トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

リーブ21発毛実感キャンペーンに参加してみました

今5月9日まで無料のキャンペーンを大々的に行っているリーブ21の発毛実感キャンペーン。無料という言葉にひかれて行って来ました。実はこのキャンペーン2回施術してくれるのです。先週の日曜日(4月23日)に第1回の体感をしてきました。

前日(4月22日)にフリーダイヤル0120-783-640(ナヤミムヨウ)に電話すると、氏名と住所などを聞かれ、私は大宮西口OCを選択。大宮駅西口前のアルシェ9Fにあります。2時間ほどかかるということと、抜けた髪の毛を15本程度集めて持ってきてくださいということでなんとか集めて持って行きました。

先週の朝10時前に訪問すると、まずカウンセリングからスタート。問診票にたくさんの情報を記入してしばらく待っていると女性のカウンセラーが登場。いろいろ聞いて補足のことを書いていきます。カウンセリングの終りの方に髪の毛をまず見るのと、頭皮及び頭髪の状態をマイクロスコープで診てもらいました。

結果は男性型脱毛(成人男性の前頭部、頭頂部に起こる脱毛で、男性ホルモンと還元酵素が反応してできた物質により、毛母細胞が生きる力を失うことで起きる脱毛)と粃糠性脱毛(フケが多く出て抜け毛が多くなり脱毛する)、脂漏性脱毛(過剰な皮脂分泌により毛孔を逆流することで毛乳頭が脂漬けの状態になり、毛乳頭から栄養補給を受けている毛母細胞がダメージを受けて脱毛する)の3つの複合型であり、発毛するには4年間かかると言われました。改善するには2年コースを受けて、その後ホームケア、1年コースの後ホームケアをしていく方法、3ヶ月コースから改善していく方法の3つあると言われました。

さて皆さん。2年コースはいったいおいくらでしょう?施術料金200時間108万円、施術セット200時間67万7千円、ヘアトニック、シャンプー、コンディショナー、機械類などあわせて138万2千円、締めて306万7千円だと告げられましてびっくりしました。

そうか、だから発毛コンテストの1位の優勝賞金は300万円なのですね。ちなみにこのコースは保証書が発行されます。つまり2年間行っても改善が見られない場合は施術料金は返金するというものです。使ったシャンプーなどは返金されません。(尚消耗品もすべて保証する2年コースもあり、これは700万円以上します)

同様に1年コースは169万4千円(保証書発行)、3ヶ月コースは56万9千円です。(3ヶ月コースは保証書は発行されません)この説明を聞いた時点で申し込みはできないなあと感じてしまいました。

でも施術だけは受けてみたかったので、引き続き施術を受けました。熱めのお湯でしっかり流した後、シャンプーで丁寧に洗髪。その後コンディショナーをしみこませて、スチーム。さらに再度シャンプーで洗髪した後、別コーナーの仰向けになるベッドのような部屋へ。そこでは低周波による治療と、高周波(こちらは皮脂を出にくくするものだそうです)を行いまして終了。施術だけで1時間程度です。とっても気持ちよいです。これだけなら本当に毎週来たくなりますね。

その後カウンセリングルームに再度行きまして活緑素のドリンクを1杯いただきまして、来週(すなわち4月30日)もう一度来てくださいねとのことでした。そうしてもらったのが次のものです。↓(ただし本は1260円で購入しました。)

200604302032000

一番右側に写っているのが、シャンプーとコンディショナーです。これを1週間使ってさてどうなったでしょうか?そして私の選択は??今日はちょっと疲れましたのでまたの機会に(つづく)

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)人の根源的な悩みに対応する商品は強い(しかし支払える値段には限度がある)
(2)説明型商品はやはり無料体験が効果的(やってみないと本当にわかりませんからね)
(3)どのお店も駅前のとても近い行き易いところに立地している(大宮は東口にもあります)
(4)大々的にテレビやネットで宣伝をする(来てもらわないことには始まりませんからね)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年4月29日 (土)

大宮サティのレジ決済

今日は週に一度の買出し日。(もちろん妻は毎日行ってはおりますが、私にとってです)よく行く大宮サティの今日のレジの混み具合はひどかったです。(去年行った愛知万博かと思いました)レジを通過するのに40分もかかりました。原因は複数あると思いますが主なものは、イイ値ナットクシールという20円引きを10枚貼れるセールのせいでしょう。(もちろんこれ以外にサティビブレカード5%引きを同時開催している、給料日後の大型連休初日だったなどの要因もあるとは思いますが)

200604291209000

これは何かと言いますとこんなシールを一人1枚入り口で配布して、自分で購入した100円以上のもの及び3割引などのシールが貼っていない商品にこれを貼ってレジに出すとその貼った分だけ値段を引いてくれるというものです。↓

200604292023000

するとどうなるかと言いますと、通常はレジに商品のバーコードをスキャンさせれば値段が即認識されるのに、入力者がひとつひとつ確認して「20円引きになります」と言って手動で20円引きのボタンを押してから商品をスキャンさせないといけないわけです。つまり手間が倍かかるわけですね。

お客の数が多い上にレジ通過が2倍遅くなるので、上記のように通過40分となるわけです。せっかく買い物で楽しんだとしてもこれではかなりストレスがたまります。中には少ししか買わない人もかなりの時間待たされて不機嫌でした。子供なんて我慢できませんもんね。そのせいかどうかはわかりませんが迷子も続出していました。

一応店としてはそれに対応しようとして全てではありませんが、スキャンする人と精算する人の2人体制にはしていますがそんなんでは捌ききれません。私はいっそのこと銀行みたいにフォーク整列させたらどうかなと思いました。あるいは番号制にするとか。

根本的な解決はきっと今実験しているICタグをつけて自分のカートに入れるごとに積算が終わっていてレジではお金を払うだけというようにするべきでしょう。でもまだまだICタグは実験段階ですし、すべての商品につけるのも無理があるので当分はこの状態ですかね。

もうひとつのアイデアとしては、シールなんて止めてしまって一律どの品物も20円引きにしてしまえばよさそうですが、それは利益率の観点から無理でしょうね。またこのシールを貼るのが自分が主体になれる、あるいは参加している雰囲気を醸し出しているので、一律の値引きになったら買う側もありがたみを感じないでしょう。つまりセールの効果が薄くなるわけです。

せっかく良い企画なのにちょっと残念です。サティさん、せっかく会社更生法による再建(いわゆる倒産企業の再生ですね)を企業努力で前倒し達成したのですからもうちょっと考えましょうよ。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)購入する側に参加させる(この場合は20円引きのシールを自分で好きな商品に貼れる)
(2)でも混雑レジを緩和する方策を真剣に考えておく(根本的にはその場で即精算がよい)
(3)混雑したとしても、不満が出ないような仕組みを考える(フォーク整列、番号呼び出し制など)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

P901iTVでおサイフケータイを試す

今回機種変更したもう一つの大きな目的がこのおサイフケータイです。そこで早速セットしてみたのですが、うーんちょっとわかりにくいですね。何が分からなかったかというと、私はANAカードのEdyをセットしたいと思ったのですが、まずプレインストールされているEdyを起動してセットしてから…というところでつまづいてしまいました。

わかっている人には当たり前なのでしょうが、プレインストールされているのはどこ?てマニュアルを見たのですが「ああiアプリのことだ」とわかるのにちょっと時間がかかりました。で初期設定をしてからさらにモバイルAMCアプリサービス登録をします。↓(この部分はANAのおサイフケータイページから引用しました。)

S2_i1S2_i2
S2_i3S2_i4
S2_i5S2_i6
S2_i7S2_i8

このガイドは親切ですね。今キャンペーンをやっていましておサイフケータイを使うとまず登録するだけで100円チャージできて、さらに4日後ぐらいに300円ギフトがプレゼントされます。これで総計400円使用可能になったわけです。

さて私は、全日空が3月末まで行っておりましたTHANKS W キャンペーンに登録をしていましたので、この分をチャージしようと目論んでおりました。それでギフトがもらえる4月25日に試みましたら、「対象のEdyギフトはありません」と表示されました。「うーんそんなはずはない」と思って、本日チャージできるampmに行き、Edyギフト受取を試みました。しかし「対象のEdyギフトはありません」とメッセージで表示されます。そこで試しにANAカードをかざして見てみるとちゃんと「5000円分のギフトがもらえる」と出ました。

私はケータイでやりたいのでとりあえずキャンセルして、仕方がないのでANAに問い合わせることにしました。まずは問合せ窓口に掛けたらすぐにはわからないので折り返すとのこと。しばらく経ったら電話が来ましてキャンペーン終了後にケータイを変えたのでうまく切替られていないから、カードセンターに電話するようにと言われました。

そこでさらにカードセンターに電話したところ、(これもメニュー番号が適切なものがなくて、メニュー番号でいったりきたりしましたが)ともかく適当にオペレーターが出る番号にして用件を伝えました。ここでもかなり待たされましたが、結局キャンペーン登録時にカードで受取と指定されているのでケータイでは受け取れないということが判明しました。「カードで受け取ってそちらで使ってください」ということです。ということで後からおサイフケータイにはギフトはもらえず残念です。システムがそうなっているのでしょうが、なんかうまい方法はないもんですかね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)初心者にもわかりやすくガイドを作ること(そもそも「iアプリ」てなーに?から初心者は始まる)
(2)コールセンターはどこへ掛ければ良いか明示すること(今回も2箇所にかけ且つメニュー番号は適当なものがなかった)
(3)カードのEdyからおサイフケータイへチャージ分を移動できるようにする(せっかく使いたいという意欲のあるのを削がないようにする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

SLⅡの公開セミナーに参加

ダイヤモンド社主催の無料公開セミナーに行ってきました。(4月19日)遅まきながら報告します。と言っても中身について詳細を語るとダイヤモンド社さんに怒られそうなので、感想を書きます。(少し触れますけど)

会場はこちら↓ダイヤモンド社石山記念ホール9F(ホームページから引用させていただきました。)

Building0810

SLⅡとはシチュエーションリーダーシップⅡの略です。何かというと部下のタイプや状況はその進化の過程においてどんどん変化する。それなのにリーダーの側が同じようなスタイルで対応していたってうまく行くはずがないでしょ?だから共進、共創できるようにやりましょうよということでした。

創造のプロセスがとっても興味深かったです。最初は感動、その次落ち込み、そのうちだんだん慣れてきて、最後は笑いが起こるような創造ができる過程を踏むというのはとっても腑に落ちました。それぞれの段階で能力と意欲が違うのでそれに合わせて指示型だったり、コーチ型だったり、支援型だったり、委任型だったりリーダーの側も変化して行うというのが2番目に得心がいきました。
ご興味のある方はこちらをどうぞ↓
http://www.dcbs.jp/sl2/index.html

講義された吉川宗男先生はアメリカに40年近くいたそうで、さすがアメリカ仕込みのプレゼンテーションテクニックに溢れていました。でもちょっと違和感があったかな。オーバーアクションと感情表現が多めに出てるので聞いている側が最初は引き気味でしたね。もうひとつは前に座っている人が、先生の「登校拒否児」の例を出された時に激しく反応してクレームを付けるという緊迫した状況が出ました。それで進行が遅れちゃいましたね。私も講義をしていてたまーにこのような場面に出くわすのですが、どうやって捌くのか内容よりもそっちの方に関心がいっちゃいました(笑)

でも結構冷静に先生は対処され、最後は「後でね」と対応しています。この件は休み時間にじっくり話し合って解決したみたいです。それについてはコメントを後半の講義中にされていました。このセミナーは2日間で本格的に受講すると1人157,500円(税込)と結構高額ですから、昼の13:30~17:00までの間に参加した人に「よし少しはやってみよう」という気にさせなくてはならないのでたいへんですね。でもよく練られているなあとは感じました。ただし時間についてはやはり不足していて、前半は30分オーバー、後半も30分以上オーバーしていたので残念ながら次の用事がありましたので途中で失礼してしまいました。(本当は私が出た時間に終るはずだったのですけれどね)

もうひとつはパワーポイントを使ってやったのですが、下側が前の人の頭でほとんど見えなかったのとマイクが不調で入ったり入らなかったりして聞き苦しかったのも不満点です。これは主催者側がきちんと事前にチェックすべきだったでしょうね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)高額サービスは、無料公開セミナーを行い啓蒙をする(2ステップ営業ですね)
(2)肝の資料は渡すが、大半の説明はパワーポイントで行う(詳しい資料を渡すと途中で帰っちゃいますからね)
(3)説明する人は優れたプレゼンターを起用する

(4)どのように進めるかシミュレーションもしてみせる(ただし途中退席したのでこの部分は見ておりません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

基本「売る」ための教科書の花田社長をお見舞いする

私が書いた『「勝つ」マーケティングの教科書』と同じシリーズの本をお書きになっていらっしゃる方を紹介します。花田さんとは何度かお会いしていて素晴らしい方なのですが、実は今錦糸町の駅の階段で足の骨を折られて入院されています。今日は花と本を持ってお見舞いに行ってきました。

でもブログを毎日発信し続けていらっしゃって今どんな状態なのか手に取るようにわかります。イヤーさすが営業の教科書を書くだけのことはあるなあ。頭が下がります。もしかしたらかえってじっくり書けるのかもしれませんが。ブログを見ているとバーチャルなお見舞いをしているみたいです。(私は本日リアルに行きましたが…)エールを込めてご紹介。ちなみに花田社長のブログはこちら
http://blog.goo.ne.jp/e-fp/   (必見ですよ!)

お見舞いしたときの写真です。

2006_426_1650

今回ご紹介する花田社長の本です。

さてこの本は営業の基本を知りたい人にとっては本当に役立つ本です。営業にとってまず最初の悩みは見込み客をどうやって掘り起こすかですね。それについては、焦らずに定期的に発信して信頼関係を築くことが遠回りなようで結局早道だということが説かれています。特に現代のツールであるITを使った情報提供を多すぎず少なすぎず定期的に発信するのがコツというところが素晴らしいですね。前半はそのノウハウが実例とともにわかりやすく豊富にかかれています。

今回の入院についても花田さんはしっかり災い転じて福となしています。だって入院生活を詳細に報告されたらなんとかお見舞い行かなくちゃと思うでしょ。でもそれが嫌味でないのがポイントですね。(もちろん入院前はこの教科書通りセミナー講師をやっていらっしゃって笑いいっぱいの元気が出る話をお聞きしました。)

後半は実際にお客として対する場面場面のノウハウです。セールスプロセスを①アポイント、②アプローチ、③ヒアリング・プランニング、④プレゼンテーション・クロージング、⑤紹介入手をきちんと場面に応じてやはり豊富な実例で書かれています。特に重要なのはクロージングもそうですが、最後の紹介入手ですね。売れるとつい忘れがちというかやらなかったりするのがダメ営業マンですが、トップセールスの人はまさにここがすごいんですね。私の知っているトップセールスもまさにこの紹介が途切れなくくるので最初の関門の見込み客開拓がいらないんです。

営業に悩んでいる人は本当にお得な本です。ぜひ一度手にとってみてください。

花田社長のお会社は、営業コンサルティングの会社なのですが、(前述しましたが)社長不在でもしっかり回っています。入院はむしろ自分ひとりでじっくり考えたり、本を読んだりできるので貴重な時間だとおっしゃっていました。私も昨年10月に1週間ばかり入院したのですが(16年ぶり)考えたことは一緒でした。極力テレビを見ないようにして、本を読んだり、パソコンをやったり、書いたりするんです。そうすると結構色々気付きますね。

花田社長によれば痛みは今は無いとのこと。しかも埋め込み式の固定方法なので昔みたいにギブスで固定ではないのですね。したがって足も吊っておらず、松葉杖で歩けるそうです。ブログで改めて拝見するとそう書いてあるのですが実際にお話を伺ってよくわかりました。ただしこの方式は1年後ぐらいに再度手術をして固定されているものを抜き出さなくてはならずその後痛いらしいです。
で今日のポイントは本の話ではなく、花田社長が経営していらっしゃる会社の話でまとめてみました。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ピンチをチャンスに変える(自分自身の身に起こった珍しい出来事をほぼリアルタイムで実況中継することでファンが真剣に読む→めったにないことですから興味深々ですものね)
(2)不在でも回るような仕組にしておく。(システムがあるのです)
(3)自分の分身(部下や協力パートナー)を日頃から養成しておく(セミナーのキャンセルは入院後も1回も無いそうです)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

「いびきクリップ」でいびきなし

妻からいびきがうるさくて寝られないと毎晩文句を言われ続けておりました。そこで第一次対策として枕の下にクッションをはさみ体を斜めにして寝れば出ないのではと考えて実行。4日間ぐらい続けましたが、やはり寝にくいのと、酒をたくさん飲むと効果なしなのがわかりました。

そこで前から目をつけていた「いびきクリップ」を大宮ロフトで1575円(税込み)で購入、早速試してみました。購入したのが日曜日なので昨日まででまだ2回しか使用していませんが、今のところまだいびきはかいていないみたいです。(→本人はいびきをしているかどうかはわからないため)こんな感じの商品です。↓

携帯便利なケース付「いびき防止クリップ」いびきクリップ

装着感はやや痛いかな。でも寝られないほど痛くはありません。鼻の穴両側に鼻輪みたいにして付けて寝るのですが、若干違和感もあります。今朝は起きたときやや息苦しい感じがしました。(大丈夫か?)まあそれはじきに治りましたけれど。携帯用のケースが付いているのですがそれがやや開けにくいです。もうしばらく使ってみてまた報告します。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)人間の持っている不満を解消している
(2)携帯性に優れている
(3)構造が単純(シンプル)→壊れにくそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

藤巻幸夫氏の講演に行って来ました

藤巻幸夫さんを皆さんご存知でしょうか?朝日新聞購読の方は毎週土曜日の「be」で「フジマキに聞け」でおなじみの元伊勢丹カリスマバイヤー、つい最近まで「フクスケ」の社長、現在はセブンアンドアイ生活デザイン研究所代表取締役社長(イトーヨーカドー、セブンイレブンなどのグループ会社の中のひとつ)という方です。
きこ書房(株式会社エス・エス・アイ主催)の出版記念講演会です。5千円払って行って来ました。どんな本かというとこの本です。↓

イヤー相変わらずパワフルですね。私はエキュート大宮がオープンした時にオープニングイベントで彼の話を聴いたのですが、全然構えたところがなくがんがんしゃべるところがとっても好感を覚えました。今回は新宿のセンチュリーハイアット東京 B1Fクリスタルルームという結構大きなところで250人ほどのイベントでした。満員で熱気むんむんでしたが、それなんかはモノともせずでしたね。でもちょっと途中からパワーがダウンしてきて咳き込んでいました。よく聞いたらどうも年末入院していたそうです。現状酒は禁止みたいです。ちょっと働きすぎですか?お大事にしてください。

ビジネスで勝つための秘訣として彼が挙げていたのは次の5S5C4Mです。
5S→シンプル、スピード、センス、スマイル、しつこさ
5C→コミットメント、コンセンサス、コミュニケーション、コラボレーション、チャレンジ
4M→マーケティング、マーチャンダイジング、マネジメント、真心

特に思いをずっと持ち続けたら時間はかかるかもしれないが絶対実現すると強調してました。会場で彼のサイン本先着30名分を売っていましたので買いました。帰りの電車で一気に読んじゃいました。失敗したことがたくさん載っていて、でもその中からたくさん気付きがあることや、たった3坪のバーゲン売り場からいろいろ勝手に試してみて今でいう仮説と検証をしていたことなどがざっくばらんに語りかけるように書いてあります。

もっとうれしかったのは、終ってから彼は会場の出口に居て私をみつめて「どこかでお会いしましたよね?」と声をかけてくれたことです。「そうです。大宮駅の時にも行きました」と言ったら彼も喜んでくれて、名刺交換&握手しちゃいました。私結構ミーハーなのでハッピーです。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)キャラクターを立てる(坊主頭にひげ、ノーネクタイの服装など藤巻氏と一目でわかる)
(2)調子は変えず一貫する(講演だからといって改まって話さない)
(3)豊富な実例(自分が体験したこと)を法則とからめてうまく話す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

実践!企画力・提案力アップ講座のお知らせ

またまた自分の宣伝です。新商品開発も含めて企画力をアップさせたいと思っていらっしゃる南九州地区の中小企業の皆様へ。中小企業大学校 人吉校で私が講師を勤めるセミナーを開催します。よろしかったらどうぞ。

日時:2006(平成18)年5月24日~26日 私のパートは毎日9:00~16:30です。
(初日は池澤先生です。2日目と3日目は私です)
場所:中小企業大学校 人吉校(熊本県人吉市) ステキな寮付きです。
締め切り:5月10日まで
詳しくは下記のサイトをご覧下さい↓
http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/list/details/005278.html

この講座も実践的にやります。グループに分かれていただいて2日間で企画書を仕上げてプレゼンテーションまで行います。ところで中小企業大学校て何?と思われた方もいらっしゃるでしょう。簡単に言えば中小企業のために国が作った研修機関です。経済産業省中小企業庁管轄です。この研修も含めて個人での申し込みはできません。あくまでも中小企業が派遣するということが前提になりますのでよろしくお願いします。

この機関知っている企業さんはとてもよく使っていらっしゃいます。受講料も民間の研修機関主催のものよりは多少安くなっています。また企業が教育研修に熱心であれば助成金も利用できます。自分の宣伝のページに書くのであまり説得力がないかもしれませんが、結構有名な先生や素晴らしい先生も講義されていらっしゃいますね。でもあまり知られていないのが少々残念です。一度受けられれば良いということがわかるのですがね。

