« ストッパ下痢止め効果がありました | トップページ | 今日は取材を受けて、その後塩爺の講演を聞いてきました »

2007年4月25日 (水)

ちょっと前ですが信金のATM(現金自動預払機)が変わりました

まあとってもローカルな話題なのでほとんどの人にはまったく関係ない話ではありますが…。

P1000296

でも私にとってはとても重要な話なのです。

なぜかと言うと、この信用金庫は私の事務所のメインバンクなんですが、ATMがよく壊れるんですよ。

それも決まって壊れて欲しくないときに。5日、10日、20日、月末…。

つまり稼働率が高まるとパンクするわけです。当時あったものは相当古いもののようで、しょっちゅう点検・調整中になってしまい、混むと10人ぐらいが並ぶという状態になるのです。

そもそもATMに誘導しているのは金融機関です。それは事務員のコストを削減するために、「振込みをATMで自ら行え」としているからですね。

1件ぐらいならまだしも、地元の商店、事務所などたくさん振込みをしなければならない人たちが、たった2台を占有するわけですからかなり待たされます。

それが1台になってしまうと絶望的です。

なのでATMが更新されて故障率が下がれば少しは良いかなという感じです。

この信用金庫は、実はパソコンでも認証して振込みすることは可能です。しかしながら振込み手数料とは別に2,100円/毎月かかるのです。こちらとしては少しでも振込み手数料を削減したいと思っているので、やりません。まあ手間及び時間のコストを考えればもしかしたらこの手数料は安いかもしれませんが。

じゃあ他の金融機関はどうかと考えたのですが、近くにはこの信用金庫しかなく、あとは相当遠いところにいかないとなりません。

インターネットバンキングも考えましたが、給与も自動送金にしたりしていますのでそれもちょっと難しいです。

ということでずっとこの信用金庫です。更新されたものは機能的にはほとんど変わっていませんが、画面の説明が3Dで表現されていてよりわかりやすくなっていました。

パソコンでの振り込みをATMと同額(つまり別途料金なし)にしてくれたらそちらにするのになあ。


参考になりましたらプチっとお願いします

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)画面の表示は最新機種なのでわかりやすい。
(2)店頭に警戒する人を置いているので、混んでいるときは振込み件数を制限して5件したらまた後ろに回るなどを誘導する。(まあ難しいでしょうけれどね)
(3)パソコンでの振り込みの別途料金をやめる。

|

« ストッパ下痢止め効果がありました | トップページ | 今日は取材を受けて、その後塩爺の講演を聞いてきました »

サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/14844983

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと前ですが信金のATM(現金自動預払機)が変わりました:

« ストッパ下痢止め効果がありました | トップページ | 今日は取材を受けて、その後塩爺の講演を聞いてきました »