« 本日中小企業診断士実務補習5日間コースが終了しました | トップページ | パソコンの新手の販売促進方法 »

2008年2月13日 (水)

skype(スカイプ)会議は有効でした

私中小企業診断士のある団体の役職もやっております。

その団体は全員が勤めている人か、私のような独立している人たちばかりでして、皆忙しい人ばかり。

そうなると何か論議したい時に会議を開こうと思ってもなかなか都合が合いません。

メーリングリストなどの手段もありますけれど、リアルタイムで双方向でないとどうも噛み合わないですし、そもそも文章にすると微妙なニュアンスも伝わりずらい。

書くのとしゃべるのは違いますからね。

そこで、掲題のスカイプで会議をしようということになりました。

電話ですと1対1以外は難しい(もちろん電話会議の仕組みと道具を入れればできなくはないですが)のと、電話代が通話時間によって掛るというところがネック。

しかしスカイプであれば、インターネット回線さえあればその費用だけですからね。

しかも同時に20人まで参加できるようです。(今回参加者で最大9人でやったことがあるそうです)

時間だけ決めておけば、どこでも(事務所だろうが、自宅だろうが環境さえあれば)大丈夫ですし。

私は自宅で行いました。妻の環境を変えるとパスワードでまた入りなおさなくてはならないので、妻のスカイプネームでやりました。

以前にも書きましたが、妻は中国の姉とスカイプで会話しています。(2時間ぐらいのときはざら)

今回参加予定は6名だったのですが残念ながら3名+1名になりました。

3名は問題なく会話できましたが、1名は音声にするとメモリーが100%になってしまって通話できず。チャットのみで参加となりました。

もう1名は、スカイプネーム(まあニックネームみたいなものです)が探せてコールしたのですが、通話できず。デバイスが競合したみたいです。

しかしながら3名で行ったのは初めてでしたので、面白かったです。

このスカイプ会議を上手に行うには、司会者の力量にかかっていますね。うまく仕分けしないとごちゃごちゃになります。

今回は上述の通りチャット(画面上に文字入力で会話)も併用しました。

入力しながらしゃべるのはやはり難しいですね。どちらかに気を取られます。

ポイントだけ書いておくと、議事録を作る時に便利です。

今回の会議は1時間半でした。チャットをしている分ちょっと長くなったかな。

もうひとつ興奮してくるとどうも声が大きくなるようで、夜中にやっていたので妻から「声が大きい、いい加減にして」と怒られました。(涙)

皆さんにもお勧めします。

ただし私の理想は、「多地点でネット回線を使ってテレビ会議をパソコンでする+パソコンでパワーポイントなどを起動して画面も共通で見られてみんなで書き込める」です。

ソフトもあるのですが、まだ価格が高すぎますね。1対1ならばスカイプでもできるのですが…。

どこかに安いソフトはありませんかね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)忙しい人が別々の場所で会議を行うのにスカイプは便利。
(2)ただしスカイプそのものがうまく動かない場合もあるので事前のチェックは必要。
(3)インカム(ヘッドフォン+マイク)は必須。

|

« 本日中小企業診断士実務補習5日間コースが終了しました | トップページ | パソコンの新手の販売促進方法 »

仕事道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/40109819

この記事へのトラックバック一覧です: skype(スカイプ)会議は有効でした:

« 本日中小企業診断士実務補習5日間コースが終了しました | トップページ | パソコンの新手の販売促進方法 »