« ハワイで撮影したビデオ3題 | トップページ | さらにハワイビデオ3題 »

2007年1月15日 (月)

いよいよ週刊エコノミストに私の記事が掲載されました

予告どおり、本日発売の週刊エコノミストの特集 ブログ&SNSが生む「消費2.0」の特集の冒頭に私の記事が掲載されましたーーー!(喜)

表紙はこんな感じです。

20070123

目次はこちら(ただし来週月曜日の朝までの命です)→

http://www.mainichi.co.jp/syuppan/economist/

タイトルは「ホームランよりヒットをコツコツ狙え」です。

詳細はお読みいただきたいのですが、なぜ最近のヒット商品が小粒になったのか、WEB2.0時代のヒットした商品例なんかを判りやすく書いております。

また2006年のヒット商品のトレンド分析も執筆いたしました。

今日は記事の中身ではなくて裏話を。

この原稿のご依頼は12月初旬でした。12月9日の秋田からの出張の帰りに羽田空港でわずか30分担当編集者さんと打ち合わせをしまして、締め切りが1月5日という指定でした。で、1月1日に書いたわけです。(これは既述)

そのとき「何字ぐらいがよろしいですか?」と聞かれましたので「3000から4000字ぐらいでお願いします。」と答えました。

実は文章は短いと難しいんですよ。1000字なんて言われるととっても大変です。

このブログでもダラダラ書けるので良いわけですよね。これが毎回400字以内にまとめよという仕組みだったらこんなに流行らないと思います。

その後1月5日に期限どおり提出。ほっとしていましたら、1月5日の深夜にメールが…。内容は「前半はOKですけれど後半がちょっと…。」ということでした。

何がご不満だったかというと私の原稿の後半は2006年のトレンド分析を書いたのですね。そうしましたら、「後半も消費2.0時代の特徴やヒット商品を挙げて書いてください」とのことでした。

そこで連休中(1月6から8日)に構想だけ考えて、実際書いたのは9日。担当の編集者さんから「いかがですかねー」と電話が掛かってきたタイミングでメールにて提出しました。

そしたらOKが出ました。そこで後半のトレンド分析はカット…と思いきや、ランキングの下の解説に使ってもらえました。よかったムダにならなくて。

今回1つだけ大きなミスが。それは目次で私の名前が間違っていたことです。ゲラ段階で目次のチェックは私もできませんでしたし、実は担当の編集者の方もしてなかった(できなかった)とのことでした。

これについては、来週号で訂正記事を載せていただけるそうです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(今回は記事を書いた教訓)
(1)記事を書くのはやはり日ごろの情報摂取量が大切。
(2)相手(この場合は編集者)の方のニーズが何かをきちんと把握することが大切。
(3)自分の主張もさりげなく盛り込む。
(4)やはり氏名は間違えられるとムッとします。私も気をつけなくては。

|

« ハワイで撮影したビデオ3題 | トップページ | さらにハワイビデオ3題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/13505558

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ週刊エコノミストに私の記事が掲載されました:

» 墨すり機、アゲイン。 [楽語.comのブログ。]
父と母が年末にハワイ旅行に行ったときのビデオをまず掲載(笑)。 ワイキキビーチだそうです。ビーチだけ見るとなんだか日本っぽいですよね。多分、奥にある建物があるからそう見えるんですねぇ。確かに、ハワイっ... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 22時20分

« ハワイで撮影したビデオ3題 | トップページ | さらにハワイビデオ3題 »