« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

福井県の皆様へ~「勝つマーケティング講座」開催します!

今日はお知らせです。福井県の皆様!私の講座が2日間に渡って開催されます。

「売れるしかけづくりの実践」がタイトルです。

1日目は、マーケティングって大企業がやるものと思っていませんか?~基本をおさえる~

(1)マーケティングとはそもそも何でしょう?

(2)自社の商品・サービスを点検してみましょう【個別演習付き】

(3)価格競争に巻き込まれないための、企業の戦い方【個別演習付き】

(4)自社点検の振り返り【グループ討議付き】

2日目は、買いたい・取引したい気持ちにかりたてるには


(1)製品・サービスを効率よく知ってもらうには【個別演習・グループ討議付き】

(2)ムダなくお金を使った販促活動

(3)自社の「売れるしかけ」を再構築【個別演習付き】

詳細は(財)ふくい産業支援センター 中小企業産業大学校のURLをご覧下さい。

http://www.fukui-iic.or.jp/fiib/2006/2006080.html

よろしかったらぜひご参加ください。締め切りは11月14日です。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)原理原則だけではなくて、自社に引き合わせて検討することができます。
(2)そのための分析や気付きのシートを豊富に用意しました。
(3)自社のみならずグループ討議でも他社の経験が生かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

ニトリさんでマルチたんすを買いました

私が1番目の妻と別れた時に、使っていた「たんす類」はすべて差し押さえられて彼女が持って行きました。

ちなみに掃除機もステレオも食器も大方すべて持っていきました。(涙)

そこでしょうがないので(というよりも)ストレス解消で、もう一度最初から家具類や電化製品を買いました。これは結構面白かったですね。(不謹慎ですが)

なぜなら、新婚とならない限り、家具や電化製品なんてまとめ買いしませんもんね。

で2番目の今の妻と再婚してからなんですが、ほとんど買い換えてこなかったんです。だってまだ使えるし…。

と思っていましたら私の背広とタオルや靴下なんぞを入れているたんすが昨年壊れました。引き出しの底がぎゅうぎゅう詰めすぎでまあ抜けてしまったんですね。

でもあまり頻繁に開け閉めするところでもなかったのと、自分の家でもないし「まあ買い替えないでもいいか」と放っておいたらついに妻が切れました。

きっかけはコート類の収納がきちんとできていないことです。「どうするの!いつまでもこの状態で!!(怒)」

そこで入るものを探したのですが、まあコートが入るようなものはたんすしかなく、どうせ買うとまたしばらく買い替えないからニトリさんで買う事にしました。写真はニトリさんの通販ページから引用しました。

Photo_9

テーブルに続いて第2弾です。

そこで先週の日曜日(22日)に搬入されたわけですが、事件が起こりました。玄関から大きすぎて入らなかったのです。このたんすは下段と上段に分かれています。下段は引き出し部分です。こちらはすんなり入ったのですが、問題は上段のワードローブ部分でした。

結局下段のみ置いていき、後日ベランダから搬入ということになりました。その場合2人ではなくて、4人必要だと言われました。そうなると当日はどうしようもなくて仕切りなおしになりました。

下段には、今まで入れていたものはすべて収納して上側は空いたままの状態で1週間経過。

1週間後の昨日(29日)、4人で来ました。プロなので上手にやりますね。でも新人さんが1人混ざっていましてわざと経験させていたみたいです。

まずは幅広ロープを2本掛けて、ベランダからスルスルと上げました。そして、窓をすべてはずして中へ搬入。そして無事設置となりました。

今まで使っていたものよりもはるかに大きいのでやはり圧迫感がありますね。しかし、背広はどんどん収まり、ネクタイ掛けも充実していますし、開けばほぼ全身が映る鏡もついていますのでとっても便利です。

Photo_30

写真では右側は棚をつけていますが、まさにこの部分にコートを掛けていますので今は使っておりません。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ネットでも注文できるが、やはり現物を見ないと中々踏み切れない。ニトリの大宮店は展示場もそこそこ広く色々なタイプを比較して検討できる。
(2)配送料が無料なのが魅力。今回は2回もやってもらったのにいずれも無料だった。
(3)最悪入らなければ、違うものの選択か、返金という処置もするとのことで対応は親切・丁寧だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