この大学校は全国で9校あります。旭川(北海道)、仙台(宮城)、三条(新潟)、東京、瀬戸(愛知)、関西(兵庫)、広島、直方(福岡)、そしてこの人吉です。この人吉校だけ全国の施設にないものを持っています。それは温泉です。人吉は温泉で有名です。その源泉から温泉を引っ張っています。寮も立派です。寮といってもちょっとしたホテルみたいです。(ただし各室には研修施設なのでテレビはありません。談話室にあります)

まだご利用なさっていらっしゃらない方はお近くの大学校を覗いてみましょう。各校にホームページがありますのでキーワード検索すれば必ず出てきます。半日ぐらいの無料セミナーをもう少し頻繁に開いて広く告知すれば良いのになあと個人的には思ってます。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)無料セミナーをもっと開く
(2)各講師にも宣伝をさせる(一応今回は私は実践いたしました)
(3)すでに参加した企業で良いなあと思ったら紹介キャンペーンを行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

ipodで動画を見る(その1)

昨日ちょっと書きましたけれど私は移動中にipodでDVD録画したものを変換して見ています。実を言うとこのことを一番書きたかったのですが、思い入れが強すぎてとっておきにしてありました。昔からせっかく録画したものを隙間時間に見られないかなあと考えていて今それが2年間の時を経て実現しましたので感無量です。→この意味はDVDレコーダーを購入するまでに1年間、ipodの今のタイプが出てくるのを待つのに8ヶ月、見られるようにするまでに4ヶ月という意味です。(それほどおおげさに言うことでもないか)

私がそもそもこれを手に入れたのは、2005年末に妻の実家の大連(中国)に帰省するときに、中国のテレビ番組は英語の字幕が出ないとさっぱりわからないので(まあそれはそれで画面から類推するのも面白いのではありますが)、その代わりにこれで日本で録画した番組を見ようと考えたからです。でも年末は忙しくてとてもそれができるまで理解して用意するまでには至りませんでした。それでは悔しいので日経ベンチャー付録の過去一度も聞いたことがなかったCDを2枚程度入れて持って行ったのです。それでも全部聞いて少しは役に立ちました。でもメニュー画面は英語で直らないし、転送したCDを削除しようとしてもできないし、これはじっくり取り組まないとあかんなーと思ってしばらくお蔵入りしておりました。(なんともったいない)

でようやく3月になって徐々にマニュアルをダウンロードしたものを見ながら慣れていって今はなんとか使いこなしています。1月にipod向けの新しいプログラムがリリースされていたのをインストールする際に、たいして入っていないので復元しちゃいました。そうしたら日本語に画面が復活して(後でマニュアルを読んだらその直し方は書いてありました)すっきりしたので最初からトライできました。上にも書いたように私の目的はこれで音楽を聴くことではなく、DVDレコーダーに録画して見切れない番組を移動中やちょっとした空き時間に見たいのが本命でしたので、それを一生懸命マスターしました。

とはいうもののそんなに難しくなく「携帯動画変換君」をダウンロードして、ipod用と書いてあるところを選んであとは該当のファイルをそこにドラッグするだけで変換してくれるのです。でも私のDVDレコーダーはDMR-E3300H(2004年12月購入→これについてはまた書きます)なので最初はDVDをパソコンに入れてもまず読めないというところから始まりました。この原因はファナライズ(つい忘れがちなとマニュアルにも書いてある)をやっていないためです。で再度ファナライズをして開けるようになったのはいいのですが、一体どのファイルをやったら良いかがわからずとりあえず適当に携帯動画変換君」にぶち込みました。そうしたらエラーが出まくり。おいおい!と思っていたらあるファイルだけやり始めたのです。よく見たら一番でかい容量のものをやれば良いのでした。それ以外のファイルはいわゆるサムネイル表示用だったりボタンのファイルのようです。携帯動画変換君のダウンロードはこちらからです。フリーソフトです。こんな良いものをタダで提供とは本当に頭が下がります。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/ktai/ktaipic/keitaidouga.html

でも60分番組を入れたら延々とやり続けます。これはたまらんと思って1つめのファイルが出来た段階で中止を押しました。大体60分番組で45分ぐらい掛かります。でもこれで一旦終るとiTuneが自動で起動してなんと取込始めました。ついに成功したのです。それで調子づいてどんどんやって終りました。ちゃんとipodでも録画した番組が見られたのは本当に感動です。ただDVDレコーダーで録画したものはファイル名がどれも同じなので追加する時はコツがいることがわかりました。それは追々書きます。

今はビデオとしては「ガイアの夜明け(TV東京)」「世界遺産(TBS)」「アウシュビッツ(BBC制作)」「日本のこれから(NHK)」が入っています。後はプロフェッショナル仕事の流儀が見切れなければ入るかな。これでお判りのように私はドキュメンタリーやビジネス番組が好きです。

私の使っているipodは60GBのものです。これにAgent 18 Click Shield 60GB Video (Agent 18)というポリカーボネート製のケースに入れて使っています。このケースも素晴らしい。ガタつきもなくぴったりはまって、作りもガッチリしています。私のように録画したものを見る人はすぐにスクリーンが見られないとイヤですし、見るとなると本体を握り締めることになりますので汚れます。一緒に購入することをお奨めします。↓

Tg018lla_160x230

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore.woa/wo/20.RSLID?mco=5C612A59&nplm=TG019LL%2FA

気になる駆動時間ですが、ビデオを分数に直して120分ぐらいみるとバッテリーはかなりなくなります。もちろんビデオばっかりではなく、音楽も合わせると150分ぐらいかなという感じです。(正確にはかったわけではありません)充電は結構かかりますね。オンラインカタログ上では80%の充電に2時間、フル充電は4時間かかると書いてあります。

ビデオの変換はかなり圧縮されるようなのでそれほど容量は食いません。今結構入っていますがまだ1.5GBぐらいしか使っていません。この容量の面でストレスはあまり無いですね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)録画したビデオが持ち歩け、いつでも見ることができる
(2)容量が大きく気にせずどんどん貯められる
(3)アクセサリー類が豊富(これは戦略でしょうが…)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電車の中でP901iTVのテレビ視聴を試しました

機種変更した話題のワンセグ携帯電話P901iTV。今日は週に1度大学の講義のために東京に行く日なので帰りにテレビが見られるか試してみました。なんとばっちりです。アンテナを伸ばさないと受信状態はやや悪くなりますが伸ばせばほとんどストレスなく見られます。テレビ朝日(銭形金太郎)とNHK(ためしてガッテン)を見てみましたが問題はありませんでした。もちろん電車の中なのでちゃんとイヤーフォンはしましたよ。私のは白なので結構目立ちますね。このフォーンはクリップもついていますので便利です。ただ上野駅で乗り換えるとき閉じた状態にしたのですが視聴OFFにはならず、おまけにスイッチを触ったみたいで日本テレビの音声が断続的に聞こえていました。巨人戦でした。野球やワールドカップをどうしても電車の中などで見たい人はお勧めかな?巨人戦は山手線で今年から実験的に車内テレビで流すようですが…。残念ながら電車内で写真を撮るわけにはいかず証拠写真はありませんけれど悪しからず。

そうそう今朝は電車のトラブルが発生して遅れたのですね。駅員さんに聞いてもすぐには答えてくれず少々イライラしました。こんなときこのP901iTVのデータ放送に情報を流してくれるとありがたいのですがね。

