていますのでご注意。

ディレクターも言っていますが、シーズン4はやや飛びすぎたと反省して、初心に帰るそうです。

詳細はこちらをどうぞ→

http://www.nhk.or.jp/neo/contents/staff/20100405.html

NHKの良い番組が立て続けに終わったので、期待しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レターパック350を郵便屋さんが行商に来ました。

何かと話題の郵便局ですが、本日郵便局からレターパックの販売にアポ無し(飛び込みで)来られました。

まあ使うので新しくできた「レターパック350」を購入しました。

以前は「エクスパック500」という商品だったのですが、それは3月31日で販売を終了し、今はこの「レターパック350」と「レターパック500」の2つになりました。

今までと何が違うかというと、信書も荷物も大丈夫というところです。今までは送り状は入れても良いが、信書はダメでした。

「レターパック500」と「レターパック350」の違いは何かというと、「レターパック500」は配達先の手元までしっかりと届けられる(先方から受領印をもらう)ことと、3cm以上の厚みでも大丈夫なことです。

「レターパック350」は、厚さは3cmまでということと、先方には郵便受けまでしか配達しない(受領印はもらわない)ということです。

重量が4㎏までということと、追跡サービスができるのは同じです。

速達+配達証明で郵便を出すのならば、この「レターパック350」で送った方がお得です。

ということで今後は重要なもので急ぐものは「レターパック350」で出してみることにします。

ちなみに「エクスパック500」は4月1日を過ぎても今まで通り使えます。交換はできません。

それにしても郵便局が1件ずつ訪問して、これらを販売するとは世の中も変わったものですね。もちろんこれらのレターパックも集荷もしてくれます。

民営化路線でせっかく変わったこのような営業姿勢が元に戻ってしまうのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

桜満開ですねー。

当事務所の裏側(先方から見ればこちらが裏側かもしれませんが)大成小学校です。

今その桜が満開です。夕方に撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

シャープLED電球に替えて気づいたことは?

ブログネタ: 【ネタフリ第2弾】新発見!LED電球に替えて気づいたことは?参加数拍手

さてこのココログのコマネタで募集していました「シャープのLED電球」モニターに見事当選しました。

ようやくダイニングテーブルの上につけて使ってみることができました。

実は到着してすぐ付け替えて使ってみたのですが、この電球の意図があまりよくわからずやはり白いなあと思ってしまって終わったんですね。

ところが、よーく読んでみるとこの電球はリモコンで昼白色から電球色まで調光できるものでした。

まずそのことがそもそもわかりにくいですね。パッケージには表示されているものの、リモコンがきちんと収まりすぎていて気づきにくし。

さっそく電球色にしてみました。もう片方についているのは、もともとは電球だったのですが、それを蛍光灯に替えてつけたものです。それをひとつ取り外してつけてみたわけです。

使ってみて気がついたことは、すぐ付くということですね。

蛍光灯の方は、最初はぼんやりしていてだんだん明るくなるのですが、LEDはピッと付きます。

ただ蛍光灯に比べて明るいかというとそんなには違わないかな。

そもそも2つ付けてしまっているのでよくわからないということもあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

大宮公園の桜です。

本当は日中に大宮公園で花見をしようと考えていたのですが、気温が寒かったので家にずっといて夕方にちょっとだけ寄りました。

もうひとつの理由は桜の下で宴会をしているのを見るのがあんまり好きではないこともあります。

案の定皆さんお帰りになるところでしたが、ものすごい人手でした。

この寒空でお風邪など召さないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

シャープさんのLED電球がコマネタで当りました。

ブログネタ: 【ネタフリ第1弾】シャープだけ!調光・調色機能の感想を教えて!参加数拍手

この仕掛けは露骨で良いですね。モニター募集をブロガーと引っ掛けるわけですから。

もらえば必ず書きますしね。この販売促進は他のメーカーさんもどしどしやりましょう。

さてもらってすぐ蛍光型電球と交換して、付けたには付けました。

しかしながら、これだけはっきり書いてあるのに、どうやって調光するんだと思ってしまいました。でよくわからず一旦しまいました。なぜなら色が合わないからです。

なぜこんなことになったかというと、リモコンの包装が電球を保護するダンボールにしっかり隠れていたからです。

外箱には何にもリモコンの表示がなかったので気がつかず。

で第2弾を書くことになってじっくり眺めたら、リモコンがでて来たのでなーんだということになりました。

蛍光色は微妙に違いますが、今は両方つけてもそんなに違和感はありません。

ただやはりデザイン的には片方がLEDですらっとして、片方が丸い電球型蛍光灯ではデザイン的にはよろしくないですね。でもこれ以外のところで付けられるところがないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

FM東京(T-FM)の好きな番組がなくなりました。

それは、事務所からの帰りがけにいつも聞いていた「A・O・R」という番組です。

http://www2.jfn.co.jp/aor/index.html

夜の19:00から21:20までユキ・ラインハートさんのナビゲートでやっていました。

実は番組そのものはなくなっていないのです。JFNという組織が作っているものなので、そこに加盟している局で流したいところは流すということのようです。

3月31日には聞けませんでしたのでそうなることは知らなかったのですが、昨晩聞いてあれっと思いました。違う番組をやっていたからです。

しかもその情報はFM東京のWEBサイトを探してもどこにも出ておらず、結局違う方法で調べてわかりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Adult_Oriented_Radio

せっかく音楽だけを掛け続ける良い番組だったのに聴けなくなって残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

ブレンディコーヒー詰め替え用パックに見る販売促進。

新年度に相応しい話題をとも思いましたが、まあちょっとした工夫の話題です。

当事務所ではAGFのBlendyを愛用しておりますが、エコのためにも詰め替えパックを利用しております。

販売促進策がありますね。

まずは大きく表示された増量キャンペーン。これには2つ意味があります。

ひとつは、買う側にとってのお得感。通常価格に20g増量されているわけですからお得に感じて買おうという気にさせてくれます。

まあここまでは当たり前ですが、もうひとつ売る側(この場合はAGF)にもメリットがあります。

それは、増量された分だけ次に買うまでの期間が延長されることです。つまり次に買うときに他メーカーに乗り換える確率が減るというわけですね。つまり防衛的な要素も持っているのです。

この袋にはもうひとつ工夫があります。それは上部の「サーッとながれる新ななめ加工」というフレーズに表されるところです。

袋のカットそのものはまっすぐに切ればよいのですが、その状態でびんにいれると本当に気持ちよくどんどん入っていきます。

このようなちょっとした工夫がファンを増やしていくのでしょうね。もちろん中身が良くないとならないのは前提ですけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »