« ボイスレコーダーはサンヨー製ICR-S170Mを使ってます | トップページ | 久々まじめにジェクサーに行きました »

2006年5月19日 (金)

ミンティアの広告は効果あり

アサヒビールの関連会社であるアサヒフードヘルスケアの出している「ミンティア」をご存知ですか?私は良く知りませんでした。どうやらフリスクみたいなもののようです。

なぜ知ったかというと山手線で印象深い車内広告を見たからです。それはたくさんのミンティアガールズの中に混ざって「ビビる大木」氏がいる写真でした。

きれいな女性がたくさん並んでいる広告は結構ありますので、「ふーん」てなものであまり興味はないのですが、きれいな女性の中に「ビビる大木」(「びびる」ではないそうです)氏がいると目を引きます。

ちょうど掃き溜めに鶴の逆ですね。ちょっとホームページを覗いてみたら彼は「隊長」だそうです。もうひとつメッセージで目を引いたのは「売れている量は№1」という点です。これも味や機能は一切捨てていさぎよい。

それで本日クライアントの所へ行くときにふと新宿駅で上を見るとなんとデカデカと同様の広告が貼り出されているではありませんか。さらにクライアントの従業員の人もイスの上にこのミンティアを置いてありましたのでついに私も帰りにKIOSKで買ってしまいました。

P1000020 

でも宣伝しているのを買うのもしゃくなのでドライハードというカフェインがしっかり入っているものにしました。私は午後2時半が昼食後どうしても眠くなりますのでこれを食べてみます。まだ封を開けてません。

P1000022_1

食べてみての結果はまたご報告します。でも宣伝で買わせるのはなかなかすごいと思いました。まあ単価が100円(税別)で気軽だということもありますが、フリスクと違うアプローチなのはなかなかです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ただきれいな人を並べる宣伝ではなく「おっ!」と思わせるポイントを作る。 (びびる大木氏)
(2)一番効果的なところで宣伝する。(JR車内、駅貼りポスター)
(3)広告するからにはKIOSKにもきちんと並べる。
(4)タレントの女性もそれぞれ所属事務所が違う売り出し中の人中心にあまり有名でない(失礼!)で構成している。
(きっと有名人よりは安いでしょう)

|

« ボイスレコーダーはサンヨー製ICR-S170Mを使ってます | トップページ | 久々まじめにジェクサーに行きました »

食品・飲料」カテゴリの記事

コメント

「フリスク」とカタカナで書くと全然イメージが違いますね。読み始めて、途中まで何の話なのか分かりませんでした。

商品名は、発音やゴロマークぱっと見の形で覚えてるんだと思いました。「FRISK」という文字の形(イメージ)を見るとすぐわかるし、発音されれば一発でわかるし、商品名って重要な顔なんだなと思いました。

投稿: 龍登 | 2006年5月20日 (土) 21時17分

いつもコメントありがとうございます。なるほど商品名は正確に書かないといけませんね。まさにおっしゃる通りです。

投稿: 企画屋 | 2006年5月21日 (日) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/10145242

この記事へのトラックバック一覧です: ミンティアの広告は効果あり:

« ボイスレコーダーはサンヨー製ICR-S170Mを使ってます | トップページ | 久々まじめにジェクサーに行きました »