« 座っている時低反発クッションを使っています | トップページ | 身の回り品の携行には、アディダスのショルダーバッグを使ってます »

2006年6月 6日 (火)

事務所に居る時のランチは「さんばん」さんに絶対行く理由

今日も事務所で色々と準備の日です。

事務所にずっと居る時は、ちょっと離れていますが「さんばん」というところへお昼ごはんを食べに行きます。

実は最近とっても混み始めましたので、あまり紹介したくないのですが、紹介するという観点よりもなぜこの店へ行くのかをつらつら考えましたら、サービス開発のヒントが一杯溢れていましたので書きます。

まずは下の写真をご覧下さい。男の大人が食べるにも結構ボリュームがある名物の「さんばんランチ」です。

Ts2a0023

今日のおかずは、「肉じゃが」「春巻き」「チキンカツ」「野菜サラダ」「具のたっぷり入った味噌汁」「お新香」そして大盛りの「ご飯」です。さらにこれにドリンクが付きます。私は「トマトジュース」をいつも飲んでいます。ドリンクは「ホットコーヒー」か「アイスコーヒー」も頼めます。

さてこれでおいくらでしょうか?都内で食べれば確実に1,000円は行きそうですね。ドリンク込みでなんと650円です。ライスを少なくすれば600円です。

なぜ絶対行くのか考えてみますと、まずはこの充実したメニュー及びボリュームなのにこの安さですね。私はどうしても家へ帰り着くのが午後9時過ぎになりますので、ボリュームが少ないと午後6時過ぎにお腹が空きます。(以前にもこれの対策食品を考えて欲しいと書きました。)

でも「さんばん」さんで食べればほぼ大丈夫です。

しかしこれだけの理由ではありません。なじみのお客になると毎日ではありませんが、食後にデザートをタダでくれたりします。それは果物だったり、和菓子だったり、色々です。今日は「うまか棒」を頂きました。

果物の場合はそこで食べますが、お菓子などの場合は夕方に食べたりします。これも良い作戦ですね。実はこれと同じことを私の実家がラーメン屋をやっていた時にしていました。なじみの客に一番効果が高いときにコーラやファンタをただで5本ぐらいあげるというサービスです。

子供心に最初は「なんで?」と思いましたが、お客様を固定化するには結構有効だと間もなくわかりました。

次に行く動機としては、好みのコミックが置いてあることが挙げられます。具体的には「ビッグコミック」「ビッグコミックオリジナル」です。ここに行けば買わずに済むので良いです。

それ以外にも豊富な新聞類(一般紙、スポーツ紙)、雑誌類、漫画類があります。このサービスはまあどこでもやっていることではありますが、結構効きますね。ただしお客様の回転率を下げる(長く居られる)という危険もあるのですが。

さらになじみの客同士で気軽に話しができるということもあります。そこから派生してたまに一緒に飲みに行っちゃったりしています。全然違う業種の違う仕事の人と一種のOFF会みたいなことになるわけです。したがいまして、一人で行っても「よーっ」てなもんです。

でも最大の要因は、やっていらっしゃるマスターと奥さんのきさくな対応でしょうね。やはりお店に行って気持ちよく食事ができないと足が遠のいちゃいますからね。

ということで、この店の良さがだんだん近所の人達にばれてきて、今では昼ちょうどに行くと座れません。よってちょっと時間をずらしていくようにしています。

もうひとつ混む要因は、事務所の隣にあった「ジョナサン」が閉店して、「がってん寿司」に変わったこともあるでしょうね。「ジョナサン」は結構昼の時間帯は混んでましたのにね。「がってん寿司」もまあまあの入りではありますが、この寿司屋さん、回転寿司業態を装った高級寿司路線なので「ランチで気軽に」とは行かないみたいですね。(その対策として、あるメニュー開発をしたのですがそれについてはまたいずれ)

このようなサービスが成り立つのはなぜかというと、従業員はすべて家族でやっていて、利益率はそれほど取っていないから(自分たち夫婦が食べられれば良し)なのと、多分お店も借りているわけではないからでしょう。

都内が単価が高いのは結局地価というか賃料が高いからです。場所代が高いので結局それを回収するためにはなんとかしなければならないので価格が上がってしまうのですね。

さんばん

でもこのお店は立地的にはあまりよくないところですが、繁盛しているので素晴らしいです。実はその隣の中華料理店も有名なお店で、こちらは遠くから車で乗り付けてたくさんの人が食べにくるようなところです。私は妻が中国人なので中華料理は食べないのであまり行きません。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)コストに対して圧倒的なパフォーマンスを出す。
(2)なじみ客(固定客)にスペシャルなサービスを提供する。
(3)動機に食事以外のサービスも付加する。
 (この場合は漫画、雑誌、新聞)
(4)なんといっても、ご主人、奥さんの対応力。

|

« 座っている時低反発クッションを使っています | トップページ | 身の回り品の携行には、アディダスのショルダーバッグを使ってます »

サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/10416911

この記事へのトラックバック一覧です: 事務所に居る時のランチは「さんばん」さんに絶対行く理由:

« 座っている時低反発クッションを使っています | トップページ | 身の回り品の携行には、アディダスのショルダーバッグを使ってます »