« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

「スパークリングカフェ」はなかなかいけますぜ

いやー今日は東京はとても暑いですね。天候不順とかが続いていて、なかなか晴れないなあと思っていたら今日は一気に夏全開という感じですね。

ということで気温が30℃近くなると炭酸飲料が欲しくなるそうです。そこで私も炭酸飲料を求めて近くのコンビニへ行きました。

当初はベプシネックスでも買おうかなと思ったのですが、面白い商品が並んでいましたので買ってしまいました。といいながらも実は事前にこの夏は変り種炭酸飲料が出ていると日経新聞の消費欄に出ていましたので少し知ってはいたのですが。

それはネスレ日本が出している「スパークリングカフェ」です。「飲んだらやみつき 炭酸コーヒー」の首かけPOPが付いています。(こう言い切るのも結構大胆です)

P1000039

そこで飲んでみました。炭酸なのにコーヒーの味がして、しかも甘味がほのかでなかなかいけます。「飲んだらやみつき」…まではなりそうもありませんが、シャキッとしたい時は有力な候補ですね。

たぶんターゲットは私の年代でしょうから、しっかりカロリーオフです。100mlあたり19kcalしかありません。そうそうちなみに炭酸飲料はml表示で、コーヒーなんかはg表示だって知ってました?

値段は140円(税込み)でした。ただし「サンクス」でしたのでEdyが使用可能ですので、ANAからもらった分で払いました。(すなわちタダ)

この夏ヒットするかな?こうゆうユニークな商品がどんどん出てくると楽しいですね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)炭酸+コーヒーなどの通常では考えない組み合わせを考える。
(2)ターゲットを意識して作る。 
(この場合はカロリーオフとあまり甘過ぎないという点でしょうか)
(3)店頭でアピールするために首かけの言いきるPOPをつける。 
(期待に反すると逆効果ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月30日 (火)

各務原商工会議所さんで企画セミナーを行います

本日はまた私の宣伝をいたします。

来る6月16日に、「心に響く企画の作り方」セミナーを開くことになりました。今もご担当者と大宮駅前で打ち合わせをしてきたのですが、ご参加された方には役立つものにしようと考えております。

前段は、今の社会トレンドとなぜ企画が必要なのかをヒット商品や企画を交えたり、データを使ったりしてご説明します。

中盤一山目は、斬新なアイデアを出すための発想法のやり方をご説明します。お奨めのこのブログでも先日ご紹介しましたブレーンライティング(635)法、焦点法、逆設定法などです。時間に余裕がありそうでしたら焦点法をお題を出して試しにやってみていただこうかなと考えております。

さらに中盤の二山目は、たくさん出てきたアイデアをどのようにきらりと光るコンセプトにまとめるのかということで提唱していますB・K<マルチコンセプト>マッピングをご紹介します。

後段は、企画を作成する際に陥りがちな6つの落とし穴を事例を交えて解説いたします。実際に私が色々なところで拝見したり添削してきました企画書でありがちな例を(そのままでは使いませんが)アレンジしてお見せします。

ということで岐阜県各務原商工会議所に6月16日午後2時にいらっしゃれる方はぜひどうぞ。このセミナーは無料です。問合せ先は次のところへ。(あんまり大々的に公開していないので=会員向けシークレットライブに近いかも→私がここで告知して良いか担当者の方に聞かなかったなあ。まあいいや、勘弁してもらおうっと。)

Kagamihara
(各務原商工会議所さんが入っている産業文化センター)

一度お電話でご確認を。

各務原商工会議所
TEL 058-382-7101 (担当は伊藤様)

合わせて起業家支援セミナーの講師もしております。私だけが講師ではなくて様々な講師陣が具体的に教えてくれる毎年人気のセミナーです。こちらは有料ですね。5,000円でこれだけの内容があるのはすごいですよ。間もなく開催スタートですから、起業する気が有る人はお早めにネットで申込を。

http://www.cci-k.or.jp/kigyoka/index.htm

私の部分の特徴はやはり講義だけではなくて、実際に手を動かして考えていただくというところにあります。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)セミナーでも事例は豊富に提示する。
(2)時には実際にやっていただく。
(3)参加しやすい時間帯にする。
(今回のセミナーはそうではないのですが、起業家支援セミナーは夜の連続講座です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

ipodで動画を見る(その2)

意外にこの項目で検索が多かったのでその2を書きます。意外というのは、このやり方はかなりの数アップされているからです。でももしかしたら、携帯動画変換君に行く前と後がわかりにくいのかもと思いまして、その部分を中心に書きます。

ただし私のDVDレコーダーはパナソニック製ですので、それ以外の方はわかりません。

まずしなければならないのがファナライズという行為です。DVDを再生専用にするわけです。それについてはここにマニュアルがありますので見てください。

http://panasonic.jp/support/dvd/manual/index.html

で出来上がったDVDをパソコンにセットします。後はマイコンピュータから起動して、DVDの中身を見ます。そうするとファイルがいっぱいあります。この中でファイルサイズの容量がでかいものが変換したいものです。

Photo_11  Photo_12

ここで注意しなければならないのは、初めてやるときはそれでOKなのですが、2回目以降にやる時はパソコン側のフォルダーにあらかじめ準備が必要だということです。

そもそもまずこのDVDを変換した後入れてもらうフォルダーを作っておきます。さらにその中に終ったものを収納するフォルダーを私は作ってあります。

なぜこんなことをするかというとファナライズをするとどれも同じファイル名なのです。したがって携帯動画変換君に該当ファイルを投げ込んで変換が終った瞬間にフォルダー上は同じ名称なので上書きされてしまうのです。

それでも良い人はどうぞ。

よって上書きされてしまわないように、終ったものについては別途フォルダーを作っておいてそこに投げ込んでおく必要があります。

さて、携帯動画変換君を起動します。起動するとこのような画面が出てきます。

__4

この後3PGと書いてあるプログラムを起動します。そうするとファイルを入れるところが出てきますので、そこに該当するファイルを投げ込めば後はひたすら待つだけです。この際選ぶのは容量が大きいものだけです。後のものは入れてもすべてエラーとなります。これはパナソニック特有のDVDの最初に表示される画面のファイルのようです。

__5

録画時間の8掛けぐらいですかね。60分番組でしたら48分という感じです。だから他のブログで書いている方は「夜寝る前にやっておいて朝取る」とか言っているわけですね。

__2

さて変換が終って無事フォルダーに入ると自動的にi-Tunesが起ち上がります。もっと言えば自動的に入っています。

私はこの時点で該当ファイルを右クリックしてプロパティを開いてわかりやすい名称に変更しています。アップルのマニュアルは当然MAC主体で書かれているのでこの部分がわかりにくいですね。Windowsはちょっと違うのです。

__3

ただし名称変更してしまうと次に同期を取る時に同じ名称のものがありませんので取れないとメッセージが出ます。でもipodに入れるのを成功していれば問題ないので私は無視しています。

もしかしてこのことに良い解決策があるのでしたら誰か教えてください。使うのには困らないのでほってありますけど。

結構きれいに映りますよ。ただ青空とかはすこし画面にモザイク状のものがうっすら出ますけれどほとんど気になりません。

フル充電して60分番組が3つぐらい見られるかな?ご参考になりましたでしょうか?そうそうあくまでもこれは個人で楽しむ範囲でやっておりますので誤解なきように。

これだけ手間をかけないと録画したものを外に持ち出せません。でも実際問題としてテレビ番組をせっかく録画したのにも関わらずいつまでも見られないのは悔しいですし、かといってパソコンを開いてまで見たくもないし持ち歩けるサイズのこのipodは本当に重宝します。

先日ある企業さんとお話していましたら、アメリカのローカル線の飛行機の中は半分以上が電子デバイスで動画を見ているとおっしゃってました。金曜日の東海道新幹線の下りも、結構DVDを見ていたりしている乗客を見かけますね。

私は山手線と高崎線や宇都宮線で結構ipodを見ていますが、まだ動画を見ている人には会ってません。音楽をipodで聴いている人は爆発的に増えましたけれど。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイントとは
(1)大容量ハードディスク付きDVDレコーダーを作成しているメーカーは、ipod用の変換の仕方も取扱説明書で指南する。 (ただしパナソニックはSDカードでやって欲しいらしくさかんにそのことは一生懸命書いて有ります。でも囲い込み戦略だけが正しいとは思えないのですがね。)
(2)DVDレコーダーに直接ipodが挿せるようにする (かなり難しいでしょうが、パナソニックさんやってみる価値はあると思いますよ。外付けでもOKです。DVDに変換する工程を省いて直接できないかなあ。)
(3)そもそもテレビ番組をオンラインで配信して、ituneで売る。1番組100円ぐらいが限界かな。 (見逃した番組でどうしても見たいのでしたらこれぐらいなら買います。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

下着はユニクロのボディテックを愛用してます

そろそろ暑くなってきましたね。昨日は涼しかったですが。

私は下着はユニクロのボディテックシリーズを愛用しております。何が良いかというと汗をかいてもベトッといつまでもしていないところです。(写真は今年のものでホームページから引用しました。)

Photo_9

今まで涼感下着などいろいろと試してきましたが、去年これを購入してすっかり気に入りました。今ではすべてこれです。

ユニクロさんによれば…慶応義塾大学と共同開発した「スポーツを科学したウェア」です。体温冷却に効果のあるメッシュを使ったり、生地表面に立体感のある素材を使用しています。通気性にすぐれて肌への接触面積も少ないので熱がこもりにくくなっています。スポーツシーンにおすすめの1着です。とあります。 (ホームページから引用しました)

