« メルマガリストラ第2弾…Gmailの活用 | トップページ | 昨日は広島県に日帰りで行ってきました »

2007年9月18日 (火)

「双胴型ボートwith前に進むオール」の実験2年目

本日は、北海道の父と私の息子が行いました”前に進むボート”の2年目の実験の様子をお伝えします。

双胴型のボートで、洞爺湖(来年サミットが開かれるところです)で2人乗りで実験したものの画像が届きました。

普通ボートは漕ぐと後ろ向きになるわけですが、そうなると目が後ろについているわけではないのでどうしても振り返って方向を確認するか、向かい合わせに座った漕がない人に言ってもらうかしないといけません。

それではくても後ろ向きに漕ぐのはどうしても蛇行してしまいます。

このボートは前向きに漕ぐことができ、且つカヌーのようにパドルを振り回すのではなくて、普通のボートを漕ぐのと同じ動作で前に進めることができるのでたいへん便利です。

去年からの改造点は、
「浮力体の下にある空気層に空気を送るポンプを足で押すようにした事」
「後ろに乗る人の座席を広くした事」
「乗船位置をかえられるレールを設けて、前後に動くようにした事」
だそうです。

私は上野公園とか、高千穂峡などの狭いところでへたくそが漕ぐ場合が多い観光地などで普及したら面白いのになあと思っております。

よろしければぜひご覧ください。早送りになっています。

この実験を受けて改良したのが次の動画です。足の位置が高すぎて漕ぎにくかったのを改良したそうです。

こちらはちと長いですが、ゆっくりしていますのでどんな動きかじっくり見たい場合はこちらをどうぞ。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)後ろ向きに漕ぐとうまくできない人に最適。
(2)前向きに漕ぎたいというニーズに応えたもの。
(3)実験をすることによってより良いものにしていく。

|

« メルマガリストラ第2弾…Gmailの活用 | トップページ | 昨日は広島県に日帰りで行ってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/16489140

この記事へのトラックバック一覧です: 「双胴型ボートwith前に進むオール」の実験2年目:

« メルマガリストラ第2弾…Gmailの活用 | トップページ | 昨日は広島県に日帰りで行ってきました »