« 1年間ありがとうございました | トップページ | 結局手帳は… »

2007年1月 4日 (木)

あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます。

当社は今日が仕事初め(始め…どっちだ?)です。

1月1日にパソコンは冬休みの宿題で開けていたのですが、ブログはついぞ更新せず。

その宿題とは、とある全国誌に寄稿を頼まれまして、1月5日が締め切りだったものです。正式に決まりましたらまたお知らせします。

「宿題やっていないなあ」という重い気分で正月を過ごしではいけないなあと思いまして2時間で一気に書きました。それで大体できましたのでホッとしまして後はたまったDVDレコーダーの中身を消化しました。と言ってもぜんぜん追いつかず。

さてさて年末に気がついたことと、1月2日に気がついたことをちょっと書きます。

年末に気がついたのは、海老天です。年越し蕎麦のために海老天は欠かせませんが、値段が12月30日と31日についたお値段は、サティで1尾298円でした。

特別なものではないですよ。まあちょっとは衣が大きめですが、普段は1尾100円で売っているものです。その時しか買わないものだからここぞとばかりに高いのでしょうけれど、この値付けは考えてしまいます。

我が家はどうしたか?ですか。12月29日に1尾100円のものを買って冷凍しました。ぜんぜん問題なし。

どこか海老天を150円ぐらいでぶつける気概のあるスーパー/食料品店はあるかなあと思ってチラシを見ましたが、どこのスーパーもほぼ同じでしたね。(もし我が社は違うということでしたら私のリサーチ不足です)

なんか人の弱みに付け込んで…という嫌な感じです。これと同じことを冠婚葬祭にも感じるのだけどこのことを書き始めると長くなるのでやめます。

さて1月2日に気がついたこととは…。

それは各デパートの初売りについてです。私の住む大宮では、一番すごかったのがおそらく丸井ではないかと思います。(全部見たわけではありませんが)

なにしろ列が入り口から大栄橋というところを折り返して並んでいまして、10時半現在「2時間待ち」という拡声器で店員さんが告知しておりました。

皆さんのお目当ては「福袋」です。

それを販売するのに文句はありませんが、その後が私は問題だなあと思いました。買った方々はすぐに袋を開けて中身を点検、友人らと物々交換という作業になるのですが、その際出た包み紙をそこら中に放置。

大宮駅西口のペデストリアンデッキには、透明なポリ袋に保護のうすい白の紙が入ったものが散乱しておりました。警備員さんが一生懸命拾っておりましたがマナーとしてどうかなあと強く感じました。

道義的にはもちろん買った人のマナーが悪いということでしょう。

しかし店側としてもこうなることが予想できるでしょうから、ごみ集め要員を配置するとか、大きなごみ箱でも店頭に用意して「ここに捨てなさい」とかしたらどうでしょうかね。

ここぞとばかりに売ることにのみ専念するのではなくて、その後始末にも配慮があったらもっと好印象になるのにね。

売る側の都合を強く感じた年末年始でした。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)人の弱みに付け込むのではなくて、そのときこそ良心的な値段を付けて信頼を得る。
(2)福袋を販売した後のことも考えて対処する。それこそ社会的責任を果たしたことになるはず。
(3)いっそのこと福袋に入れるものは包装をやめるとか。(それでは傷つくか?)

|

« 1年間ありがとうございました | トップページ | 結局手帳は… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

私も、年末の食品の値段に驚き!でした。
エビ天は買わず、家でかき揚げになり、牛肉は通常値に戻ってから買うことにしました。年末年始のお金と人の動きはものすごいですね。冷めた合理的な現代人でよかった、と思う出来事でした。

今年もよろしくお願いします。
こちらへいらっしゃる時は、ご一報ください。

投稿: Miwa | 2007年1月 5日 (金) 20時48分

>Miwa様
あけましておめでとうございます。コメントをありがとうございます。
ある時期を避けるか、代替物で問題ないのならそれで十分ですよね。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2007年1月 5日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/13332924

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 1年間ありがとうございました | トップページ | 結局手帳は… »