実際に通気性に優れています。でもスポーツをして汗をかけば、やはりかなりべちょっとします。問題はそこからどれくらいで乾くかでしょう。スポーツでは身体もどんどん引き続き汗をかいていますのでやはりちっとやそっとでは乾きませんね。

それよりは、日常生活で満員電車に乗って汗をかいたり、日差しの強い中を歩いて汗をかいた後に冷房の効いた室内で冷やされて汗が引っ込んだときに効果があります。

それとこれを着ていれば、帰りにフィットネスクラブにそのまま直行して上は脱ぐだけで(下は履き替えますが)スポーツが始められますし。

今年の新作はかなり下着としても使えるように意識されているように感じます。デザインは変えていたり、機能も進化させているようなのに、値段は去年の半分ぐらいに下がっていてちょっと悔しいですね。でもずいぶん使っていますが機能は何度選択しても変わらないし、普通の下着より丈夫です。

去年はクールビズが流行って本当にうれしかった一人です。今年はさらに各社力を入れていますが、上のシャツ及びジャケットは本格的に検討しなくては。

ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)スポーツ用と銘打っているが、実際は実用衣料としても使えるようにデザインする。 (色も白主体)

(2)年々値段を下げていく。
(3)洗濯などをしても機能がおちないようにする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月27日 (土)

スターバックスディスカバリーエスプレソミラノを飲んでみました。

ちょっと前なのですが、スターバックスのコンビニエンスストア限定商品のディスカバリーシリーズのエスプレッソミラノを飲んでみました。

P1000031

この商品売れすぎて販売休止に追い込まれたいわくつきの商品です。今は首都圏のコンビニエンスストアしか売られていません。

味はとってもコーヒーの香りがしてコーヒー分とミルク分と甘さのバランスが良くておいしかったです。でも210円はやはり高いなあ。逆に言えばこれだけの価格で売れるのならば味が良いものはできるわなあと思っちゃいました。

スタバで飲むのはやはりあの店舗の雰囲気も含めて味わいたいからこのぐらいの値段でも我慢しますが、通常の外で飲むのならばやはり100円前後ですかね。

だってマクドナルドで買えば100円ですぜ。(ただしホットのSですが)昨日の帰りは遅かったのでタクシーで帰ったのですが、タクシーの運転手さんのドリンクフォルダーには、マクドナルドのこのホットのSコーヒーがしっかり入っていました。

これだから缶コーヒーは大変なんだよなあと思ってしまいました。通常自販機で買えば120円しますからね。

この商品を買ったのはローソンですが、チルドコーナーに5フェイスずつ並んでいました。すごい力の入れようですね。どこまで持つか注目して見ます。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ブランドを生かしてどうしても飲みたいという層に訴える。
(2)期待を裏切らない味にする。
 (製造者の高梨乳業さんは昔からおいしいです)
(3)再開時に上手にニュースリリースを出す。 (4月25日販売再開時、新聞社が結構取り上げていました)
(4)コンビにに強いメーカーと組む。 (この製品の総発売元はサントリーさんです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

中小企業大学校人吉校「実践!企画力・提案力アップ講座」好評で終了

以前にも予告しました掲題の講座が5月26日(金)3班のプレゼンテーション及び私の講評により終了しました。このセミナーの副題が~オンリーワンの企画で提案力ナンバーワンの企業へ~というものです。

Gaikan003

中小企業大学校 人吉校のURL→http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/

この副題は私が考えたものではありませんが、なかなか鋭いですね。オンリーワン=コンセプトが優れているということですので、企画の真髄のひとつです。

さて今回はお題を4つ用意しました。

1つ目は、私の最新著作の『「勝つ」マーケティングの教科書』の載せました「ワンセットラック」(犬をクルマで上手に移動させるラック)をいかに市場に導入し、販売促進策を考えるのかというもの。ターゲットは50代の夫婦で子供は独立していない、ペットを家族同様に思って暮らしている人向け。

2つ目は、漬物の新商品企画。ターゲットは20代から30代の独身男女で一人住まいの人向け。

3つ目は、ある会社の創立50周年記念イベント企画。社員数100人の会社。

4つ目は、惣菜製造・卸をしている会社が新たに外食事業を行おうと企画している新事業企画。

この中から好きなものを選んでいただき、私の企画を立案する手法に則って2日間でまとめてもらうものでした。今年で5年目ぐらいの講座なのですが、例年3つ目のイベント企画になるのが多いのですが、今回はこれ以外の3つの企画が選ばれました。とっても前向きですばらしかったです。

まずは企画の背景や目的・ねらい、前提条件を挙げてもらいます。模造紙にポストイットです。

その後にアイデア発想したいテーマを決めてもらいます。そしてそのテーマに基づいてアイデア発想法を使ってアイデアをたくさん出してもらいます。

アイデア発想法もブレーンライティング法、焦点法、逆設定法の3つをひいひい言いながらやっていただきまして、そのたくさんのアイデアをB・Kマッピングという手法できらりと光るコンセプトにしていってもらいます。

その後はパワーポイントのフォーマットをこちらが用意してありますので、それを具体的に作ってもらうわけです。皆さんとても優秀でした。きらりとひかるコンセプトを持った、販売促進、新商品企画、新事業はメニューが生み出されました。

私のセミナーはこのように一方的な講義だけではなくて、実践してもらうのに特徴があります。また実践中にも適宜ファシリテーターとして、考え方やアイデアの出し方、まとめ方などをアドバイスしていきます。

この実践形式であるということと、アドバイス形式ということが良いみたいです。まあやってみないと理解もできないし、面白くないですものね。

また全国各地で行われるのが決まり次第ここでもご紹介しますので、よろしかったらご参加ください。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント(今回は私の企画の立て方編です)
(1)企画をするのにあたって、背景、目的・ねらい、前提条件などをきちんと書いて検討する。
(2)アイデアはともかく自由にアホみたいなものも含めてたくさん出す。
(3)まとめるときはターゲットの気持ちになってまとめてみる。
(4)企画書は言いたいこと全てを文章でだらだらと書かない。ポイントを図解で提示する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

鹿児島空港のトイレの傘たて

相変わらず通信環境が悪いところですので短めに。

熊本県人吉にまだ滞在しております。ここに行くには、熊本空港よりも鹿児島空港の方が実は近いのです。高速道路(九州自動車道)を使って50分ぐらいです。

空港に到着して、トイレに行きました。そこで見たのが傘立てです。

P1000032

最近公衆トイレにはよく別のタイプのフック型のものはよく見かけますが、折れていることも多いです。鹿児島空港のものはかなり立派でしたので「ほう」と思いました。

傘のアイコンもしっかりわかるし、両方から掛けられるようになっています。

雨の日以外はあまり気にも留めないことですが、こんな決め細やかな配慮も公共施設には必要だなと思いました。

でも公共施設のみならず、デパート、ショッピングセンター、スーパーなどのお店にももっと普及しても良いと思います。後付出来るように考えたらよいのに。きっとこの鹿児島空港のものも設計段階から考えてあるのでしょうね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)利用する人の不便を解消してあげる。
(2)壊れやすいものをそうでないように改善する。
(3)せっかくのサービスなのだからわかりやすく表示する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

旅行用かばん「ボシェル」を初めて使いました

予告しましたとおり今熊本県人吉市に来ております。中小企業大学校人吉校です。実はここは通信環境が悪くてPHSはほぼ入りません。

それで講師控え室に唯一あります光回線を使いまして送信しております。ただしここは24時間使えませんので少々不便です。

それはともかく5月はじめに届きました旅行用かばん「ボシェル」を初めて使いましたので、そのインプレッションを短めですがお伝えします。

P1000036_1

このかばんは4輪キャスターですので、身体の横側で並行して転がすことができます。これはなかなか良いです。後ろで引っ張る形式ですと、どうしても蹴っちゃいますが、これはそういうことはありません。

ただ力の入れ具合がやはり難しいです。室内などの滑らかな床面であれば問題はありませんが、外のアスファルト舗装路などはかなり力を入れませんといけませんね。

またかなりアスファルト舗装では音がうるさいです。ゴムなどを付けた方が良いのでは。

またそのための伸縮もち手の部分が曲がらないかやや気になりました。

今回は2泊なので着替えが2日分、髭剃りなどの身の回り品、折りたたみ傘、そして読みきれていない新聞、雑誌、そしてファイル類、コンピューターを持ってきました。

収納力はまあまあですが、もう少しあっても良いかなあと感じます。それは特に書類、本、雑誌の部分です。着替えと身の回り品及びコンピューターを入れるとかなり余裕はなくなります。結局読みきれない新聞は、服を入れるスペースの一番下に入れました。

P1000035

後かばんだけでもかなりの重量ですので、モノを入れれば相当の重さです。女性には階段や段差などの持ち運びはちょっとつらいですかね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)4輪で押せるのは便利である。が騒音防止をもう少し考える。
(2)書類の収納力をもう少しアップする。
(3)このような商品を売る場合、1回お試し(有料でもよいから)サービスを付けたらどうか。
 (いわゆるクルマの試乗みたいなものですね。でも実際に自分のものを入れてみて移動してみないと実感が湧かないので、多少汚くてもよしとして貸し出し専用として、1回限りで実際に3日間とか貸さないとダメです。店頭で見るのと実際に使うのはわけが違いますし、ましてやこの商品WEBのカタログだけですからね。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火)

サラダマック食べてみました

いやー5月は時間に追われる日々です。どうしても昼飯時間を短縮せざるを得なくなります。トホホ。

ということで先日クーポンで書きましたサラダマックを食べる機会が意外に早くきました。注文してから食べ終わるまで10分でなんとか食べました。(写真の一番右側のものです)

P1000030

味は想像していた通りでした。というか以前からあるカップに入っているサラダが平型の容器になり、その中に新たにクリスプチキン(まあ鳥のから揚げですな)が入っているのが変わっただけです。

これにクリームチーズソースを掛けて食しました。単品ですと490円。クーポンでドリンクMが付いて本当は640円のところを610円です。

ですが、これだけでは私にはどう考えても足りないので、チーズバーガー100円も合わせて食べました。結局710円というわけですが、このコストでは「うーん」という感じですね。

だって(いずれ紹介しますが)いつも事務所の近くのランチは650円でこれよりはるかに充実しています。これだったらてりやきマックバーガーセット(てりやきバーガー+チーズバーガー+ポテトM+ドリンクM)の通常630円をクーポン530円を買った方が良いかな?

