« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

今日は広島へ日帰り出張でした

今日は広島県の仕事で日帰り出張しました。

内容は、「未来商品開発研究会」で、皆さんの会社の強み・弱みを点検してどう伸ばすかと、社会環境のマッチングチェック、業界・市場環境のチェック、ビジネス構造図を書いてどの方向を伸ばすか、どこを強化していかなくてはならないか?などを点検していただきました。

さらに販売促進策も少し考えていただきました。

今日はこの辺で。移動時に色々思ったことがありましたのでまた書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

いびきクリップその後…

冬になりまして寒くなりますとどうも私はいびきをかくようです。

そこでしばらく使っておりませんでした掲題のいびきクリップを取り出して、また使い始めました。

Photo

しかしながら、本格的にいびきをかくと効果がないようです。

いびきは仰向けになって寝て、舌が気管の方に入りこむことから起こるらしいのですが、それがこのクリップでは確かに解消しないわなあとは思いました。

結局効果があるのは、体をどちらか横にして寝ることです。

そこで昨晩は左側にクッションを敷いて体を斜めにして寝ました。いびきクリップも念のためしました。

これでいびきはほぼかかなかったようです。

いびきクリップは鼻の穴に突っ込むので違和感も相当あります。

どうも夜中無意識に取ってしまうようです。朝付けてないことも多々あります。

もっと効果的で安価であり、且つ違和感のないびき防止策はないものですかね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)いびきをかかなくする道具が欲しい。
(2)残念ながらいびきクリップは効果がなかった。
(3)体を斜めにして寝るのは違和感あり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

澤社長の講演をお伺いしました

少々前の話ですが、1月18日中小企業診断協会東京支部の新年賀詞交歓会で澤の屋旅館の澤社長の講演をお聞きしました。

ご存じない方に少し申し上げますと、台東区谷中で家族経営の12室の昔ながらの旅館です。

外国人のお客様がなんと80%を占めています。稼働率は90%を維持しているとのこと。

その秘訣を1時間程度お伺いすることができました。

そもそも外国人を泊めようと思ったきっかけは、修学旅行生がホテルに泊まるようになったり、外国に行ってしまうようになったりして激減したこと、そして商用のお客様もビジネスホテルに泊まるようになってしまって昭和57年にお客様0人の日が3日間続いた時です。

実はヤシマ旅館という外国人客を泊めている先輩がいらっしゃって、その方の旅館を見学しに行ったそうです。

そうしたらブロークンも良いぐらいの英語を使っていたのでなんとかやれるだろうということでやり始めたそうです。

言葉の障害は当初想像していたよりも全然大丈夫だったそうです。一番障害にならなかったぐらいだとおっしゃっていました。

どうしたかというと、息子さんの英語の教科書を持ってきて使えそうなものをピックアップして丸暗記。

単語を言って動詞を付ける方式だそうです。

それでもわからなければ紙と鉛筆で絵を描いてもらうそうです。

インド人が来た時に、食事時、この絵を描いてもらったら点をいっぱい書かれたので、砂糖を持って行ったら違う、塩を持って行ったら違う、こしょうを持って行ったらそうだという笑話をされていました。

一番大変だったのは文化の違い。特にお風呂とトイレが大変だったようです。

風呂はすぐお湯を抜かれてしまう。

トイレは当時は和式トイレ(今は洋式だそうです)なので「金かくし」に腰かけて用を足されてしまう。

紙は使わず水なので、水びたしなど苦労したそうです。

でも自分も海外に出かけて視察するようになったり、いろいろな団体で勉強することになってからは、自分の国のことをただ自然にやっているだけだと理解するようになったそうです。

ちなみに昨年の2月14日にお風呂は入っている人が栓が抜けないようにしてしまうように改装されたそうです。

もうひとつ興味深いお話は、外国人のお客様を街全体が受け入れているということでした。

つまり澤の屋はあくまでも宿泊先であって、外国人は勝手にセルフでいろいろ体験しに街に行くそうです。

それに対して町の人たちも完全に受け入れているそうです。

そのために澤の屋さんでは、地図を作って、食堂の場所、薬屋の場所など生活に必要な施設の地図を作っています。

これも最初は一生懸命頼んで、大半断られたところからスタートしたそうです。

外国人の方は、日本の生活を体験したい時にこの澤の屋旅館に来るそうです。つまり目的によって使い分けているわけですね。

詳しくは澤の屋旅館さんのWEBサイトをどうぞ。

http://www.tctv.ne.jp/members/sawanoya/nihonngho.html


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)外国人だからといって差別しない。
(2)言語は度胸でなんとかなる。
(3)町全体で受け入れる雰囲気を作っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

みずほ銀行のマイレージクラブカードをANAカードに変えようとしたら…

今さかんに宣伝しているみずほキャッシュカード&クレジットカードのANA提携カードへの切り替え。

このブログをご覧いただければたぶんわかると思いますが、私はANAのマイラーです。

そこで今持っているみずほのクレジット&キャッシュカード(ICカードです)をこのANA提携カードに交換したいなあと思ってようやく先日ある支店の窓口に行きました。

たまたま空いている時間だったので、総合案内の人にすぐつないでくれたのですが、ここで問題が発生。

どういうことかというと申し込むと今使っているカードはただちに回収され、仮カードの発行は1週間以上かかるとのこと。

その間は通帳と印鑑を持って窓口に行かないと、預入も引き出しもできないということです。

うーん、ほとんど窓口にそんなために並んだ記憶が30年ぐらいありませんし、そもそもこれから月末に向かってまさに使う時ですのでそれは勘弁して欲しいなと思いました。

案内の女性は、「そうなんです。時期を見てよろしい時にお申し込みくださいませ」とにっこり言われたので結局その日は諦めました。(せっかく行ったのに…)

なんとかならないものですかね。本人確認ができるのならば仮カードぐらいすぐ発行してもよさそうな感じもしますがね。

みずほ銀行のマイレージクラブのURL→

http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ANA提携カードをこんなに宣伝しているのに、上記のような不便さがあるとがっかりする。
(2)少なくともこのようになるということも告知すべきである。(私はちなみにみずほ銀行のメールマガジンも取っているが、このような告知を読んだ記憶がない)
(3)みずほ銀行のサイトを探ってみたがこれもちょっとわかりにくい。(たとえばすでに持っている人は店頭までお申し出くださいという表示は小さく書いているなど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

未来を予測するのも大事~2019年のビッグマックのご紹介

新商品開発を考える上で、未来を予測するのも重要なことです。

開発のターム(期間)を考えるとどうしてもその新商品を発売する時期になりがちではありますが、もう少し遠い未来を考えてそこにつながる何かをヒントにするのも良い方法です。

各シンクタンクが発表しているものも良いのですが、やはり科学的になるべく学術的(?)にしようと考えるのでそれほど大胆な予測は出てきません。

そこで最近立て続けにもう少し気軽に読めるものを探していたら、ありました。

それが今日のお題の『2019年のビッグマック』です。

帯には、ホイチョイプロダクションズのブレーンの「指南役」が描く近未来小説となっています。

実はこの手法発想法の中でも比較的有名な「シナリオライティング」という方法です。

どのように行うかというと、あたかもその世界が具現化していることを想定して、劇のシナリオを書くようにどんどん書いていくわけです。

その文章の中で、現実かしたら良いなあというアイデアが散りばめられるわけです。

小説としては、少し話が飛び過ぎていてうーんというところもありますけれど、イラストがすばらしい。

フルカラーで高田真弓さんと言う人が描いていますが、とてもキッチュです。

未来のアイデアについては、そのページごとに注釈も付いていますし、夢の未来アイテムや未来年表まで付いています。

これは新商品開発をしている人は買うべきでしょう。

もうひとつ未来予測したある本を年末年始に読んだのですが、それはまた機会がありましたら書きます。そちらはデルファイ法まで使っています。なぜなら日本政府が絡んでいるからです。

