« Suicaが3月18日(日)から首都圏私鉄でも使えますね | トップページ | 納豆問題に思う消費トレンド »

2007年1月22日 (月)

元アスキー社長の西 和彦氏の講演を聴きました

時期が後先になりましたが、西 和彦氏の講演を聴く機会がありました。1月13日中小企業診断協会 東京支部 中央支会の賀詞交換会の記念講演です。

Photo_10

写真は西氏のホームページから引用しました。携帯で撮影したのですが、よく映らなかったので。

http://www.nishi.org/

彼は前米国マイクロソフト副社長 前アスキー代表取締役社長で日本で一時期一番の資産家だった人です。その後会社は大手資本にのっとられました。

今は尚美学園大学 大学院 教授、須磨学園、学園長とコンサルティング会社のマネージングディレクターをしています。ありていに言えば企業家ではないということです。

彼の用意したレジュメは、自分が話す内容のパワーポイントをすべて印刷しているものでした。全部で104枚のスライドが、6枚1ページで印刷したものを、出席者全員に配布されました。

お題は「ITのこれから ベンチャーのこれから」です。

用意された時間は1時間なのにこれだけのことが話せるのかなと思いましたら、案の定半分ぐらいになりました。つまり前半のITのこれからが50分ぐらい、ベンチャーのこれからは30分ぐらいです。

内容はさすが興味深いものがありました。ちょっとかいつまんで記述してみます。

「ITの本質を考える」

コンピュータの売れた理由は→短い時間で仕事ができる

メディアが進化した理由は→短い時間で内容が伝わる

インターネット時代の最大のサービスは「時間の節約」→これをはずしたビジネスは長続きしない

「インターネット的生活とは」

節約できた時間をどう使うかで明暗が決まるとおっしゃってました。

つまりせっかくできた時間をごろ寝ですごすか、運動してすごすか。

社会とのふれあいで過ごすか、自宅に閉じこもるか。

学習して過ごすか、遊んで過ごすか。

時間を上手に使える人が社会から尊敬を受けるようになるそうです。

時間の観念は自分主体で使っているときはとっても楽しく短く感じ、他人に強制されたり待たされたりするときはたった1分でも長く感じる。これは脳の構造上そうなるからだそうです。

したがって苦痛と感じている仕事を工夫して楽しさに変化させ、苦痛と感じている考えをそうでない考え方へ変えることが大事と説きます。

つまり時間に支配されるのではなくて、時間を支配するわけです。

「西氏の考える21世紀的な生き方」

人生に必要なものは4つある。

(1)働く

(2)遊ぶ

(3)学ぶ

(4)奉仕する

21世紀の価値観は、限りの無い豊かなお金の使い方ではなくて、限られた24時間の活かした豊かな使い方になるとおっしゃっていました。

あまった時間を「さらに仕事に割り振る、あくせくする」ではなくて、自分の好きなこと、社会に貢献すること、ためになること、向上させることに使うことこそ意味あることだという主張です。まったく納得です。(そうなってはいませんが)

「働くビジネスマンに必要なもの」

(1)専門性

(2)人間性

(3)国際性

ただし3番目の国際性は英語教育ではなくて(それもあるが)、国際理解教育だということです。

「インターネットを活用した21世紀的生活」

すべてがインターネット上にのる日が来る。200×年 WEB、電話、テレビ。

携帯電話はパソコンと一体化すると予言されてました。画面がすぐ上の空間に投影されるようになるそうです。

「娯楽メディアはどうなるのか」

ここでおもしろい定義を聞きました。音楽は習慣性のしげきを味わうものだそうです。つまり同じものを何回聞いても好きなものは平気。

一方映画は150分間の感情の起伏を味わうものだそうです。したがってたいていは1回見れば終わり。同じ映画を100回見るのは危ないと言っていました。

「これからの生活の予測」

未来の住宅は7LDKが普通になるそうです。なぜなら皆自宅に事務所を持つから。自宅内通勤になるというわけです。そうなると通勤ラッシュはなくなり生産性があがります。

例示として日本の都会の人のライフスタイルは、朝の通勤時間に不機嫌にさせる1時間から1時間半があり、午前中の生産性があがるわけがないとおっしゃってました。

したがって最初の話に戻るのですが、個人の生活態度としてあまった時間をどう有効に使うのかということが大きな差を生む時代になるとのことです。

この後猛スピードでベンチャーの話があったのですが、またの機会に。(もしかしたら書かないかも)こちらも大きな示唆がたくさんありました。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(西氏のヒント)
(1)インターネット時代の最大のサービスは時間の節約である。
(2)あまった時間をいかに上手に使えるかが成功の鍵。自堕落に生きていれば浮かばれない。
(3)時間に支配されるのではなくて時間を支配せよ。

|

« Suicaが3月18日(日)から首都圏私鉄でも使えますね | トップページ | 納豆問題に思う消費トレンド »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/13541727

この記事へのトラックバック一覧です: 元アスキー社長の西 和彦氏の講演を聴きました:

» 携帯WEB市場戦略ビジネス [ネットビジネスは携帯がキーワード!!]
私たちの強力なビジネスをご紹介いたします 国が国策として進めていて、確実に市場が大きくなる 「携帯ユビキタス市場」でビジネスを展開します! ピン!と来た方、私たちと収入源を作り上げませんか? [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 23時40分

« Suicaが3月18日(日)から首都圏私鉄でも使えますね | トップページ | 納豆問題に思う消費トレンド »