« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

西新橋で企画立案のセミナーを行います!

7月27日(金)に標記のセミナーを行います。

タイトルは「勝てる・通る企画の作り方とプレゼン講座」です。

午前10時から午後4時まで行います。

いつもながら実践形式で企画の背景、アイデア出し、コンセプト創りまでなんとか1日でやってしまいます!

詳細は下記のURLをどうぞ。

http://www.ssk21.jp/seminar/seminar.cgi?id=try-2007-7-27-S07233

もうひとつうれしいお知らせが。

それはこのURLからお申し込みいただけましたらなんと10%受講料が割引です。

主催者の「新社会システム総合研究所」様の特別のご厚意です。

企画立案を体感してみたい方、及び企業の皆様。ぜひご参加ください。

以上お知らせでした!

さて後半はいつも記事の末尾についている「人気ブログランキング」についてです。

ご協力いただいている皆様が多くておかげさまで昨日現在で50+α位ぐらいです。

でもこれをポチっと押してもランキングはわかりませんよね。もちろん上位に入ればすぐわかるのですけれど。

私も最初あれ自分はどこだ?と探していたりしました。

探すには実はこのサイトの上側にある検索ボックスに「ヒットする新商品開発とは」と入れて検索します。

Photo_63 (クリックすると拡大)

そうすると、私のサイト情報が表示されます。

Photo_64 (クリックすると拡大)

この中にあるサイト情報というのをクリックすると、参加しているカテゴリーと順位が出ます。

Photo_65 (クリックすると拡大)

そうしてこのサイト名を再度クリックすると順位表のところへ行けるのです。

Photo_66 (クリックすると拡大)

ちなみにこれを書いた時点では59位ですね。

とここまでやらないと順位表をずっと追わない限りわからないのです。

でもここまでやらないですよね。ポチっと押した瞬間一番最後の表が出てほしいなあ。まあこれはこのサイトを作った人の勝手ですから仕方がないですけれど。

このマーケティングのカテゴリーは結構激戦区のようです。もっと空いているところもあるみたいですけれどね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)人気ブログランキングはもう少しわかりやすくした方が投票のしがいもある。
(2)せめてこれぐらいのヒントは出してほしい。
(3)ブログ作成者にとっては順位は励みになる。だからみんなやっているのでしょう。
(4)もう一つの要因として、順位が上位であれば注目度も高いので、読者も増えるというメリットもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

みずほ銀行大宮支店で気がついた素晴らしいサービス

このブログではみずほ銀行はあんまり誉めたことはないのですが、(ATMをどんどん統合して不便になったりしたため)今日は良かったなと思うサービスを受けたので書きます。

それは何かというとコンシェルジェ的サービスです。まあ総合相談窓口と言った方がわかりやすいかな。

通常銀行に行ってATMしか用事がない人は、そこへ行けば良いわけですが、それ以外の人は窓口に行かざるを得ません。

みずほ銀行大宮支店では、用件ごとに発券できる番号札発券装置があるわけですが、その横にカウンターがありまして女性2人が立っています。

番号札を取ろうとするとまず声を掛けられます。「本日はどのようなご用件ですか?」と。

こちらが用件を言うと、番号札は発券させずに、まずは必要書類を教えてもらい、さらにそれが書き終わる頃を見計らって発券をその女性がしてくれます。

大体常時2~3人ぐらいを目くばせしていて、何かまごついたり、わからないことがあったりしたら、手取り足取り教えてくれます。(私はそんなことはなかったですけれど、傍の人はそうでした)

つまりカウンターの待ち時間をできる限り短縮するために前準備をきちんと指導する人間を置いているわけです。

しかしとってもやさしく人当りが良いので不快感はまったくありません。

こうすれば、カウンターで書きなおしを命じられることもなく、カウンターで長々と説明をお客様にすることもなく、カウンター業務の人はひたすら処理すれば良いわけです。

さらに銀行に入って聞きたいことがあればこのカウンターへ行けば良いわけですから、通常うろうろしている警備の腕章を付けた男性行員をとっ捕まえて聞くよりもはるかに良いです。

また私の通帳のケースも破れていたので、くださいなと頼んだら、ちゃんと用意されていてすぐにくれました。

今日はまあ混んでいない日なので本当に早く終わりましたが、混んでいる時こそ威力を発揮しそうだなと思いました。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)あらかじめまごついたり、聞きたくなったりする事を想定して人当りの良い女性に対応させている。
(2)前工程でしっかり対応しているために、本番の処理がスムーズになる。
(3)結果として待ち時間の短縮になる。(ケースによってはATMへ誘導したりするので本当に並ばなくてはならない人だけになる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

違う場所でやると能率が良いのはなぜ?

今日は午前中は武蔵工業大学でプレゼンテーション技術の授業でした。今回からいよいよ学生さんの発表になります。全員の前に立って自分の作ったパワーポイントのスライドを元にプレゼンテーションをしてもらうわけです。

いまどきの学生なんで図太いのかなあとか思っていたのですが、結構皆さん緊張気味でしたね。あれほど何回も練習しろといったのに。

もうちょっと画面を見つめたり、投影しているスクリーンの方ばかりを見ないでプレゼンテーションして欲しいなあ。それができるようにするには、完全にスライドの中身が頭に入っているぐらい練習しないとだめです。

それはさておき、今新宿西口のDESK@(デスカット)に居ます。今日の夜中小企業診断士にとっては大問題の実務従事の説明会があるからです。

「実務従事」とは何かちょっと説明しますね。

これは中小企業診断士制度が大幅に変わりまして、「名実ともにコンサルタントとして中小企業を支援する人間になりなさいね」というふうに国が誘導していることから発生しています。

