« 昨日は中小企業診断士の理論政策更新研修に行きました。そこで掴んだこと | トップページ | 中山マコト氏今期出版第3弾~アイデア発想法の本だから見逃せないぞ! »

2007年8月31日 (金)

新生銀行がいよいよ差別。

決めるのはもちろん銀行さんの勝手ですから仕方ありませんが、新生銀行さんは預金残高に応じて振込手数料の優遇回数を制限するそうです。

パターン1は次の通りです。

(1)新生銀行へのお預入前月末残高が2000万円以上か、(2)新生銀行所定の金融商品(投資信託、仕組預金、外貨預金など)の前月末資産残高が300万円以上か、(3)新生銀行の住宅ローン前月末残高が1円以上かのいずれかであれば月10回まで実質無料です。

パターン2は次の通りです。

(1)新生銀行へのお預入前月末残高が200万円以上か、(2)新生銀行所定の金融商品(投資信託、仕組預金、外貨預金など)の前月末資産残高が30万円以上かのいずれかであれば月5回まで実質無料です。

パターン3は上記以外の人で3回まで無料です。

ただし注釈がありまして、

「毎年3月~翌年2月までの各月末(本年は2007年10月~平成20年2月までの各月末)に一度でも上記の条件を満たした場合はその翌月から翌年度の4月まで毎月、当該条件に応じた回数が実質無料となります。」

だそうです。

今までこの振込手数料5回まで無料で口座数を伸ばしてきましたが、ここに来てきっと負担が大きくなってきたのでしょう。また優良顧客を優遇することで各種金融商品の販売を強化したいのでしょうね。

私ですか?今は3回分あればなんとかなりますのでとりあえず上記の基準を満たすような行動には出ませんというかそんなに余裕はないです。

新生銀行がこのように告知しているのですから他のメガバンクさんチャンスですよ。3回まで無料にすればほぼ同じ条件になるじゃないですか。ぜひやってほしいな。

新生銀行は少し前にも書きましたがセキュリティカードでの入力が1クッション増えてさらに面倒になっています。その観点でもチャンスだと思うんですが。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)優良顧客に明確に差別化をして優越感を出す
(2)並の顧客は完全にサービスは止めないものの、低下させる。
(3)他のメガバンクもこれをチャンスと振込手数料を見直せば良いのに。

|

« 昨日は中小企業診断士の理論政策更新研修に行きました。そこで掴んだこと | トップページ | 中山マコト氏今期出版第3弾~アイデア発想法の本だから見逃せないぞ! »

サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/16297564

この記事へのトラックバック一覧です: 新生銀行がいよいよ差別。:

» 【FX初心者必勝法】移動平均戦とは? [【FX外国為替】初心者のための必勝法]
【FX初心者必勝法】移動平均戦とは? 移動平均線とは、英語でMoving Average(MA)と表記され、設定した期間におけるレートの平均値を結んだ線のことを表し、最もメジャーなテクニカル分析と評されてます。 種類としては、単純移動平均線(SMA)、加重移動平均線(WMA)、指数平滑移動平均線(EMA)が有りますが、SMAが一般的に使用されています。 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 00時17分

» はじめまして [マナブならcocoガイド]
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「学ぶ」事をテーマにした情報サイトを運営しているものです。 お役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 スクールやレッスン、資格等の情報も掲載しております。 尚、このトラックバックがもし必要ではない内容でしたらお手数ですが、削除お願いします。 失礼致します。 m( __ __ )m ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 15時37分

« 昨日は中小企業診断士の理論政策更新研修に行きました。そこで掴んだこと | トップページ | 中山マコト氏今期出版第3弾~アイデア発想法の本だから見逃せないぞ! »