« 大連の義父のマンションの台所です。 | トップページ | 日経MJ2008年ヒット商品番付(続き) »

2008年12月 4日 (木)

日経MJで2008年ヒット商品番付が発表されましたね。

昨日無事中国大連から戻りました。昨日まではまあ番外編ということでご容赦を。今回携帯から投稿してみたのですがいろいろわかったこともありましたのでそれはまた後ほど。

帰りの機内で日経新聞を見ていましたら、ヒット商品番付が発表されていました。

そこで本日事務所にて日経MJをさっそく見ました。

その前に、毎回申し上げるのですが、ぜひこの号は購入しましょうね。日経新聞取扱い店なら1部170円で必ず買えます。社会のトレンドがわかりますし、新商品開発のヒントも満載です。

さてまだご覧になっていない人のために発表です。

横綱(1位) 東は、ユニクロ・H&M 西 セブンプレミアム・トップバリュ  でした。

なんと両方とも生活防衛、節約志向に応えた業態および商品です。なるほどね。

大関(2位) 東は、低価格小型パソコン 西は、Wii Fit です。

これまた低価格志向に応えたものと、Wii Fitについては新しい需要を創造したということでヒット商品らしいものですね。これだけ不景気の風が吹かなければ間違いなく1位だったでしょう。

関脇(3位) 東は、ブルーレイ、西は、パルックボールプレミアクイック です。

大画面で地デジが見られるようになったら、やはりデジタルで録画したくなりますよね。私もそうです。様子見だった人も規格争いが決着すれば当然手を出すでしょう。

西も生活防衛的な商品ですね。電球よりも長持ちで、消費電力も低いですからね。でもこの商品もう一つひねってありまして、蛍光灯がすぐ明るくならないという不満を見事に解消した商品です。

小結(4位)  東は、円高還元セール、西はプレミアムローストコーヒー です。

ここもまたまた生活防衛的なものですね。プレミアムローストコーヒーは缶コーヒーに多大なる打撃を与えたでしょうし、他のコーヒーチェーンにも影響が大だったでしょうね。

前頭1枚目(5位) 東は、熱いまま急っと瞬冷凍  西は、デジタルフォトフレーム です。

私もこの夏冷凍冷蔵庫を買いかえましたが、こちらは検討にのぼらず。あまり熱いものを急速冷凍したいというニーズがありませんでしたので。

デジタルフォトフレームは新たな需要創造ですね。デジカメの写真の楽しみ方がこれで一気に変わりましたから。

前頭2枚目(6位) 東は、ワンダ ゼロマックス 西は、氷結ストロング です。

ワンダ ゼロマックスはこのブログでもいち早く紹介しました。おいしさを維持しつつ糖類ゼロというところがすばらしい。氷結ストロング はアルコール度が8%と高めですが私はあまり好みませんのでコメントせず。

前頭3枚目(7位) 東は、iQ 西は、iPhone 3G です。

iQについては、この番付はやや疑問です。まだ言うほど売れていないのでは?これからの期待を込めてでしょうか?iPhone 3Gも使っている人に聞くと携帯も使っているようでして、機能が日本人にはもう一つのようです。

前頭4枚目(8位) 東は、B型自分の説明書 西は、金融危機本 です。

この説明書私はA型を買いました。チェック方式なのが憎い。金融危機本は私はまだ読んでません。

前頭5枚目(9位) 東は、金のつぶ あらっ便利! 西は、チーザです。

私は両方とも買ってません。ゼリー状の味付けたれは確かに便利そうですが、その分単価が高ければやはり通常のものを買いますね。チーザは食べたこともないので食べたらまたコメントします。

ということでこの番付は18位までありますので続きはまた明日(の予定)。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)世の中のトレンド(今回は金融恐慌→不景気)に対応した企業・商品がやはり伸びている。
(2)生活防衛あるいは、省エネルギーもこのトレンド対応。
(3)でも新しい需要創造している商品もあるので、トレンド対応一色と思うと間違える。

|

« 大連の義父のマンションの台所です。 | トップページ | 日経MJ2008年ヒット商品番付(続き) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/43319791

この記事へのトラックバック一覧です: 日経MJで2008年ヒット商品番付が発表されましたね。:

« 大連の義父のマンションの台所です。 | トップページ | 日経MJ2008年ヒット商品番付(続き) »