マクドナルドが業績好調な裏のわけ

マクドナルドが最近第3四半期の業績を発表しました。好調だそうです。

日経新聞の記事によれば、「100円商品を追加投入して客数が伸びたから」ということです。

でもこれはマクドナルドの発表の丸写しです。まあそれもあるでしょうが、私はそれだけではないと思っています。

何かというとクーポン券です。以前にも紹介しましたが、スマイル+という1ヶ月で50枚近く使えるクーポン券を新聞折込ちらしとして配布し、且つ主要ターミナルでも配布しています。

P1000172

さらにインターネットでマクドナルドを検索すればクーポン券はいつでも印刷して使えます。

もっと言えば携帯電話にQRコード(デンソーさんが開発した二次元バーコード)を読み取れば、いつでもクーポンが使えます。

このクーポン券、また本日新聞に入りました。VOL10とありますので、今年になってから10回目です。つまりほぼ切れ目無く配布しているわけです。

かくいう私たち夫婦もこのクーポンに釣られて、週末はよく利用します。週末限定があるからです。

P1000173

そこで観察していますとやはり家族連れはクーポンを使っていますね。使っていないのは若いカップルです。

つまり客数が増えたのはこのクーポン戦略ではないかと私は思います。表面は値上げしても実質はこのクーポンで下げているわけです。でもクーポンの大半はセットの割引ですから(もちろん単品値引きもありますけれど)商品点数は増えているわけで、多少の値引きはへっちゃらでしょうね。

もうひとつは以前にも触れましたが、新製品とか季節限定品は値引き額が少なくなっています。

新聞記事もあまり鵜呑みにしてはいけませんね。やはり実際に行ってみたり使ってみたり、観察してみないと発表とは違うなあと感じます。きっと新聞記者はクーポンを使ってマクドナルドなんて行ってないんでしょうね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)クーポンをあらゆる手段で使えるようにしている。
(2)セットを買うように誘導している。
(3)新聞記事は鵜呑みはだめで、なるべく自分で確かめる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木)

中国人がアメリカに日本から行こうとすると…とってもたいへん

私の妻はプロフィールにも書いてありますように中国人です。

年末にあるところ(と言ってもバレバレですが)としてアメリカ行きのVISAを取らなければなりませんでした。

日本人はアメリカとは同盟国なのでビザはいらないのですが、中国人は要ります。

最初は旅行代理店で代行してもらおうと思って相談したのですが、アメリカ大使館の領事と面接は必ず必要であり、代行するとしても予約の日時を取るだけで、且つヨーロッパの国に比べれば書類の量も大したことがないので、「じゃあ自分たちでやるか」ということになりました。(これが後々けんかすることになってしまったのですが)

在日米国大使館のWEBサイトを見れば、懇切丁寧にチェックリストまで着いたビザ申請ガイドがあります。

この中で一番面倒だったのが、観光ビザのための補助申請書のDS-157という書類でした。

何が面倒かというと、中学校以降の学校の名前と住所と電話番号をすべて英語で書けという欄です。

中国でも中学校や高校の統廃合はさかんに行われていて、今は存在しなかったり名前が変わったりしています。仕方がないので、妻は現地にいる姉に問い合わせていました。

もっと面倒なのは、中国語の表記を英語(日本で言えばローマ字)表記にしなければならないことです。

ややこしいのは、大学です。大学の場合は英語名があるので、それを記述しなければなりません。

住所の表記も米国式にしなければならず変えるのに苦労しました。

もうひとつ面倒なのは、婚姻証明書です。日本のそれに該当するのは戸籍抄本です。ただし妻が外国人の場合は国籍、氏名、生年月日といつ結婚したかという記載があるだけで、いわゆる日本人の妻のように記載はされません。(日本の場合は、まさに入籍でして、左側にちゃんと夫と同様の記述がされます。両親の名前とかその前はどこの戸籍だったのかなど)

