« 「黙れ!!ケイタローCX-200」を買いました。 | トップページ | ヘルシアウォーターを飲んでみました »

2006年6月11日 (日)

昨日は中小企業診断士マスターコースの講師をしました

昨日は帰ってきたのが深夜でしたので更新できませんでした。

何をやっていたかといいますと、中小企業診断士の経営支援実務コース(通称YCS)の講師をしていたからです。その後懇親会に行きまして、さらに3次会までも行ってしまいましたので家に戻れたのが午前様寸前でした。

このマスターコースとは何かですが、中小企業診断協会東京支部中央支会独自のものです。中小企業診断士の資格を取った人がよりブラッシュアップをするとか、今は企業内診断士だけれど独立したい時に、診断士の実務能力をより高めるために、このコースであれば年間10万円で受講できるものです。

中小企業診断士とはそもそも何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、今の位置づけは国が認めた経営コンサルタント資格というのが一番わかりやすいでしょう。

私は何を教えたかといいますと、プレゼンテーションの基本とお客に受ける講義・講演の仕方というものです。ただし1時間半でこの内容をぎゅっと圧縮して伝えなければなりませんから、結構駆け足です。

でも基本的には試験に合格した人達ですから、能力的には水準は高いので教える方はやや楽ですね。

私は以前愛知県支部にいまして、この東京支部中央支会に変わってずいぶん充実しているなあと感じました。まず総会やその他の行事も企業内診断士も参加できるように土曜日に行います。愛知県支部の時は金曜日の日中とかしていて、診断士が来ないとか言っていたので、土曜日にしたらどうですかと提案したら事務局長に一喝されてしまいました。(今はどうだかわかりません)

そして研究会も数多くあり、そしてこのマスターコースも12あり活動が活発ですね。

中央支会は文京区役所の近くに立派な事務所も持っていて(主に会議や研修ができるようになっているところです)便利です。

今年の参加者は15名です。皆やる気に溢れていてこちらも力をもらえますね。このコースは人気コースです。それはなぜかというと中央支会では有名な先生がたくさん出講されるということと、プレゼンテーションが頻繁に行われてトレーニングになるということ、そして出版が共同ですができ、さらに診断実務もできるということでたいへんですが、実力が付くと評判だからです。

それが証拠にこのコースを卒業と同時に独立する方が結構います。またその方も仕事面で充実しているようです。

私の講義は前の期で卒業された方も聞いていただきました。もう3回も聞いていただいた方もいらっしゃるのですが、「いやー進化してよりパワーアップしていますね」と言われましてうれしかったです。

私が講義している風景も写真を撮ってくださったみたいですが、今はまだ到着していませんのでまた来たらアップします。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)資格をとれてもそれは出発点でしかない。それをブラッシュアップできる場を用意している。
(2)卒業生が活躍している。(独立、仕事が取れるなど)
(3)土曜日に開催されて企業内にいても参加できる。

|

« 「黙れ!!ケイタローCX-200」を買いました。 | トップページ | ヘルシアウォーターを飲んでみました »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/10483765

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は中小企業診断士マスターコースの講師をしました:

« 「黙れ!!ケイタローCX-200」を買いました。 | トップページ | ヘルシアウォーターを飲んでみました »