簡単に言えば、中小企業に助言をしている生業(なりわい)の人は相手先企業の社長さんから確かに助言を受けたというはんこをもらえばOKなのですが、そうでない人(=つまり大企業にお勤めで日ごろは中小企業に助言をする機会に恵まれない人)はなんらかの手段で実務に従事しなければならないわけです。

そこで診断協会としては、そのような機会を提供しようとしているわけです。

診断士はポイント制になっていまして、5年間で30ポイントこの実務のポイントを取りませんと資格更新ができなくなるわけです。

その説明会が今日の夜行われます。

さてそこに私も出席するために、一々大宮に戻っていては時間がもったいないのでこのデスカットにいるわけです。

漫画喫茶でも良さそうなものですが、ここはビジネス環境に優れているので(周りの人も皆パソコンでガンガン仕事しているし)飲み物も飲み放題で、おしぼりも使いたい放題などなどの理由によりここに居ます。

いつもはブース席なのですが(会員料金で15分360円)、今日はタッチダウン席という比較的オープンなスペースにしてみました。こちらは会員料金で15分200円です。(写真は新宿西口店のWEBサイトから引用:ここは原則撮影禁止なので。受付カウンターの奥に見える赤い席に座ってます。)

http://www.deskat.net/insti/shinjuku/index.html

Photo_62

タッチダウン席はイスが相当高くなっていて、長時間は座りにくくなっていますね。でも私は長時間いますけれど(笑)

回線の速さはすばらしいの一言です。当社の事務所より早い気がします。

皆さん大体1時間から1.5時間ぐらいで入れ替わるみたいです。

この時間チャージ制となっていると期限が区切られているわけなので、最重要事項からどんどんやろうということになりますね。つまり集中の度合いが違うわけです。

それはなぜかというと時間当たりにお金が掛かっているからです。少しでも短くと考えれば必然的にスピードが違います。

事務所でやっているときもこうなりたいものですね。どうも事務所だと集中している時間が短い気がします。周りに何も無い環境を作るべきかなあ。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ビジネスに特化した環境を作ってあり、集中できる。
(2)もう少し安くしくれればもっと使うのに…。
(3)タッチダウン席でも十分かな。ブース席は仕切られているので落ち着くし、窓の外も見られて気持ちが良いのは確か。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

今日は健康診断に行ってきました

健康診断を受診したのは、さいたま赤十字病院です。(写真はWEBサイトから引用)

http://www.saitama-med.jrc.or.jp/

Photo_61

この病院は地域医療の核となる総合病院で、大宮では有名です。

健診センターがあるなんて知りませんでしたが、今回初めて行きました。

受付が済みますと、鍵とバッチを渡されます。ロッカールームでいわゆる診察着に着替えて待っていますと、カルテが渡されてスタートです。

でも機械化が進んでいるんですね。体重と身長と体脂肪率はタニタ社製のいっぺんに自動で計測できて、記録紙に印刷されるものです。これならば読み上げる必要はないので秘密は保持されます。

視力検査も島津社製(あのノーベル賞の田中さんが居る!)の測定装置。裸眼でも矯正でもどちらでも測定できるすぐれものです。

血圧はよくスポーツジムに置いてあるものでした。

そのほかにやったものは、血液検査、尿検査、検便(これは事前採取)、胸のレントゲン、心電図、聴力検査、医師による問診と触診、そして最後にバリウムを飲んで胃のエックス線透視です。

そうそうメタボリック症候群の関係か腹囲も測定されました。

でも皆さんテキパキとされていて、特に受付および全体を仕切っていらっしゃる女性が素晴らしかったです。

これだけの内容を2時間余りで終えるのですからね。

バリウムに入っていた下剤のせいで、午後は頻繁にトイレに行ってしまいました(笑)。

自己負担が6800円ぐらいですが、これなら納得です。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)機械化できるものはすべてして、効率化を図っている。
(2)人のたまり具合は流れを見て、的確に誘導をしている。
(3)チェックリストが一番上についていて、漏れなどがないかどうかがチェックされている。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年6月25日 (月)

今日は日光へ行ってきました

今年も日光で仕事をすることになりました。昨年ご縁がありました件とは別です。

朝10時に到着するとなると大宮駅を8時に出て東武野田線を使って春日部まで行きます。

そしてそこで特急スペーシアに乗り換えて、下今市まで。

さらにそこで連絡列車に乗り換えて、東武日光駅まで行きます。

スペーシアは寝やすいですね。座席の頭がよりかかるところが工夫されていて思わず行きも帰りも寝てしまいました。本当は読みたい本と雑誌があったのですけれど。(ちょっと読みましたが…)

P1000160_1

ただし車内販売はもう少し工夫して欲しいですね。

もちろん売らなければならないから大きな声を出すというのはわかるのですけれど、やはり新幹線みたいにさわやかなメロディで来たのがわかるぐらいにした方が良いと思います。

また連結部分では相当「ガタガタ」とかなり大きな音がします。おもわず目が覚めてしまいます。

もうひとつ今日気がついたことがありました。写真を撮れば良かったのですが、東武日光駅に女性の若い駅員さんが居ました。2人です。

一人は接続列車出発の合図もきちんと行っていました。

観光地の駅ということもあってソフトイメージ路線なのでしょうか?女性が活躍しているというか今まであまり目立たなかったところに配属されるとおおっと思いますね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)くつろげる観点で作られた車両は心地よい。
(2)せっかく寝ているのに車内販売で起こされるのはちょっといただけない。
(3)女性の駅員さんはソフトなタッチで良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

今日は電車が止まって大変でしたね。

朝一番、当社社員から電話。「電車がいつになったら動くのかもわかりません!!」

他の宇都宮線を利用されている人はもう来ていたので、「何かありました?」と尋ねたら、「私がちょうど大宮駅に降り立ったぐらいに、構内放送で停電したとか言っていましたよ」とのことでした。

それがこの大騒ぎ。もう一人は上野駅で足止め。結局大宮駅に着いたのは11時半過ぎでした。

南浦和までなんとか来て、その後埼京線で経由して来たとのことです。

この文章の先頭に書いた社員は、今日午後から半日休暇でしたので、結局全部休みになりました。

私は本日たまたま運良くどこへも行かない日でした。したがって私自身にはなんの影響もありませんでした。

4時間も電車の中に閉じ込められた方々。本当にお気の毒です。

かなり前でしたが、新幹線で名古屋へ行く時に事故か何かで2時間弱止まった車中に居たことがあります。

その時は今回のように停電ではなくて、単に停止していただけなのですが、私は止まった瞬間に車内の売店に走って行き、そこら辺にある食べ物と飲み物を確保しました。つれも居たので、その人の分もです。

後はつれと話したり、持っていた雑誌や新聞などを読んでました。

今ならきっとipodの録画した動画を見ていたでしょうね。でもさすがに4時間は持たないなあ。

今回の措置でJR東日本は新幹線に普通乗車券で振り返る措置をとったようです。つまり特急券は要らないということですね。しかし大宮駅ではそこにも長蛇の列。それはそうですよね。あれだけの本数の電車が止まれば。

さらに国道も影響が出ました。電車がだめなら車でという考え方でしょうが、事務所の前を見る限りいつもよりさらに大渋滞でした。ほとんど動かない状態です。

きっと大宮駅まで行った人が携帯電話で呼んだりしたのでしょう。振替輸送のバスも出たようですし。

大動脈が止まると大変なことになりますね。で結局私のかばんはそのいざという時のためにいろいろ入っているため重くなるわけです。

今日普段使わないワンセグ携帯でこのニュースを見ようとしました。しかしながらNHKはなかなか受信できず。ようやく受信できたかと思うと画面が崩れて止まってしまいます。やはり大宮でのビル内での視聴はダメのようです。電車内であれば役に立ったかな?


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)情報をいかに的確に入手する手段を持っているか?(車内放送で伝えるのは限りがある)
(2)満員電車で冷房が切れて長時間立たされても気分を悪くしないための方法は?
(3)通電しなくても自分の携帯している機器が動かせるような(充電できる手回し装置)も持っている必要があるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月21日 (木)

いやーこの本すごいですよ。お店の「バカ売れ」ポイントをつくる技術

この本一気に読みました。

お店をやっていない人でも十分役立つ本です。

特にそうだなあと思ったのは、「自分のお金を使って体感してみる」です。

確かに会社のお金では、身が入りませんからね。自分のお金であれば真剣になります。

そこでこの本の著者の中山さんが素敵なキャンペーンを用意してくれました。

ご本人からのメールをそっくり掲載します。(ほんのちょっとだけ変えましたけれど)

>>>>>>>>>>>>>>ここから>>>>>>>>>>>>>>>

中山マコトの「お客さんの気持ちをつかむノウハウ」が、ギュッと濃縮されました!。
お店の「バカ売れ」ポイントをつくる技術」、発売記念!アマゾンキャンペーンのお知らせ

この本があれば、あなたの「バカ売れ」は約束されたも同然です。

キャンペーンにご参加いただいたあなただめに進呈する「音声テキスト」、
「この通りやれば、売れちゃうコピーが書けるんだぜ!(60分、語り下ろし)」も、
「門外不出」「空前絶後」の内容です。

キャンペーンの概要はコチラ!
http://www.kikidasu.jp/point/
注文して、メールを送るだけです。

どうか、お友達にもこのことをお知らせ下さい。

決して後悔はさせません。

中山マコト。

>>>>>>>>>>>>>ここまで>>>>>>>>>>>>>>

以上お知らせでした。

いやー本当に損はないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

2007年上半期ヒット商品番付が発表されましたね

昨日は起業家支援セミナーが終わってホテルに戻ったらヘロヘロになっていましたので更新できずすみません。

6月20日付の日経MJに2007年度上半期のヒット商品番付が発表されましたね。(日経新聞にも少しでていますけれど、詳細はこっちです)

東の横綱は、「都心ランドマーク」、西の横綱は、「電子マネー」でした。

東の大関は、「Wii」、西の大関は「メガマック」です。

前頭筆頭ぐらいまではご紹介しましょうかね。

東の関脇は、「宮崎」、西は「ワンセグ携帯」です。

東の小結は、「レッドソックス」(ボストンのですよ)、西は「ハイビジョンビデオカメラ」です。

東の前頭筆頭は、「チャーミー泡のチカラ」、西は「フリクションボール」です。

まだあと13の幕内が居るのですが、著作権の関係もありますので、紹介はこれぐらいにします。

新商品開発をしている人は必見です。日経新聞をおとりになっているのでしたら、販売店に電話して、この号だけ絶対買うべきです。1部170円ですからね。

さてこの上位、何品位体験したり、見てみたりしたでしょうか?

