« 日経トレンディの北村編集長の講演をお聞きしました | トップページ | 中央環状新宿線を利用してみました »

2008年3月 6日 (木)

マクドナルドの新しいコーヒーのプレゼント企画に当選しました

更新をさぼり気味ですみません。

今中小企業大学校 東京校の中小企業診断士養成過程の講師を泊り込みで行っています。
それ以外にもすることがたくさんあってなかなかできませんでした。

それはさておき掲題の件ですが、先週日曜日に宅配便で送られてきました。

何かな?と思って開けてみると、中にレギュラーコーヒーの40g入りの袋3つが入っていました。

P1000503

これはDIME誌で掲載されたマクドナルドとのコラボレーション企画に応募したものに、なんと当選したのです。

マクドナルドは現在コーヒーを根本的に見直しています。

豆を厳選し、ローストも変えて、100円コーヒーでもこの味というものにしたいという主旨です。

DIME誌にはまずコーヒー無料券が1枚付いていました。試して欲しいということですね。

さらにこの応募企画です。家でも飲んでみて欲しいということです。

早速飲んでみました。

焙煎(ロースト)はかなりしっかりとされていて、味も濃い感じでした。

今までマックのコーヒーはやや薄いというイメージでしたが、今度は本格的という触れ込みです。

今度このコーヒーの担当になった人は、大手焙煎メーカーに居た人だそうです。

これについてもニュースリリースで、各紙に掲載されました。

喫茶業界を取り巻く環境でみると、コーヒーはスターバックス、ドトール、タリーズ、カフェドクリエなど競争は激しいです。

どの記事か忘れましたが、先日ある調査機関が調べたら、味や店の雰囲気ではスターバックスが1位だったが、今後飲みたいという意向度ではマックが1位という結果が出ていました。

つまり価格の要因が大だということです。

マックもそのあたりは心得ていて、100円で引っ張った上で、味でも100円の価値を超えたものだということを打ち出したいのでしょう。

またコーヒーに釣られ来店すれば、なんか食べるかもということもあると思います。

さてこのコーヒー改革、どれくらい効果があるのか見守って行きたいと思います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)まずは試してもらう施策として雑誌にクーポン券を付ける。
(2)プレゼント企画として、実際に使っているコーヒーの粉をサンプリングする。
(3)様々な媒体にパブリシティを行う。

|

« 日経トレンディの北村編集長の講演をお聞きしました | トップページ | 中央環状新宿線を利用してみました »

サービス」カテゴリの記事

食品・飲料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/40405673

この記事へのトラックバック一覧です: マクドナルドの新しいコーヒーのプレゼント企画に当選しました:

« 日経トレンディの北村編集長の講演をお聞きしました | トップページ | 中央環状新宿線を利用してみました »