つまり外国人と結婚すると、別姓の結婚になるわけです。同姓にはなりません。ただし外国人登録証において日本名の通称は付けることができます。

話がそれましたが、この戸籍抄本も英訳しなければなりません。これについてはネットで検索すると便利なサイトがありました。それを拝借して作りました。

ビザが取れるかどうかわからないのに、後しなければならないのは、航空券の予約とホテルの予約です。これはしていないと記述ができないので仕方ありません。航空券の予約はマイレージを使おうとしてインターネットでしたのですが、空いておらず結局オペレーターさんに電話をかけて(呼び出しで40分も待たされて)色々調べてもらってようやくなんとか取れました。

ホテルの予約は楽天トラベルで取れました。

すべてが揃ったら在日米国大使館のWEBサイトで本申請書を入力して、エラーがすべて無いと予約申込がネットでできます。この辺はさすがアメリカという感じですね。

同時にインターネットバンキングを持っていれば、面接手数料(100ドルです)をネット上で支払うこともできます。

昨年妻は友人とヨーロッパに行ったのですが、その時もビザを取るのに大騒ぎでした。こちらについてはJTBに代行を頼んだのですが、期限に余裕を持ってしたのが災いして、後回しになってしまいぎりぎりになって色々と追加書類が出て妻はカリカリしておりました。

なんとかビザは取れそうです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)在日米国大使館のサイトはよくできています。わかりやすいし、親切です。
(2)ただし戸籍抄本の英訳サンプルと在職証明書の英訳サンプルはネットで検索しないと出てきません。これも付いていれば便利だけど、おそらく米国はその責任は持てないのでないのでしょうね。
(3)アメリカのビザ申請は、面接必須なので代行があまり効きません。自分でやった方が確かに良いでしょう。
(4)ちなみにビザ申請でわからないことを聞く「ビザ情報サービス」というのが米国大使館のWEBサイトに載っています。電話は1回1,500円で最長15分まで、Eメールは1回1,200円です。この辺もさすがアメリカですな。私はこの半値でしようかな(責任持てないからやりませんけど)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年10月25日 (水)

モバイルSuicaがついに…

すでにJR東日本さんが必死に宣伝しているからご存知の方も多いかと思います。

今までVIEWカードしか対応していなかったモバイルSuicaが、他のカードでもOKになりました。

このブログでも4月11日付けで「そんなサービスじゃ広がらないぜ」と指摘したわけですが、いよいよ利用者が増えないのに業を煮やして、拡大に踏み切ったようです。

でもね。年会費がVIEWカード以外は1,000円取るのです。(今はキャンペーン中なので、2007年3月31日までに入れば初年度は無料ですが)

1,000円取るのならやっぱり入りませんね。

もうひとつの私がモバイルSuicaをしない理由の「領収書問題」は、いまだ解決されず。

「領収書問題」と言うのは何かというと、私がSuicaを使うのは、もっぱら仕事ですので、そのチャージについて領収書が欲しいということです。私のカードの明細を見せるわけにはいきませんので。

JR東日本様、惜しいけれどもう一つですね。これでモバイルSuicaを利用する人がちょっとは増えるでしょうけれど、誰もがそれにはしないでしょうね。今のSuicaカードとせめて一緒の水準にしないと。(つまりチャージは0円)ちっともユーザーの気持ちをわかってないなあ。

カード会社に交渉して、そこから手数料取れば良いのに。どうせこちらはそのカードで年会費を支払っているのですから。

カード会社経由でチャージするということはすなわちカードを利用するということですよね。それなのに手数料を取るとはどういうこっちゃ。

銀行チャージという制度も手数料が(銀行によって違いますが)105円取られます。なんで自分の口座からチャージするのに手数料とられなければならないの?システム使用料なんでしょうが、やらないなあ。だって駅の券売機で現金でチャージすれば手数料はただですもの。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)やはり自社のカードへの囲い込み戦略は失敗でしたね。そこでカード会社を広げたのは良いが年間手数料を1000円も取るのでは×。
(2)「領収書問題」を解決しましょう。チャージの時に希望者に発行する方式を取ったらどう?メールアドレスを登録してそこにPDFファイルで送りつけでもOK。
(3)この内容は結局WEBサイトを見ないとわからなかった。車内や駅で告知しているのにもっとわかりやすくしないと…。
(4)いずれにしてもSuicaカードと同額か安くなければ使おうという意欲が湧かない。モバイルSuicaを使えば「お店で10%割引」ならすぐ変えますけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

なーるほどソフトバンクモバイルさんその手がありましたね。

まずはこれをご覧下さい。

P1000171

一瞬おっと思いますでしょ。

何か世の中で大きな事件が起これば配られる号外。

それを逆手にとって、ソフトバンクモバイルさんが駅で本日配布していたのが上のものです。

内容はソフトバンクがMNP(モバイルフォンナンバーポータビリティ=携帯電話番号継続性)の前日に孫社長が発表した内容が大きな字でわかりやすく書かれています。

しかもあたかも新聞記者が書いたように装った客観報道っぽくなっています。

また表面のみならず、裏面も新聞調は維持しているのも面白いですね。

P1000170

ちなみに新料金プランは「予想外割」です。

①通話料無料 ※ただしソフトバンクモバイル同士(ただし条件付き)

②メール代無料 ※同上

③月額基本料金9660円(税込)がいきなり70%引きの月額2880円

④月額基本量最大2ヶ月無料、最大2ヶ月パケット定額無料 ※条件あり

この内容を見ると、多少条件は付いているものの、なるべくシンプルにしようという姿勢は評価できます。

告知としてはなかなかインパクトが合って良いと思います。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)告知をきれいなパンフにしないで、号外というやり方でインパクトがある。
(2)文面の文字サイズも大きく読みやすくなっている。
(3)多少機種の話なども出ているが、携帯の写真を前面に出すことはやめている。パンフレットっぽくしていない。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年10月23日 (月)

やっぱりジェームス・スキナーはすごかった

いやー行ってきました。10月21日ジェームススキナーのセミナーへ。

会場は日本青年館でしたが、おそらく1000人以上の人が居たと思われます。

圧倒的なエネルギーをたくさんもらいました。あのパワーと思考ならば、億万長者にもなるはずです。

彼自身こんなにノウハウを出すのに、「安すぎる!」と絶叫していましたが、本当にそう思いました。ただし実行しなければ何の役にも立ちませんが。

このサイトに関係することだけを挙げれば、お客のニーズの正体を語った時です。

それはお客が求める気持ちの変化だ(…以上)

つまり我々が何かモノを購入したり、サービスを購入するのは、それによって得られる気持ちの変化を期待しているから買うのだというのです。

その例として、ロールスロイスのクルマをなぜ買うのか。高級レストランへなぜ行くのかということを例を挙げて説明していました。

もっと面白かったのは、お金持ちへどう売るかです。それはたった二文字「特別」をどう具現化するかでした。

例示は国際線の飛行機のファーストクラスについてでした。ニューヨークまでの120万円のチケットに見合ったサービスがいかになされていないかを具体的な事例を交えて面白く伝えていました。

対極にあるのはリッツカールトン大阪だそうです。最近20%にサービス料を値上げしても誰も文句がなかったそうです。さらに1人1人に特別感を具現化している例を3つ挙げていました。

もうひとつ参考になったのは、フォーカスです。何かに焦点を当てよということです。

仕事については、この1年間に達成する意義あるたったひとつのことに打ち込めと彼は言います。

それとバランスを取る為に、1年間にプライベートで1つだけ、1年が終った時点で振り返って、すばらしかったというものを実行せよと言います。ただしプライベートはもう一つぐらい欲張っても良いそうです。

それ以外にここには書ききれないぐらいすばらしい教示がありました。

さらに彼のすばらしいのは、終っても会場の出口付近にいて、著書のサインや、撮影を快く受けていたことです。たくさんの人間が並びましたが、ずっと付き合っていてじゃあここまでとか言わなかったのはえらいです。

もちろん私も並びまして写真を撮りました。彼は鍛えているだけあって本当に顔は小さい。掲示したくないけどまあします。

P1000167

さらに、会場で結構有名な方もいました。ちなみに私の隣はイデトシカズさんでした。彼はマスターマインドの今年講師をするそうです。ノートはさすがマインドマッピングでしていました。

マスターマインドについては、どうぞこちらを見てください。結構すごい講師陣です→

http://www.rocknoble.com/Seminar/mm2006.asp

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)まあ基本は本人の実績ですかね。オーラはでまくっていました。
(2)盛り上げるために、呼びかけに対して答えや拍手を盛んに要求していました。これは動作からどんどん高揚していきますね。
(3)メリハリも効いていました。盛り上げる時は目一杯盛り上げ、静かに語る時はBGMを流し本当に参考になります。
(4)サービス精神も旺盛です。サインと写真撮影の対応は本当にすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月20日 (金)

明日ジェームス・スキナーの特別講演会に行ってきます

10月21日、あなたの人生が劇的に変わる。

という触れ込みの掲題のタイトルの講演会に行ってきます。ジェームス・スキナー氏は「成功の9ステップ」なんかでよく知られるお金持ちの金髪の外国人です。

でもとっても日本語が上手です。

それはさておき、今日はその集客についてなかなか興味深かったので報告します。

まずはすごい勢いでメールマガジンに広告が出ました。私もあるメールマガジンから申し込みました。同時に複数の有名で且つ発行部数の多い経営系のメルマガに広告が出たわけです。

さらに申し込んだ人にブログで取り上げてという依頼が来ました。(ちなみに私のこのブログではこの誘いには乗っておりませんのでご安心を)

申し込みの入り口にこの主催者のセミナー案内URLを引用すればプレゼントがもらえるというものです。

さらにチケットが送られてきましたが、そこにお友達紹介用特別優待券が2枚はいっていました。3枚送ったと書いてありますが2枚だけです。

P1000164 

また途中でこの期限まで申し込まないと値上げするぞという告知が来ました。でもその告知より安い価格で今回は優待されてます。

P1000165

このセミナーは人気が高いという触れ込みでしたが、友達優待を皆しないと踏んでいるのですかね。そこんとこは当日行ってみないとわかりませんが、経験値でわかるのでしょうか?

今回申し込んでみてなかなか周到だなと思いました。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)集客するには狙っている人の属性に合った手段を講じる(この場合は経営系のメルマガ)
(2)申し込んだ人にさらに勧誘させる。
(3)最後に駄目押しで優待券を入れる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

黒いフォーマルなネクタイを探しまくり

今日は取引先のえらい方の奥様が急死された葬儀(告別式)に行きました。

急死でしたので、礼服がこの体に入るか心配でしたが、なんとか大丈夫でした。

問題はしばらく葬儀などに出ておりませんでしたので、黒いネクタイが無いことでした。妻に買っておいてということも昨日は遅くまで仕事でしたのでできず、結局今日の朝でたとこ勝負で短い時間に探すことにしました。

式は午前10時から。しかもそこは大宮駅から30分ぐらいかかるところでしたので、遅くとも9:18分の電車に乗らないと間に合いません。

そこでまずトライしたのが、「ジャパン」です。ディスカウントストアーですが、結構豊富な品揃え。ネクタイももちろん売っています。ところが白いネクタイはあるものの、私が欲しいネクタイはありません。

次に「セブンイレブン」に行きました。ありません。その次は「ミニストップ」。店員さんに聞きましたが、「うちには置いてございません」とすげなく断られました。

もうやむを得ずKIOSKにかすかな期待を持って大宮駅へ。最初のKIOSK売店のおばちゃんは、「うちには置いてないけど35号売店なら置いてあるかも…」そんな35号売店なんていわれてもどこのことだか。

ルミネ改札を入ってすぐの売店とのことでそちらに移動。改札の中なのでSUICAで入って、尋ねると「ごめんなさいね。置いてないです。この上の通路に無印良品があるからそこにならあるかも。でも今の時間空いてないかもね。」と言われて、北側コンコースの無印良品へ。

店員さんに尋ねると「こちらにございます」とのことで最後の1本だけ掛かっていたのをようやくゲットできました。なんと6軒目です。

式にはなんとか間に合いました。やはり日頃の準備が大事ですな。

式は無宗教で行われました。まだお若い奥様が亡くなられて本当にかわいそうでした。ご主人はやはり涙をこらえられない状態です。合掌。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)緊急に必要な早朝・深夜の場合にどこで売っているのかわかる検索があると便利。 (もちろん通常の時間帯であれば、紳士服店に行きますよ)
(2)教えてもらわなければ「無印良品」に黒いフォーマルネクタイを売っているなんて思わなかった。
(3)昔はなんでも売っているKIOSKだったけれど、今は単品管理で絞り込んでいるのかな。きっと年に何本も売れないから定番からはカットなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水)

全日空の新サービスSkipやってみました。

昨日は予告通り秋田に日帰りで行ってきました。新幹線で3時間半なのですが、飛行機でもそう変わらないので飛行機にしました。(マイレージを貯める意味もあります)

それで今さかんに宣伝しているSKIPサービスをやってみました。

どんなサービスかと言いますと、チケットは不要で、カードか携帯電話をかざすだけで、飛行機に乗れてしまうサービスです。

通常は空港に着くと、事前に買ってあってもチェックインという機能を使ってチケットを出力します。そのチケットを持って手荷物検査場や搭乗口を通過するわけです。

それがこのサービスを使うと、まず10分前までOKで、チェックイン機でチケットを出す必要はなしで、いきなり手荷物検査場へ行けます。

そして金属探知機の手前にかざすところがあって、そこでかざしますとチャイムが鳴って搭乗券が出てくるわけです。

私は携帯電話式にしました。これはチケットをインターネットで予約すると、画面上に二次元バーコードを取得するガイドが出てきて、携帯電話のメールアドレスを打ち込むと自分の携帯に送信されます。

そのメールを開くと、iモードのURLがついていて、それで送信を開始すると二次元バーコードが現れるというわけです。

その状態でかざします。

やってみた感想は、羽田の手荷物検査場ではうまく行きましたが、うっかりその携帯電話をそのまま持って入ろうとして、係のお姉さまから、「携帯電話もお預かりします」と言われてしまいました。

続いて搭乗口は、チケットを挿入する口の手前にかざすところが付いているのがよくわからず、過ぎてしまってグランドホステスさんから「ここです」と言われてしまいました。

帰りは手荷物検査場は問題なし…と言いたいところでしたが、アラームがなってしまいました。「なんで?」と思ってよく見たら、次の11月13日に行く分でした。帰りは時間がぎりぎりでしたので、間違えちゃったんですね。

これは結構問題です。なぜなら予約したのは2ヶ月ぐらい前なんです。その時点でメールをもらったのを探すのが一苦労です。あんまりこまめに受信したのを消していませんので。フォルダーを作ってそこに放り込んでおかないといけませんね。

まあ仮にそれをやったとしてもメールをいちいち開いて確認しませんと一覧表示だけではどれがどの予約の二次元バーコードなのかがわかりませんが。

さらに搭乗口ではきちんとかざしたのにもかかわらずアラームが鳴ってしまい、「いったん離して、もう一度やり直してください」と言われてしまいました。2度目は正常に探知されましたが。

結局4回ともスムーズではなかったわけです。トホホ。

もうひとつ気になったのは、手荷物検査場で搭乗口案内が出て、さらに搭乗口で搭乗券が出ることです。レジと同じ感熱式とはいえ、わざわざ2枚も出るのです。まあ親切ではありますが、ちょっとムダな感じがしました。

P1000163skip

今このサービスはキャンペーン中でして、これを往復するとエディが1000円もらえます。ただし事前にインターネット上で登録しておかなければなりません。またこのお金がもらえるのは来年になります。(期間中まとめて精算)

ちなみに全日空のこのサービスのサイトURLは次の通りです→

https://www.ana.co.jp/dom/checkin/skip/

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)チェックインが10分前(通常は20分前)と時間が短縮されるのは良い。
(2)チェックイン機に並ばなくても良いのもグッド。
(3)しかし、紙を出せば結局一緒では?
(4)携帯メールの場合はタイトルに工夫が必要。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

私と同姓同名の方が本日10時NHK総合TVに出演します

私は時々自分の名前をググリます。(googleで検索することです)

そうするともちろん私関連のサイトもたくさん出てきますが、それ以外にたくさん出てくる方がいます。

それは河合正嗣(かわいまさし)さんという方です。どんな方かというと、筋ジストロフィーを患っている方で、双子の弟さんも同じ病気にかかっている方です。残念ながらこの弟さんは亡くなられたそうです。

同姓同名というだけで、しかも呼び方が違うのですが、なんとなく気にはなっておりました。

その方の今の活動を記録された映像が本日午後10時のNHKプレミアム10で放映されるようです。私も見ます。よろしかったら見てください。

番組紹介ページ(NHK)→
http://www3.nhk.or.jp/omoban/main1016.html#20061016001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

週末のエキナカは衰えず

さてこれはどこの写真でしょう?(タイトルにヒントがあります)

P1000162

一見すればデパ地下(デパートの地下)みたいですが、大宮駅の「エキュート大宮」のあるお店の前です。

ともかく週末の午後6時ぐらいから8時ぐらいまで混んでます。もちろん通勤・通学客の往来での混雑もあるのですが、確かにお客が買ってます。

観察していますと、家路に着く前にお惣菜などを買うパターンと、おみやげを買うパターンのようです。

このエキュート大宮は、JR東日本のエキナカ施設として第一号です。ちなみに二号はエキュート品川です。

品川にも行ってみましたが、地元びいきではありませんが、大宮の方が規模はでかいです。

売上は計画の50%増し?かなんかで好調に推移しているみたいです。この施設の影響で、大宮駅前の商店街及びデパートの売上は落ちたと言われております。

私の希望としてはもう少し飲食店を増やして欲しい気がします。今はチャーハン屋、カレー屋、うどんやぐらいだったかと思います。喫茶店形式も1店ありますけれど。

大宮駅はコンコースが北側と南側に分かれていまして、真ん中に中央自由通路があります。したがいまして、北側のコンコースに出てしまうと、もう一度改札を抜けないとこのエキュート大宮には行けません。東京寄りの階段(西口、南口方面)と書かれている方でおりましょう。下記の図を参照してください。(JR東日本のHPから引用しました)

M_oomiya

このエキュート大宮は全店suicaが使えます。ちょっとしたもの(例えば雑誌など)は便利ですね。小銭をいちいち出さなくてもsuicaカードを端末に接触させれば精算ができてしまいますから。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)今までは単なる通過地点だったところを増床して売り場に変えた。
(2)suicaで精算できるようにした。
(3)大宮駅は知らない人には構造がわかりにくい。ホームにも表示はあるもののほとんどわからない。もう少し考えた方が良いのでは?→JR東日本様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

どうせするなら…

お食事中の方ごめんなさい。と言っても食事しながら見ないか。

どうしても外でトイレに行く時ってありますよね。

どうせ行くなら清潔なところが良いです。最近特に色々と工夫されています。

これは先日行った研修会場のトイレ内です。

P1000153

その会場はOVTAという千葉県幕張にある施設です。研修会場と宿泊施設を兼ねていて距離が遠いことを除けばなかなかすばらしいところです。

そこのトイレで見かけましたのが、トイレを洗浄するツールです。

サラヤさんがやっているもので、ティッシュペーパーに噴霧して拭くタイプです。似たようなものとしてトイレの便座紙シートがありますが、それよりも省資源ですね。

と思いましたらよく行くイトーヨーカ堂宮原店にも同じようなものがありました。

P1000157

さらにこちらのトイレはペーパーフォルダーも工夫されています。カットする刃にアールが付いていてきりやすいのです。

P1000158

ウォシュレット(あるいはシャワートイレ)付きなどはだんだん当たり前になってきて、さらに違うところで進化がどんどん始まっているわけですね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)誰もが利用するところこそ、差別的優位性が出る。(来店の誘引)
(2)便座シートも良いが、やはりそれよりは省資源の拭くタイプの方が簡単だし便利。
(3)ペーパーも切り易い方が良い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

スペーシアを利用しました。

今日は日光で仕事でした。この仕事は定期的に行っておりまして、大体スペーシアを利用しています。

日光はこの3月から、埼玉県栗橋というところで、今までつながっていませんでした東武線とJR線を接続する工事が完了しまして、新宿から日光まで直通電車が通るようになったのです。

おかげさまで、大宮も経由しますので重宝しています。とは言うものの、良い時間帯すべてに走っているわけではありませんので、走っていない時間帯はやむを得ず違う手段になります。

例えば今日は、東武野田線で春日部(ちびまるこちゃんの発祥の地)まで行き、そこで鬼怒川公園へ行く浅草発のスペーシアきぬ号に乗り、下今市駅で東武日光線に乗り換えます。

下今市から東武日光までは間にひとつ駅があるだけですので約10分程度です。

今日は焦りました。事務所を出ようとしましたら、得意先の社長さんに呼ばれまして商談になりました。終ってこのまま大宮駅に行っても間に合いそうもなかったので、やむを得ず事務所の車で大宮公園駅に行くことにしたのです。

ところが途中宇都宮線の踏み切りを越えなくてはならずぎりぎりでした。踏切がなかなか空かないとイライラしますね。

昼食は車内販売の弁当を買って食べました。選択の余地はなくて鳥弁当最後の1個です。面白かったのはお茶をティーバックで100円でカップ付で販売していることでした。伊藤園のものです。

P1000159

お湯はお代わりし放題だそうで、(とはいうもののそれほど飲めませんな)2杯いただきました。

仕事が終っていつも乗る東武日光駅16:37発日光8号に乗りました。この車両はJRの時と、スペーシアの時と2つありまして、今回はスペーシアでした。座席はスペーシアの方が優れています。

P1000160

しかしトイレは臭いが強烈でこれはなんとかした方が良いかと思います→東武鉄道様。

直通とはいうものの、栗橋のJR線に乗り入れる前に電気が一旦消えて切替をします。そして、運転士と車掌さんも全員交代します。その間少々停車するのです。

おもしろいことに、停車するところは栗橋駅の中間の線路上なので、運転士と車掌さんは、ホームがないところの通路に降りて歩きます。(電車からは鉄製のはしごが付いていて降りられるようになっています)

大宮駅には、18:05着です。JRのホームにスペーシアが停まるとなんだか変な感じです。

P1000161

ということでスペーシア搭乗感想記でした。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)少しの協力(東武鉄道とJRが栗橋で直結)で輸送人員が増加する。
(2)座席がゆったりしていて、足載せもあり、テーブルも広くスペーシアは気持ちよい。
(3)トイレはいただけない。そこは改善しないと気分は台無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

久々の更新です→と言ってもお知らせですが。秋田商工会議所でセミナーをします。

皆様お久しぶりでございます。先週まで研修でとっても忙しくて更新できる余裕がございませんでした。研修以外にも当然クライアントさんのコンサルティングもあるわけでして、その準備も入れるとどうしてもこのブログ更新が後回しです。

さて気を取り直してまた今週からなるべくまじめに更新します。再開の一回目は私の告知です。

秋田商工会議所でセミナーを行います。ビジネススクール凌雲塾「企画・商品開発シリーズ」全5回です。

そのうち私が前半の3回を担当します。後半の2回は、このページにもリンクを張っております馬場先生です。

1回目は、マーケティングの実践~ニーズをつかまえる具体的手法~です。10月17日に行います。

まだお席に余裕はあるようですので、ぜひ秋田商工会議所に問い合わせてみてください。

ちなみに、2回目は11月14日(火)開催で「アイデアのまとめ方~顧客の心をつかむコンセプトづくり~」でして、3回目は12月8日(金)開催「企画力の高め方~人を納得させる「企画のまとめ方」~」となっています。

馬場先生のご担当の4回目は、戦略的デザイン活用~デザインの積極的活用はブランド確立への入り口~、第5回目は商品開発をやり遂げる力~上手なブランド確立の必須条件~です。

詳細は秋田商工会議所の次のホームページをご覧下さい。

http://www.akitacci.or.jp/school/index.html

通してご参加が望ましいのですが、1回ごとにも完結する内容でお願いしますとのことでしたので、それぞれ1回の参加でもOKです。

秋田県地方の方、これを機会にぜひご参加ください。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)1回ごとにも完結し、且つシリーズにもする。
(2)1回ごとが安い(一般でも7,360円。会員でしたら6,300円)
(3)6回通して参加するとさらに安い。(一般 33,600円。会員でしたら27,300円)
(4)遠くに出かけなくても地元で受講できる。
(5)参加者には漏れなく<ヒット!>商品開発バイブルが付いてくる。(これだけでも2800円の価値)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

近況→今ちょっと研修で忙しいです

更新がお休みになっておりましてごめんなさい。

今秋の研修シーズンに入っておりましてなかなか更新できません。

もう1週間経つと落ち着くと思いますのでしばらくお待ちくださいね。

それでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »