« 羽田空港で時間があればすることとは? | トップページ | アスクルのキャンペーンで当選しました »

2006年11月14日 (火)

Skipは実はカンタンでした。

今自宅に帰り着きまして食事をし終わったところです。

秋田への行きと帰り、例によって全日空のSkipサービスを再びトライしました。

前回は二次元バーコードでエラーになった話をしましたが、よく考えましたら私のはおサイフケータイだったことに今さらながら気がつきまして、そっちをやってみました。

やり方はiアプリでANAモバイルAMCアプリを起動しておいて、おサイフケータイとして端末にタッチするだけです。

エラーも全然ありませんでした。

でもWEB画面を見る限りではおサイフケータイでこのアプリをダウンロードしてというところまで書いてありますが、起動してこのようにすれば大丈夫とはどうしても読めませんね。

最後の詰めが甘い感じがします→全日空様

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)二次元バーコードよりおサイフケータイの方がカンタンだともっとPRすべきでは。
(2)おサイフケータイでの使い方をWEBサイトにも記載すべき。
(3)二次元バーコード取得のところもおサイフケータイの人は必要ないと記述すべき。

|

« 羽田空港で時間があればすることとは? | トップページ | アスクルのキャンペーンで当選しました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

(ちゃんと登録してあるなら)
アプリを起動する必要さえないですよ。

投稿: y-Aki | 2006年11月15日 (水) 11時50分

>y-Aki様
いつもコメントありがとうございます。そうなんですか。今月また乗りますので今度やてみます。一応グランドアテンダントに聞いたら、「起動してください」て言われたので起動したのですけれどね。
余談ですが、私の隣の人は二次元バーコードが読めなくて係員が苦労していました。

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2006年11月15日 (水) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/12689900

この記事へのトラックバック一覧です: Skipは実はカンタンでした。:

« 羽田空港で時間があればすることとは? | トップページ | アスクルのキャンペーンで当選しました »