« 日経トレンディで2008年ヒット商品ベスト30が発表されました。 | トップページ | ホエー豚の話もすごかった。 »

2008年11月 6日 (木)

田中義剛氏講演に感動しました。

中小企業経営診断シンポジウムの基調講演で田中義剛氏が講演をしました。(11月4日)

ここにヒット商品を生むヒントがたくさん散りばめられていました。

まさにこの講演そのものがヒット企画でした。会場は400名を超える人で超満員です。

一番すばらしいと感じたのは、価格の決め方です。

通常はある商品があると相場観があり、どうしても引き算で考えがちです。

彼は利益率を15%取るという所が明確です。これは暴利をむさぼろうという話ではなくて、様々なリスクが生じてもその都度価格をぐらぐらさせないためです。

となると相場観が形成されている市場に打って出でもこの理論は成り立ちません。

そこでターゲット市場を考え抜いて、新千歳空港のおみやげ市場にしたわけです。

その中でもターゲットはおばちゃん(失礼!)におき、その人たちが買うであろうスィーツに目をつけたわけです。

しかもベースが老若男女ある商品である「キャラメル」です。

キャラメルは誰もが食べたことがある商品です。しかしある時点で食べなくなります。それは歯にくっつくからです。

彼の牧場が開発したのは「生キャラメル」で、口に入れた瞬間に溶けるものです。

Photo_3

写真は花畑牧場から引用しました。URLはこちら→

http://www.hanabatakebokujo.com/

しかも驚くことにひとつひとつが手造りです。

24時間牧場の工場はフル稼働です。

何人が働いていると思いますか?

なんと600人だそうです。

ちなみに彼の牧場がある中札内村は人口が4,000人。人材派遣会社と提携して、マイクロバス10台を使ってお迎え、送りをしています。

機械化をするつもりはさらさらないところがすばらしいです。機械化してしまうと稼働率を気にしなければならなくなり、しかも手造りということが謳えなくなります。

火がついたのは「行列のできる法律相談所」で松本紳助が一口食べて「めっちゃうまい」といったことから火がつきました。

もちろん彼自信が出演している番組でサンプルを提供して、試食させているというメリットはありますが、マスコミも有効に活用しています。

火がついてからは取材が何十社と来ています。

もうひとつの特徴は田中義剛氏の写真や名前は一切商品に入っていないことです。

あくまでも花畑牧場ブランドなのです。これも顔写真を入れると陳腐なタレントグッズになってしまうからです。

まとめるとこういうことです。

まず核となる商品力がすばらしいことです。特徴も明確で食べた瞬間に感動するものであること。

次に流通を当初は新千歳空港に絞ったこと。その後楽天市場に投入。さらにデパートの北海道物産展で販売となります。

つまりスーパーやコンビニエンスストアは取引するつもりがないことです。

価格は850円という非常識な価格です。この価格で12粒しか入っていません。でもおみやげという観点から見るとそんなに高いという感じがしませんね。

利益がしっかり取れているところがすばらしい。

販売促進は彼がタレントということもあって一日の長があります。

出演している番組を最大限に利用するのみならず、今までの経験を生かしてどうすればマスコミ受けするかを知り尽くしているからです。

つまり有料の広告はしていないのにもかかわらずそれ以上の効果を得ているわけです。

パブリシティも存分に活用しているわけですね。

とても参考になりました。

ヒット商品の要因を考えるとても良い素材だと思います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ニッチな市場に参入している。
(2)相場観に左右されない足し算の価格としている。
(3)流通もしっかり選んでいる。むやみに広げていない。
(4)パブリシティを最大限に行なっている。

|

« 日経トレンディで2008年ヒット商品ベスト30が発表されました。 | トップページ | ホエー豚の話もすごかった。 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/43031255

この記事へのトラックバック一覧です: 田中義剛氏講演に感動しました。:

« 日経トレンディで2008年ヒット商品ベスト30が発表されました。 | トップページ | ホエー豚の話もすごかった。 »