よろしかったらぜひどうぞ。大きな書店でしたら新刊コーナーに今ならあるはずです。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)短期的な予測ばかりではなく、長期的(10年以上)な未来予測を大胆にしてみる。
(2)大胆に未来予測したこのような本をヒントにしてみる。
(3)分野を限定して、こんなのがあったら面白いなあという未来小説を自分なりにシナリオライティングの手法で書いてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

中国大連の買い物事情

今日は大連のネタです。

ともかく日本と違って向こうは人口がとても多く且つ若いヒトだらけです。

売り場にもそこら中に、補充する若い人や、販売する若い人が立っていたりします。

日本に帰ってきた日、我が家には食料がなかったので、大宮サティに5時半過ぎに買い物へ行ったのですが、従業員以外にほとんど買い物客が見当たらず。

ロヂャースにも行ってみましたが、こちらもポツリポツリ。

うーんこれでは日本のスーパーの売上が前年比を割るわけだ。

ということで今日は中心地にある大連の商業施設の写真を掲載します。

中も撮影したいのですが、カメラを構えていると警備員が飛んできて、制止されますので取れませんでした。

Imga0527

Imga0528

Imga0529

Imga0531

あんまり人が歩いていないように見えますが、実は地下道でつながっていたりして、中はうじゃうじゃいます。

そうそうこんなのもありました。中国では珍しいですが。

Imga0532

たしか1元だったかと思います。店の方が安いのであまり売れているようには思えません。

店員さんの態度は前回2006年1月に行った時に比べれば、ずいぶん良くなっていました。

前は客が来ても、店員さん同士でくっちゃべっていたり、手紙書いていたりしていましたからね。

「いらっしゃいませ」にあたる中国語も2年前は日系の百貨店でしか聞けませんでしたが、今回は至るところで聞かれました。

スーパーも行きました。

向こうでは野菜は量り売りです。というか、自分の好きな分を取って、あるコーナーへ行くと袋詰めしてもらってそれで価格を付けたバーコードのシールを付けてくれるという方式です。

日本のようにレジで直接入力清算ではないのですね。

またレジでは、レジ掛りが袋詰めしてくれます。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)外国に行ったら現地のお店に行って買い物をしてみると面白い。
(2)中国ならではの方式などがわかる。日本でやった方がよさそうなものともっと効率を上げたらよさそうなものなどもわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

バイクショップの新宿での販売促進

毎日大連話では飽きるでしょうから違う話題をひとつ。

先週の土曜日(19日)にある打ち合わせで新宿東口に行きました。

そこで目立つ販売促進活動をしているバイクショップがありました。

それは”弁慶”というショップです。

どんな販売促進かというと、路上に一時的にバイクがしっかり見える派手なトラックを置いて通行人に見せるというものです。

P1000481

新車バイクが半額で乗れるというのを売りにしているショップです。ローンを組んで金利は0%と謳っています。

またパンフレットは車の周りに差し込んであって、「ご自由にお取りください」方式でした。

特に人がいて勧誘している風でもありません。

新宿が本社だそうで、このような販売促進をしているのでしょう。

まあ長時間停めれば違法駐車ですが、ぎりぎりのやり方ですかね。

でも確かにとっても目立っていました。

このトラックの反対側はバイクとは関係ない経営をしている”酸素カプセルサロン”の広告でした。

都内ではラッピングバスやこのような派手な装飾の看板車が結構走っています。目だったのでご報告です。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ともかく目立つ。人目を引く。
(2)駐車は違反スレスレか?
(3)新車価格の半分で乗れるというのを全面に出している。
(4)系列の酸素カプセルサロンの宣伝もついでにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月21日 (月)