車内はやや混んでましたので、後ろの人と座席に座っていた学生さんにじっと見られていました。まだ珍しいのでしょう。問題は見たい番組があればOKですが、なければ本当に単なる暇つぶしにしかならないことです。実は私は電車で混んだときの移動はipodでDVDから変換したテレビ番組を見ています。こっちの方がベターですね。携帯テレビで見る番組は受動的、録画したテレビ番組は主体的だけの違いですけれど、後者は自ら見たいものを見ている&CMを全部カットしているので気分が良いです。ただipodでDVD録画を見られるようにするには結構手間なんですけれどね。これについては早く書きたいのですが、書くことがありすぎちゃってまたにします。ちなみに録画して見ているのはTV東京の「ガイアの夜明け」です。これもお奨めなのでいずれ書きます。

都内のクライアントさん(ビルの中)のところでも話題のネタで携帯電話でテレビを見せてあげましたら、これまたばっちりテレビが写りました。商談のネタにも当面は使えそうですね。東京都内だけがばっちりというのがちょっと気分悪いですけど。だから結局ipodになっちゃうんです。

今日はこれ以外にも①ダイヤモンド社主催のSLⅡ(ざっぱくに言えばリーダーシップのあり方について効果的にするにはどのようなメソッドをとればよいか)についてのセミナーを受講してきました。また
②武蔵工業大学でトイレが見違えるほどきれいになったこと(大学の少子化対策の一環)、
③読み終わった「コンサルタントの秘密」がとっても参考になったこと、
④この携帯電話におサイフケータイをセットしたこと、
⑤昨晩行った蕨(地名です)のユニークな料飲店「魚中屋」の話、
⑥普通では聞けない「企業再生ビジネス」の話、
⑦CBSファミリークラブで有名且つ売れている「シライバッグ」の話(→これを作って売っていらっしゃる方と私は懇意にしてまして、魚中屋でお話を伺ったのです)、
⑧テレビ用のヘッドフォンがなかなか優れものだったこと(上の携帯テレビ用とはまた違うものです)など…
いろいろネタはあるのですがまたにします。(忘れないように書きました)

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)ストレスなく見られる(だってテレビですからね。いろいろやってようやく見られるではダメですよ)
(2)大きくして見ることができる(横のワイドスクリーンにすれば結構大きいです)
(3)電池が持つ(以前の私のFOMAはテレビの機能などついていないのに、1通話したらすぐ「充電してください」になりました。このP901iTVは、さすがテレビ視聴を想定しているだけあって結構持ちます。ただしテレビを見ると確実に電気は食っています)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月18日 (火)

新商品開発手法のセミナーをします

今日はちょっと自分の宣伝です。マーケティング研究協会さん主催の有料公開セミナーを実施します。毎年2回開催しているもので、結構たくさんの方が参加されていらっしゃいます。1日ということもありさわりだけの部分もありますが、新商品開発手法の核心はお教えしておりますのでご興味のある方はどうぞ。

日時:2006年5月16日(火)
場所:全共連ビル(東京メトロ永田町駅下車2分)
費用:45,000円(税別)
詳細は次のURLを見てください↓
http://www.marken.co.jp/seminar/0280.html

私のセミナーは一方通行ではなくて、手法をお教えした後で実践をしていただくのが特徴です。やはり手法はやってみないと理解が進みませんからね。事例はこちらで用意させていただきます。グループに分かれて楽しくできます。特にアイデアがなかなか出ないとか、アイデアはたくさんあるけれどコンセプトがうまくまとまらない方にはお奨めです。もちろん体感していただくだけではなく、各グループを回って適宜アドバイスや質問にお答えします。

さて自分で自分の解説をするのは照れくさいのですが、まあまあいつも人数は集まり評判も良いので、終了後のアンケートから類推して今日はポイント分析します。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)双方向で行う。
(2)体感・実践できる。
(3)すぐに役立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

すごいマンション~コロンブスの床~

マンションに住んでいて何が悩みかというとともかく収納のなさと、天井の低さですね。私もマンションに住んでいるのですが、何かと言うと妻から「早く捨てて!(怒)」と私の趣味の保存しているものを追及されます。私の趣味はある雑誌でして、それが本棚2つ分も1部屋に置いてあるのです。それ以外にもリビングルームに本が結構あります。さすがに昨年末本棚から溢れていたのには妻が切れましたので、泣く泣くブックオフに売りました。(130冊ぐらい持って行ったのですが4500円程度です)

そんな中画期的なすごいマンションが賃貸であります。それは「さとうべネック」という建設会社が特許をとっている「コロンブスの床」を採用したマンションです。ここの開発部長である清水さんはものすごい情熱家と熱心さでまさに新商品開発をする人のお手本みたいな人です。先日この工法を利用した見学会にご招待いただきました。(ご興味のある方は「コロンブスの床」開発物語をぜひさとうべネック様にご請求ください。)

自ら志願して、建設会社には珍しい商品開発部を当時たった一人で立ち上げ、マーケットインの発想で試行錯誤しながら本当に長い時間をかけて熟成した商品が花開いたのです。なかなか写真では伝えられないのでぜひ体感していただいた方が早いのですがこんな感じです。↓

Pict0048    Pict0053

えっ何がすごいか?ですって。実はですね、天井高がとっても高いんですよ。それだけでも圧迫感が全然違いますね。部屋の大きさ以上に広く感じます。この物件は上野御徒町にできたワンルームマンションなのですがワンルームという感じがしませんでした。どういう仕組みかというとそれはこちらのサイトを見てもらいたいのですが↓、
http://www.satobenec.co.jp/task/index2.html
簡単に言えば部屋ごとにある天井や床下のデッドスペースを考えながらきちんと設計していくと、余裕が生まれるわけですね。そこを利用して押入れの中を掘り下げたり、床下収納したり、あるいは上記の写真のように足が十分入る掘り込み式書斎+ロフト感覚のベッドを上に作っても全然圧迫感がない部屋ができるわけです。

このマンションは賃貸なのですが、部屋の埋まるスピードが全然違うそうです。なぜならこの部屋を見た借りようと思う人がぜひ借りたいとすぐ思うからですね。つまりオーナーにとってもメリットがある部屋になるわけです。それでいながら建築コストがアップするのはほんのわずかだそうです。

Pict0013 Pict0016 

この工法の特許は「日本弁理士会会長奨励賞」も受賞しています。このマンションの見学会は今後のお施主さん方もたくさんいらっしゃって「うちもぜひこれでやりたい」と他の業者で話が進んでいたのを止めてこちらに乗り換えたりしている例が続出したそうです。皆がハッピーになるこのようなユニークな商品がヒットするのはうれしいですね。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)考えて考えて考え抜く(開発した清水さんは、他の業界やマーケティング関連のあらゆる本を読んだり、思いついたことをすぐ書けるように枕元にノートを置いたり、手許に常に持ち歩いたりしています)
(2)住まい手の声を徹底的に聞く
(ターゲットの心の声に耳を傾け、素直に聞く→その不満を解消しているからこそ皆飛びつくわけですね。)
(3)住む人、開発する人、貸す人、そして自社皆がハッピーになるものを作る
(「売る側だけ儲かる」は長続きしない)
(4)自分の会社の常識を破るPRを戦略を組み立てて徹底的にする(様々な資料、ビデオ、グッズを作ってます。パブリシティも素晴らしく色々な新聞で取り上げられています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