私も日常使っているものもありますが、まだ使ったり食べたりしたことがないものもたくさんあります。

たとえば都心ランドマークは、大阪以外のところなら行きました。電子マネーは日常このブログでも書いていますように使っています。

ワンセグ携帯は私にとっては、意味があまりないという結論に達しました。いざとなれば使えるようにはなっていますが、ほとんど見ません。今後ワンセグ携帯用のコンテンツが流せるようになったら使うかもしれませんけれど。

上位の中で、今もっとも使ってみたいのはフリクションボールですね。(写真はパイロット社のWEBページから引用)

http://www.pilot.co.jp/campaign/frixion/

Frixion4

これはなにかというと摩擦熱で色がきれいに消えるボールペンです。以前もインクが消えるものはありましたがどうしても消しカスが出たり、完全に消えなかったりして一時的にヒットしたもののあまり普及しませんでした。

しかしこれは消しカスも出ないし、結構完全に消えるそうなのでヒットしたようです。(ただしこれらは伝聞なので確かめていません)

これはぜひ頼まなければ!と思ったら品切れ状態らしいです。生産が追いつかないとのこと。

メガマックも食べてみたいのですが、ただでさえ肥り気味なのでちょっと躊躇しています。

Wiiは息子が当選しましたので、いつかやります。それまでお預け。

さて毎回書くことですが、ヒット商品を開発する人間は、社会のトレンドを知るためにもまずはこれらの記事をしっかり読むと同時に、新聞の解説欄を読む前に、なぜヒットしたんだろうという類推をします。

その後で新聞の解説を読むと良いでしょう。新聞の記事はあくまでもこれを書いた人の解釈ですから、鵜呑みにする必要はないわけです。参考にはなりますけれど。

記事を読まないでの私の感想は、やはり「簡単便利、実感できる」が脈々と流れていると思いました。

それと似ていますが、今まで不満に思っていたものの解消というものもありますね。

最近の傾向としては、逆転の発想もあるかと思います。メガマックなんてその典型ですけれど、「健康、健康とうるせいなあ、がっつりたまに食べたって良いじゃないか」という逆張りだと思います。

皆さんも類推してみてくださいね。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ヒットしている新商品・サービスはできる限り体験してみる。必要なら自腹で買ってみる。
(2)トレンドを新聞記事を読む前に自分で考えてみる。
(3)できれば自分の考えている商品などにあてはめて(類推して)考えてみる。応用できないかなとか。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年6月18日 (月)

今各務原に居ます。

今日は予告通り各務原商工会議所の「起業家支援セミナー」の講師のために各務原市に来ています。

夜の7時から9時までの間、16名の方々(遅刻された方若干名)が熱心に受講されました。

まずは自分のたな卸しをしていただきました。

その次に好きなことを列挙していただきまして、その中で仕事になりそうなものは何かを探っていただきました。

その後は自分の中に潜む能力は何かがわかるテストを自問自答していただきまして、傾向をつかんでもらいました。

さらにあるものが好きだとしてそれを仕事の形にするために色々な角度から検討してもらいました。

最後にビジネスアイデアを複数検討されている方と、既にある程度固まっている方に分けまして、ポストイットを使ってマインドマッピング方式でアイデアを検討してもらいました。

明日は、それをさらに深めて自分が提供しようとしている商品・サービスが差別的優位性が出来ているか、さらにはターゲットが明確かなど、儲かる仕組みとしての事業構造になるかを検討していただきます。

臨時でも良いのでよろしかったら参加してください。→岐阜県各務原地方の皆様。

明日も夜7時から各務原商工会議所の会議室で行います。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)やり方だけはお教えして、自分のことに即して考えてもらっています。
(2)紙に書くということを通じて、自分の考えを明らかにします。
(3)短時間に集中してやることによって、考えがまとまったり、出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

雨ですね。携帯折りたたみ傘を使っています

今日は午後から本格的な雨になりました。帰りには土砂降りに近かったですね。

そんな中私は2代目のセブンイレブンの折りたたみ傘を使っております。

初代は風が強く吹いたせいで、あえなく曲がりました。まあ525円ですから文句は言えませんが。

初代も相当軽かったのですが、大きさは結構大きかったのですね。

ところが2代目はとても小さくさらに軽くなっています。

P1000329

比較対象のために隣りにシャープペンシルを置いてみました。

とっても持ち歩きには便利ですが、土砂降りになるとさすがに厳しいですね。傘の径がたぶん50cmも無いと思われますので(計ったわけではないのでわかりませんけれど)

ただ、小さいので少し折りたたみにくいですね。コツがいるのですが、そんなに頻繁には使わないのでいつも苦労します。

今日もちょっと忙しいので写真などは明日以降にアップします。すみません。

※遅くなりましたが上記のようにアップしました(6月28日)


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)極端に小さく・軽くする。
(2)それなのに525円と安い。
(3)折りたたみ方法に工夫がもう少し欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

SBIの北尾吉孝氏の出版記念講演を聞いてきました

いやー最近本当に忙しくって昨日は更新できずにすみません。

SBIの北尾CEOをご存知でしょうか?それ誰?という方でもライブドアがニッポン放送買収事件を起こした時にホワイトナイトとして登場した怖いおじさんだと言えば思い当たりませんか?

その後テレビ東京系のカンブリア宮殿に出演されて、その時もった印象とずいぶん違う人だなあと思いました。

そしてこの講演です。出版記念講演と銘打たれています。それは『何のために働くのか』という本を致知出版社が発刊して10万部を超えるヒットとなったからです。

当日の講演もこの本を持参するか、会場で購入すれば2000円で聞けるというものでした。

会場は600名の人で満員。大手町のサンケイホールで行われたのですが、あのホールが満員になるところを初めて見ました。

致知出版社の藤尾会長の挨拶はいつも面白いです。道元の話を引きあいにしておりました。

その後北尾さん登場。ずっと立ってやるのかなと思ってましたら、おもむろにノートパソコンの前に座られてパワーポイントを操作されながら話されるというスタイルでした。

「この本については大半の皆さんが読んでいるから何をお話すれば良いのかなあという言葉で始まりました。

最初のパートは読書感想文を年配の方、私ぐらいの方、そして若い方のものを画面に投影されて、中略がありながらも肝心の部分は読み上げて感想を言うというものでした。

そうなんです。この本を読んで感想文を書こうというコンクールも併せて行われておりまして、全国から403通の応募があったそうです。

この本の核心を突く感想が次々と読み上げられました。感動するものばっかりでした。

その後なぜこの本がヒットしたのか北尾さんなりに考えたことをまとめられました。

片言隻句の力、戦後60年を経て日本古来の精神文化を見直そうという機運が高まっている、現場にいる現役の経営者であるということであると例を挙げて説明されました。

次に成功の方程式を挙げられました。それは「考え方×熱意×能力」だそうです。堀江氏は考え方が間違っているとおっしゃっていました。

さらに6つに分けて詳しくなぜ働くのかを説明されました。

天の存在→天が自分を見ているという意識で自分を律する。

任天と任運という考え方→自分に起きたことはすべて天命だと思い込むこと。

自得→人間はまず根本的に自ら自己を徹見しなければならない→世のため人のために仕事をするだからこそ生甲斐がある。

天命→自得すべきは自らの天命である。

倫理的価値観→信(約束を破らない)、義(正しいことを行う)、仁(相手の立場になって物事を考える)

死生観→その瞬間を大事にする。

人間観を勉強して”志”を持ってそれを実現することだとおっしゃっていました。

志は、一を十にする心=大勢の人を引っ張っていくリーダー=利他=世の中をよくしたいというものであって、野心ではないとのことでした。

この後質問にいくつか答えられました。

さらに最後に読書感想文コンクールの表彰式が行われて終了です。1位副賞30万円はなんと高校1年生の人でした。

いやー私はまだまだだなあと本当に思いました。あれぐらい肝が据わっているようになりたいなあと心から思います。もっと修行をしなければ。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)本が売れるのはもちろん知名度もだが、主題を何にするのかというものがある。→時流に乗るというものがある。
(2)永年の研究、探究、勉強の成果がわかりやすい言葉で書いてある。
(3)北尾さんはブレないという安心感が感じられる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

土曜日は診断士のマスターコースで講義をしました

私が所属する中小企業診断協会東京支部中央支会に有料でマスターコースが20以上開催されています。

私は先週土曜日、その中のひとつのYCSというコースで、「プレゼンテーションの基本とお客に受ける講義・講演のテクニック」というお題で1時間半講義をいたしました。

このコースは6月9日が開講でしたので、それに先立ち開校式にも来賓として祝辞を述べました。

毎年何をしゃべろうかなと考えるのですが、今回は3つのことをお話しました。

まず営業に成り立ての新入社員が飛び込み営業やテレアポばかりやらされて疑問に思ったことに対して、これは料理人の修行と同じであり、3年間は体にしみこますように包丁が自在に操れるようにするものと一緒だと申し上げました。

しかし修行は大事であるけれども、診断士として感性は磨いてくださいともお願いしました。美術館に行くとか、映画館に映画を見に行くとか、海外旅行するとか、体感できるものを積極的にしましょうということです。

なぜならお付き合いする心ある経営者はやはり一流のものを体感されているからです。それに対してお付き合いするこちら側が知らないではいけませんからね。

もうひとつの理由としては、やはり一流のもに触れたり、流行っているものを体感するということは社会のトレンドを把握できるからです。

3つめは同志愛でやりましょうねと申し上げました。愛情とは、想う相手に対して見返りを期待せずに喜んでもらうために与えることだと私は理解しておりますので、そのようにやりましょうと申し上げました。

講義内容はプレゼンテーションと講義を中心にためになるお話をしたつもりです。

プレゼンテーションは世間では少し誤解があるようですが、私が御伝えする内容を聞いてくださり、受け入れてくだされば、あなたがハッピーになり、私もハッピーになるということだと私は思います。

したがって、テクニック的なことよりも前に、こころと心の架け橋を発表者と聞き手の間に架けなければならないのです。

そうそうそこで良いことを聞きました。パワーポイントの文字がどうしても切れてしまうのですが、それはボールド(太字)にしているとそうなるそうです。受講された方の奥様がマイクロソフト社に勤めていらっしゃるそうで、そのような症状が出るそうです。

したがいまして、太字は使わずに、それに近い字体を使うしかなさそうです。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)基本は大事なので徹底して体に覚えこまさせる。
(2)トレンドを体感する。
(3)愛情を持って接する。(これは商品・サービスを提供するのも、プレゼンテーションをするのも一緒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

5日は美容室TAYAの田谷会長の講演を聞いてきました

このブログでも常にトップで読まれているのが理容室プラージュ。したがって私は美容室には全然縁がないのですが、美容室チェーンとしてのTAYAさんには興味があります。

全国144店も展開して、なお伸びているし、全国唯一の東証一部上場の美容室チェーンだからです。

このチェーンを創業して育ててきたのが、田谷哲哉会長です。

お話を聞いていて、なるほどこれならどんどん伸びるはずだなあと思ったことがいくつもありました。

まず業界の基礎的な数字に明るいということです。「えっそんなの当たり前でしょ?」とおっしゃられる方がいるかもしれませんが、「市場規模?さあいったいどのくらいでしょうね?」とか言う経営幹部の方はざらにいらっしゃいます。

次に時代を切取る感性がすばらしいということです。しかもそれをフレーズに仕立て上げることが上手です。

たとえば1960年に池田首相の所得倍増計画にひっかけて「あなたの魅力を倍増するお店」と銘打つチラシ広告を打ったら10時開店だったのに行列が出来ていたそうです。

パーマについても「ふんわりパーマ」というフレーズを宣伝したら、朝から晩まで店員全員が昼食が食べられないくらいお客様が押し寄せたそうです。

朝シャンが流行った時は「ウォッシャブルパーマ」など、顧客ニーズをうまくつかんで、この店は何のために存在しているのか、どういう人に利用してもらいたいのか考えて付けるそうです。

これは現在も皆がこぞって研究していることです。それが時代のトレンドを敏感に感じてすぱっと表現できるのはすばらしい。

もうひとつは自身が有名になろうということで、コンテスト荒しをしたそうです。26回コンテストに出て70%ぐらい優勝したそうです。

さらに女性週刊誌の表紙モデルの髪型を担ったり、日本テレビが麹町にあるときに、目の前に出店していてピンクレディーをカットしていたり、(ちなみにあまりに忙しすぎて、彼女らは昼寝しに来ていたそうです)したとおっしゃっていました。

こうしてブランドを確立したわけです。

さらに女性の前からみたヘアスタイルの雑誌などの写真の切り抜きを集められる限り集め、さらに横側から撮ったヘアスタイルも切り抜きを集め、後ろからみたヘアスタイルも集められるだけ集めたそうです。

何をしたかというと、それらを組み合わせて新しいヘアスタイルを考案していったわけです。

従業員も店が閉店してから、技術勉強会をして、皆も面白がって参加し、それが口コミとなってどんどん人が押し寄せ、店に従業員が入りきれないから、支店を出しという感じで増えていったとおっしゃっていました。

その後40歳の時に引退を表明。マネジメントに専念します。

その時100億の企業を作ろうと決意して、税理士に何すれば良い?と聞きました。

そうしたら企業理念を作りなさいといわれて、自分が一番したいこと、すなわち「すべての人に夢と希望を」を創ったわけです。これは今も変わらないといいます。本気で作れば理念は変わらないわけです。

また当時スローガンは「3Aを通して美を追求する」だとおっしゃっていました。Artistic、Activeまではすぐ思いついたけど、あと一つのAが思いつかないので、発音が同じ「営業」にしたと笑ってらっしゃいました。

後印象に残った言葉は「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」です。

おだやかな物腰で、快心の笑顔で話されているのに、胸に秘めた情熱がほとばしり出ていました。

良いサービスではだめで、優れたサービスでなければだめだの例には、「三陸産の肉厚のホタテでございます。これに稚内でとれた利尻昆布を上からかぶせて塩で蒸したものです。」と持ってこられた料理と、「おまちどうさま」とただ言われておかれたものとはどちらがおいしく感じるかと例示されていらっしゃいました。

業界団体も10数年おさらばしていたそうです。それは同じ業界にいると同じことしかしないと思ったから。

これからの美容業界の見通しとしては、今20代の男性がほとんど美容室に行っているので、10年後には現在よりも60%入客がアップすると見通されています。

教育システムは入ってから1年経った先輩が新入社員教育を技術面と精神面両方から行うシステムをしているとのことです。毎年300名の採用だそうです。

さらに1店に1人技術管理の人がいて、エリアにも技術ディレクターがいるそうです。

TAYAさんの教育システムについては次のURLをご覧ください。

http://www.taya.co.jp/tww/secret/education.html

カリスマ性がある時点までは引っ張るのに重要だが、時代に合わなくなると失敗する、したがって今はネットワークで仕事をしているとおっしゃっていました。

私が過去働いていた会社を思い浮かべるとちょっとこの言葉は沁みました。

いやーさすがに上場された創業社長のお話は無駄が一切なく、すばらしいと思いました。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)時代の流れを的確に読む。
(2)それをキャッチフレーズにして宣伝する。
(3)社内に向けても理念を明確にする。
(4)行動スローガンはわかりやすく短い言葉で発信する。
(5)技術教育に力を入れる。
(6)すぐやる、必ずやる、できるまでやる。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年6月 7日 (木)

『校長先生になろう』はすばらしい!

藤原和博さんを知っていますか?リクルート出身で民間人として中学校の校長先生になったことで有名な人です。

その人が民間人よ!全国の公立中学校の校長先生になろうではないかと呼びかけている本です。

どこがすばらしいかというと、公立中学校を立て直すために、学校の先生だけではなくて、意識してその地域の住民(この意味は、親だけではなくて、商店街で働いているおじさん、主婦、おじいさん、おばあさん、教師になりたい学生、そして普通のサラリーマン)を巻き込んでやっていることです。

ドテラと呼ばれる土曜寺子屋を開催して、地域の人が手助けしたり、インターンの学生が教えたりしています。

さらに授業を50分のコマから45分のコマにして、コマ数を増やして基本科目が毎日できるようにしたり、

親にテレビの視聴を1日1時間+朝15分に制限しないと学力アップは保証しないと迫ったり、

携帯電話を持たせたら、イジメに会うよと勧告したり、

毎朝読書をする力をつける試みをしたり

よのなか科という社会を知るための正解の無いでもとっても興味深い授業をしたり、

英検、漢検と提携したり、民間団体とタイアップしたり…

民間人が校長先生になるための成功の秘訣が満載です。

でも何よりも私が感動したのは、この本に流れている哲学です。

地域社会が崩壊し、親も共働きで丸投げ状態のときに、学校ばかりに負荷がかかっているのを見事に外部の力を巻き込んでマネジメントするというその姿勢にとても感じ入りました。