1週間のご無沙汰でした~今日は番外編で大連テレビ事情

いつも楽しみにしていらっしゃる皆様、ご無沙汰です。

お伝えしました通り中国大連に行っておりましたので、案の定更新ができませんでした。

更新できる時間はあったのですが、妻の姉のマンションにホームステイしておりましたので、ネット環境はなく、ダイアルアップ方式をしようにも、電話が頻繁にかかってきたので試みもしませんでした。

実はこのマンション新築です。広さは140㎡もあります。

Imga0518

しかしながらまだ日本のように光ケーブルが各戸にはりめぐらされているわけではないのですね。

でもケーブルテレビはありまして、60チャンネル見られます。

Imga0514

中国は国営の中央電視台以外に各地方ごとにテレビ局があり、日本のようにキー局の放送を垂れ流し(失礼!)しているのではなくて、独自に制作をして流しています。

もっとも中央電視台も11ぐらいあるのですけれどね。

中国語がわかればこんなに楽しいことはないのでしょうが、私はスポーツ中継と英語の番組しか理解できず。(トホホ)

中央電視台のオリンピック関連の啓蒙広告(日本でいう公共広告機構<AC>ですね)が面白かったです。

中央電視台の有名なアナウンサーがたくさん出演して、書類を落としたら拾ってあげたり、車がバックしてバイクに当たりそうになったら止めたり、イスから落ちそうになったら支えてあげたり、喫茶店でパソコンを打つのに夢中になっていてコーヒーが落ちそうになったのを奥に押してあげたりなど様々なシーンが出てきます。

要は「気を遣おうね、他人に配慮しようね」というキャンペーンです。

オリンピックは徐々に大連でも盛り上がっているようです。

今までたまっていたので色々書きたいことがあります。もしかしましたら日付を遡って(つまり行っていた日付で)書くかもしれませんのでその時は告知しますのでよろしくお願いします。


参考になりましたらプチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月10日 (木)

案の定出発前の片付けに追われております

案の定明日出発なのでやらなければならないことがたくさんあって、とてもこれを書いている暇がございません。

ということで今日はこのへんで。

中国からうまく行ったら更新しますが、あまり期待しないでください。

今niftyのダイアルアップ接続をテストしていましたが、うまくいきませんでしたので。(サービスに聞いていたのも時間がかかった原因です)

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

ユニクロのヒートテックプラスは本当に暖かいか?

新年最初の日(いわゆる元旦)は、新しい下着を付けて新しい着物を着るそうですね。

我が家でも下着は新品にしました。

でも私が選ぶとユニクロの機能性下着になります。

そこで目を付けたのが、店頭でさかんに目立つところに展示してある「ヒートテックプラス」です。

写真は次のユニクロさんのURLから引用しました。→

http://store.uniqlo.com/jp/CSaGoods/58808-08

Photo

素材自体が発熱し、保温するので暖かいと銘打たれております。また汗をかいても乾きやすいドライ機能もプラスしてあるということでこれは買わなくてはということで試しに1枚買いました。

それで元旦着用して初詣に行ったわけですが、実感するほど暖かいと感じたかどうかはやや疑問。

そこで11日からもっととても寒いところへ行きますので持っていって実験で着てみます。

どこへ行くかというと中国遼寧省大連市です。(妻の実家ですな)

本日は雪だそうで、(大連はそんなに雪は降らないのですが、たまに降ります)最高気温はマイナス4度。

でもこれからもっと寒くなるようで、12日は予報では最高気温はマイナス6度。最低気温はマイナス10度前後のようです。

13日から16日はおおむね晴れですが、また帰る日の17日は雪の予報です。

そこで着て暖かったら合格です。そうしたらもっと買おうっと。

ということで11日から17日極力トライはしますが、このブログもしかしたら更新できないかもしれません。

ホテルに滞在するのではなくて、義理の姉のマンションにホームステイすることになりますので。

ネットの回線が来ていればうまく行ったらできるかもしれませんが、ダイヤルアップだとちと苦しいですね。

前回はniftyの海外接続アシスタントで試みたのですがうまくいきませんでした。

今回は最新版に入れなおして実験してから行くつもりですが、本番はやってみなければわかりませんので。

もし更新が止まっていたらそれが理由だと思ってくださいませ。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)同じ下着ならば機能が目を引くものにする。
(2)ただしその機能が実感できないとリピートしない。
(3)値段は機能性があってもリーズナブル。(普通の下着より安いくらい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

