« エチカ池袋。 | トップページ | 中小企業診断協会東京支部ウェルカムスプリングフォーラムに参加しました。 »

2009年4月16日 (木)

「日経トップリーダー」プラチナ会員1周年記念セミナーへ行って来ました。

最近忙しくて更新さぼり気味です。なんで忙しいかというと妻が中国に一時帰国しているからです。

家事をやらないといけないからなんですねー。

それはさておき、本日は掲題の件参加しました。

「日経ベンチャー」という雑誌が「日経トップリーダー」に4月から新装刊になりまして、その記念も兼ねています。

タイトルは

激動の時代を生き抜くリーダーの気質
~新・経営手法とマネジメント革新を目指すリーダーのために~

です。

特別講演1 混乱の時代のリーダーシップ 榊原英資氏

特別講演2 世界唯一企業の秘訣 創造力を力に変える  ハードロック工業株式会社 社長若林克彦氏

スペシャルセッション クライシスを乗り切るためにいかに大企業を活用するか  株式会社レイヤーズ・コンサルティング 代表 杉野尚志氏

強い会社を作る失敗学  工学院大学教授 畑村洋太郎氏

でした。

榊原氏は鹿児島からの帰りの飛行機で一緒になったこともありまして、私が一方的に親しみを感じているのですが、お話しは今までのアメリカ型の金融資本主義が崩壊して、製造業はダウントレンドであるということを強調されていました。

特に自動車は厳しい状況が続くと。

それならばどうするかということについての答えはサービス産業の成長分野を目指せでした。

その例として、医療分野、教育分野、農業分野の3つを挙げられました。

しかしながらその3つはいずれも厳しい規制(榊原氏曰く社会主義体制だそうです)の分野なので本当の構造改革を行なわないと成長はしないということです。そのための行動を起こそうと呼びかけて終わりました。

ハードロック工業の社長は、日経BP社の企画編集部長との掛け合いで進みました。

実物をたくさん持ってきて説明されたり、ホワイトボードに図解されてわかりやすく説明されたりして興味深かったのですが、少々お話しが聞き取りずらかったです。

今回一番面白かったのは、畑村先生でした。

64枚ものパワーポイントを使って(しかもそれを惜しみなく我々の手許にも開示されて)1時間強でお話されました。

失敗についての味方については、失敗の積極的な取り扱いが必要で、うまくゆく方法を教えるよりも、まずくなる道筋を教えた方が効果が大きいとおっしゃいました

特に許される失敗と許されない失敗があるという言葉が気を引きました。

許される失敗は、成長と進歩に必要なものだが、許されない失敗は同じ愚を繰り返すものだそうです。

失敗は立体的にとらえなければならないと強調されていました。

表面的なものではなくて、組織構造や心理的側面や経営的側面も考えて行なわないと表層的になってまた同じ失敗を繰り返すということです。

失敗知識も共有化しなければならないとおっしゃっていました。

結果だけではわからない。脈絡を知らなければわからないし、分からなければ伝わらないし、伝わらなければ使えないということです。

失敗は予測できるそうです。予測できるのに防げないのは、防げないのではなくて防がないのだということでした。

つまり失敗の素地を放置し、予兆を無視し、顕在化しなければそれでよしとする力が働くからです。

ハインリッヒの法則を例に挙げて、1つの重大な事故の背景には300のヒヤリ・ハットがある。だからそれらにきちんと対処しておけば1つの重大な事故は防げるというものです。

しかしながら世の中の人は、曲げて伝わっていて、300回に1回ぐらいしか重大事故は起こらないという理解ではまったくダメだとおっしゃっていました。

あと印象に残ったのは失敗を防ぐためには「個の独立」が必要と強調されていたことです。

つまり自分で考えて全体を作り出すことができるとうことです。

そういうことが出来る人が集まって知恵を出し合うとことこそが共有ということだとおっしゃっていました。

この他にもたくさんの図解での貴重な資料とお話しが聞けました。

畑村先生は六本木ヒルズの回転ドアの事故(小学生の男の子がお亡くなりになった)の原因を当事者も巻き込んで究明したことで有名でもあります。

この時は技術の系譜が役に立ったということでした。

どういうことかというと欧米では回転ドアは軽くなければ危ないという技術的に確立していたのに、日本に入ってきたらそれは忘れ去られて、立派で重いものということになって今回の事故の原因の1つになったということです。(これはNHKスペシャルで過去放映されました)

私も失敗をしますが、それをどう生かすかが課題だと思います。

時々はこのような吸収することが大事ですね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

|

« エチカ池袋。 | トップページ | 中小企業診断協会東京支部ウェルカムスプリングフォーラムに参加しました。 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/44694995

この記事へのトラックバック一覧です: 「日経トップリーダー」プラチナ会員1周年記念セミナーへ行って来ました。:

« エチカ池袋。 | トップページ | 中小企業診断協会東京支部ウェルカムスプリングフォーラムに参加しました。 »