合格保証TLTソフト「中国語3級」で学習する

私は妻がせっかく中国人なので中国語がしゃべれるようになりたいなあといろいろトライしてきました。しかしNHKのラジオ講座も長続きせず、ニイハオ、シェイシェイからちっとも上達しません。そこで一念発起してこのソフトを購入して勉強を今年の2月から始めました。TLTとは、株式会社ニュートン(元教育社ですね)が出しているソフトです。よく新聞の全15段広告(全面広告)に、TOEICとか司法書士とか、宅建とかの広告を出しているのでご存知の方もいると思います。

私はこのニュートン社が教育社だったころ、トレーニングペーパーという今のこのソフトの原型だったものを使って高校入試や大学入試の勉強でお世話になりました。特に高校入試はとても役立ちましたので親近感を持っています。しかし、当時はパソコンは今ほど普及していないというか存在すらしていませんでしたので、もっぱら紙で繰り返し行う仕掛けでした。でも最初にテストをしてわからないところや習熟していないところを洗い出し不得意なところばかりを集中的に効率よく学習するというのは理にかなっていると思います。

この中国語講座もまさにその仕組みがパソコンでできるようになっています。私は一応モニター会員なので安く購入しました。3万8千円です。本当は8万5千円らしいです。でもなかなか時間がとれず土日にちょっとやるぐらいですね。入り口はこんな感じです。↓

Photo_3

今私はまだ単語演習の最初の方です。↓

Photo_4

今このどこかのボックスをクリックすると次のような画面が開いて問題が表示されて、どんどん答えるわけです。ただし答えはスピードを速めるためにローマ字入力で最初の単語があってれば正解となります。↓

Photo_5

上記は文字が出てきて意味をローマ字で入力するものですがこれ以外に音声だけ流れてきて意味を問う問題もあります。間違えるとしつこく覚えるまで何度も問題が出てくるわけです。間違えずに何度か答えるとようやくOKが出るという仕掛けです。もうひとつのおもしろいところは、期限までに合格マークをつけて試験を受けて不合格となった場合は返金保証もつけていることです。(この試験は中国語検定3級です)期限までさぼらずになんとかさせる動機付けもあるわけです。さー今日もこれでがんばろうっと。

☆ヒットする新商品・サービス開発のポイント
(1)のめりこみやすいように、作られている。
(2)返金保証がついている。
(3)期限を区切った動機付けの仕組みがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

「ヒットを読む」を読む

ちょっと前に読んだ本です。でもこれも一気に読めました。そういえばこれも新書だなあ。新書ばっかり読んでいるように思われるのは心外ですが、でも面白い本から順に書くとこうなります。この本はこのブログの主旨にかなり近い本です。最近の流行や徴候を幅広く紹介しています。ただしちょっと不満なのは東京中心というか都会中心というところですね。

東京見物でトレンドを探りたいという時はこの本は参考になるでしょう。地方の話も地方のものが東京でいかにヒットしているかという観点です。まあ私も自分が使ったり見たりしたものでヒットしていそうなものはなーにと言っているので人のことは言えないか。

地方で取り上げられているのは名古屋だけれど、これも都会ですしね。ちなみに余談ですが、私は名古屋に仕事で10年ぐらい住んでいたことがありまして、なつかしいと共に、あのパワーが今花開いてすごいと思ってます。名古屋の話はまた違う機会にします。

各節に質問がついていて、紹介した事例から自分たちの商品やサービスを考えるようになっています。また関連キーワードも付いています。とっても親切ですね。

あと面白かったのは最後にこの著者(品田英雄氏)のエピローグー私のやり方ーですね。その中で目にしたり耳にした情報はできるだけ自分で体験してみるというくだりがあります。私はこれに大いに賛成です。体験してみてこそ良さや悪さがわかりますものね。新商品開発の支援をしていて時々出くわすのがアイデアがなかなか出ないという人です。その人に不足しているのは好奇心です。毎日同じ通勤経路をまったく同じ時間に通ってませんか?電車で通っている人は乗る車両まで一緒だったりして…。まずは体験することからお奨めします。

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)何でも好奇心を持つ。<できれば自分と関係ない分野にもできるだけ行ってみる>
(2)体験をできるだけする。<使ってみたり、その場所に行ってみたり>
(3)自分のことに使えないか考えてみる。
(4)あるいは反対に考えてみる。<トレンドに乗るだけが人生ではないし> 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

『ウェブ進化論』読みました。

今書店にも平積みのちくま新書の「ウェブ進化論」一気に読みました。イヤー期待にたがわず素晴らしい内容です。今ネット上で起こっていることをこれだけ的確に書いた本は本当に初めて出会いました。しかもこの本図解のたぐいは1個だけで後はすべて文章。でもよーくわかります。

一番感銘を受けたのは次のページです。なお本書中にはブログのことも書かれており著者(梅田望夫氏)も対象となるものがネット上のものでない場合は出典を転記し、手間は少しかかるが、最も重要な部分だけ筆写することである(166ページから167ページ)と書かれているので実践します。

以下転記です。「ウェブ進化論」ちくま書房 著者梅田望夫(これでモチオと読むそうです)氏

34ページから引用>>>>>>>>
「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」という「次の10年の三大潮流」が相乗効果を起こし、そのインパクトがある閾値(いきち)を越えた結果、リアル世界では絶対成立し得ない「三大法則」ともいうべき全く新しいルールに基づき、ネット世界は発展を始めた。
その「三大法則」とは、
第一法則:神の視点からの世界理解
第二法則:ネット上に作った人間の分身がカネを稼いでくれる新しい経済圏
第三法則:(≒無限大)×(≒ゼロ)=Something、あるいは、消えて失われていったはずの価値の集積
である。

うーんこれだけ書いてあるとわからないかと思いますが、あとは詳しく本文を読んでいただくとしてこの本がヒットしているのは、おそらく今何が起こっているか漠然とした不安感のある人がなんとか納得したいと願っていることに明快に論理立てて解説していることでしょう。しかもその内容はまさに今進行していることをほとんどカバーしています。グーグル、アマゾン、WEB2.0とは、ブログはなぜ流行る?、オープンソースなどなど。しかもそれが既存の既得権益を持っている人達を脅かしているのもよくわかります。

「やったことの無い人には何がすばらしいかわかんないぜ」、「既存のエスタブリッシュメントはインターネットを悪、濁と見なしているけどそんなことをいってハードに固執したり、オープンソースを無視して囲いこんでいたりすることにしがみついていたら未来はないぜ」というメッセージがよくわかりました。

本屋では若い社員が上司に読ませるのだといってごそっと買っていくそうです。「さおだけやはなぜ潰れないのか」もそうでしたけれど日頃不思議に思っていることをわかりやすく解説したものは本当に頭が下がります。
著者の梅田氏は私と全く同学年です。(年齢は彼の方が1つ上ですが)そんなこともこの本に入っていきやすかったのかなあと思いました。こんなのアマゾンで紹介してもどの書店にも並んでいてほぼ無意味ですが、第二法則にしたがって一応貼っときます(爆)  

☆ヒット商品・サービス開発のポイント

(1)変化の時代、不安に思っていることに明快に答える。
(2)大きなターゲットが2つある。<「あちら側」(インターネット側)の人達と「こちら側」(リアル側)の人達>
(3)新書で持ち歩きやすいし、価格も単行本のほぼ半分<出版社はこれで困ってますけどね>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

モバイルSuicaをやらないわけ

私の機種変更した携帯電話P-901iTVはおサイフケータイが付いています。またモバイルSuicaにも対応しています。しかも私が行っているジェクサーはJR VIEWカードの支払しか認めてくれていませんのでカードも持っています。よってすぐにでもモバイルSuicaが始められます。でもしたくないですね。それはなぜかというと、最大の理由はSuicaは会社の用事に使うことだけにしており、チャージした領収書を持って精算しているからです。カードの請求明細書で会社に請求するわけにはいきません。領収書を発行してくれたらやっても良いかなと考えています。

もうひとつの理由はJRのカードの囲いこみ戦略はわかるのですが、もう少し使えるカードを提携して広げて欲しいというのもあります。私はANAカードで一生懸命ポイントを貯めています。よってあまり他のカードを使いたくないのです。せっかく良いサービスなのに変な囲いこみをするばっかりに普及しないのは惜しいですね。先日の報道でモバイルSuicaは低調な出足とありました。このVIEWカードだけという戦略を止めて、他のカードでもOKとするともう少し増えるかもしれませんよ。もうひとつは上で述べた領収書発行をすると良いかも。後たとえカードを持っていてもさらにケータイでアプリをダウンロードして色々設定しなければならないのも面倒くさいですね。今のSuicaカードはきっぷを買う券売機ですぐに現金をチャージできるというのが良いのですから。ここまで手間をかけさせても普及させたいのなら、VIEWカードのマイレージを4倍にしてはどう(笑)

と思って検索を掛けたら実際に試した人がいて私と同じようなことを書いています。↓(大串明弘さん)

http://allabout.co.jp/computer/telecomfees/closeup/CU20060130A/index.htm

会員が増えずに焦っているのかVIEWカード会員向けにA4版大のDMがJR東日本から送付されてきました。でもご覧の通り面倒くさい感じでしょ。(上の人によると実際面倒くさいようです)

2006_411_2122 2006_411_21221

☆ヒットする商品・サービス開発のポイント
(1)汎用性を高くする(現状のモバイルSuicaはカードを作れだの、アプリをダウンロードしろだの面倒くさい)
(2)囲いこみも度をすぎないようにする(度を過ぎると普及しない)
(3)ユーザーのニーズをしっかり把握する(この場合は特典とか領収書を出して欲しい、簡単など)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

クロストレーナー

今日はジェクサー(JR東日本経営のスポーツジム)に行ってきました。私はもっぱらクロストレーナーというのをやっています。これはクロスカントリーを研究して作られたマシンだそうで、このジェクサーでも結構人気です。私がなぜこれをやっているかというと、自転車漕ぎよりは体に負荷がかかるのと、でも走るよりは負荷がかからないからですね。あとは設定が簡単ということもあるかな。マシンのイメージはこんな感じ↓です。

【送料無料】ライフフィットネス クロストレーナーX9i

写真ではちょっと見にくいですが、画面がついていまして、いろいろなトレーニングコースが選べます。私はランダムというコースを選択することが多いです。体重を入力して、時間を入力して、レベルを設定します。
一番左側に心拍数、その次に距離、回転数、消費カロリーが表示されています。ランダムに設定すると20秒ごとの負荷が表示されています。回転数が出たりすると70回転までトライしようとか、距離が出るとせめて6kmまで走ろうとか、カロリーは500カロリーまではなんとか達成しようとか目標がやりながら出るので励みにもなります。

それとヘッドフォンが付いていて前に表示されているテレビを見ながら漕ぐことができます。ただ単純に走るだけでないのでいいですね。人によってはipodを聞いていたりします。今日は1kgこれで減らしました。(水分が減っただけかも…)

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)体調に合わせてできる
(2)体に適度に負荷がかかる
(3)退屈しない仕組みになっている
(4)目標がリアルに表示されるのでがんばれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

キットカットの限定品

今日は武蔵工業大学2006年度の初めての授業でした。私はここではプレゼンテーション技術を教えています。通常は水曜日なのですが、毎年水曜日は回数が足りなくなるので、今年からこの土曜日に臨時に1回だけ行うことになったのです。何人くるかやや心配しましたが、約60人ぐらいは来たのでまあまあでしょう。

さてその授業が終って帰る途中の大宮駅で臨時出店をしているのが目に付きました。それはキットカット東京限定品と銘打ってパティシェで有名な高木さんを起用したものを販売していたのです。

2006_4_8_1320

早速1つ買いました。525円(消費税込み)のタイプと1050円(消費税込み)の2つのタイプがあったのですが525円の方はお酒がちょっとだけ入っているというのでそちらを買いました。家に帰って早速一つずつ妻で食べました。濃厚なチョコレートにほんのりお酒の香りと風味がして確かに通常のキットカットに比べれば面白いしおいしいですね。でも果たして500円の価値があるかどうか。多分おみやげならいけそうです。珍しい限定品であるということをネスレ社の社員の方も強調していました。男性が3人も張り付いて一人一人に説明しているのですから結構な力の入れようです。

2006_4_8_1505 2006_4_8_1507 

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)著名なパテシェの力を借りて商品を作る。
(2)限定品であることを強調する。
(3)力を入れていることをわからせる。<目立つところで販売する>

今日はその後ジェクサー大宮に久々に運動をしに行きました。先週は息子が来ていましたので行かずじまいで且つふんだんに食べたので1kg太ってました。とりあえず今日だけでそれは落としましたが、理想としている体重よりはまだ3kgぐらい重いです。明日も行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

携帯機種変更 P901iTV!

ついに長年(多分3年以上)使ってきた前の機種から変更しました。狙いは3つです。(1)メガピクセルのデジカメを手に入れる。(前の機種はしょぼいカメラしか付いていなかった)(2)ワンセグを使ってみる。(これはまさに新サービスですからね)(3)おサイフケータイをつかってみる。(これも前の機種は付いていませんでした)+おまけはデータリンクをパソコンとするです。

1171738_img_1

さっそくワンセグを試してみました。うーん事務所はビル内なのですがくっ苦しい。まあほとんど映らないに等しいですね。窓際に持っていってある角度に手を固定したらテレビ朝日の5チャンネルだけが結構クリアに映りましたが、NHKは全然ダメ。(受信料はきちんと払っているのに…)テレビ東京も時々映るぐらい、日本テレビもほぼ映りませんでした。写真はまあ著作権の問題もあるのでぼかしています。(ウソです。撮るのがへたくそなだけです。本当はもっとクリアなんですけどね)

1171740_img

外に出ればどの局もまあまあ映りますが、歩きながら見ると途端に画像が乱れます。えーっと埼玉県は対象県ではなかったんでしたっけ?と思って社団法人地上デジタル放送推進協会(D-pa)のホームページを見ましたら浦和から発信しているではありませんか。→http://www.d-pa.org/1seg/index.html
やはり建物の中だからダメなのでしょう。データ通信はどういうわけか問題ありません。まあ当然そちらを見ている間は画像は受信中断します。民報を見ていてCMの合間にはきっとこっちへ飛ぶでしょうね。天気予報とか星占いとかニュースとか流れていますので…。

1171742_img

きっとテレビのよさってスイッチポンでつけられることだと思います。この携帯電話その設定(待受け画面で端末のスタイルを切り替えたときにスタイルに連動して自動的にテレビが起動できる仕組)ができるので良いです。ただし映らなければ役に立たないのと、マナーモードにしていると音声出してよいですか?と聞いてくるのでうっとうしいです。(まあ当たり前ですが)

それと①別売りのUSBケーブルを買ってきてつなげ、②まず付属のCDで通信ソフトをインストールして、③データリンクソフトをパナソニックモバイルのホームページからダウンロード&インストールしてつなげました。これは結構便利ですね。私は早速TO DO LISTで、忘れがちな「やること」をアラーム設定しました。まだおサイフケータイまでいってませんが、とりあえずファーストインプレッション第一弾をご報告します。

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)暇つぶし市場を狙え→今回のこのサービスがそれを満たしているかどうかはもうちょっと使ってみないとまだ「そうだ」とは言えませんが…。
(2)簡単操作・マニュアル読まなくたって直感でできるようにする→これもこの機種ちょっと怪しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

日本大学大学院の2006年度初講義

昨日の夜は私が非常勤講師をしている日本大学大学院の2006年前期の初講義日でした。何を教えているかというと「新商品開発手法」です。今まで90分まるまるガイダンスに使っていたのですが、今期より1コマ90分を40分の2回にわけ、間に10分休憩を取ってくださいと指示がありました。どういうことかというと、一番最初の授業で科目選択をやりやすくするために前半と後半に分けて「どんな授業かな」というのを説明せよという意図です。つまり前半に参加する人と、後半に参加する人は違うわけです。
今までは2週間の間に面白そうなものを見てそれから決めるとなっていたために、正式に決まるのが3週目だったのですが、今回はこの方式により2週目で履修者が決まるというわけです。

日本大学大学院は経営学修士を養成するいわゆるMBAですので、大半の学生が社会人です。また中国や韓国の留学生もたくさんいます。毎期「自分の新商品開発テーマでやってくださいね」とお願いしているので結構面白く皆さん参加してくれます。講義とはいっても私は実務家なので実習主体なのです。アイデアをたくさん出したり、それを新商品のコンセプトにまとめたり実践!実践!です。いわゆる「レポートを40枚書いてね」というパターンではないのです。評価は手法をしっかり実践した上で、できあがった新商品がどれだけ良いかです。

場所は社会人が便利なように東京の市ヶ谷駅から歩いて2分のところにあります。ほぼ駅前ですね。一人も授業を取る人がいませんと閉講となります。さーて来週は何人受講すると言ってくれるでしょうか?ちなみに今回のガイダンス授業で前半3人、後半5人の方が説明を聞いてくれました。1学年たしか60人ぐらいですからまあまあですかね。同じコマに5つぐらい同時にありますので。

大学も先日書いたように少子化で全入時代を迎えて、社会人にシフトしています。このMBAももちろんそれを狙っています。でも経営学修士は流行ってまして、何か特色がないと知名度に負けてしまいます。そこで日本大学大学院は中小企業経営とヘルス&ソーシャルケアとベンチャー及びテクノロジーマネジメントの各コースがあります。その中でも「ベンチャーで独立する人がここで学ぶ」というところが一番売りにしている部分だなと私は感じています。差別化をどうするかはヒット商品(サービス)を生み出すのに重要なポイントです。差別化がしっかりしていれば価格が少しぐらい高くたって買ってくれますからね。いやむしろ高い方が価値が高まるかな。

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)競争している他の大学と比べてどこに特色があるのか明快にわかる。
(2)受講者が少しでも行きやすい場所に立地している。
(3)有名な講師陣で構成されている。(※注:私のことを言っているのではありません…)
(4)卒業生が活躍している。(日本大学大学院は社長を生む大学として有名です)

日本大学大学院のWEBサイトです。ご興味がありましたらご覧下さい。↓
http://www.gsb.nihon-u.ac.jp/jp/index.htm

ちょっと字だらけなので事務所の裏にある(向こうからみればこっちが裏でしょうが)桜なんぞを掲載します。
2006_4_4_1316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

インディアン伝承シャンプーで効果がありました!

昨日は私が非常勤講師をしている武蔵工業大学の歓送迎会だったので更新できませんでした。
それはそれでおもしろい話がいっぱいあったので機会がありましたらまた書きます。大学は少子化の影響で全入時代を迎えてかなり危機感がありますね。

それはさておき今日は私が使っているシャンプーの話です。髪の毛が気になる人にもうたくさん知れ渡っているのとこの会社はかなりネット主体で宣伝されているのでもうご存知かもしれませんが、実際に使ってみてどうだったかお話しますね。

結論から言えば効果がありました。使い始めて3ヶ月経ちましたが、以前は前頭部の地肌がかなり見えていましたが、今はあまり見えなくなりました。髪の毛も力強く立って、あんまりべチャーとしませんね。
でも最初の1ヵ月ぐらいはあまり変化がありませんでした。最初買ったときは妻に「『リアップ』もやっているのにこの上まだ買うの?!(怒)」という反応でしたが、今では「なんか効果が出てきたみたいね」と言われております。

さらに得意先の社長さんからも以前は「おまえ地肌が見えとるぞ」などと冷やかされておりましたが、今では「髪の毛が増えた感じがするな。地肌は見えなくなったな。」とうれしいコメントも頂きました。商売柄出張が多く今までは宿泊先のシャンプーを使ったりしていましたが、今では絶対持って行きます。年末年始に妻の実家の中国・大連に帰省した時も持っていって使いました。徹底したのがよかったみたいです。

☆ヒット商品・サービス開発のポイント
(1)人間の根源的な悩んでいることに答えていること。
(2)広告には体験談を豊富に盛り込んでいること。(できれば写真入りで)
(3)使用した実感が確かにわかること。(いくらトライアルで飛びついても使用実感が無ければリピーターにはなりませんので)

どんな商品かというとこんな商品です。↓

Photo_1

興味ありましたら下記URLをどうぞ。(ちなみにアフィリエイトではありません、ボランティアです。)

http://www.emotent.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ウィルコムに乗り換え

NTTドコモがPHSサービスを止めると1月に発表されたので、やむを得ずAIR Edgeに乗り換えました。

でもこれがすばらしい!4Xのネット25で契約したのですが、スピードが本当に2倍ぐらい出ている感じです。ハードはSIIのAX420Sです。ハードは懇意にしているショップから4400円(たぶん)で購入しました。なぜたぶんなのかというともう1台買って2つで8400円だったからです。もうひとつはAX402です。

[WILLCOM]ご新規契約AX420S(年間契約割引付)

設定も付属のセットアップ用のCDから行えばとっても簡単でした。私はよく外出して外で使うことが多いのでこれから楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに開始!

ずっとやろうと思っていたのですが遅ればせながら、ブログをスタートします。

年度も新しくなったし(当社の年度はとっくに変わっていますが…)気分も新たにがんばろうっと。
タイトル通り、ヒットする新商品開発の仕方とか、最近気になっている新商品とか、読んだ本の感想とかを書いていくつもりです。

Photo

この本は私と馬場さんの共著で生まれて初めて書いた本です。おかげさまで9刷まで増刷されています。
これが基本でその後進化していっているんですけどね。それは追々書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »