« 遅ればせながら東京モーターショへ行って思ったこと | トップページ | 妻の誕生日にプレゼントしたものは… »

2007年11月19日 (月)

平山郁夫展を見てきました

金曜日は広島におりまして、会合が遅くなりましたので更新できませんでした。
楽しみにしていらっしゃる方ごめんなさい。

おかげさまで学生と考える新経営者塾は終了いたしました。
中小企業大学校さんとしても全国初めての大学との共同プロジェクトでしたので色々とたいへんだったかと存じますが、学生ならでは発想も得られて私としては良かったのではないかと考えております。

ぜひこれが何かのきっかけとなって実際の企業さんの新商品開発に結びついたり販売促進に結びついたらうれしいですね。

ところで今新潟県三条市におります。
先日予告しました女性リーダーへのステップアップ講座が明日より開講します。
その講師をするために、今日の夜から入っているわけです。

こちらもおかげさまで36名と定員をはるかに超えるご応募がありました。
講師としても張り切って行うつもりです。

広島からの帰りに時間が少しありましたので平山郁夫展を見てきました。

http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/exhibition/IkuoHirayama.html

広島県立美術館で12月24日まで開催されているものです。

80点以上が展示されていて結構充実しています。

何よりもうれしいのは、東京などでこのような展覧会が行われると大半は人の頭をずっと見ているだけであって、なかなか自分のベストポジションで見ることがができないのですが、この展覧会は空いていてゆったりと見られました。

とは言うものの飛行機の時間を気にしながらでしたのであまりゆったりは見られませんでしたが…。

平山先生は、広島で被爆されてずっとその後広島へ戻られませんでした。
しかし作品のモチーフとしては、祈りが基底にあるように感じます。

玄蔵法師のインド巡礼の足跡を辿った大作などが有名ですが、
私は個人的には青色を基調とした絵が好きです。

それは「月華厳島」もそうですし、「月域月彩(パルミラ・シリア)」などです。

広島空港に降り立つと、柱ごとにこの展覧会の告知がなされていて地元の人のみならず広島に仕事や観光で来た人も誘おうとしているようです。

その効果もあって、私も行きましたし、私が美術館から帰るときに学会の帰りに寄る男性2人連れが入館しました。(タクシーの運転手さんから聞きました)

せっかくこのような良い展覧会が開かれているのに広島の方はもったいないですよ。
ぜひ見に行きましょう。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(展覧会の活かし方)
(1)展覧会に実際に行って体感する。アイデアは様々な体験から生まれますから。
(2)自分にとって好きな絵を見つけてその前でずっと佇む。
(3)モチーフなどを考えてみる。

|

« 遅ればせながら東京モーターショへ行って思ったこと | トップページ | 妻の誕生日にプレゼントしたものは… »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/17121651

この記事へのトラックバック一覧です: 平山郁夫展を見てきました:

« 遅ればせながら東京モーターショへ行って思ったこと | トップページ | 妻の誕生日にプレゼントしたものは… »