« えきねっとで切符を受け取りました。 | トップページ | 天地人のキャンペーン »

2008年11月18日 (火)

土曜日は富永草野病院(新潟県三条市)の息子出演のコンサートに行ってきました。

土曜日は富永草野病院コンサートに行ってきました。

写真は携帯で遠くから最大のズームで撮ったためにブレブレですがあしからず。

その様子そのものは息子が書いていますので、

http://tatsuto.way-nifty.com/blog/

その観点ではなくてこのようなイベントを行うことがいかに地域への貢献になっているのかを感じましたのでそのことを書きます。

この病院は毎月様々なジャンルのコンサートをしているそうです。

それが証拠にこの会は57回目でした。

ジャズとか演歌とか、ハワイアンとか…。

それぞれファンがいるそうで、その月になると問い合わせがあるそうです。

主催者である富永理事から直接お伺いしました。

それが地域コミュニケーションの活性化とさらには病院の地域貢献と病院への馴染を増やすことにつながっているのだろうなと感じました。

最後のアンコールも赤とんぼを全員で合唱して感動的でした。

さらに発表の場があまりない音楽家もありがたいだろうと思います。

しかも遠くのプロの有名人ではなくて、近くのアマチュアの腕自慢を呼んでいるところがすごいですね。

もっともこの病院はとても大きい有名な病院ですので、最後の馴染みはあまり当てはまらないかもしれません。

このように地元に積極的に貢献しようとする姿勢は大事だなと考えた次第です。

応用で考えれば、コンサートを開けるある程度の広さを持つところであれば有効な集客策として活用できますね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発
(1)地元への貢献として無料で開催している。
(2)音楽家にとっても発表の場としてアピールできる。
(3)様々なジャンルを行うことによってお客様の様々なニーズに応えている。

|

« えきねっとで切符を受け取りました。 | トップページ | 天地人のキャンペーン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/43153517

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日は富永草野病院(新潟県三条市)の息子出演のコンサートに行ってきました。:

» 「操車場」って言いにくいですね [楽語.comのブログ。]
先週、私どもが出演しました、第57回「富永草野病院ロビーコンサート」の模様が、「0256.tv」で配信されております。ぜひご覧下さい。 http://www.0256.tv/tv_news/2008/ [続きを読む]

受信: 2008年11月21日 (金) 09時41分

« えきねっとで切符を受け取りました。 | トップページ | 天地人のキャンペーン »