皆さん年賀状は何枚ぐらい来ましたか?~年賀状キャンペーンについて

今年は日本郵政公社が民営化になり郵便事業株式会社になって初めての年賀状でしたね。

かなり大量の有名人を使った「年賀状は贈り物だと思う」というCMも流し、配達人数も増やして元旦配送も一生懸命行ったみたいですが、皆さんのところにはどのくらいの年賀状が来たでしょうか?

さて年賀状を購入すると50枚に1枚キャンペーンの応募はがきが付いていたのをご存知ですか。

P1000480

総計10,000人にプレゼントらしいですが、私はちなみに5枚応募しました。締め切りは1月18日(金)必着ですからお忘れなく。

さてこのキャンペーンは味コース(50枚で1枚権利)、宿コース(100枚で1枚権利)、旅コース(150枚で1枚権利)となっています。

味コースの当選人数は7,000名。

宿コースの当選人数は2,000名。(ただし2人1組なので実際は1,000名)

旅コースの当選人数は1,000名。(上記と同じで実際は500名)

で私はWEBサイトを見て選んだわけですが、景表法の関係か味コースはこれぞというものは実は少なかったですね。各都道府県の名産から選べるようになっていますが、うーんという感じでした。

よろしかったらこちらのURLをどうぞ。

http://www.yubin-nenga.jp/main/enter.html

まあ本来はお年玉付き年賀はがきなのですから、1月15日を待てばよいものですが、それの前にこのキャンペーンをするということ自体ちょっと焦りも見えますね。(とは言うものの昨年もこれほど大規模ではないにしろ購入者向けキャンペーンはありましたね。)

ちなみにお年玉賞品はこんな感じです。

1等は、MacBook(パソコンです)+ipodか、海外旅行か、シャープ液晶テレビ37型か、シャープウォーターオーブンヘルシオかです。なんとシャープ製品が2品も入っています。

100万本に1本の割合だそうです。当たるかな?後の景品はこちらをどうぞ。

http://www.yubin-nenga.jp/main/enter.html

さてもうひとつ年賀状で気が付いたのは、今年は私写真用インクジェットプリンターのものを購入したのですが、それが10枚ずつ梱包されていたのにはちょっと驚きました。ここまで梱包しないとだめなんでしょうかね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)年賀状についてこれだけコストをかけて宣伝・キャンペーンして収支のバランスはどうなのか気になる。
(2)送った側にもプレゼントを上げようという発想は良いが、もう少し魅力があるとうれしい。(いっそのこと現金にしてしまったら?)
(3)写真用インクジェット年賀状は過剰な包装では?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

今日は私の誕生日です~そこで昨日外食しました~

皆さんにとってはどうでも良いことでしょうが、今日は私の誕生日です。

そこで今日は仕事ですので昨日うちわで祝いました。

と言ってもそんなに贅沢にではなくて、氷川神社に祈祷に行って、食事をしただけです。

でもその食事がちょっと良かったので書きます。

前々日ぐらいから妻と「どこにしようか?」と話し合っていて、なかなか決まらず。

「大宮ってあるようで無いねー」と言っていたのですが、じゃあよく行く「ステラタウン」のレストラン街に行ってみるかという話になりました。

その中で選んだのが「portofino(ポルトフィーノ)」というイタリアンレストラン。

http://www.stellartown.com/shopcat2/05/italian/03_13.php

このレストラン、イタリアンなのに食べ放題(いわゆるビュッフェスタイル)なのですね。

そうそうバイキングという言い方もありますが、あれは帝国ホテルの村上さんが命名したらしいです。(余談)

この日は休日価格だったので一人1,449円でした。それにドリンクバーが210円。

2人で3,318円でした。

サラダも4種類あり、スパゲッティもゆでたてが常時6種類あり、ポトフやミニハンバーグなど副菜も豊富でした。

でも2人が気に入ったのはピザでした。これも常時6種類ぐらいあります。

人気なのは私たちだけではなくて、出たらすぐになくなります。

最後はプチケーキ、ゼリーなどのデザートも食べ放題です。

休日だけは70分の時間制限があります。しかし平日は無制限らしいです。

このお店が一番並んでいたかな。

よく考えるとこのステラタウンがオープンした時に、このお店に入って食べた記憶があります。

しかしその時はこのようなビュッフェスタイルではなかったです。

私このブログは極力レストランの食事紹介だけはしないでおこうと思っているのですが、良かったのでご紹介します。(というか付近の人は十分知っているでしょうね)

このスタイルですと私はつい元を取ろうと考えて、食べ過ぎてしまいます。

この後懸命に運動して少し体重は落としましたが、当日は夕食を抜いても全然問題ありませんでした。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)多品種を常時ビュッフェスタイルで提供している。
(2)基本であるピザがおいしい。(回転率が高いのでできたてだからだと思う)
(3)女性が好むデザートも種類が豊富。
(4)外で待たせている間に何か気を紛らわせるものがあるともっと良い。(私はちゃんと新聞を持って行って読みましたけれどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

あけましておめでとうございます。年末年始に思ったこと

あけましておめでとうございます。私は年末年始しっかり仕事モードでした。

まず29日は事務所でいろいろ残務整理。

30日は家の大掃除。夕方から「やまとの湯」(大宮の温泉です)に行き、岩盤浴+入浴をたっぷりしました。

31日は年始の準備と、(これが肝心ですが)2007年の総括をしました。

総括としては、2007年に立てた目標があまりにも高すぎて現実から離れていたので、もう少し地に足付いた計画にしようと結論づけました。

達成して誇れるのは体重ぐらいかな。72kgの目標はしっかり達成しました。

2008年元旦は、初詣に氷川神社に行きました。今年は例年よりやや早めに行ったのが良かったようで空いておりました。すんなり正面の一番前に行けましたからね。

今年はおせち料理はリストラさせていただきました。甘いものが多く肥りそうなのと、なんかこのタイミングでものすごく高いものを買うのは疑問に思ったので。(2品だけ買いましたけれど)

年末のエビ天ぷらが一尾300円から400円するのと同じようなものです。

この瞬間しか売れないから高いのはなんとなくわかりますけれど、そこまで価値があるのかなあ。人の足元を見ているようでなんか気に入りません。

その後、私は2008年の計画をマンダラ手帳の項目にしたがって立案しました。

2007年の総括を踏まえて現実的な目標にしました。

これが結構時間がかかりましたが、楽しいひと時でもありますね。

今年は家庭でも会社でも大きなことが控えていますのでそれらを着実に前向きにやって行こうと考えております。

その後は、妻は買い物に出かけましたが、わたくしはたまっているまだ読み切れていない新聞を一生懸命読みました。さらに本も読みました。

1月2日は映画を見に行きました。妻とまともに見に行ったのは(試写会を除くと)ほとんど初めてですかね。

その理由は、妻が中国人だからです。日本映画は彼女は見ないので、洋画になります。それもアメリカの映画が大好きです。

これはアメリカの映画は多民族国家がゆえに、わかりやすくスリル満点に構成もよく作らられているからでしょう。

しかしながら今まで行かなかったのは日本語字幕だからです。これで躊躇していました。

でも全然問題ないようなのでこれからはちょくちょく行こうかな。

ちなみにフランスではすべてフランス語で吹き替え版しか映画館では上映されないと聞いたことがあります。

見たのはニコラスケイジ主演のナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記 です。

感想は「うーん、1作目の方が面白い」ですね。設定にムリな部分が多すぎ。

なぜこの映画を見に行ったかというと、ユナイテッドシネマが一人950円の券をくれたからです。J:COMと関係があるらしく、我が家は入っていますので(と言っても大家さんが難視聴対策でただで)くれました。

浦和の東口にできたばかりの浦和パルコの6Fです。

できたばかりなのでとてもきれいでした。特にトイレ。映画館のトイレとは思えませんね。

シートもすばらしい。全席指定なのもちょっと驚きました。

映画も1,000円常時にすればもっと見に行くのになあと思いました。毎月1日の映画の日とか、レディースデイとか1,000円にしている時もありますけれどやはり1800円は高すぎます。

浦和パルコはレディース主体で(紀伊国屋書店などはあるものの)男性にはあまり面白くありませんね。

人は多少は入っていましたが、そんなに混んでいるという感じではありませんでした。1月1日に初売りをしてしまったからでしょうか。

こんなお店の構成で大丈夫なんでしょうか。地下の食料品売り場も大丸ですが、なんか中途半端という感じでした。

そうそう大宮駅は初売りで福袋の販売があって、ものすごい行列でした。80%は女性でした。男性は付き合いでやむを得ず並んでいる感じの人。

私は福袋を買う気はどうしても起こりませんね。いくら3倍の価値があるものが入っているとはいえ、要らないものは要らないですからね。中身がわからずにはやはり買えませんね。

女性を見ているとグループで来ていて、即座にその場で交換したりしていました。

午後は自宅でハードディスクレコーダーの中身整理をしました。

1月3日は午前中「ニトリ」に行きました。この理由はいずれ明らかにします。

午後は引き続きハードディスクレコーダーの中身整理。だいぶ進みましたが、それでも今残りは50GBぐらいしかありません。200GBなのに…。

午後はジェクサー大宮店に行き、正月やや肥満気味になったのを、クロストレーナーでやや解消。40分近く走ったので疲れてしまって早めに寝ました。

さて2日と3日に思ったのは、以前にも申し上げましたが、大宮駅周辺の自動車の大渋滞です。

おそらく2km以上つながってのろのろしか前進せず。

理由は大宮駅周辺の駐車場が混んでいるからです。すべての駐車場の空き情報板が「満」になっていました。

こんなにガソリンが値上がっているのにもったいないことですね。CO2にもよくないし。そもそも時間がもったいなくないのかな。ずっとクルマの中ですよ。

まあ公共交通機関の無いところから来ている人は仕方ないでしょうが、大宮はほぼ平地ですから自転車でも全然問題ありません。事実私は駅まで自転車でも15分~20分ぐらいかかりますが(信号があるため)それで行きました。

地方はともかく都会はやはりクルマは不便な乗り物ですね。渋滞にはまれば動きがとれず、駐車場にもなかなか入れず、入っても商品を一定以上購入しなければ料金を払わなくてはならず…、さらに自分の土地を持っていないと駐車場代がかかり、車検費用がかかり、保険費用がかかり、重量税とガソリン税を払い…はあという感じです。

首都圏の20代の人のクルマに対する欲求が下がるわけですね。自動車メーカーはこのあたりを真剣に考えないとまだまだ市場は縮小するでしょう。

こう言う時はバス会社の駐車場を自家用車の駐車場代わりにして、そこに停めてもらい、バスに乗って駅に行けるパーク&ライド方式が良い気がします。バス優先レーンでも設けて巡回バスにしたらどうでしょう。

そうそう年末にもうひとつちょっと怒れることがありました。KDDIさんです。それについてはまた書きます。

なんてダラダラ書きましたが、平日はほぼ更新して行こうと思っておりますのでまた時々ご覧ください。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)映画館は割引サービスをもう少し考えるべきでは?
(2)季節商品の価格の高さはそれほど価値のあるものなんですかね。
(3)休日の明らかに混むとわかっているのにクルマに乗ってでかけるのは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »