« 花田さんと北野さんのセミナーに行ってきました | トップページ | ブルーマンを見ました »

2008年3月17日 (月)

確定申告が必要な皆様終わりましたか?

本日は確定申告の最終日でした。

私は大学の非常勤講師などをしていたり、どうしても個人的にしか支払えないという団体などがあることもあって確定申告をしています。

確定申告が必要な皆様はどのように申告書を作成されましたでしょうか?

私が利用しているのは国税庁のホームページです。

申告・納税手続きから所得税(確定申告書等作成コーナー)に行けば作ることができるページに行けます。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

このページで確定申告書作成コーナーをクリックして、出てくる画面の「eーTAXを利用しないで作成」のところを押せば、自分に必要な作成コーナーが出てきます。

すごく便利なのは、税額をいちいち計算しなくても、数値をどんどん入力していけばすぐに控除は自動計算、税金の額も自動計算、そして還付金なども自動計算してくれることです。

後は間違っていないことを確かめてプリンターで印刷して押印すれば終了です。

便利なのは1度これで作成すれば、翌年も基本的な情報は引き継げるということです。

ただしこれを引き継ぐ場合にはデータの保存をしっかりする必要があります。

自分の氏名、住所、還付金がある場合の銀行口座の情報のみならず、扶養家族の情報や給与を支払った法人の情報なども引き継いでくれます。

ちなみに作成された申告書データを保存した後は国税庁のこのページから読み込みをするようになっています。ファイルをダブルクリックなどすると壊れると警告されています。

私の周囲で確定申告をしなければならない人に何人も教えてあげましたところ、たいへん喜ばれました。

もちろん源泉徴収票、保険料控除の証明書、領収書などは整理しておかなければなりません。

それにつけても国税庁が盛んに進めているeーTAXは面倒なことおびただしいですね。

まず今話題の(1)住民基本台帳カードを取得しなければなりません。

さらにこのカードを読み取る(2)リーダーライターを購入して、(3)ソフトをインストールして、さらに(4)事前にe-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーで届け出書を作成して、(5)ルート証明書をインストールした上で届け出書を送信して、(6)初期登録をして…ようやく作成する準備が完了します。

あのー年に1回のことになんでこんなに手間をとらせるのでしょうか?

私はこれを読んだだけで行うのは止めました。さっさと申告書を作成して、税務署に持っていけば済みますから。

もちろん本人確認が重要だからということでしょうが、いくら簡単申告だと叫ばれても「どこが?」という感じです。

5,000円の手間賃(税額控除)もいただけるようですが、そんなことよりこの面倒な手続きを省略するのが先決でしょう。

今年は紙の上でうんうんうなりながら作られた皆様、eーTAXはさておき、申告書の作成はぜひこの国税庁のホームページで作成されることをお勧めします。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)国税庁のホームページの申告書作成コーナーは便利なので利用すべき。
(2)税額が自動計算されるし、翌年に基本情報が引き継げる。
(3)e-TAXは手続きなどがとても面倒。せっかくHP上での申告ができると謳ってもあまり意味がない。手続きを簡単にすべきである。

|

« 花田さんと北野さんのセミナーに行ってきました | トップページ | ブルーマンを見ました »

サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/40533121

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告が必要な皆様終わりましたか?:

« 花田さんと北野さんのセミナーに行ってきました | トップページ | ブルーマンを見ました »