« モバイルSuicaがついに… | トップページ | マクドナルドが業績好調な裏のわけ »

2006年10月26日 (木)

中国人がアメリカに日本から行こうとすると…とってもたいへん

私の妻はプロフィールにも書いてありますように中国人です。

年末にあるところ(と言ってもバレバレですが)としてアメリカ行きのVISAを取らなければなりませんでした。

日本人はアメリカとは同盟国なのでビザはいらないのですが、中国人は要ります。

最初は旅行代理店で代行してもらおうと思って相談したのですが、アメリカ大使館の領事と面接は必ず必要であり、代行するとしても予約の日時を取るだけで、且つヨーロッパの国に比べれば書類の量も大したことがないので、「じゃあ自分たちでやるか」ということになりました。(これが後々けんかすることになってしまったのですが)

在日米国大使館のWEBサイトを見れば、懇切丁寧にチェックリストまで着いたビザ申請ガイドがあります。

この中で一番面倒だったのが、観光ビザのための補助申請書のDS-157という書類でした。

何が面倒かというと、中学校以降の学校の名前と住所と電話番号をすべて英語で書けという欄です。

中国でも中学校や高校の統廃合はさかんに行われていて、今は存在しなかったり名前が変わったりしています。仕方がないので、妻は現地にいる姉に問い合わせていました。

もっと面倒なのは、中国語の表記を英語(日本で言えばローマ字)表記にしなければならないことです。

ややこしいのは、大学です。大学の場合は英語名があるので、それを記述しなければなりません。

住所の表記も米国式にしなければならず変えるのに苦労しました。

もうひとつ面倒なのは、婚姻証明書です。日本のそれに該当するのは戸籍抄本です。ただし妻が外国人の場合は国籍、氏名、生年月日といつ結婚したかという記載があるだけで、いわゆる日本人の妻のように記載はされません。(日本の場合は、まさに入籍でして、左側にちゃんと夫と同様の記述がされます。両親の名前とかその前はどこの戸籍だったのかなど)

つまり外国人と結婚すると、別姓の結婚になるわけです。同姓にはなりません。ただし外国人登録証において日本名の通称は付けることができます。

話がそれましたが、この戸籍抄本も英訳しなければなりません。これについてはネットで検索すると便利なサイトがありました。それを拝借して作りました。

ビザが取れるかどうかわからないのに、後しなければならないのは、航空券の予約とホテルの予約です。これはしていないと記述ができないので仕方ありません。航空券の予約はマイレージを使おうとしてインターネットでしたのですが、空いておらず結局オペレーターさんに電話をかけて(呼び出しで40分も待たされて)色々調べてもらってようやくなんとか取れました。

ホテルの予約は楽天トラベルで取れました。

すべてが揃ったら在日米国大使館のWEBサイトで本申請書を入力して、エラーがすべて無いと予約申込がネットでできます。この辺はさすがアメリカという感じですね。

同時にインターネットバンキングを持っていれば、面接手数料(100ドルです)をネット上で支払うこともできます。

昨年妻は友人とヨーロッパに行ったのですが、その時もビザを取るのに大騒ぎでした。こちらについてはJTBに代行を頼んだのですが、期限に余裕を持ってしたのが災いして、後回しになってしまいぎりぎりになって色々と追加書類が出て妻はカリカリしておりました。

なんとかビザは取れそうです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)在日米国大使館のサイトはよくできています。わかりやすいし、親切です。
(2)ただし戸籍抄本の英訳サンプルと在職証明書の英訳サンプルはネットで検索しないと出てきません。これも付いていれば便利だけど、おそらく米国はその責任は持てないのでないのでしょうね。
(3)アメリカのビザ申請は、面接必須なので代行があまり効きません。自分でやった方が確かに良いでしょう。
(4)ちなみにビザ申請でわからないことを聞く「ビザ情報サービス」というのが米国大使館のWEBサイトに載っています。電話は1回1,500円で最長15分まで、Eメールは1回1,200円です。この辺もさすがアメリカですな。私はこの半値でしようかな(責任持てないからやりませんけど)

|

« モバイルSuicaがついに… | トップページ | マクドナルドが業績好調な裏のわけ »

サービス」カテゴリの記事

コメント

お忙しい仕事の中、ほぼ毎日の更新、とっても頭が下がります。また、話題も飽きさせないものばかりで感心します。

投稿: 呼吸不全 | 2006年10月27日 (金) 10時29分

>呼吸不全様
コメントありがとうございます。お褒めいただきましてうれしいです。またやる気も出てきます。今後ともコメントしたくなるような記事がありましたらぜひお願いいたします。
<PS>
それにしてもすごいハンドルネームですね。

投稿: 企画屋(河合正嗣)  | 2006年10月27日 (金) 15時27分

僕も2月にグアムに行きたいと思っているのですが、奥様と同じで中国国籍です。ビザ取得が大変みたいですが、それならバリなどに目的地を変更したほうがいいでしょうか?国によってビザが必要だったりそうでなかったりするみたいですがあまり詳しいことは解りません。ちなみにビザ取得までかかった期間と料金のほうも教えて頂けないでしょうか、お願いします。

投稿: りん | 2011年12月19日 (月) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/12425860

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人がアメリカに日本から行こうとすると…とってもたいへん:

» 初心者向けの中国語教材【ゼロからカンタン中国語】 [初心者向けの中国語教材【ゼロからカンタン中国語】]
中国語をマスターしてライバルに差をつけろ!就職・転職にも有利。3ヶ月で身につく ゼロからカンタン中国語 [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 00時23分

» 秋田県自動車免許 [秋田県自動車免許]
秋田県自動車免許 [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 11時49分

« モバイルSuicaがついに… | トップページ | マクドナルドが業績好調な裏のわけ »