« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

大宮駅西口イベント広場でパナソニックの掃除機展示。

掃除機

本日大宮駅西口を通過しましたら、目を引く展示がしてあって、ガードマンが警備をしていました。

パナソニックの紙パック掃除機の新製品MC-P9000シリーズの宣伝です。

どう目立つかというと、写真ではわかりにくいですが、このフェンサーは等身大の人形なんです。

その左側には(写っていませんが)パナソニックのCMがテレビで繰り返し流れています。

フェンサーにしたのはキビキビ動くことを表現したいからでしょう。

ちょうどフェンシングの格好にも似ていますし、インパクトもありますから。

でもなぜ大宮駅西口イベント広場に展示しているのかなあと考えましたら、それはきっと大型連休で鉄道博物館にファミリーで来るお客が、ニューシャトルに乗り換えるのに通ると踏んだからではないかと推察します。

その場合目立つことが大事なのでこのような展示なわけですね。

この人形が動けばもっと面白いのに。もしかしたら動く?(少なくとも私が見たときは動いていませんでした)


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

がんばれ社長(武沢先生)オープンオフィス・サパー in 東京に参加しました。

がんばれ社長

4月28日夜はがんばれ社長!(読者数31000名の経営者向けメールマガジン)を発行している武沢先生のオープンオフィスが開催されましたので久し振りに参加しました。

武沢先生は真ん中のワイシャツ姿の方です。

参加の条件は、ビール、ワイン、ソフトドリンク、おつまみのいずれかを持参することです。

アポなしで誰でも参加できますので毎回部屋に入りきれないぐらいの参加者が来ますが、今回は29日のお休みの前ということもあってやや少なかったでしょうか。

この自分が触媒となって、いろいろな人を結びつけるのを自分のオフィスでやってしまうという発想がすばらしいですね。単なる異業種交流会ではなくて、向上心の塊のような人ばかりですから、お話もはずみます。

ここから良い出会いができてさらに進歩できるので皆様もよろしかったらどうぞ。

まずはがんばれ社長!を購読するところからですね。

購読申し込みはこちらのURLから→

http://www.e-comon.co.jp/

そこに次回の告知も書いてあります。

このメルマガがまた面白いしためになります。

このURLからバックナンバーもご覧になれますので試しに読んでみてください。

ぜひこちらもご購読を。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

最近更新頻度が落ちている理由。

最近平日は日々更新ができない日が多くて申し訳ございません。

理由はいくつかあるのですが、ひとつは当事業部の社員が一人退職したからです。

その引き継ぎをしばらくしておりました。現在はそれを引き継いで仕事をやっていたり、新たな採用をやっていますので少々時間が不足しているのが第一の原因です。

もうひとつは妻が中国にやや長めに一時帰国しているからです。

なるべく夜は外食したくないと考えておりますので、そうなると遅く帰って飯を作って、食べてその他の家事なんぞをやっていますとどんどん時間がなくなります。

やることが多い時はきちんとリストを作って優先順位をつけないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

アッコのW焼肉弁当を食べました。

弁当

私のブログは基本的には食事は極力取り上げないようにしていますが、今日の昼ごはんは忙しくて外に食べに行く暇がありませんでしたので、セブンイレブンにしました。

そこで大々的に店頭で売り出していたのがこの弁当です。

セブンイレブンはたまにコラボレーションを行いますが、そう頻繁にしませんね。

今回はアッコにおまかせのVTRがテレビデオで繰り返し店頭で流されるなどかなり派手でした。

そこで私のようなものが手に取るのですからまあ成功でしょうかね。

しかしながらかなり大量に仕入れていましたが、この日1時30現在で30個以上残っていました。

単価が680円と他の弁当に比べると高いからでしょう。

お味は2種類の焼肉がほどよい味付けでおいしかったのと、ボリューム感もあります。

野菜もそこそこ入っています。

(後日)イトーヨーカドーでも山積みで販売していました。

弁当の客単価を少しでも上げるためにいろいろと工夫しなければなりませんね。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

トロリーバッグが壊れました。

トロリーバッグが壊れました。
日常使っているバッグが壊れました。そこでエースさんに行き修理見積もり依頼をしました。

使っているのはこのバッグです。

http://m-kawai.way-nifty.com/blog/2007/12/post_c87a.html

ACEGENEです。ELV-1シリーズの65142タイプです。(現在は販売していません)

どこが壊れたかと言いますと、ハンドルの部分です。

ハンドルの両側にプラスのねじが付いているのですが、そのうちの一つが脱落しました。

どうも樹脂が割れたみたいです。

実はそれが発生したのは15日のことです。

ハンドルを引っ張ろうとしたらスポっと片側が抜けてしまったのでした。

トロリータイプでこんな始末の悪いことはありません。

なんとかねじを調達しまして、入れたのですが最後まで締まらず。

使っているうちにすぐゆるんでしまうのです。

やむを得ずこのような対応をしました。

見積もりには1週間かかり、OKしても1か月もかかるそうです。

なぜかというと、すべて中国で行うからです。

その間どうしようかなあと思っております。

帰りがけエースの日比谷店にも行ってみましたが、結構なお値段なのとまだこのバッグ2007年12月から使い始めてまだ1年4か月ですので。(もう1年4か月ですかね)

修理を気長に待つしかないでしょうか。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

中小企業診断協会東京支部ウェルカムスプリングフォーラムに参加しました。

4月18日は中小企業診断協会東京支部の活動を説明するウェルカムスプリングフォーラム開催です。

この春に新たに会員になられた方、あるいは会員になるかどうか迷っていらっしゃる方を中心に、既存会員の方も含めて活動を紹介するものです。

当日は800名を超える方が、渋谷のフォーラムエイトに集結しました。

大盛り上がりでした。

ちなみに私は東京支部の広報部として協会の情報システムの説明を10分程度いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

「日経トップリーダー」プラチナ会員1周年記念セミナーへ行って来ました。

最近忙しくて更新さぼり気味です。なんで忙しいかというと妻が中国に一時帰国しているからです。

家事をやらないといけないからなんですねー。

それはさておき、本日は掲題の件参加しました。

「日経ベンチャー」という雑誌が「日経トップリーダー」に4月から新装刊になりまして、その記念も兼ねています。

タイトルは

激動の時代を生き抜くリーダーの気質
~新・経営手法とマネジメント革新を目指すリーダーのために~

です。

特別講演1 混乱の時代のリーダーシップ 榊原英資氏

特別講演2 世界唯一企業の秘訣 創造力を力に変える  ハードロック工業株式会社 社長若林克彦氏

スペシャルセッション クライシスを乗り切るためにいかに大企業を活用するか  株式会社レイヤーズ・コンサルティング 代表 杉野尚志氏

強い会社を作る失敗学  工学院大学教授 畑村洋太郎氏

でした。

榊原氏は鹿児島からの帰りの飛行機で一緒になったこともありまして、私が一方的に親しみを感じているのですが、お話しは今までのアメリカ型の金融資本主義が崩壊して、製造業はダウントレンドであるということを強調されていました。

特に自動車は厳しい状況が続くと。

それならばどうするかということについての答えはサービス産業の成長分野を目指せでした。

その例として、医療分野、教育分野、農業分野の3つを挙げられました。

しかしながらその3つはいずれも厳しい規制(榊原氏曰く社会主義体制だそうです)の分野なので本当の構造改革を行なわないと成長はしないということです。そのための行動を起こそうと呼びかけて終わりました。

ハードロック工業の社長は、日経BP社の企画編集部長との掛け合いで進みました。

実物をたくさん持ってきて説明されたり、ホワイトボードに図解されてわかりやすく説明されたりして興味深かったのですが、少々お話しが聞き取りずらかったです。

今回一番面白かったのは、畑村先生でした。

64枚ものパワーポイントを使って(しかもそれを惜しみなく我々の手許にも開示されて)1時間強でお話されました。

失敗についての味方については、失敗の積極的な取り扱いが必要で、うまくゆく方法を教えるよりも、まずくなる道筋を教えた方が効果が大きいとおっしゃいました

特に許される失敗と許されない失敗があるという言葉が気を引きました。

許される失敗は、成長と進歩に必要なものだが、許されない失敗は同じ愚を繰り返すものだそうです。

失敗は立体的にとらえなければならないと強調されていました。

表面的なものではなくて、組織構造や心理的側面や経営的側面も考えて行なわないと表層的になってまた同じ失敗を繰り返すということです。

失敗知識も共有化しなければならないとおっしゃっていました。

結果だけではわからない。脈絡を知らなければわからないし、分からなければ伝わらないし、伝わらなければ使えないということです。

失敗は予測できるそうです。予測できるのに防げないのは、防げないのではなくて防がないのだということでした。

つまり失敗の素地を放置し、予兆を無視し、顕在化しなければそれでよしとする力が働くからです。

ハインリッヒの法則を例に挙げて、1つの重大な事故の背景には300のヒヤリ・ハットがある。だからそれらにきちんと対処しておけば1つの重大な事故は防げるというものです。

しかしながら世の中の人は、曲げて伝わっていて、300回に1回ぐらいしか重大事故は起こらないという理解ではまったくダメだとおっしゃっていました。

あと印象に残ったのは失敗を防ぐためには「個の独立」が必要と強調されていたことです。

つまり自分で考えて全体を作り出すことができるとうことです。

そういうことが出来る人が集まって知恵を出し合うとことこそが共有ということだとおっしゃっていました。

この他にもたくさんの図解での貴重な資料とお話しが聞けました。

畑村先生は六本木ヒルズの回転ドアの事故(小学生の男の子がお亡くなりになった)の原因を当事者も巻き込んで究明したことで有名でもあります。

この時は技術の系譜が役に立ったということでした。

どういうことかというと欧米では回転ドアは軽くなければ危ないという技術的に確立していたのに、日本に入ってきたらそれは忘れ去られて、立派で重いものということになって今回の事故の原因の1つになったということです。(これはNHKスペシャルで過去放映されました)

私も失敗をしますが、それをどう生かすかが課題だと思います。

時々はこのような吸収することが大事ですね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

エチカ池袋。

エチカ池袋。

土曜日に都内に行く用事がありまして、池袋駅を経由しましたのでついでにエチカ池袋へ行ってみました。

不景気風はどこに吹いているの?というぐらい混んでいました。

まあ3月26日にオープンしてから時間的にあまり経っていないこともあるのでしょう。

雑貨で混んでいたのは、トートバック専門店のルートートギャラリーでした。

http://www.tokyometro.jp/echika/ikebukuro/shop/30/

テイクアウトのコーナーも結構混んでいましたね。

私は典型的なウィンドーショッピングでしたが、ちょっと楽しめたのはパサージュ空間と呼ばれているメインからはずれた通りです。

ここは小規模でも個性的なお店が並んでいました。

中でも時計のtwo 0 two は針がいっさいないユニークな時計店です。

http://www.tokyometro.jp/echika/ikebukuro/shop/37/

話題の場所ですからぜひ行ってみましょう。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

ドーナッツプラントのドーナッツを食べてみました。

ドーナツを食べてみました。

以前紹介したことがあるドーナッツプラント大宮駅店。私が夜通りがかった時には列がかなり短かったのでkろこれは試しに買ってみようと思いまして1個購入しました。

選んだのはトリプルヴァローナチョコレートです。

1個280円です。

味はケーキと思って食べればまあ良しかな。でもやはり価格が高いですね。

その割には大量に買っていらっしゃるお客様もおりましたが。

ほとんどのものが売り切れだったのであまり並んでいなかったのですかね。

あまり並んでいなかったら試しにどうぞ。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

千鳥ケ淵の桜を愛でました。

千鳥ケ淵の桜を愛でました。
今週に入って少々忙しく更新をさぼり気味で申し訳ございません。春真っ盛りですので千鳥ケ淵の桜をお楽しみください。先週の土曜日行きました。ものすごい人出でした。久しぶりに行きましたが遊歩道がきちんと整備されていました。

私が以前行ったときは、舗装路は狭く、地面が見えていたと思っていましたが、今は広くなってとてもきれいです。それでもゆっくりしか列は進みません。

ボート乗り場の待ち時間は、なんと2時間半。

後ろを歩いていたカップルが、「ディズニーランドみたいだね。」と言っていました。

ここは夜もライトアップされているので、日が暮れてもボートは良いのでしょう。

前に進むボートだったらもっと漕ぎやすいのに。(とちょっとPR)

何のことか分からない人はこちらをどうぞ。→

http://video.ask.jp/watch.do?v=0f204da8-95ba-4817-afcf-c03c03d76e60

私の父が発明し、息子が撮影したCMでした。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

春爛漫。

春爛漫。
ようやく春らしい季節になりました。当社の裏にある小学校の桜も七分咲きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

イオンが反省を受けて宣言第2弾。

イオンの反省をこのブログでも取り上げましたが、その答えがどうもこれらしいです。

まあ反省はいくつかありましたから、まだその次もきっと用意されているでしょう…。

第一番目の反省の「価格が安くなかった」のに対して、生活必需品を中心に5100品目を値下げしているという告知です。

でもどのくらい値下げしたのかはわかりません。

ロヂャースより安いのでしょうかね。西友さんやビックカメラさんみたいに、「最低価格保証をします!」といえばもっと実行宣言もぐっときましたのにね。

しかも下の「WAONにチャージ」はいやらしい感じもします。

まあ企業ですから当然自社のツールにだけ付与するのはわかりますけれど、反省が生きていない気がします。だれにでも差し上げたらどうでしょうか。

この広告はかえって逆効果なような気が私はします。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

4月1日ですねー(その4)企業がイメージを統一するとき。

これも先ほどのミウラさんの例に近いですけれど、この広告の意図は今まで色々な店名で展開してきたけれど今度はこれに統合するよという宣言ですね。

なぜ統合しなければならないのでしょうかね。

この広告も意図を考えてみましょう。

それ以外に下の記事には今何に力を入れているのかも書いてあります。

事業戦略なんかをみるのにも良いですね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月1日ですねー(その3)企業が統合するとき。

これもよくあるパターンかもしれません。

明治製菓さんと明治乳業さんが統合したという記事です。

統合したのでロゴも新しくなっています。

さてこの広告子供が二人ですが、口の周りをよーく見てくださいね。

意図がわかりましたか?

左のお子さんは明治乳業さんを代表しているのでしょう。だって口の周りが牛乳で白いですから。

右のお子さんは明治製菓さんを代表しているのですね。口の周りがチョコレートだらけですから。

さらに首の付近を見てください。

大きなセーターが二人をぐるっと取り囲んでいます。これで統合を表しているのですね。

「一緒ならもっと」というタイトルや記事の中身を見る前に、イメージで現しているというところがミソでした。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月1日ですねー(その2)企業がロゴを変えるとき。

4月1日はこのタイプの広告も多いですね。

Zボイラーで有名な三浦工業さんがロゴを変えるそうです。

ロゴを変える時は、企業の実態と商品が合わなくなってきたり、あるいは業容を拡大するために今まで付いたイメージを変えたいときに行なうのでしょう。

「ボイラーのミウラから、熱・水・環境のベストパートナーになりたい」のでしょうね。

青を貴重としていることから、やはり環境を強く意識しているのでしょうね。今までは確か赤色でしたから。

こんなものも何気なく見るのではなくてその背景を考えてみるとおもしろいと思います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月1日ですねー(その1)新入社員へ向けたメッセージ。

毎年4月1日に掲載されるサントリーさんの広告。ここのところずっと伊集院 静さんですね。

でもこの文章新入社員に向けたものですけれど、私はいつも「そうだよなー」と思ってしまいます。

このメッセージに先輩である私は実行しているのだろうかと反省する日でもありますね。

「仕事は人の生きる証しだ。」

「その仕事はより多くの人をゆたかにできるか」

「その仕事はともに生きるためにあるか」

この問に堂々と「はい」と言える人間になりたいものです。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »