« おみやげに福砂屋のカステラをいただきました!でも… | トップページ | グッドデザイン賞プレゼンテーションに行ってきました(1) »

2006年8月24日 (木)

新宿駅南口の工事囲いのアートを見ました

最近ちょっと忙しくって更新することができませんでした。ごめんなさい。

昨日は新宿に行く用事があったので、日経MJで紹介されていた新宿駅の南口の工事を囲う壁に人のスナップが大きく掲示されているのを見に行きました。(ちょっと遠回りしてね)

P1000116 (ごめんなさい。もう暗くなりかけで光量不足でぴんぼけです)

この工事はJRをまたぐ甲州街道の陸橋を大きくしたり、確かターミナルを作ったりということでものすごい長い期間工事をするようです。

なるほどこれだけ人が大きく出てれば迫力はありますね。何よりも白い壁がずっと連続すれば圧迫感がありますが、この人のスナップはなんだか落ち着きます。

ところどころこの工事はいつまでやるの?という疑問に現場監督?が答えている壁もあって楽しめます。

さてこれは何でしょう?→

P1000117

これは中の工事はどうなっているの?というのを覗ける穴です。それも背の高さが違う人用に様々の高さで空いていました。(ただしガラス付き)

それから新宿の街に向けたメッセージもありました。これも思いがこもっていて良いですね。

P1000118

ただし案の定いたずら書きやいたずれでシールが貼ってあるものが一部あります。それは少々残念ですね。そうそう有名人が1枚あって、そこにサインがしてありました。それは見てのお楽しみ。

街を殺風景にしないでこういうユーモア溢れるセンスあるもので飾られるのは良いですね。

ところで大宮のあるところにもこの工事囲いで違うアイデアがあるのを発見しました。また撮影してご報告しますね。これは違う発想です。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)工事囲いの白い壁をキャンパスに見立てて、統一テーマで装飾するアイデアはすばらしい。
(2)その中にさりげなくこの工事は何をしているのか、いつまで続くのかのメッセージが織り込まれているのも良い。
(3)さらに写真ばかりではなく、文字で表現されているコーナーもあって変化に富んでいる。見ていて飽きない。

|

« おみやげに福砂屋のカステラをいただきました!でも… | トップページ | グッドデザイン賞プレゼンテーションに行ってきました(1) »

サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/11587984

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿駅南口の工事囲いのアートを見ました:

« おみやげに福砂屋のカステラをいただきました!でも… | トップページ | グッドデザイン賞プレゼンテーションに行ってきました(1) »