« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

皆さんお花見はされましたか?

昨日の夕方から雨が降り、今日の午後からは晴れたものの風が強く桜ももう散りますね。

忙中閑ありで、昨日妻と大宮公園の桜を見に行きました。

P1000517

花曇りではあるものの、時折陽射しも出ましたが、風が冷たくやや寒かったですね。

それでありながら大宮公園は例年通り、すごい人出でした。

ただ年々大音量で歌ったり、踊ったりというグループは少ないように感じます。

我が家にしてはめずらしく屋台で食べ物を買いました。

ひとつはインドのナンです。200円で結構お得でしたね。

もうひとつは池のふちにある広島風お好み焼きです。

こちらは例年行列のできるお店でして、今年も並んでいました。

それならばちょっと食してみようと思った次第です。

人気の秘訣は、そのボリューム感と中身の種類の豊富さにあるようです。

キャベツ、山いも、卵、うずらの卵、ベーコン(かハム)、焼きそば、青のり、花かつおぶし、そしてお好みソースとマヨネーズがたっぷりですからね。

これで500円ならまあまあだと思うでしょう。

ただしご主人はひたすらまじめに焼いていらっしゃいましたが、2人の女性のうち一人はたばこを吸いながらキャベツ回転切りや、具材の準備をしていたり、最後の仕上げの女性は食品を扱うのに現金を手で持ったりしたところがやや気になりました。

まあそんなの気にしていたら屋台から買えませんけれどね。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

首都高速ETC車載機0円キャンペーンで取りつけました。

首都高速道路株式会社がETCの車載機0円キャンペーンをしているのをご存知ですか?

当初は3月末までという告知でしたが、4月も継続して行われるようです。(7月31日まで)

http://www.shutoko.jp/etc/campaign/080327etc0en.html

ただし20万台に達したら終了だそうです。

私はさいたま市民なので、さいたま新都心の会場へ。

地図を逆に見ていたので(おそらく東京から見た視点で書かれていたので)会場を目前にして曲がってしまい、スーパーアリーナの周りを一周してしまいました。

それはさておき、ようやく見つけて入ると、少々長い誘導路が続いて、ピットのような建物が出現。

まずはそこで一旦停止となりクルマを寄せて停めるように言われました。

車検証と免許証を持って奥の事務所でまずは手続きをしてくださいとのこと。

時間を聞いたら1時間半最大掛ると言われたので少々躊躇しましたが、まあ来たので覚悟を決めました。

最初に行うのは首都高速カード申し込み受付カウンターでカードを作ることです。

P1000513

そこにいらっしゃるおばさんに、説明を受けながら申込書を記入。

その後審査が終わるまで待つように言われました。また車検証の内容を車載機に登録するとのことで車検証も渡すように言われました。

会場はうすら寒いのですね。受付をする皆様は防寒着をしっかり着ていらっしゃるのでよろしいのですが、こちらは背広だけでしたから。

それが終わったら今度は車載機を選ぶ隣のコーナーへ。そこでも申込書と国土交通省のアンケートを書かされました。(0円はこれに答えることと24カ月使うことが条件だそうです。)

私はアンテナ一体型のパナソニックのものにしました。

そうこうするうちに、審査が通りましたとのこと。(約20分程度)

ETCカードとOMCカードの仮カードが発行されました。その際もカードの説明がやや長々と続きました。

さらに次に車載機を渡されるコーナーへ。

車載機と車検証を渡されて、取り付け料4200円を支払います。そしてピットに行くように言われました。

ピットに行きますと取り付けてくれます。(ここまでで50分程度)

P1000515

今日は空いていたのでこれぐらいの時間でできたようです。

ほとんどと言ってよいほどクルマには乗りませんが、首都高速はたまに使いますので0円という言葉につられて付けちゃいました。

皆さまもよろしかったらどうぞ。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)車載機が0円なのは魅力的。
(2)できれば取り付け料もタダにすればもっと良いのに。
(3)会場がわかりにくい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

日経ビジネススクールオンライン講座のお誘い

今日は私の宣伝です。

掲題の件ですが、日経新聞社主催でビジネススクールのWEB版ーいわゆるeラーニングです。

私はこの講座が開設された当時から参加させていただいております。

タイトルは「勝てる企画のまとめ方」です。

私の講座紹介ページは次のところです→

http://www.nikkei-nbsonline.com/course/kouza_xav70501.html

お題が次の3つ出ておりまして、最終的にパワーポイントで企画書を仕上げていただきまして、それを私が採点添削するというものです。

ひとつめは、ある会社の業務改革企画です。

2つめは、ある会社の新規事業企画です。

3つめは、ある村おこし企画です。

おかげさまで毎回多数受講いただきまして、添削がすぐ御返しできない状況です。(苦笑)

もちろん私の講座ばかりではなくビジネススキルやマーケティングで面白うそうな講座がたくさんあります。

また今まで約1ヶ月だったのが、8週間の受講期間に延びました。

皆さまよろしかったらぜひ覗いて見ていただきまして、お気に召しましたら参加してください。

日経ビジネススクールオンライン講座のURL→

http://www.nikkei-nbsonline.com/


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(自画自賛のところもありますが…)
(1)eラーニングなので、インターネットがつながる環境にあれば、どこでも学習できる。
(2)自分が作った企画書が添削してもらえる。どこが弱いかわかる。
(3)企画書のフォーマットが手に入り、且つ解答例も手に入る。(ただしきちんと期限までに提出した人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

中小企業診断士養成課程第4期の最後の実習が終了しました。

25日は掲題の件の最終日です。

診断しました企業の社長さんと専務さんをお招きして診断報告会を行いました。

6名のメンバーが張り切ってプレゼンテーションをしていただきましたおかげで、社長様、専務様ともご満足いただけたようです。

この中小企業診断士養成課程とは、中小企業大学校東京校が行っているものです。

中小企業診断士の一次試験に合格された方が、この養成課程に入って研修を積み、時々の評価(チェック)で合格すれば晴れて登録となるわけです。

半年間のかなり厳しい研修です。

今回私も担当した班のメンバーにかなり厳しいことを申し上げました。

でも実際に世にコンサルタントとして出ればもっと厳しいので、皆さんのためと思って心を鬼にして対応したものです。

一次試験を合格して、目指される皆様はこのようなルートもありますので、ご参照ください。

http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/sindansi/index.html


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)実務に即した実習主体の研修である。
(2)実際の中小企業に接することができる。
(3)よき仲間や師と出会える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

日経ベンチャー経営者クラブがプラチナ会員を募集しています

私が読んでいる雑誌のひとつに日経ベンチャーがあります。

この雑誌には経営者クラブという制度がありまして、これに加入すると毎月雑誌以外に経営に役立つ講演などがはいったCD(トップの情報CD)と、クラブの会報「NVCマンスリー」が別に付いてきます。

さらに経営セミナーに参加できます。別途料金を払う必要がありません。

これで毎月2100円はお得だなと思っていましたら、さらに掲題の件が追加されました。

何が追加されたかというと、経営実務セミナーが年4回、経営TOPセミナー・経営者交流会が年1回、さらにNVC経営セミナーのDVDが年3枚、経営実務ハンドブックが毎年1冊(12月発行)だそうです。

これだけ増えて毎月2500円とはすばらしい。(ただし本誌とは別料金です)

ということで早速申し込みました。

4月15日はオープニング記念セミナーも開かれます。

吉越浩一郎氏(トリンプインターナショナル前社長)、原田隆史氏、清宮克幸氏(サントリーラグビー部監督)の講演があります。

皆さんもよろしかったらどうぞ。

http://nvc.nikkeibp.co.jp/nvp/0802/


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

DIMEコラボレーション企画のモバイルスピーカーは便利です。

DIMEの3月18日号(6号)の特別付録のDIMEオリジナルモバイルスピーカーを早速使ってみました。

P1000510

使い方は簡単です。ipodのヘッドフォンの端子(ステレオミニプラグ端子)にこのスピーカーの端子を付ければ良いだけです。

土曜日に事務所で確定申告書を作成していた時に、音がないのはさびしいので、ipodを鳴らすのにこのスピーカーを付けておりました。

まあ附録ですから、音質は今ひとつですが、まあ聞けないことはないですね。

なによりも小さいのが良いです。手のひらに収まるサイズです。

またパッシブ型で充電忘れや電池切れの心配はありません。

プラグも可動式なので縦でも横でも使えます。

これを企画したのは「パパジーノ」という会社です。

http://www.papagino.co.jp/index.html

まだ売っているかもしれませんので欲しい人はお早目にどうぞ。

表紙は08年版「無敵の出張術」です。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)このような附録を付けることにより雑誌の売り上げを伸ばす。
(2)提供するメーカーも名前を知ってもらえる。
(3)買う側にとっても便利なグッズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ブルーマンを見ました

先週の日曜日16日に妻との結婚記念日祝いにこの「ブルーマン」のショーを見ました。

(写真は、ショー終了後会場の出口に現れたブルーマンを撮影したものです。)

P1000509

今年は結婚記念日の18日は、家に仕事で居られないので前倒しで祝いました。

実は私このブルーマンのショーを本場ニューヨークのオフ・ブロードウェイで見たことがあります。たしか1992年ぐらいだと思います。

当時勤めていた会社でN.Y.が大好きな先輩がいて、その人にN.Y.を1日自由観光するとすればどんなところを見に行けばよいですか?と聞いてコースを組んでくれた中にあったのです。

最初に見た時は本当に衝撃でした。なにせ一切言葉をしゃべらないパフォーマンスなのに理解できるし、客席を巻き込んだパフォーマンスには感動しました。

その感動を妻にも味あわせてあげたいなと考えまして、ポンチョシートを予約しました。

このシートは前から3列目までうすいビニールのポンチョをかぶりながら観劇するものです。

なぜかというといろんな液体が飛び散るからです!あんまり言うとネタばらしなのでやめときます。

このブルーマンのショーは特別に作られた常設会場で行われています。

当然ですよね。ステージはたくさん汚れるし、たぶん日本の舞台ではやってはだめと規制がかかるようなことばかりを行いますから。

私的には一番最初に見たステージに比べてちょっと感動は薄れました。やはり日本向けに穏やかになっているからでしょうか?

当時とまったく変わらないのは打楽器というか打パイプのパフォーマンスですね。

それと観客をステージに上げてのパフォーマンスや楽屋裏のパフォーマンスなんかも同じだったような気がします。

でも一度も見ていない人はぜひ見に行きましょう。企画で参考になることがあちこちに散らばっていますよ。

ブルーマンの公式サイトはこちらから→

http://blueman.jp/index.html


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)現代を皮肉るメッセージが溢れている。
(2)そんな難しいことを考えなくても楽しめる。
(3)笑いもたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

確定申告が必要な皆様終わりましたか?

本日は確定申告の最終日でした。

私は大学の非常勤講師などをしていたり、どうしても個人的にしか支払えないという団体などがあることもあって確定申告をしています。

確定申告が必要な皆様はどのように申告書を作成されましたでしょうか?

私が利用しているのは国税庁のホームページです。

申告・納税手続きから所得税(確定申告書等作成コーナー)に行けば作ることができるページに行けます。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

このページで確定申告書作成コーナーをクリックして、出てくる画面の「eーTAXを利用しないで作成」のところを押せば、自分に必要な作成コーナーが出てきます。

すごく便利なのは、税額をいちいち計算しなくても、数値をどんどん入力していけばすぐに控除は自動計算、税金の額も自動計算、そして還付金なども自動計算してくれることです。

後は間違っていないことを確かめてプリンターで印刷して押印すれば終了です。

便利なのは1度これで作成すれば、翌年も基本的な情報は引き継げるということです。

ただしこれを引き継ぐ場合にはデータの保存をしっかりする必要があります。

自分の氏名、住所、還付金がある場合の銀行口座の情報のみならず、扶養家族の情報や給与を支払った法人の情報なども引き継いでくれます。

ちなみに作成された申告書データを保存した後は国税庁のこのページから読み込みをするようになっています。ファイルをダブルクリックなどすると壊れると警告されています。

私の周囲で確定申告をしなければならない人に何人も教えてあげましたところ、たいへん喜ばれました。

もちろん源泉徴収票、保険料控除の証明書、領収書などは整理しておかなければなりません。

それにつけても国税庁が盛んに進めているeーTAXは面倒なことおびただしいですね。

まず今話題の(1)住民基本台帳カードを取得しなければなりません。

さらにこのカードを読み取る(2)リーダーライターを購入して、(3)ソフトをインストールして、さらに(4)事前にe-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーで届け出書を作成して、(5)ルート証明書をインストールした上で届け出書を送信して、(6)初期登録をして…ようやく作成する準備が完了します。

あのー年に1回のことになんでこんなに手間をとらせるのでしょうか?

