« 今日は健康診断に行ってきました | トップページ | みずほ銀行大宮支店で気がついた素晴らしいサービス »

2007年6月27日 (水)

違う場所でやると能率が良いのはなぜ?

今日は午前中は武蔵工業大学でプレゼンテーション技術の授業でした。今回からいよいよ学生さんの発表になります。全員の前に立って自分の作ったパワーポイントのスライドを元にプレゼンテーションをしてもらうわけです。

いまどきの学生なんで図太いのかなあとか思っていたのですが、結構皆さん緊張気味でしたね。あれほど何回も練習しろといったのに。

もうちょっと画面を見つめたり、投影しているスクリーンの方ばかりを見ないでプレゼンテーションして欲しいなあ。それができるようにするには、完全にスライドの中身が頭に入っているぐらい練習しないとだめです。

それはさておき、今新宿西口のDESK@(デスカット)に居ます。今日の夜中小企業診断士にとっては大問題の実務従事の説明会があるからです。

「実務従事」とは何かちょっと説明しますね。

これは中小企業診断士制度が大幅に変わりまして、「名実ともにコンサルタントとして中小企業を支援する人間になりなさいね」というふうに国が誘導していることから発生しています。

簡単に言えば、中小企業に助言をしている生業(なりわい)の人は相手先企業の社長さんから確かに助言を受けたというはんこをもらえばOKなのですが、そうでない人(=つまり大企業にお勤めで日ごろは中小企業に助言をする機会に恵まれない人)はなんらかの手段で実務に従事しなければならないわけです。

そこで診断協会としては、そのような機会を提供しようとしているわけです。

診断士はポイント制になっていまして、5年間で30ポイントこの実務のポイントを取りませんと資格更新ができなくなるわけです。

その説明会が今日の夜行われます。

さてそこに私も出席するために、一々大宮に戻っていては時間がもったいないのでこのデスカットにいるわけです。

漫画喫茶でも良さそうなものですが、ここはビジネス環境に優れているので(周りの人も皆パソコンでガンガン仕事しているし)飲み物も飲み放題で、おしぼりも使いたい放題などなどの理由によりここに居ます。

いつもはブース席なのですが(会員料金で15分360円)、今日はタッチダウン席という比較的オープンなスペースにしてみました。こちらは会員料金で15分200円です。(写真は新宿西口店のWEBサイトから引用:ここは原則撮影禁止なので。受付カウンターの奥に見える赤い席に座ってます。)

http://www.deskat.net/insti/shinjuku/index.html

Photo_62

タッチダウン席はイスが相当高くなっていて、長時間は座りにくくなっていますね。でも私は長時間いますけれど(笑)

回線の速さはすばらしいの一言です。当社の事務所より早い気がします。

皆さん大体1時間から1.5時間ぐらいで入れ替わるみたいです。

この時間チャージ制となっていると期限が区切られているわけなので、最重要事項からどんどんやろうということになりますね。つまり集中の度合いが違うわけです。

それはなぜかというと時間当たりにお金が掛かっているからです。少しでも短くと考えれば必然的にスピードが違います。

事務所でやっているときもこうなりたいものですね。どうも事務所だと集中している時間が短い気がします。周りに何も無い環境を作るべきかなあ。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ビジネスに特化した環境を作ってあり、集中できる。
(2)もう少し安くしくれればもっと使うのに…。
(3)タッチダウン席でも十分かな。ブース席は仕切られているので落ち着くし、窓の外も見られて気持ちが良いのは確か。

|

« 今日は健康診断に行ってきました | トップページ | みずほ銀行大宮支店で気がついた素晴らしいサービス »

サービス」カテゴリの記事

コメント

それは、ライバル心みたいなものじゃないのかなぁと思います。知らない人に囲まれて同じ事をしていると、どうしても勝ちたい、勝たなければと思う潜在意識みたいなものが働いているんではないでしょうか。もしくは、自分がどれだけ仕事をしているかを見せたい、というか。

やっぱり、こういうところにきてダラけてたら、「あーあ」って思われますもんね。でも、職場でも自宅でも、例えば寝ちゃったとしても、ある意味「あ、お疲れなんですね」って同情してもらえるというか。その違いじゃないでしょうか。

投稿: 龍登 | 2007年6月27日 (水) 21時04分

事務所も本当はお金かかっているはずなんですけどね。

投稿: kubokawa | 2007年6月28日 (木) 17時02分

>龍登様
いつもコメントありがとうございます。なるほどライバル心ねえ。私は周りに何もないのがかえって良いのではと思います。無機質な閉鎖空間がそれに集中せざるを得ないように追い込んでいるという事ではないですかね。それとやはりお金が掛っているのでもったいないが働くのだと思います。

投稿: 企画屋(河合正嗣)  | 2007年6月29日 (金) 22時50分

>kubokawa様
いつもコメントありがとうございます。その通りなのですが、だんだん慣れてしまうのですね。タクシーメーターみたいにカチャカチャ加算されるとちょっとは違いますかね(笑)

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2007年6月29日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/15575697

この記事へのトラックバック一覧です: 違う場所でやると能率が良いのはなぜ?:

« 今日は健康診断に行ってきました | トップページ | みずほ銀行大宮支店で気がついた素晴らしいサービス »