マクドナルドさん曰くは「6種類の野菜に揚げたてチキンがのったボリューム感のあるひと皿。ビタミンCが普通のレタスの3倍、βカロチンが約8倍のロメインレタスなどがはいって、栄養面でも大満足です」と謳っておりますが、もっぱら健康に気にする人が食べる感じです。あるいは女性向きかな?

もうひとつフォークしかくれない(もちろん店舗イメージから当たり前でしょうけれど)のですが、やはり食べにくいです。箸(はし)が欲しいですね。シャキシャキのレタスにフォークを突き刺すのは急ぐときは難しく、結局犬食いのようにかきこむことになりました。

その晩もまだ用事がありまして、ローソンに行ってサンドイッチとスタバのチルドコーヒーを始めて飲んだのですがこの感想はまた次の機会に。(この日はなんと貧しい食生活)

24日は午前中は武蔵工業大学でプレゼンテーションの講義をして、羽田空港へ行き、新規クライアントさんとそこで打ち合わせた後、鹿児島空港経由で熊本県人吉市へ行きます。以前このブログで予告しました中小企業大学校人吉校で企画立案の研修です。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)この価格ならもっとボリューム感がないと満足はできない。(もっと量を増やす)
(2)あるいはこのセットにはチーズバーガー(100円)も付けておいてこの価格にする。
(3)正直フォークでは食べにくい。箸を用意しておく。 (イメージは違うでしょうけれど…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

DESK@新宿西口店を利用しました

今日は午前中は来客、午後は2軒得意先を訪問した後、DESK@新宿西口店で打ち合わせをしました。今はそれが終わってこれを書いております。西口の真正面に見えて便利なところです。

DESK@とはデスカットと読みまして、コクヨさんが経営しているビジネスレンタルスペースです。デスクをカットするに引っ掛けているのですね。(多分そう思います)

書いているのはミーティングスペースから離れてフリースペースコーナーのFreedomというところです。ここにはコンセント口ももちろんありますし、100MBの通信ができるLANもあります。快適ですね。スペースを写真に撮ろうとしたら断られてしまいましたので、ホームページから引用します。

P_sjk_touch

後必要でしたら印刷も有料ですができますし、土曜日限定会員向け定額サービスというのもあります。ただ日曜日と祝日には使えないのがちょっと残念ですね。実はミーティングスペースを東京の日本橋店で借りようと思ったのですが、空いてなくてこちらにしました。

P_sjk_mtg

この4人用のスペースで会員ならば1時間で2810円(税込み)です。(上記の写真は8人用の倍の大きさのものです)この値段が妥当かどうかは利便性からみて微妙ですが、まあ飲み物(コーヒーなど)が無料だし、おしぼりも暖かいものが使えるし良いでしょう。

P_sjk_smoke

今度品川の港南口に新しいお店を出店するそうです。内覧会が23日と24日にあるそうですのでお暇な方はいらっしゃってはどうでしょうか?

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ともかく駅から近くに立地し利便性を上げる。
(2)会員にはリーズナブルな価格で提供する。
(3)飲み物、おしぼりなどの基本はタダにする。
(4)高速光回線も使いたい放題にする。
(5)閑散日は大幅割引をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

カルディコーヒーファームでスキッピー(ピーナッツバター)を買う

今日はとても良い天気でしたね。大宮のステラタウン内にあるカルディコーヒーファームが2周年記念セールをしていましたので行きました。

最大の目的はピーナッツバターを買いたかったからです。日本のピーナッツバターはどういうわけか粒が入っていないものしかなく(少なくとも私たちの周りにある店舗では)アメリカの「スキッピー」がいいのにねーと言っていたらグッドタイミングでチラシが入りました。

P1000029

早速行って2個買いました。通常472円の商品が268円(税別)でさらに10%引きでしたから。賞味期限をみたら封を開けなければ2007年8月29日までOKでした。

アメリカに行ったときに買って食べて、ファンになり探していたのですが、意外に近いところにありました。
まあ独特の風味とくせになる味です。これで朝がまた楽しくなりますね。

それだけ買うつもりだったのですが、結局いろいろ買ってしまいました。

P1000028

タイのスィートチリソースは生春巻きにぴったりと書いてあったので思わず買い、韓国ラーメンは妻が、マカダミアンナッツのチョコやイタリア製のクラッカーなど結構ついで買いしましたですね。輸入食材で珍しいものが揃えてあるのでつい手が出てしまいます。

またこのお店は什器が木製のブロック型の棚で宝探しする感じなのと、高級感がありますね。他のお店とはここが差別化されています。(カルディアコーヒーファームのホームページから引用しました)

Store_in_miyahara

カルディコーヒーファームのホームページ→
http://www.kaldi.co.jp/

さらに店員が全員女性なのもこだわっているみたいです。

この後伊奈町制施行記念公園にバラを見に行きました。裏道から行こうとして迷ってしまいました。素直に国道17号線から右に折れていけばなんてことはないところなのですが…。17号線が面白くない道なので第2産業道路ぐらいから行こうとアバウトに行ったらあちこち行ってしまいました。そちらから来る人は無視なのでしょうね。埼玉県は本当に標識がわかりにくい。

天気が良いのとちょうどバラが見ごろだったので混んでました。しかし駐車場は完備されていてストレスなく停められました。きれいでしたよ。(伊奈町制施行記念公園のホームページから写真は引用しました)

Kouen10

伊奈町制施行記念公園のホームページ→
http://www.nakasa.net/kouen.htm

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)珍しい輸入食材を揃えることを徹底している。 (その地域の人にとっては代表的なものなんでしょうね。それでその国に行ったことがある人で気に入ったものがあればここへ来ればあるというのを狙っているのでしょう)
(2)店舗の什器も独特のものにする。 
(カルディアコーヒーファームは木のボックス型)
(3)店員も女性だけにするなど特徴を持たせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

久々まじめにジェクサーに行きました

今日は久々に休みです。ジェクサー大宮店で太った身体をしぼるべくトレーニングをしてきました。
(店舗イメージ他はジェクサー大宮店のホームページから引用しました)

Omiya_tenpo_image

今日行って改善されていた点がありました。それはロッカールームに低いベンチが置いてあったのですが、それが撤去されて木の丸イスになっていました。

今年に入って会員向けにかなり大規模なアンケート調査が郵送されてきて、様々な側面から改善すべき点を洗う質問がされました。

その中にロッカールームはどうかという設問がありまして、私は「狭い」と指摘しました。私の意見だけではないと思いますが、混んでいる時は着替えている後ろ側にベンチがあって通りにくく、また着替えをしている人通しも狭く感じていました。

今日それがなくなっていくつかの丸イスだけになってとても広く感じられました。ただ今まではその長いベンチにバッグを置いて中から取り出したり、詰めたりするのが便利だったのですが、丸イスが限られているためにちょっと置くのがためらわれました。(結局置きましたが)

アンケートをとってその後何も変わらなければ、何のためにやったのだと顧客はかえって不満に思うものですが時間がかかってはいるものの、できることから始めるのはなかなか感心しました。

Shisetsu_training
(トレーニングジムの様子)

ジェクサーは来てくれるモチベーションを上げるために、インストラクター及び受付の人々は若い男女です。しかもなるべくかわいい、イケメンの人を選んでいると思います。

若いイケメンの男は、若い女性会員向けもあると思いますが、ご高齢のおばさま方向けでもあるかと思います。平日の夜はさすがにビジネスマン、OLの方が多いのですが、昼間や土日はそれ以外にご高齢の方もたくさん来ています。

こんなところにも日本の高齢化と健康に関する関心の高さが現れているような気がします。月会費9450円(家族で入ると8400円)ですが、毎日行けば1日当たり350円ぐらいですからね。(1週間に1日ー金曜日が休みですので)

家でゴロゴロしているくらいなら、ここに来れば、友人にも会えるし、おしゃべりもできますからね。一人暮らしのおばあさんも結構来ています。

そうそうレンタルロッカーを申し込んでいたら1年経って「空きができました」と連絡がありました。でも1000円余分にかかるのですね。妻が今借りている中に混ぜてもらえればなんとかなるのでキャンセルして他の人にゆずることにします。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)定期的に顧客からアンケートなどの定量・定性の調査をする。
(2)調査したらその中味について、対応する。 (できるだけ迅速に)
(3)顧客の来ようというインセンティブを上げる仕掛けや仕組みを持つ。(継続して来なければ、最後は退会してしまいますからね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

ミンティアの広告は効果あり

アサヒビールの関連会社であるアサヒフードヘルスケアの出している「ミンティア」をご存知ですか?私は良く知りませんでした。どうやらフリスクみたいなもののようです。

なぜ知ったかというと山手線で印象深い車内広告を見たからです。それはたくさんのミンティアガールズの中に混ざって「ビビる大木」氏がいる写真でした。

きれいな女性がたくさん並んでいる広告は結構ありますので、「ふーん」てなものであまり興味はないのですが、きれいな女性の中に「ビビる大木」(「びびる」ではないそうです)氏がいると目を引きます。