私はこれを読んだだけで行うのは止めました。さっさと申告書を作成して、税務署に持っていけば済みますから。

もちろん本人確認が重要だからということでしょうが、いくら簡単申告だと叫ばれても「どこが?」という感じです。

5,000円の手間賃(税額控除)もいただけるようですが、そんなことよりこの面倒な手続きを省略するのが先決でしょう。

今年は紙の上でうんうんうなりながら作られた皆様、eーTAXはさておき、申告書の作成はぜひこの国税庁のホームページで作成されることをお勧めします。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)国税庁のホームページの申告書作成コーナーは便利なので利用すべき。
(2)税額が自動計算されるし、翌年に基本情報が引き継げる。
(3)e-TAXは手続きなどがとても面倒。せっかくHP上での申告ができると謳ってもあまり意味がない。手続きを簡単にすべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

花田さんと北野さんのセミナーに行ってきました

本当はもっと早く書きたかったのですが、ご報告が遅くなりました。

花田 敬さんと北野琴奈さんのセミナーに行ってきました。

花田さんは同じ出版社からシリーズとして本を出したご縁でお知り合いになりました。

相変わらず素晴らしいお話とお話に使われたパワーポイントがとてもわかりやすかったです。

私もテーマは違いこそすれ、講演やセミナーをしていますのでたいへん参考になります。

話の中身でも参考になった点はたくさんありますが、特にメモした部分をここに書きます。

○保険のチェックポイントは、もらう時のことを考える。

○人生における2大リスクは、①早すぎる死と②長すぎる生である。今は②が大きなリスクとなっている。

○ゆとりある老後を生きるのには、現時点で月間40万円いる。それを年金、退職金だけでは到底賄えないので投資をする必要がある。

○リスクとは「元本が割れること」ではなくて、期待した収益が得られない可能性のことである。

そしてドル・コスト平均法のご説明をわかりやすい例示でお話されました。

セミナーの様子は花田さんのブログをご覧ください。(写真が豊富で雰囲気がわかります)

http://blog.goo.ne.jp/e-fp/d/20080309

続いて登場した北野琴奈さんは実は存じ上げなかったのですが、まずお顔を拝見してなーるほどと思いました。

つまりとても美しい方です。(ただし人妻です)

そしてすごいのは、77室、5棟ものアパート。マンションの部屋を持っている不動産オーナーであるということです。

またFPの資格も持っています。

さらにワインも資格を持つぐらい通暁しているということです。

不動産投資・経営をどのように成功させるのかを実体験を踏まえてわかりやすくお話されました。

二極化時代は不動産をもっているだけではダメで、収益を生む不動産をどう作るか(持つかも含めて)が大事だということです。

こちらも北野さんのブログに載っています。プロフィール欄にお写真も載っていますので、ぜひご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/kotonakitano/

しかも帰りにワインのおみやげまで頂きました。

妻と参加しましたがとてもお得なセミナーでした。

主催者はアセットリードさんでしたが、激しく売り込みなどないのが好感が持てました。(無料ですからね)

こういうスタイルの販促方法が逆に良いイメージを醸し出すものですね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)参加者に期待以上の内容を与える。
(2)無料でセミナーを開いて周辺から行動を起こすように促す→この場合は投資をしてもらいたいというのが主催者の意図でしょうが、それをこれだけ儲かるというように言わずに、「投資をしないと老後がたいへんだよ」という観点と、「不動産投資をする場合はこういう点に気を付けるんだよ」という観点で専門家から話をしてもらう。
(3)本当に関心のある人はコーナーで別途説明が受けられるようになっている。そうでない人は、すんなり帰ることができるのが好感が持てる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月13日 (木)

明日はホワイトデーなのですね。

今日大宮駅のecute(エキュート)を通過したら行列がお菓子のお店に出来ていました。

なんでかな?とふと考えたら、明日はホワイトデーだったからです。

私の事務所は、女性は妻しか現在おりませんし、妻との申し合わせでホワイトデーはしないことになっておりますので(その意味ではバレンタインデーも!)まあ関係ありません。

お疲れ様です。バレンタインデーでもらったら、御返しをしなければなりませんのでもらった人は大変ですね。

阪神大震災があった時、当時勤めていた会社で、バレンタインデー及びホワイトデーを寄付に切り替えようよと呼び掛けたことがあったのですが、それは「個人の問題だ」とか「もらえないからひがんでいるのでは」とか言われたことがあります。

うーんそういうつもりではないんですけれどね。

ところでecuteは3周年だそうです。

記念カタログを配布していたのでもらいました。

P1000507

3周年記念という切り口で各テナントさんが出品するというのもちょっと面白いですね。

さらに2000円以上買うとスペシャル福袋、ワイン、オリジナルスィーツ、お楽しみ缶なんかが当たるイベントもしています。3月26日から3月28日の間だそうです。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

あきた凌雲塾すべて終了しました。

本日をもちましてあきた凌雲塾の本年度セミナーの「企画・商品開発力強化講座」は終了しました。

参加されました方に直接最後に感想をお伺いしましたが、実際に自分の会社で応用をしていただいたこともあり、役に立った、とても参考になったとのことでした。

また機会がありましたら皆さんもぜひ参加してください。

今日はまだやることがありますので、短めで失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

麒麟ZERO飲んでみましたが…うーん。

昨年のアサヒビールのスタイルフリーで糖質0がヒットしたのを受けて今年はどの会社も糖質0をうたった発泡酒が出されています。

まあ節操がないと言えばそれまでですが、私も飲料業界にいましたので人のことは言えません。

そこでキリンの「麒麟ZERO」を飲んでみました。

私的には「うーん」と言う感じです。

これならば今私がいつも飲んでいる淡麗グリーンラベルの方がよほど良いです。

1缶350mlで67kcalですから、必ずしも0カロリーではないこともお忘れなく。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)業界でヒットした後追い商品ならば、よほど差別化しないとね。
(2)特に僅差とはいえ、キリンさんは2番手なんだから、モノマネはないでしょう。
(3)飲んで違う感動が得られれば良いでしょうが、私にとっては今ふたつぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

中央環状新宿線を利用してみました

普段はめったにクルマには乗りませんが、今回は荷物が多かったのでやむを得ずクルマで行きました。

帰りは場所的に新宿線で帰ることができるところだったので、これはチャンスと思って中央環状新宿線を利用してみました。

確かに今までに比べてとっても速いです。

今までの環状線の合流での渋滞も避けられますし、環状線そのものも混んでいるのも避けられ、さらに最近東池袋までは下りも混んでいるのも見事に避けられました。

クルマそのものに乗ることはCO2の削減にはなりませんが、少なくとも渋滞でノロノロするよりは良いと思います。

そうそう首都高速株式会社では、ETCの機器0円と取り付け料も0円のキャンペーンを3月31日までやっていますね。

以前にも書きましたが、そんなに付けたいならタダにすればよいのにを実行しています。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)渋滞のバイパスを作るのはやはりCO2削減に効果がある。
(2)用地の関係で山手通りの地下深くに作った。
(3)渋谷線までつながればさらに効果は高いだろう。
(4)ETCの機器料金タダ、取り付け料もタダのキャンペーンもやっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

マクドナルドの新しいコーヒーのプレゼント企画に当選しました

更新をさぼり気味ですみません。

今中小企業大学校 東京校の中小企業診断士養成過程の講師を泊り込みで行っています。
それ以外にもすることがたくさんあってなかなかできませんでした。

それはさておき掲題の件ですが、先週日曜日に宅配便で送られてきました。

何かな?と思って開けてみると、中にレギュラーコーヒーの40g入りの袋3つが入っていました。

P1000503

これはDIME誌で掲載されたマクドナルドとのコラボレーション企画に応募したものに、なんと当選したのです。

マクドナルドは現在コーヒーを根本的に見直しています。

豆を厳選し、ローストも変えて、100円コーヒーでもこの味というものにしたいという主旨です。

DIME誌にはまずコーヒー無料券が1枚付いていました。試して欲しいということですね。

さらにこの応募企画です。家でも飲んでみて欲しいということです。

早速飲んでみました。

焙煎(ロースト)はかなりしっかりとされていて、味も濃い感じでした。

今までマックのコーヒーはやや薄いというイメージでしたが、今度は本格的という触れ込みです。

今度このコーヒーの担当になった人は、大手焙煎メーカーに居た人だそうです。

これについてもニュースリリースで、各紙に掲載されました。

喫茶業界を取り巻く環境でみると、コーヒーはスターバックス、ドトール、タリーズ、カフェドクリエなど競争は激しいです。

どの記事か忘れましたが、先日ある調査機関が調べたら、味や店の雰囲気ではスターバックスが1位だったが、今後飲みたいという意向度ではマックが1位という結果が出ていました。

つまり価格の要因が大だということです。

マックもそのあたりは心得ていて、100円で引っ張った上で、味でも100円の価値を超えたものだということを打ち出したいのでしょう。

またコーヒーに釣られ来店すれば、なんか食べるかもということもあると思います。

さてこのコーヒー改革、どれくらい効果があるのか見守って行きたいと思います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)まずは試してもらう施策として雑誌にクーポン券を付ける。
(2)プレゼント企画として、実際に使っているコーヒーの粉をサンプリングする。
(3)様々な媒体にパブリシティを行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

日経トレンディの北村編集長の講演をお聞きしました

昨日はあきた凌雲塾の第4回目。そのプログラムの一貫として日経トレンディの北村編集長の講演がありました。

お題は「マーケットは激変!売れる商品のキーワード~ヒット商品ベスト30、地方発ヒットの秘密~」です。

実はこのブログでも取り上げましたが、お聞きするのは2回目です。前回は1時間ちょっとの時間でしたのでかなり駆け足でしたが、今回は2時間たっぷりあったのでじっくり拝聴できました。

相変わらずパワフルな、エネルギーが溢れるお話でした。

印象に残ったお話をちょっとだけ書きます。(だって他で講演されるときにネタバレでは興ざめですから)

2008年のヒットのキーワードはまずはアライアンスだそうです。

オリエンタルランド(東京ディズニーリゾート)とシルク・ドゥ・ソレイユとの連携のお話は面白かったです。

続いてわけあって高いものなら買う人が出てきたという点。

さらに同じような商品でも使う人のストレスをいかに下げるかということをHDDレコーダーの例でお話されていました。

もうひとつは、今この瞬間を切り取る、それに理由がきちんとターゲットに届けば買うという例をハイビジョンビデオカメラや、STEPWGNの例でお話されました。

でも一番印象に残ったのは、雑誌業界が右肩下がりの中で、なぜ日経トレンディが伸ばし続けているかの話でした。受講者からの質問に答えたときのことです。

それは、売上が伸びなくなったときに広告を取りに行った雑誌は皆ダメになったということです。

つまり強い読者を持っていて、その読者の期待に応えていればおのずとスポンサーが付いてくるということです。

日経トレンディの読者像は次の通りだそうです。

買い物を失敗したくない人。ビジネスに隣の人に負けたくない人。この2つの要件を満たしていれば、年齢や居住地は関係ないそうです。

企業からの取材要請で取材することはしないと言い切っていらっしゃいました。

企業主催のパーティは出席禁止、イベント招待、コンサートチケットの接待なども一切禁止しているそうです。

なぜならば、企業側のちょうちん記事を書いた瞬間に読者が離れるからだそうです。

企業側は製品比較のランク付けで文句を付けられることが結構あるそうですが、全然動じないそうです。

この最後のお話が一番参考になりました。

北村さんも数々の商品購入に失敗しているそうです。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)2008年のヒットのキーワードは「アライアンス」「ストレスフリー」
(2)強い読者を持っていてその期待に応えていれば部数はおのずと伸び、広告主も出稿してくれる。
(3)買い物も数多く失敗しないと見えてこないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

今日は忙しいので明日詳しく更新します

あきた凌雲塾第4回目が終了しました。

でもまだやることがありますので、今日はこれくらいにします。明日時間があれば詳しく書きます。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »