« 電車の中でP901iTVのテレビ視聴を試しました | トップページ | 実践!企画力・提案力アップ講座のお知らせ »

2006年4月20日 (木)

ipodで動画を見る(その1)

昨日ちょっと書きましたけれど私は移動中にipodでDVD録画したものを変換して見ています。実を言うとこのことを一番書きたかったのですが、思い入れが強すぎてとっておきにしてありました。昔からせっかく録画したものを隙間時間に見られないかなあと考えていて今それが2年間の時を経て実現しましたので感無量です。→この意味はDVDレコーダーを購入するまでに1年間、ipodの今のタイプが出てくるのを待つのに8ヶ月、見られるようにするまでに4ヶ月という意味です。(それほどおおげさに言うことでもないか)

私がそもそもこれを手に入れたのは、2005年末に妻の実家の大連(中国)に帰省するときに、中国のテレビ番組は英語の字幕が出ないとさっぱりわからないので(まあそれはそれで画面から類推するのも面白いのではありますが)、その代わりにこれで日本で録画した番組を見ようと考えたからです。でも年末は忙しくてとてもそれができるまで理解して用意するまでには至りませんでした。それでは悔しいので日経ベンチャー付録の過去一度も聞いたことがなかったCDを2枚程度入れて持って行ったのです。それでも全部聞いて少しは役に立ちました。でもメニュー画面は英語で直らないし、転送したCDを削除しようとしてもできないし、これはじっくり取り組まないとあかんなーと思ってしばらくお蔵入りしておりました。(なんともったいない)

でようやく3月になって徐々にマニュアルをダウンロードしたものを見ながら慣れていって今はなんとか使いこなしています。1月にipod向けの新しいプログラムがリリースされていたのをインストールする際に、たいして入っていないので復元しちゃいました。そうしたら日本語に画面が復活して(後でマニュアルを読んだらその直し方は書いてありました)すっきりしたので最初からトライできました。上にも書いたように私の目的はこれで音楽を聴くことではなく、DVDレコーダーに録画して見切れない番組を移動中やちょっとした空き時間に見たいのが本命でしたので、それを一生懸命マスターしました。

とはいうもののそんなに難しくなく「携帯動画変換君」をダウンロードして、ipod用と書いてあるところを選んであとは該当のファイルをそこにドラッグするだけで変換してくれるのです。でも私のDVDレコーダーはDMR-E3300H(2004年12月購入→これについてはまた書きます)なので最初はDVDをパソコンに入れてもまず読めないというところから始まりました。この原因はファナライズ(つい忘れがちなとマニュアルにも書いてある)をやっていないためです。で再度ファナライズをして開けるようになったのはいいのですが、一体どのファイルをやったら良いかがわからずとりあえず適当に携帯動画変換君」にぶち込みました。そうしたらエラーが出まくり。おいおい!と思っていたらあるファイルだけやり始めたのです。よく見たら一番でかい容量のものをやれば良いのでした。それ以外のファイルはいわゆるサムネイル表示用だったりボタンのファイルのようです。携帯動画変換君のダウンロードはこちらからです。フリーソフトです。こんな良いものをタダで提供とは本当に頭が下がります。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/ktai/ktaipic/keitaidouga.html

でも60分番組を入れたら延々とやり続けます。これはたまらんと思って1つめのファイルが出来た段階で中止を押しました。大体60分番組で45分ぐらい掛かります。でもこれで一旦終るとiTuneが自動で起動してなんと取込始めました。ついに成功したのです。それで調子づいてどんどんやって終りました。ちゃんとipodでも録画した番組が見られたのは本当に感動です。ただDVDレコーダーで録画したものはファイル名がどれも同じなので追加する時はコツがいることがわかりました。それは追々書きます。

今はビデオとしては「ガイアの夜明け(TV東京)」「世界遺産(TBS)」「アウシュビッツ(BBC制作)」「日本のこれから(NHK)」が入っています。後はプロフェッショナル仕事の流儀が見切れなければ入るかな。これでお判りのように私はドキュメンタリーやビジネス番組が好きです。

私の使っているipodは60GBのものです。これにAgent 18 Click Shield 60GB Video (Agent 18)というポリカーボネート製のケースに入れて使っています。このケースも素晴らしい。ガタつきもなくぴったりはまって、作りもガッチリしています。私のように録画したものを見る人はすぐにスクリーンが見られないとイヤですし、見るとなると本体を握り締めることになりますので汚れます。一緒に購入することをお奨めします。↓

Tg018lla_160x230

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore.woa/wo/20.RSLID?mco=5C612A59&nplm=TG019LL%2FA

気になる駆動時間ですが、ビデオを分数に直して120分ぐらいみるとバッテリーはかなりなくなります。もちろんビデオばっかりではなく、音楽も合わせると150分ぐらいかなという感じです。(正確にはかったわけではありません)充電は結構かかりますね。オンラインカタログ上では80%の充電に2時間、フル充電は4時間かかると書いてあります。

ビデオの変換はかなり圧縮されるようなのでそれほど容量は食いません。今結構入っていますがまだ1.5GBぐらいしか使っていません。この容量の面でストレスはあまり無いですね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)録画したビデオが持ち歩け、いつでも見ることができる
(2)容量が大きく気にせずどんどん貯められる
(3)アクセサリー類が豊富(これは戦略でしょうが…)

|

« 電車の中でP901iTVのテレビ視聴を試しました | トップページ | 実践!企画力・提案力アップ講座のお知らせ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173214/9576517

この記事へのトラックバック一覧です: ipodで動画を見る(その1):

» アイポッド ナノ [アイポッド ナノ]
アイポッド ナノ [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 22時20分

« 電車の中でP901iTVのテレビ視聴を試しました | トップページ | 実践!企画力・提案力アップ講座のお知らせ »