しかも校長は一見権限があるように見えて、実は民間企業でいえば、人事権も予算権もほとんどない営業所長代理みたいなものというたとえは結構衝撃的でした。

ちなみに人事権は地方自治体にあります。

そうなるとマネジメントできるのは、時間と空間だけだと言う結論を導き出し、上述のような仕掛けをたくさん行って、杉並区一の人気公立中学校にしたのです。

もうひとつすばらしいのは、期限をきちんと決めた目標を明示して、それに向けて皆が「よしやってやろう」と感じさせて行動を起こさせていることです。

いやー藤原さんは本当にすごい人だとおもいます。

一言だけこの本について文句があるとすれば、この本は色々なところへ寄稿、投稿されたものを合わせて作られたものなので、同じようなことが繰り返される点ですね。もう少しこの部分は整理して、重複を削除したらもっと良かったかなと思いました。

ただしもしかしたら、大事なことは繰り返すという原則をわかっていてわざとやっているのかもしれません。

校長先生なんかになるつもりがなくても、マネジメントや企画を考えるのにはこの本はうってつけです。

ぜひご一読を。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(今回は公立中学校を立て直す→マネジメント)
(1)方針、目標を明示して、その道筋を明らかにすること。
(2)限られた資源をどのように有効活用するのかを考えて企画すること。
(3)徹底的に関係者とコミュニケーションすること。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 6日 (水)

今新宿西口のデスカットに居ます

今日は午前中は武蔵工業大学でプレゼンテーションの講義。

午後2時から得意先と打ち合わせが都内であり、その後中小企業診断協会の会合が夜7時からあります。

当社の事務所は大宮ですので、往復する時間がもったいないので、このデスカットを利用しまして仕事をしました。ブース席です。

P1000317

遮音性に優れているわけではありませんので、3つ先のブースで電話している声が思いっきり聞こえますが(笑)、100MBの快速ネット環境はすばらしいです。

またカップ飲み物の自販機もすべて無料。何杯飲んでも大丈夫です。といってもそんなに飲めませんが。

おしぼりも暖かいものが無料で使えます。私顔が脂ぎっているので2本も使ってしまいました。

ただし会員期限が昨年10月で切れてしまっていまして3700円本日支払いです。それ以外に15分で450円の支払いとなります。節約したければ、タッチダウン席というのもありますけれど、そこでは落ち着きませんからね。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)駅からともかく近い。新宿駅西口から1分。
(2)飲み物、おしぼり使いたい放題。
(3)もう少し安かったらもっと利用するのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

無料配布していたレッドブルを飲みました

いやーなんか忙しいです。のどがちょっと痛いです。したがいまして忙しいのに病院に行ってしまいました。

でも午後6時に行ったら待っているのは1人だけ。この時間に行くのがベストですね。ほとんど待ちませんでした。

それはさておき、オーストリア製のセブンイレブンでは275円で売っているという(未確認)表記のレッドブルエナジードリンク。

P1000316

大宮駅周辺ではさかんにサンプリング(無料配布)をしていました。1回目は常温で、2回目は冷やして。

P1000307

(これは1回目のときの写真です)

2回目のときは確か東京へ行くときだったので、そのまま持って行き、打ち合わせ場所で飲みました。

1回目のものは、事務所で冷やしてあったのでこの忙しさに精力をつけるために飲みました(笑)。

まあリポビタンDを薄くした感じと言えばあたらずとも遠からずでは。

たぶんそれはアルギニンが入っているからだと思います。

でも力が出るように感じるのはカフェインのせいでしょう。

この味で上記の価格だったら買わないかな。

欧米№1だそうです。アルギニン300mg、カフェイン80mgだそうです。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)飲料についてはサンプリング(無料配布)がまあ王道ではあるが、価格が見合ってこそでは。
(2)よほど飲んだ後に効果が感じられないと「ふーん」で終わる。
(3)欧米№1と言われてもねー。セブンイレブンさんは高価格帯だからこそ取り上げているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 4日 (月)

各務原商工会議所で今年も起業家支援セミナーの講師をします

たまには人のセミナーの受講感想だけではなくて、自分の告知もいたします。

もう期日が間近に迫ってきていますが、6月18午後7時から午後9時まで「大好きなことと豊かさの源泉を探り当てましょう」と6月19日「アイデアをまとめて儲かる仕組みを作りましょう」です。

このコースは全8回でして、6月8日(金)よりスタートです。(おおっ今週からだ)

詳細はこちらのURLなのですが、飛ぶのが面倒な方のためにちょっとタイトルだけご紹介しましょう。

http://www.cci-k.or.jp/kigyoka/index.htm

第1回<6月8日(金)>は、自分の夢を実現してみよう(さわ経営研究室 澤 芳美氏)

第2回<6月11日(月)>は、念ずれば花開く、あなたの夢を実現するための設計図づくり(昭和義塾 松原正憲氏)

第3回<6月13日(水)>は、視点スイッチ、成功のための思考法(コンサルタンツノヴァーレ 時山 正氏)

第4回と第5回は私でして、

第6回<6月22日(金)>これだけは知っておきたい損益分岐点>(牧口会計事務所 牧口晴一氏)

第7回<6月25日(月)>は、自分の夢を事業計画書に書いてみよう①(ビジネスサポートファーム 松雪文彦氏)

第8回<6月27日(水)>は、自分の夢を事業計画書に書いてみよう②(同上)

です。

これだけ全部参加しても5,000円ですからね。起業してみたいと思われる方で、岐阜県各務原や愛知県犬山地方、鵜沼地方の方はぜひご参加されてはいかがでしょうか?


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)商工会議所はこのようなセミナーをよく開催しているので、WEBサイトやチラシをきちんとチェックすること。
(2)私の講義は一方通行ではなくて、ひたすら考えて書く作業です。(もちろんヒントや考え方は出しますけれど)
(3)この8回を通じて、やろうと決意するもよし、やっぱりやめようと決意するもよしです。
(4)本格的に独立開業したい人は、このあと同じ商工会議所で7月から5回シリーズでみっちり創業塾があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

キリン・ザ・ゴールド飲んでみました

先日NBオンライン1周年記念セミナーでもらったキリン・ザ・ゴールド。さっそく本日飲んでみました。

キリンさんにはめずらしく確かにそんなに苦くないですね。(妻は苦いと言っていましたが。)

香りも程よくなかなかいけると思います。

ただ恒常的に買うぐらい感動したかというとそうでもないかなあ。

話は変わりますがついでに今日あった「おいおい」という出来事をひとつ。

前から話題にしています大宮サティの20円引きシールの件です。

これは毎週土曜日の午前11時までにもらったシールをその日のうちに100円以上のものと割引シールが貼っていないものについてはこれを貼ると20円引きになるというシールです。

今日は給料日後の土曜日ということで朝からとても混んでいました。

レジにも9時45分には長い行列が。

私の前の女性(18歳前後、専門学校生と思われる)が並んでいたのですが、彼女は自分が購入した商品に一切はらず。なんとレジの人に貼らせていました。混んでいるのになんということだ。と妻と二人で嫌味で大声で言ったのですが彼女は知らんぷりでした。

相手を思いやる心がないなあ。だって並んでいたときにいくらでもつけられる時間があったんですよ。彼女は何をしていたかというと携帯のメールを一生懸命打っていたのと、ナビタイムでどこかへ行く検索をしていました。

ちょっとは人の迷惑を考える人にならないと。親の顔が見たいとはこのことですな。

そうそう書いたかもしれませんが、大宮サティはお酒類を一切この20円引きの対象からはずしました。(4月1日からです)とっても残念です。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年6月 1日 (金)

かばんの中身を整理・整頓するには…「かばんの中身」の使い勝手

皆さんのビジネスバックの中は整理整頓されていますか?

ちなみに整理とは不要なものと必要なものとに分けて、不要なものが捨てられている上体です。

整頓とは、それがいつでもすぐ取り出せるように定位置に置いてあることです。(つまり使い終わったらすぐ取り出せるように元の定位置に戻すということですね)

私はビジネスパーソンとしては珍しくショルダーの小型のバックを使っていることは以前このブログに書きました。○年○月○日の    の項目を参照

最近この中にどんどん入れるものが増えてきて肩が凝るようになってしまいました。

そこで廃止したら?という妻の提案で、中身を自分が持ち歩くバックに収納するべくかばんの中身という商品を買ったわけです。

私の買ったのはかばんの中身PCスモールというものです。東急ハンズで4060円しました。

なぜこれにしたかというと、パソコンがスモールサイズでちょうど良いかなと思ったのと会社から家に持ち帰る際のサブバックの中にちょうど入るのではないかと考えたからです。

こんな感じです。2つのパーツに分かれています。本来はこのパーツの間にパソコンを挟んでバックに入れるというのが使い方の標準だそうです。

しかし家に帰って自分の今使っているバックでこのサンドイッチ方式をしようとしたらバックに入りません。

私の普段使っているビジネスバックは、元々パソコン及びその周辺機器が入れられるようになっている部分と書類を入れる部分と2つに分かれているからです。

そこで、パソコン関連のものは1つのパーツに収納して入れ、それ以外のものは別にして収納することにしました。

P1000315

パソコン関連側には、ACアダプターとコード、エッジのカード、携帯電話のコード、下痢止めストッパ(パソコンには関連してませんがここしか入らず)、歯ブラシセットです。

P1000314

もうひとつの方には、ipod、メモリースティック、黙れケータロー、電卓、フェイスペーパー、口臭防止スプレー、ペンなどです。

まあそれで結構整頓はされましたが、どうしても入らないものがありました。まずはポケットティッシュです。これは大目に5個ぐらい持ち歩いているので入らず。

そして、講師必携道具のタイマーとか、ipodをつなぐケーブル類もちょっと収納できませんでした。

さて当初目論んでいたショルダーバックの中身をすべてここに移管するのはもっとダメでした。サイフはこれに入れてごそごそ探すのは不便だし、Suicaもショルダーの方が便利です。さらに携帯電話(これは収納スペースはあるのですが)や鍵もショルダーへ。

これらのものを背広のポケットに入れないのは理由があります。まず毎日出したり入れ替えたり面倒だということ。そして、これから夏になると上着を着なくなるので入れるところが限られるからということです。ましてやクールビズですからね。

では何が移管されたのかというと、黙れケータロー、携帯電話の充電コード、SDカード、口臭防止スプレーなどです。少しは軽くなりました。

うーんもう一回り大きいものを買うべきだったのか?

こういうツールは試すことができないので買うのが難しいですね。もちろん東急ハンズの店頭にはサンプルがあるのですが、実際に自分の持っているものをすべて入れてみて試さない限り難しいです。そういうサービスをしてもらえるとうれしいのになあ。


参考になりましたらクリックをよろしくお願いします→人気blogランキングへ

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント

(1)かばんのごちゃごちゃしがちな、機器類や道具類を収納するのには便利。
(2)持ち歩いていてすぐ出したいものはやはりこちらよりはショルダーの方が便利。ビジネスシーンに似合うものを誰か開発してくれー

(3)現状持ち歩いているものを入れて試せるコーナーを作るともっと売れると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »