« 昨日は安藤忠雄氏の講演を聴いてきました | トップページ | 黙れ!ケイタローCX-200効果がありました »

2007年1月29日 (月)

OK Wave 兼元社長の講演を聴きました

先週1月24日に聴いてきました掲題の件について書きます。

OK Waveってご存知ですか?

今現在フジテレビで毎週火曜日夜9時から放映中(1月16日スタート)の、ユースケサンタマリアが主演している「今週、妻が浮気します」はこのOK Waveから始まりました。

何のことかって?

OK Waveとは日本で№1のFAQ Companyを標榜している会社です。

これは、誰かの質問を善意の誰かやそのことをよく知っている人が答えてあげるというサイトです。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://okwave.jp/

私はこの会社のメールマガジンも取っているのですが、毎回は読めないまでも結構おもしろいですよ。

で冒頭の話に戻りますと、このサイトに「今週妻が浮気します。今はホテルに乗り込んで何かしらの決着をつけようと思っています。しかしそれは正しい方法でしょうか?乗り込んでどうするのがよいでしょうか?」という一人の夫の悲痛な質問から始まりまして、異常に盛り上がったわけです。

それに目をつけた出版社(中央公論社)が書籍化し、さらにそれを読んだフジテレビのプロデューサーがドラマ化したというわけです。

兼元社長は韓国籍でした。(今は日本に帰化しています)そのことは、私も知っていましたが、まさか小学校、中学時代はそれでいじめに会って自律神経失調症で、長期入院しいたり、社会人になってからもホームレスを体験していたとは知りませんでした。

ホームレスには3通りあるそうです。

「働きたいけど働けない人」

「働いていて、ホームレス」

「働きたくないから、ホームレス」

1番目が一番多いそうですが、2番目は月収30万円から40万円ぐらい稼いでいる人がいるそうです。その人はお金が入ると周りの人に肉などを振舞うことで認められたい役に立ちたいという欲望を満たしているそうです。

そんな人は教え魔でもありまして、いろんなことを教えてくれたそうです。

彼曰く、「ホームレスやっていても日本では絶対死なない」そうです。コンビニエンスストアへ行けばあまった弁当がもらえるし(ただしバイトのやさしい人がやっている時間帯でないとだめ)、居酒屋の裏へ行けば酒も飲めるし食うだけならなんとかなるんだそうです。

それでも彼が起業を決意したのは、ある農村部から出てきた中国人の留学生の言葉からだったそうです。とっても貧しいその女の人は、兼元社長に、それだけの能力があるのに何をぐだぐだやっているのだ。恥を知れと言われたそうです。

そこで目覚めて、知り合いの社長のところへ何でもやります(彼はデザイナーです)といって仕事をもらい、そのうちホームページ作成の仕事をもらい、そして今のビジネスモデルを思いついたということでした。

ビジネスモデルを思いついたは良いが、誰も金を出資してくれるわけでもなく、ありとあらゆるベンチャーや金融機関を回ったそうですが、すべて拒否。

そんなときに、別居状態だった妻が貯めておいてくれたお金でなんとか立ち上げたんだそうです。

その後楽天の三木谷社長に認められて出資が決まり、さらにサイバーエージェントの藤田社長とか、インプレスの塚田氏とか出資が決まって今に至るわけです。

三木谷社長に「なぜ出資してくれたんですか?」と後で聞いたら、「こいつならあきらめないだろうと思ったから」だそうです。

失敗というのはない。あきらめなければ成功すると言っていました。

もうひとつ印象的な言葉は、彼が言ったのではなく引用した言葉ですがマクドナルドの創業者 レイ・クロックが言った「勇気を持って人と違うことを人より早く、スピード感を持ってやる」ということだそうです。

もうひとつは革命についていっていました。彼の定義は「権利の譲渡」だそうです。つまり大企業から小企業へ、売り手から買い手へ一気に移行するのが革命だと言っていました。

彼の事業は大手有名企業にも採用されてマイクロソフトとの連携、KDDIとの連携、そしてYahoo!JAPANとも提携するなど快進撃のようです。

また彼の起業の経緯を書いた本もあってそれについては、印税をすべてカンボジアの子供たちの教育資金に寄付しているそうです。

ご興味があればどうぞ→「グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦」という本です。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(OK Waveがヒットしている理由→彼の分析から引用)
(1)ユーザーの無意識な参加を促している→ユーザーを信頼し、ユーザーが協力し、ユーザーが作り上げている。そのインフラを提供している。
(2)集合知を利用している→集まれば集まるほど価値が向上していく。
(3)ロングテール→ニッチや小さい単位のものを集めることによって大きなものを凌駕している。
(4)過去データの検索ではなく現在人間が持つ経験や知識をリアルに検索できる。
(5)あいまいな内容を検索できる→概念検索

|

« 昨日は安藤忠雄氏の講演を聴いてきました | トップページ | 黙れ!ケイタローCX-200効果がありました »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

兼元社長は周りの人に恵まれてるね。
目覚めさせてくれた中国人女性、お金をためておいてくれた妻、など。
まあ、彼の人徳かもしれませんが。

投稿: kubokawa | 2007年1月30日 (火) 10時45分

>kumokawa様
コメントありがとうございます。彼の一生懸命さが周りの人に恵まれる結果を生んでいるのだなあと話を聞いていて思いました。もうひとつは人間関係に苦しんできたこともあるのではないかな。韓国籍だったときに激しいいじめにあったそうですから。

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2007年2月 1日 (木) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日は安藤忠雄氏の講演を聴いてきました | トップページ | 黙れ!ケイタローCX-200効果がありました »