ちょうど掃き溜めに鶴の逆ですね。ちょっとホームページを覗いてみたら彼は「隊長」だそうです。もうひとつメッセージで目を引いたのは「売れている量は№1」という点です。これも味や機能は一切捨てていさぎよい。

それで本日クライアントの所へ行くときにふと新宿駅で上を見るとなんとデカデカと同様の広告が貼り出されているではありませんか。さらにクライアントの従業員の人もイスの上にこのミンティアを置いてありましたのでついに私も帰りにKIOSKで買ってしまいました。

P1000020 

でも宣伝しているのを買うのもしゃくなのでドライハードというカフェインがしっかり入っているものにしました。私は午後2時半が昼食後どうしても眠くなりますのでこれを食べてみます。まだ封を開けてません。

P1000022_1

食べてみての結果はまたご報告します。でも宣伝で買わせるのはなかなかすごいと思いました。まあ単価が100円(税別)で気軽だということもありますが、フリスクと違うアプローチなのはなかなかです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ただきれいな人を並べる宣伝ではなく「おっ!」と思わせるポイントを作る。 (びびる大木氏)
(2)一番効果的なところで宣伝する。(JR車内、駅貼りポスター)
(3)広告するからにはKIOSKにもきちんと並べる。
(4)タレントの女性もそれぞれ所属事務所が違う売り出し中の人中心にあまり有名でない(失礼!)で構成している。
(きっと有名人よりは安いでしょう)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

ボイスレコーダーはサンヨー製ICR-S170Mを使ってます

商売柄(私の商売はコンサルタントです)ボイスレコーダーはたまに使います。インタビュー調査なんかする時にメモをおもむろにするとしゃべるのを躊躇する人がいるからです。

雑談風に話をしてもらった方が本音が出ますからね。とは言うものの私が同席すればやはり相手は警戒しますが…。

ということで今使っているのは2005年7月に購入したサンヨー製のICR-S170Mです。これを購入する時は何を参考にしたかと言うとやはり価格comでした。(今は後継の新機種になっています)

Photo_8

多くの人が良いと評価していましたので購入しました。(この時、ともかくすぐ使いたい用事があったのです)
でもしばらく使わなかったのですが最近また使う用事ができてきました。

本格的にやってみたのですが、まだ慣れていません。マニュアルを見ながらしないとほぼ使えないです。

皆さんのお褒めの言葉が多いのはこの機種はUSBケーブルでつなげば、WindowsXPであれば即外部ストレージとして(リムーバルディスクとして)認識するし、ファイル操作もラクチンと書いてあったからです。

この点はその通りでした。つなげば即認識し、Real PlayerやMedia Playerで聞くことができます。やや録音状態が悪くてもパソコンにつないだヘッドフォンであれば結構聞き取れました。

問題は基本操作ですね。細長い躯体なので、ボタンの配置が難しいとか、ひとつのボタンである程度なんでもできるようにしようとかしているのでどうも直感でできないんですね。前録音したのを消しちゃうとイヤだし。

前録音したものと違うフォルダーに設定し、さらに録音が長時間できるモード(LP)にするとかこれは覚えるしかありませんね。しょっちゅう使えば慣れるでしょう。こう電子機器類が多いともうちょっと標準化して欲しいと思うのは私だけでしょうか?規格はあるんでしょうけれど。

今思いついてしまいました。前に録音した講演のファイルをここから聞くのではなくて、ファイル転送してipodで聞けば良いんだということに。早速やってみました。

まずはUSB接続してエクスプローラーでファイルを自分のPCのフォルダーの”ipod”にコピーします。その後ファイル名を変えます。通常のファイル名はこの機種特有の名称が付いているからです。

その後iTunesにコピーして、ipodを更新したらできました。なあんだ、早く気がついてこれをすればよかった。そうすれば今入っているものを削除できたのに。やっぱり機械は使いこなさないといけませんね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)操作が直感でできるようにする。(この機種は価格comでは評価が高いのですがきっとここに投稿される方はレベルが高いんでしょうね)
(2)ファイルの操作性は直感でできるようになっている。(これは素晴らしいです。通常のメモリースティックの使い方とまったく同じです)
(3)ポケットに入れたときの隠し撮りがもう少しうまくできるようにする。(やはり自分の声だけが大きく相手の声は小さくなります。当たり前ですが。相手に気付かれないぐらいのピンマイクで音が拾えればなあ→よく説明書を見たら外側の胸ポケットにクリップを使って留めて使うと良いみたいです。今度やってみます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

マクドナルドのクーポンペーパー

今日は(も)東京に行きました。いやー今週は本当に事務所にいませんなあ。

大宮駅でマクドナルドのお姉さんがクーポンペーパーを配布していました。マクドナルドは 5月12日から主要商品を20円から30円値上げしたのですね。それで客が離れるのを恐れてクーポンを発行したのでしょう。

P1000018_1

当家はこのクーポン大好きです。というかクーポンが無いとマクドナルドへは行きません。で中味をよーく見てみるとなかなか面白いことがわかりました。

まず新商品のサラダマックについては30円程度の値引きしかしていません。力を入れているからでしょうか。ファーストフードは健康に悪いという告発の映画があるくらいですから、やはりメニューも健康に力を入れざるを得ないのでしょう。機会があったら食べてみてまたご報告します。

それに比べて既存商品は結構思い切って値を下げていますね。少ないものでも70円、多くは100円、最大は200円も値引きしています。

クーポン戦略はこれを配布している間は客が来るのでまあ効果はあると思いますが、期間が終われば確実に私のようなものは離れるので麻薬みたいなものです。

今年に入ってマクドナルドはこのクーポンで4回目ですね。せっかく値上げしたのに大胆に下げるクーポンを配布するのですから、なんかメーカーの希望小売価格は高いけれど、実際の流通価格は大幅に下がっているというひところの家電製品の2重価格制度みたいです。(もっともマクドナルドは自分でやっているから問題はないですが)

マクドナルドのクーポンは金がかかっています。1枚ずつ切り離せるようにミシン目が入っています。期間ごとに使える券を限定して、6月11日まで使えるようになっています。きっと週末は妻と行くでしょうね。

P1000019

でも新製品のサラダマックは3日間限定の「サラダディッシュを買うとドリンクSが付いてくる」(コカコーラ社協賛)を買おうと思っても許してくれないだろうなあ。どっかで内緒で一人で食べてみようっと。

そうそう以前報告した吉野家の牛焼肉丼ですが、今日時間がなかったのでまたまた吉野屋へ行ったら辛口が登場していました。甘口でやだという人向けに作ったのでしょうね。さすが対応が早い。でも私は食べませんでしたけどね。豚丼並でした。

もうひとつ面白い光景に出会いました。全日空が新橋の駅前であきらかに本社の社員とわかるようなおじさんとおばさんが成田空港の新しいターミナルの宣伝をしていました。ティッシュと成田の達人という小パンフを配っていました。こちらも必死ですね。全員が全日空の法被を着て結構目立っていましたよ。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)身体に悪いイメージを払拭する健康志向のメニューをあえて出す。(サラダマック)
(2)値上げで客離れを防ぐためにクーポンを出す。
(ただし麻薬的要素強し)
(3)クーポンを使うのにいらいらしないように切り取り線をいれておく。
(4)子供向けの景品も定期的に入れ替える。
(ハッピーセットは6月からスヌーピーに変更)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

実践!!商品企画公開セミナー好評のうちに終了しました

今日は夜も遅いので簡単にご報告します。

マーケティング研究協会様主催の掲題の公開セミナー。おかげさまで48名もの満員御礼の参加者でご好評のうちに終了することができました。ご参加していただきました皆様ありがとうございました。

今回は皆紳士・淑女の方々ばかりで、まじめに真剣に取り組んでいただきました。アンケートも皆様ご記入いただきましてありがとうございます。

時間が限られている中厳しい運営ではございましたが、なんとかそれぞれの班の開発テーマに則ってコンセプトができあがりました。重ねて御礼申しあげます。

マーケティング研究協会のご担当者様とも話しをしましたが11月ごろにも同様の内容で開催する予定ですので今回定員の関係やご都合の悪い方でご参加できませんでした方はぜひまたこのブログで予告しますのでご参加くださいませ。

私のセミナーは午前中は私どもが提唱する新商品開発プログラム(3×4デザインプログラム)の講義ですが、午後はこちらが提示したケースに沿ってターゲットを設定して、アイデア発想法を3つ(ブレーンライティング、焦点法、逆設定法)を使ってたくさんアイデアを出していただきます。

その後B・Kマッピングという手法を使ってコンセプトにまとめ上げていきます。午後だけというかなり厳しい時間でもなんとかまとめられるのです。

アイデアがなかなか出ないという皆様、アイデアはたくさんあるのだが魅力あるコンセプトにまとめられないと言う皆様にはぴったりです。(と自画自賛しているように見えるかと思いますが、一応アンケートでも90%程度の方にご満足いただけましたので自信を持っておすすめします)

とりあえず今日はご報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

UCCレギュラーコーヒーを飲んでいます

今日は1日事務所でした。色々と準備しなければならないことがあって机に向かいぱなしでしたが、そんな時ホッと一息つきたいですね。

当事務所はぎりぎりの人数でやっておりますので、飲物はすべて自分で入れます。最近午後の3時以降に飲んでいるのはUCCのレギュラーコーヒーです。その前はトップバリューの紙ドリップ式を使っていましたが、やはりこちらの方が幾分香りが良い気がします。(単に値段が高いからそう思っているからだけかも…でも実は違うのだということがメーカーの説明でわかりました。)

P1000016

カップの上に紙製のドリーパーで一杯ずつ淹れる方式です。1つずつ個包装されている袋を破るとドリッパーが入っています。その上部のフィルター部分を破いて左右に拡げます。これは開封性がよくて粉のこぼれが無いところが素晴らしいです。

そしてドリッパーの左右についている「PUSH」と書かれたところを内側に押し込んで、カップにセットします。後はお湯を注ぐだけです。開口部が広くお湯が注ぎやすいですね。

もうひとつの特徴は以前飲んでいたトップバリューの同様のタイプはフィルターが浸ってしまったのですが、この商品はドリップが抽出した液面に浸りません。メーカーによれば理想的なドリップ構造だそうです。

淹れる時間も楽しむということでしたら良いのですが、時間が無い時はこれはできませんね。1杯淹れるのに4分ぐらいかかりますので。「最初に10秒間蒸らし、後は3回ぐらいに分けて淹れること」とありますが、どうしてもお湯の落ちるスピードがあるのと、なかなか抽出液が切れませんので、待つことになります。

最後の捨てるのが一番課題です。私は個包装してあった袋をとっておいて、その中に淹れ終ったドリッパーを入れて捨てるのですが、あまりうまく入りません。大きく破きすぎると残りの液体が外に出そうだし、かといって小さく破れば入りにくいし。

また淹れ終った直後は熱くてもてませんので、しばらく待たなければならず、さらにこの袋に無理やり入れようとするとぎゅっとしぼめなくてはなりませんので今ひとつです。

使い終わった後のことも考えるともっと良い商品になりそうですね。

私がこれを知ったのは、ある展示会でもらったからです。こういうのは何かきっかけが無いと飲み始めませんので無料サンプルを配るのは有効でしょうね。他社で新聞広告をでかでかと打って「無料サンプル差し上げます」のキャンペーンをするのもこの手法でしょう。

ところで私は事務所に居るときはたいてい夜の9時ぐらいまでいます。そうすると昼の12時半にご飯を食べるとお腹がすくんですね。でもここでおやつ的なものを食べてしまうと太る原因です。以前はマンナンライフを試したこともありましたが、今ひとつ満腹感がないのでかえって食欲をあおってしまいます。

食べておいしく且つカロリーが限りなく0の中間食を食品メーカーさん考えてもらえませんかね。もっと言えば夜9時にはおなかがすくともっと良いのですが…。つまりある時間帯だけ空腹を押さえるカロリー0の食品です。コーヒーと一緒に食べると効果が出るとか。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)味を知ってもらうには無料サンプリングを積極的にする。
(2)使い終わった後のことも考える
(捨てやすく、周りに液体がこぼれない)
(3)12袋入りのものを買ったが、もっと大量に入っていて1個当たりの単価を下げても良いのでは。
(4)コーヒーと組み合わせるカロリー0+一定時間だけ満腹する食品を考えてみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

いびきクリップその後

以前紹介しましたいびきクリップのその後の経過のご報告です。

Photo_7

残念ながらいびきが完全に止まるわけではないようです。それが証拠に毎晩妻が鼻を確認してきます。つまりいびきを掻いているので、クリップが鼻にちゃんと付いているかどうか確認しているのです。

そうなんです。ほとんど毎日朝になるとクリップは鼻から離脱して背中に行っています。どうしてかはわかりません。自分が鼻を触って無意識のうちにとってしまうのか、はたまた寝返りをうってとれてしまうのか?

違和感はだいぶ薄れましたが、やはりむずむずするので手でとっちゃうのかな?

でも試しに付けないで寝たら妻が「つけないといびきの音がもっと耐えられないから必ず付けて」と言いますので、少しは効果があるみたいです。

いびきが出るのは深い眠りに入った時です。筋肉が弛緩して気道をふさいでしまうからですね。横になって寝れば良いということはわかっているのですが、どうも横寝はずっと続けられないのですね。横寝用の枕がありますので今度はそれにしてみようかな。やりたくないなあ。

その後枕を少し高くしたらいびきは減ったみたいです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)正直に全員に効果があるわけではありませんと書く。
(2)無意識でもなんでも取れないようにする仕掛を考える
(今のところ考え付くのはテープで貼るかな?)
(3)この商品にプラスして効果があがるものを考える。
例えば枕を斜めに傾斜させるものとか)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

レタックスでお祝いの言葉を送ってみました

小泉総理大臣の肝いりで国営の郵政事業が日本郵政公社になって早3年。どのくらい進化したのかなと思いまして、ある団体にお祝いのメッセージを送るために「レタックス」を初めて利用してみました。

祝電でも良いのですが、コストの割には何かもの足りない感じがしまして、これにしてみたのですが…。まずしたことは、そんなサービスがあるはずだよなと思って日本郵政公社のホームページを探すところから始めました。

トップページから「郵便」を選んで探してみてもありません。「郵便サービス」と書いてあるサイドメニューには載っていないのです。

仕方がないのでサイトマップを開いてみたら、ありました、「レタックス」と。でもこの単語知らなかったらこのサイトマップから軒並み開けてみなければダメですね。うーんまだまだだな。

そのサイトを見てみますと「お申込方法は4つあります」とあります。(1)郵便局の窓口の差出し(2)お客様からのファクシミリからの差出し(3)お客様の電話での差出し(4)ポストへの投函の4つです。

私は(2)をしたかったのでさらに読み進めると「あらかじめ郵便局に利用申込書を提出します※」とあります。で※印のところを見ると、「ご利用のお申込に当たっては、郵便局の備え付けの電子郵便差出承認請求書を提出していただく必要があります」とありましたのでここでストップ。

結局ホームページだけでは用が足りず、郵便局に電話しました。一つ目の郵便局は電話を10回鳴らしても出ず(大宮郵便局)。電話を切って大宮西郵便局に掛けましたら3回目で出ました。

ところがこのホームページのことを聞いても要領を得ないのです。結論から言えば「来い」ということでした。まあ「備え付けの電子郵便差出承認請求書を出せ」と言っていますので行かなきゃならないとは思いましたが。

ダメですね。インターネットの時代なのに、結局まずは届けなければならないのですよ。意味無いじゃん。

で、行きました。窓口は結構混んでましたので、しばらく待って、「レタックスを出したいんですけど」と言いましたら、対応した局員の方はわからず。「すみません。○○さん(他の局員の人)代わってもらえますか…。ごめんなさい。しばらくお待ち下さい。」とまたもや待たされました。

ようやく手のすいたわかる局員の人が、「内容的にはどのようなご用件ですか?」と聞くので「お祝いです」と申しあげたら、しばらくレタックス関連のファイルを迷って探していました。どうもジャンル別に分かれているようです。

私は事前にホームページを見ていましたので、ある銘柄を言ったのですがこれまた要領を得ず。

さらにしばらくして、まずは「この用紙に書いてください」と原稿用紙を手渡されました。そもそもこの用紙を備え付けておけば良いのに。ここもダメですね。さんざん待っている間に書けるのに。これが私が書いた原稿です→

P1000014

書き終わったら、窓口へ持っていくと「台紙と封筒を選んでください」と言われまして、中から選びました。それがこれです↓

P1000015

料金は580円です。(台紙と封筒込みで)まあまあの値段ですね。翌日必ず付くそうです。それはそうですね。FAXで郵便局間でやり取りするんだから。

この一連のことを自分のパソコンでできるようにしたら素晴らしいのに。ハイブリッドメールというのもあるのですがこれは同一原稿を異なる宛先に大量に送るためのものなのでちょっと違います。

郵政公社さん。まだまだですな。少々がっかりです。日本郵政公社サービス相談センターに投書するかな。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)お客様の立場になってどうすれば良いのかを考える。(インターネットで認証する→クレジット決済を認める→原稿をネットで送信する→サンプルの中から好きな台紙と封筒を選ぶ→それを台紙+封筒に展開して届ける→という流れにしたら良いのに。)
(2)売る人間(この場合は局員さん)は自分たちの商品をしっかり覚えること。お客はネットで検索してから来ているのだからそれ以上の対応をしてくれないと不満が出る)
(3)そもそも売る気があるのならばホームページもわかりやすくする今は売る気なし?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

吉野家の牛焼肉丼を食す

今日ではないのですが、先日久々に吉野家に行きまして牛焼肉丼を食しました。うーん私には合わず。たれを変えてうまさが新しくなったというキャッチフレーズに乗っかって注文したのですが、やはり昔の牛丼には全然かないませんな。(写真は吉野家のホームページから引用しました)

Yakiniku_ph01

その時居たお客さんを眺めていると、ほとんどが豚丼で、まれに豚みそ定食がちらほらでした。牛肉の原産国がオーストラリアだからこの「たれ」なのでしょうが、単価が高い(並盛420円、ちなみに豚丼並盛330円)割りに好みではなかったのでがっくりでした。

私が食べたタイミングはお昼のピーク時間を全然はずしている時間帯でしたのでラッシュ時はどうだか知れませんが、とりあえず頼んだのは私だけ。(その時点でお客は15人程度)

どう好みでないかというと、たれが甘すぎ、べとべと過ぎです。そう言えば妻(中国人)が「日本の食事って甘いのが多いよね」と言ったのが思い出されました。焼肉のたれってこうかなあ?違うとおもうだけどなあ?ということです。でも試してみないとわからないのでお試し品があれば良いのに。

もうひとつは定食類は「ご提供できるが時間が3分ほどかかります」と告知していたのが印象的でした。まあ炒めたりするわけですから当然といえば当然ですが、「うまい、早い、やすい」のコンセプトのうち「早い」部分が損なわれているのはどうでしょうかね。

業績は回復しつつあると決算発表もされていますが、何が牽引役なのですかね。そういえば日経MJに色々な業態を開発していると書いて有りました。ファミリー向けのテーブル形式も実験しているそうです。とするとゆったり食べる形式が受けてるのかな。

あっひとつ思い当たることがあります。私が食べていた時間でも女性の比率が2割ぐらいあったということです。今や一人で吉野家で食べていても不思議ではないのですね。メニューバリエーションが増えたのは客層を広げる効果があったのかもしれません。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)この商品は誰をねらっているのだろうか考えてみる。(どうしても牛肉を食べたい人?がやむを得ず注文するのを狙っているのでしょうか?)
(2)メニューバリエーションを増やして客層を広げる。(これはある程度当たっているようです)
(3)コの字カウンターは駅前立地でスピード重視、郊外型はテーブルサービスでゆったり重視。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

P901iTVで6チャンネル(TBS)が見えない問題

埼玉県ではいまひとつ良く見えない携帯ワンセグテレビ。でも東京ではしっかり見えます。ところが私がデジタルテレビを起動してチャンネル探索をしても6チャンネル(TBS)と8チャンネル(フジテレビ)はどういうわけか探索しないんですね。

でよくわからないので、大宮駅で一生懸命売り込んでいるドコモショップの出店のおにいさんに聞いちゃいました。(連休中)彼がiアプリの「Gガイド番組表リモコン」から6チャンネルを起動させたら見えました。

ただしある場所に行かないと映らないみたいで、彼に聞いたところ「すみませんけれどこっちへ一緒に移動しましょう」といってほぼ外に近いところまで連れて行かれました。

さて今は日本大学大学院の講師控え室でやってみたところ6チャンネルはばっちり映っています。現時点はニュースの時間で堀江被告の裁判の戦略について伝えています。

場所は市ヶ谷駅のすぐそばの日本大学本部8Fで十分見えますね。ただし音声は金属っぽい感じがしております。

続いて西日本の大雨の情報を伝えています。今東京はほぼ晴れですが、高知県、和歌山県で大雨になると伝えていますね。天気予報も最近あまり当たらないですね。

このP901iTVについて不満足点を言うと、イヤーフォンです。上の部分はOKなのですが、携帯との接続の部分が少し気に入らないですね。カバーがめくりあがっているのがちょっと見苦しい。またそれをはずした後にかぶせようとするとなかなか入りにくいです。(下の写真参照。この時は偶然6チャンネルがちょっと入りました)

1171744_img

ちなみに8チャンネルも同じようにすれば見えました。「Gガイド番組表リモコン」から立ち上げるしか方法ないのかー。どうして通常のテレビ起動では探さないのかなあ?ちょっと腑に落ちません。(ここまで午後6時記述)

帰りの電車は新番組の6チャンネルを視聴しましたが、駅構内に入ると感度が落ちて見えなくなります。尾久、赤羽、浦和、大宮いずれもダメでした。やはり電波が弱いみたいですね。総武線で見ていたら女子高校生3人組から「あっこの人携帯でテレビ見てる。いいなあ」と言われました。(もちろん直接ではありません。友達同士の会話です。)

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)困ったらすぐ相談できるヘルプデスクを大々的に公開する。やはり人に聞くのが一番わかりやすいです)
(2)Gガイド番組表リモコンは便利だが、戻るのがよくわからない。やはりテレビ的に使いたいです。
(3)付属品の取り付け方ももう少し工夫する。
どう考えてもイヤーフォーンを使って聞く方が多いですから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ニトリのテーブルを買いました

8日は連休初日に購入したキッチンのテーブルが来ました。ニトリで買いました。うーん連休中はどこにも行かないということを言い訳にして結構モノを買ってますね。(ちょっと反省)

ニトリをご存知でしょうか?私はちょっと思い入れがあります。それはニトリの社長の似鳥さんに頼んで先方の社員の方と一緒に研修を受けたことがあるからです。流通業では有名な渥美先生が主催するペガサスクラブという研修会です。

渥美先生はめったに誉めないのですが、その研修で唯一名指しで流通業が目指すべきは、この会場にいる「ニトリさんだ」と社長を指差しておっしゃってました。

その研修会の初日が終わった夜、食事を社員の皆さんとご馳走になってしまったのですが、その時この誉められたことを質問したら、「弱っちゃうんだよね。この後視察に来たいという流通業がわんさか来て…」とおっしゃっていました。

その会食時社長と社員の方が、新商品開発をめぐって熱く論議されていたことを思い出します。さらに偶然にも先週のNHKの日曜朝8時半ぐらいからやっている「経済羅針盤」にも似鳥社長が登場され、新商品開発の様子が映し出されていました。

ある社員の方が「今流通ではこれが主流になっていまして…」というような発言をされたら、社長が「流通ではない、お客さんにとってどうなのかが大事だ」と叱っていらっしゃいました。後半店の展示でも並べ方について「お客さんにとって魅力ある並べ方ではない。こうしなさい」と指導していました。

お客様第一主義とはよく言われますが、ニトリさんはこれが徹底していると思います。今の発展はSPA(製造小売)を日本の家具屋さんではいち早く取り入れたことだと言われています。

もうひとつは、ホームファッションという言葉に代表されるような部屋をトータルコーディネート出来る品揃えをしていることです。提案型ですね。それも様々な色彩、モダン、シック、アメリカン、ヨーロピアンなど私が行った大宮店でも多分17以上のコーナーがあって見ているだけで楽しいですね。

これも似鳥社長が番組の中で、「アメリカに行ったらそんなに高所得者でなくても、見事に部屋がきちんとコーディネートされていて感動した。なんでそんなことができるのかと現地のHCに行ったらそのように提案しているしなんでも揃えられるのをみてなーるほどと思った。」とおっしゃっていましたのでそれを理想に作られたのではと推察します。

そんなニトリさんが作ったテーブルですのでよく考えられてます。まず第一に足が4つ付いていません。左右で支えています。なぜこれがよいかというとテーブルに足を入れるのに邪魔にならないからですね。

Nitori_1893_27200411

次に気に入ったのはテーブルとイスが別売りということです。これも我が家のニーズに合いました。せっかく気に入ったテーブルが有っても、イスと一緒でなければ売らないでは店側の都合ですから。

後はなんらかの事情で展示品処分をしていたということもあります。実は家の写真も撮ったのですがイマイチよく撮れないので写真はニトリさんのホームページから似ているものを取りました。

我が家は今まで何を使っていたかというと、妻が日本に留学して2年目に買った学習机です。幅は120㎝でまあ良いのですが、奥行きが狭かったですね。このテーブルは奥行きが80㎝ありますのでゆったりしています。今までは2人だから別にいいよねと言って上にテーブルクロスをかけて使っていましたが、最近ちょくちょくお客様が来ることになりましたので購入とあいなりました。

もうひとつ素晴らしいなと思ったのは、配送時のコンピューターの画面です。個人情報保護法施行前は住所を打ち込むと地図もピンポイントで表示されたそうですが、今はその機能は店頭ではできなくしているそうです。でも配達希望日はカレンダー形式で並んでいて、空いている日が出ていて「じゃあこの日」と指定すると件数が即座に反映しました。

配達はルート組みでしたので「時間指定はできない」とのことでした。しかし配達前日(7日)に時間は知らせてくれました。その時間帯は都合が悪かったので「日を変えてください」とわがままを言いましたら、再度組み直してくれて「午後3時半から5時半の間になります」と臨機応変の対応をしてくれました。

さらに当日(8日)12時半ごろに携帯に電話が掛かってきて「午前中配達のお客様が不在が出ましたので早く行っても良いですか?」と電話があり、妻の都合を聞いて了承しました。さきほどSPA(製造小売)と言いましたが、物流システムも優れているようです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)使う人の立場に立って開発されている(テーブルの足)
(2)買う人の立場に立って売られている(テーブルのみ販売)
(3)物流も臨機応変に対応してくれる。
(4)社長自ら露出が多い(テレビ番組出演)
(5)店舗も部屋全体が様々なパターンのトータルコーディネート提案をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

キッチンタイマーを変えました

今日は雨でしたね。結局そのためにあまり外には出ずに、ひたすらDVDの中味整理をしておりました。見て削除したり、CMをカットしたり(後でipodに移すための下準備です。CM自動カット機能がうまく働かない場合があるのでどうしても手動になります→これが時間がかかります)しました。

今日はキッチンタイマーを変えました。実はこの1月にある製品を買ったのですが、裏面についている磁石と本体の接着が悪く磁石だけ残して本体が床に落ちるということが何回か発生したためです。一度は買った店に行って両面テープで一時的に補修して使っていたのですが、1ヶ月経過してやはり落下したため変えました。

前のものに400円プラスしてあらたに買ったのが次のものです。同じものに交換してもらっても同じことが起こるのでやめました。タニタ製のTD-379というものです。価格は980円です。

P1000009

機能はどれも似たり寄ったりなので目新しいことは何もないのですが、唯一気をつけたのは磁石が裏面に大きく付いていることです。さあこれでどこまで持ちますか?しばらく様子を見ることにします。

もうひとつは、この商品を買ったお店がきちんと本部のバイヤーに報告して対応するかも見ます。しばらくはこの商品は並べているでしょうけどね。(あまり対処が見られなければその商品名とお店を公開するかな)

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)安かろう悪かろうではだめ、安くても良い商品に仕上げる。(結構有名なメーカーのグループ会社なのですがね。)
(2)基本機能以外のところもメーカーとして十分チェックすること。キッチンタイマーの裏に磁石が付いているのは冷蔵庫に取り付けることを想定しているからです。磁石と本体の接着が強いかどうかは少しチェックすればすぐわかるはずなのにそれを怠ってますね。)
(3)苦情が出たら交換するだけではなく、その後の経過も購入者に報告すればそのお店に対して信頼感が増す。さあこのお店はするでしょうか?かなり大きなチェーン店ですけれど。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

「団塊・シニアビジネス7つの発想転換」を読みました

今日もまあまあ良い天気でしたね。夕方から少し曇って風が強く吹いてきましたけれど。私はこんなに良い天気なのに外に出ず。新聞の残りを読むのと、本を読んで、溜まった録画の映画&番組を見ました。

ということで今日は連休中に読み終わった本を紹介します。『団塊・シニアビジネス7つの発想転換』という本です。こんな本です↓

いろんなところに紹介されていますが、私が興味を持ったのは団塊・シニアビジネス向けの新商品開発や事業に7つの壁があるのを詳しく解説しているところです。

7つの壁とは次のものです。(200ページの終章から引用)
(1)綿密な市場調査をしても顧客のニーズがつかめない「市場調査の壁」
(2)せっかく確保した見込み客が実際の顧客にならない「顧客開拓の壁」
(3)せっかくよい商品をつくっても思うように売れない「商品営業の壁」
(4)団塊・シニア世代向けとうたった商品が売れない「商品開発の壁」
(5)会員制サービスで入会した会員を引き止められない「顧客維持の壁」
(6)多額の予算を注ぎ込んでも収益が一向にあがらない「収益向上の壁」
(7)社内で新規事業を立ち上げようとするときに生じる「新規事業の壁」

この壁は市場の多様性が強まっていることに起因する「壁」と、そうした市場に柔軟に対応できていない組織の「壁」との両方である…そうです。

私は新商品開発支援をしていますので、特に(4)の壁が面白かったです。またまた少し引用しますね。著者はこの壁で3つが特徴であると言っています。(84ページから引用)

(1)商品の質がターゲット顧客の求める水準に達していない
(2)内容がてんこ盛りで、他との差別性がぼやけてしまう
(3)「中高年層はこう」と決め付けた商品になってしまう

この真ん中の2番目は日本の新商品は特に多いですね。私が支援していてもこのパターンがとっても多いです。あまり例に出すと怒られそうですが、多機能FAX電話とか(うちにもあります、電話とFAXだけあればよいのに、コピーが取れたりメールのまねごとができたりするみたいです。1回も使ったことがないですけど…)、電子オーブンレンジとか(たくさんのことが出来るようですが、実際には300日は暖めだけにしか使っていないそうです→ちなみに我が家のものは単機能です)

後も団塊・シニアビジネスのみならず新商品開発のヒントが満載でした。新商品開発に関心のある人はぜひ読みましょう。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)7つに簡潔にまとめている。(人間頭に入りやすいのは5±2だと言われています)
(2)実例が豊富。
(ややアメリカの例が多いのが気になりますが)
(3)つかみが上手。
(2007年問題ー団塊世代が07年に大量退職してたいへんなことが起こるーなんて「起こらないよ」と著者は言っています。その理由はぜひこの本を読んでください。いかにマスコミの言うことに我々が踊らされやすいかは肝に銘じなければ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

最近買ったテレビ用ステレオヘッドフォンの紹介

今日も良い天気でしたね。私どもは今日は家の片付けと掃除でした。冬の服でまだしまっていなかったものをすべて洗ったり虫干ししたりしてしまいました。後は読みきれていない新聞をひたすら読んでました。といってもまだ残っていますが。ずっと家の中にいましたので夕方少し涼しくなってから1時間半妻と散歩しました。

普段は自転車や車で通っていると見落としてしまう景色が歩くと全然違って見えますね。へーこんなところにこんな建物があったんだとか。この付近はお金持ちの屋敷ばっかりだなあとか。ベンツとポルシェと2台とまっていたりして、庭も広く、家もとてもでかいのがありました。

それはさておき、今日は最近使っているヘッドフォンです。別に珍しくはないですが妻が入院するときがありまして病院で使うために買ったものです。結構すぐれものなので紹介します。商品はELPA RD-A51です。朝日電器株式会社から出ています。

P1000006

我が家はテレビは寝室にあります。ベッドに入って見ることが多いです。寝る時間が妻の方が早く、私は彼女が寝てからさらに1~2時間ぐらいテレビを見たいのですが、以前はボリュームを1にしてもうるさくて寝られないと文句を言われておりました。

そこで1年ぐらい前に小型のスピーカーを買いました。AIWA製のSC-DP300というものです。これで耳元に置いて聞いていたのですが、当然少し音は漏れるわけですね。だいぶよくはなったのですが少々不満でした。もうひとつ不満なのはこのスピーカーは折りたためるようになっているのでせっかく聞いているのに意図せず畳まれた状態になりがちなことでした。

P1000007 

今回病院で使う目的で最初はイヤーフォンを探しました。しかし適当なものがないのでオーディオ用にしようかなと物色していましたら、この商品を見つけたのです。

ご承知の通り病院のテレビはミニプラグしか付いていないのですが、これは対応しています。それ以外にステレオの標準プラグもアダプターで付いているのが気に入りました。

さらに小型・軽量コンパクトで、長時間装着しても違和感がありません。コンパクトに折りたたむこともできてしまうのにも便利です。

なによりも気に入ったのは本体コードが2mもあり、さらに延長用コードが3mもついていて合計5mのロングコードにすることができることです。(もっとも2mで十分ですけどね)

加えて手元で音量調節可能な中間スイッチが付いていて、モノラルテレビの音声も両耳で楽しめるようにステレオ/モノラル切替スイッチも付いています。パッケージの裏側→

 P1000008_1

きっとテレビを視聴する人を徹底的に調べたんではないかと推察します。あと一工夫するとするならば寝ながらも見られるポジショニングが付いていると文句なしですね。

それでアイワ製のスピーカーはお蔵入りになってしまいました。オークションに出しても売れそうもないし、誰かにあげようかな。(妻から「よく考えて買わないからこんなことになる」と嫌味を言われております)

今日も妻が寝てから溜まったDVDを見なくては…。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)購入対象者が何を欲しているのかをきちんと調べて具現化している。
(2)テレビ用とはっきり謳って、購買者を迷わせない。
(3)商品の特徴が的確にパッケージに書かれている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

「明日の記憶」の試写会に行って来ました

今日も良い天気でしたね。今日は糸井重里氏主宰の「ほぼ日」でこの映画の試写会招待にダメもとで応募したらなんと当選しましたので早速行って来ました。実は中国人の妻と劇場で映画を見るのは知り合ってからもう10年以上経ちますが初めてなのです。

なぜ劇場に行かないかというと彼女は日本映画があんまり好きではないんですね。ついでに言うとフランスの映画もです。なぜかというとこの2つの国の映画は一部を除けばかなり文化的背景を知っていないと理解しがたいところがあるからみたいです。日本映画はなんかどろどろしているというか暗いというかそういうイメージだそうです。洋画は日本の場合字幕ですよね。彼女はほぼ理解できるのですが、やはりスピード的には早すぎるのでつらいみたいです。日本語を勉強している雰囲気になっちゃうわけですね。

それに対してハリウッド映画はやはりいろんな人種及び国の人に見てもらいたいということになっているので、ストーリーが明快だしコンセプトもしっかりしているので理解しやすいのと感動しやすいそうです。

少し話しが飛びますがお笑いも同様に彼女はあまり好きではないですね。これも上と同じ理由で文化的背景をわかっていないと面白くないからだと思います。しかしこれは私が中国の笑い話を聞いてもおもしろくないと感じるのと同じですか。(言っておきますが面白いのもたくさんあります。でもそれは万国共通のシモネタですね)

でこの映画を見に連れて行くのも少し不安だったんですけど、まったく杞憂でした。素直に感動してました。私は何度も泣いてしまいました。(これも妻から男のくせにみっともないといつも言われております)

会場で配布された新聞です。さすがほぼ日!http://www.1101.com/home.html

P1000003

渡辺 謙さんが演じる若年性アルツハイマーの発症年齢が私と近いのと、それにも関わらず絶対支え続ける樋口可南子さん演じる枝実子をどうしても自分と重ね合わせてしまいます。終わってから妻に私がこんな状態になっても支え続けてくれる?と聞いたら「もちろん!ずーっと一緒よ」と言ってくれて素直にうれしかったです。

今回は樋口可南子さんの夫でもある糸井重里さんと渡辺 謙さんが映画の後トークショーをしました。ちょっと長すぎたかな。妻はこの手の対談が苦手ですね。つまんないみたいです。たぶん対話というのはコンセプチャルじゃないからだと思います。何が出てくるかわからない。しかも言葉を瞬時に理解しなければならないから疲れるのでしょうね。

もうちょっと短めにして欲求不満ぐらいでよいのではと少し思いました。このトークで彼はこの認知症を演じる考え方を言っていましたが、途中からそんなことでは追いつかなくなったと言っていました。役に入り込むのは本当にすごいですね。

樋口可南子さんは夫に言わせればスーパーアマチュアだそうで、悩んでいたそうです。この対談も鼎談にして彼女も出ればもっと面白かったのに。原作本も読みたくなりました。ぜひ皆さんも見てください。「明日の記憶」公式サイト→

http://www.ashitanokioku.jp/

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)やはり制作する人の情熱に勝るものはない(対談で謙さんは映画会社に言ったら「うーん」と言われて」堤監督に頼んだら「うーん」と言われたといっていました。またどの人も「謙さんからのご使命で」と言っていると糸井氏も言っていました。情熱が人を動かすのは間違いありませんね)
(2)愛や真理は国境も超える
(3)嫌味ではなく共犯者にすると強い。どういう意味かと言うと、糸井氏はこの映画を心底応援しているんですね。それで謙さんとメールの交換をしたり、今までやったことがない夫婦対談みたいなことをほぼ日で公開しているわけです。つまりこれに関心を寄せている私を含めたみんなは共犯者なわけです。こうして私も書いてますしね。きっと今日参加した人のかなりの割合でブログのみならず発信するでしょうからね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

全日空商事の4輪キャスター付ビジネスバッグ「ボシェル」を買いました

大型連休後半の初日いかがお過ごしですか?すばらしい天気でしたね。私と妻はショッピングに邁進しました。4軒もHC、SCに行ってしまいました。さすがに疲れますね。

それはさておき連休前についに念願のバッグを注文しました。それが今朝届きましたのでご報告します。かばんは私の趣味のひとつのなのですがなかなか値段が高いものが多いのと、自分が思っているのとぴったりくるものが少なく決定版は無いですね。

家にはかなりの数のビジネスバッグやかばんがあるので妻からかばん屋でもやるのかといつも言われております。昨年末だいぶ捨てましたが、まだあります。それなのにまだ買うかという感じではありますが、1泊出張用で適当なバッグがなかったので前から欲しいなあと思っていたこれを買いました。↓(全日空商事さんのホームページから引用しました。)

Photo_6

実際購入したのだから自分で撮影しても良いのですが、やはり購買意欲をそそるこのカタログ的写真にはかないませんので。

想像していたよりもちょっと大きかったです。なぜこれを気に入ったかというとひとつは4輪で自分の側面で動かすことができるということです。通常の2輪のものは、身体のうしろにバッグをやって引きずる形ですから自分の足に当たったり、人に宛てたりしがちですのでね。

2つ目はショルダーベルトが自動巻取り装置を内臓していることです。まあ掃除機などの電源コードリールと同じような原理ですが、使わないときはスピーディ且つコンパクトに収納でき、使うときはボタンひとつでベルトの長さが自由自在に調整できるのです。ただ予想外だったのはベルトがキャリーハンドル側についていると思ったのですが、そうではなくて右側側面についていることでした。

3つ目はPC収納が内蔵式だということ。前の型は上に載せる取り外し式でした。やはり中にきちんと収まっていた方が良いです。

後は写真に載っているポイントが魅力的に映ったので購入しました。また出張で使ってみて印象を書きますね。もうひとつ感心したのは、(通販だから当たり前なのでしょうが)返品ができるようになっていることです。それも返品理由が書ける用紙が納品書の隣にミシン目がついています。1週間以内なら大丈夫だそうです。

ご興味がありましたらどうぞ(これもアフィリエイトではありません。ボランティアです)↓

http://www.astyle.jp/defaultMall/sitemap/CSfHomeMain_001.jsp

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)通販は魅力をポイントを絞って明快に写真付で説明する(上記の写真参照)
(2)従来の商品とどこを改良したかを言う。
(3)人気№1だと強調する
(WEBサイトでも目立つ位置にすぐ飛べるようになっています)
(4)本当はわかりやすい名前の方が良いと思う
(私は「ボシェル」という名前では検索しませんでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

「コンサルタントの秘密」は素晴らしい!

最近読み終わった本ですばらしいと思ったのがこの本です。どこからこの本を知ったかというと「がんばれ!社長」を発行している武沢さんのメルマガで推薦されたので知りました。(武沢さんのWEBサイト→)
http://www.e-comon.co.jp/index.php
商売柄私に密接に関わりますので真剣に読み始めたのですが、全編これアメリカンジョークにまぶされていて結構なボリュームなのに読めました。

ともかく法則の嵐です。あまりに法則が多いので巻末に索引まで付いています。これは便利。でもその法則がオレンジジューステスト、去り行くガンマンのファンタジー、白パンの危険信号、第一介入法則…など読んだだけではなんだかわからないのが並んでいます。ここでネタをばらすと面白くないのでぜひ本書を読んでください。

私が参考になったのは、コンサルタントのマーケティングの法則一から十までですね。さっきネタばらししないと言っておきながら少しだけばらすと、第一法則→「コンサルタントは二つの状態のどちらかである。一つはI状態、もう一つはB状態である。」(本文183ページから引用)、第五法則→「一人の依頼主の仕事が、全体の四分の一より多くならないようにしよう。」(本文186ページから引用)、第六法則→「マーケティングのための最良の道具は満足した依頼主だ。」(本文188ページから引用)など耳に痛いというかその通りと思うものばかりです。実践できていないことが多いかな。

もうひとつはコンサルタントの価格設定についても果敢に取り組んでいることです。これも十法則あってどれもその通りとうなずけるものばかりです。第五法則→「もしその金が必要ならば、仕事は引き受けてはいけない。」(本文203ページより引用)、第六法則→「仕事が気に入ってもらえなかったら、お金をもらってはいけない。」(本文204ページより引用)、第十法則→「すべての価格設定は、究極的には感情に基いてなされる。こちらとあちらの感情に基いて、である。」(本文208ページより引用)

値段の付け方はいつも悩むところですが、私は標準を示さないとわからないと思ってとりあえず標準価格は示しています。そこから話が始まりますのであまり安いといけないですね。話が横にそれますが、有名な大前研一さんなんかは1時間でびっくりするぐらいの値段です。本人がそう言っているのだから間違いないです。「それでも依頼したい人はどうぞ」でますます依頼が来るというわけですね。ある意味「断り価格」なんでしょう。芸能人も名が売れてくるとお笑いだから安いだろうで頼んでも意外に高いです。

ということで価格の付け方だけでもすごく参考になりました。現在コンサルタントの人あるいはなりたい人は必読の書だと皆がいうのはその通りでしょう。最後に一番傑作なコンサルタントの第三法則→「料金は時間に対して支払われるのであって、解答に支払われるのではない、ということを忘れてはならない」(本文4ページより引用)うーん結局カネの話しか覚えてないか。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)言いたいことをなんでもかんでも法則にする(一貫しているのがいいですね)
(2)実例を卑近な例から持ってくる
(彼の友人・知人の名前がそこらじゅうに出てくる)
(3)後で読み返しやすいように巻末に付録を付ける
(この本は語句の索引と法則の索引と2つ付いている)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

ラクーアに行って来ました

ある方から招待券をもらいまして、その期限が昨日の4月30日だったのでぎりぎり駆け込みで妻と行ってきました。アトラクションも2人で3つ乗れるのも合わせていただきましたので、まず東京ドームシティのアトラクションを3つ体験してからラクーアへ。

アトラクションはセンターレスの大観覧車ビッグ・オーと、水の中に突っ込むワンダードロップとジオポリス内にあるハイパーイリュージョン(CG映像に合わせて座席が上下左右するシミュレーションシアター)の3つに乗りました。今回はとっても怖そうなサンダードルフィンは避けました(言っておきますが、妻の体調を重んじてです)

食事は申し訳ないのですが、後楽園駅のマックで食べました。だって場内のレストランはみんな高い割りに混んでいてボリュームもなさそうでしたから。後楽園の時代は、入場料を払って入るため外に出て食べることは絶対できませんでしたが、今の仕組は入場フリーなのでこれは便利ですね。(でも東京ドームシティとしては儲かりませんが…)

さてさて本題のラクーアです。ビルの6Fの専用エレベーターでフロントへ。さすが休日なので混んでました。初めての利用客にはフロントの方が説明するのですが、周りがうるさいのと早口なのでほとんど聞き取れず。もう少しはっきり言わないと聞きなおして時間ばっかりかかりますぜ。フロントでブレスレットタイプのキーとタオル及び館内できる上下の衣服+バスタオル+タオルセットの引き換えるものを持って、ロッカールームへ。。(写真はいずれもラクーアのHPから引用しました)

Front

ロッカールームの入り口でトートバックに入った一式を受け取ってロッカーを利用します。ここも手首につけたキーを押し当てるだけで開いたり、鍵が掛かったりします。

スパ施設としては素晴らしいですね。何よりもブレスレットでコインロッカーの鍵だろうが、自動販売機の購入だろうが、食事だろうが、ヒーリングの施術だろうがすべて一発でOKなのは便利です。しかし自制心がないと最後の精算でたいへんになります。

温浴施設で気に入ったのは60度の低温度のサウナ、木の香りがする高温サウナ、大画面の迫力あるテレビが見られるスタジアムサウナ、そして露天風呂ですね

風呂の内部Sz_cgimg02

スタジアムサウナ Sz_cgimg09

  露天風呂Img_spa_top_1

さらにもっと気に入ったのは5Fのリラックスラウンジですね。170席のリクライニングチェアには個別モニターが付いていて、しかも耳元でしか聞こえないようになっているので館内は思ったより静か。熟睡している人もいます。ここでもドリンクなどのデリバリーサービスがあります。生ビール430円からあります。

Rz_cgimg02

東京のど真ん中に温泉施設を、しかも高級感溢れるものを作ったのは当たりでしょう。3周年記念で記念品の油取り紙ももらいました。なお通常料金は入館料が2,565円で休日割増料金が315円プラス、さらに午前0時から翌6時までに入館すると深夜割増料金が1,890円です。(私は招待券でしたので入館料はただでした)ぜひ一度行ってみるのをお奨めします。

ラクーア全体は3周年を迎えてリニューアルをしたそうです。重視しているのは女性のようですね。ヒーリング バーデは満員で入場制限でしたし、5Fのビューティコーナーでも若い女性を中心に「もう最高、ずっといたい」という声を聞きました。私が気に入ったリラックスラウンジでもレディース専用のところがあるし、温浴施設も男性より充実しているように見受けられます。さらに各施設の紹介も女性のもの中心ですしね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)女性を重視した施設づくり
(2)女性をターゲットにした広告宣伝
(3)ひとつ上のランクを狙った施設の雰囲気(高級リゾート風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »